【在宅検証】オンライン飲み会しながら『ボードゲームアリーナ』で遊んだらメチャクチャ盛り上がった! オススメゲームは「コリドール」

以前の記事で、ボードゲームをオンラインで楽しめるサービス『ボードゲームアリーナ(以下、BGA)』を紹介した。種類は実に175種。パソコン・スマホ、PlayStationなどのゲーム機からも利用が可能で、300の国と地域で遊ばれているそうだ。

これはオンライン飲み会でイマイチ盛り上がりに欠ける場合に役立ちそう! そんな予感がした私(佐藤)は、実際に友達とプレイしたらメチャクチャ盛り上がったのでその方法についてお伝えしたいと思う。

・ボードゲームアリーナ

登録方法については以前の記事を参照いただくとして、本稿では友達とプレイする方法と『たくのむ』を使ってゲーム画面を共有する方法を説明しよう。なお、一緒にプレイする友達もBGAのアカウントを登録する必要があるので、その点は注意していただきたい。また、本稿はパソコンの画面(ブラウザ:Chrome)を元に執筆している。

・友達を加える

自分と友達、互いに登録した段階で、BGAのホーム画面上部の「コミュニティ」タブを開き、上部の項目「プレイヤーを探す」の入力欄に友達のアカウント名を入力しよう。発見できたら自分の友達に加える。

・友達とプレイする

友達登録が完了したら、画面上部の「今すぐプレイ」を開き、プレイスタイル選択で「シングルプレイ → リアルタイム」と選び、3番目の項目で「友達」を選択する。

すると、友達のリストが表示されるので、そこから一緒にプレイする相手を選ぼう。選択した後、一緒にプレイする友達をさらに追加することも可能である。

ゲームを選択し、お互いにブリーフィングのページに入ったら「ゲームを開始する」

チャットを使って会話できるため、一緒にプレイしながらコミュニケーションをとることも可能。なお、有料のプレミアム会員になれば、ビデオチャットも使用できるとのことだ。

・たくのむで画面共有

続いてBGAの画面を、たくのむで共有する方法をお伝えしよう。自分はプレイしないけど、人の対戦を見てみたい。そんな人がいる場合、たくのむで画面共有すると良いだろう。たくのむをブラウザで開くと、画面下にカメラ・マイク設定やチャットなどのツールがある。そのうちの1つに「Share」がある。これが画面共有機能だ。

共有する画面のリストが表示されるので、そのなかからBGAを選び「共有」する。

たくのむの画面に戻ると、共有されたBGAの画面が大きく表示されているはずだ。

これを複数人(例:3人)で行うと、画面中央にBGAが。そして、その下にそれぞれのカメラが表示される。

たくのむに限らず、画面共有機能を有するオンラインミーティングサービスを利用すれば、プレイヤー以外もゲーム画面を見ることができるので、おしゃべりだけのオンライン飲み会がさらに盛り上がるはずである。「話すことがない」「見知らぬ人と顔を見合わせているのは、なんか気まずい」など、オンライン飲み会ならでは悩みがあるだろう。BGAでオンライン飲み会にひと工夫加えてみてはいかがだろうか?

・オススメゲーム『コリドール』

オマケで1つ、オススメのゲームを紹介しておこう。そのゲーム『コリドール』はとてもシンプルだ。先日、私と高円寺パンディットの奥野さん、そしてブッチさん(ビッグウェーブさん)と3人で遊んだところ、猛烈に盛り上がったのでぜひとも友達と遊んで欲しい。

ゲームの推奨プレイ人数は2名。最大4名まで遊ぶことができる。ちなみに3人で遊んだ時は、友達以外のプレイヤーを募集して常時4名でプレイした。余談だが、外国人プレイヤーが参加した際に、ブッチさんが1手を間違えて外国人が「Noooo!」とチャットで叫ぶ一幕があった。見知らぬ外国人をゲームでキレさせるとは。さすがブッチさん……。

さて、ルールは単純。自分のコマを順番が来る度に1マスずつ進めて、向こう側の最後のマスまで進めるだけだ

しかしそれではゲームとして成立しない。肝は各プレイヤーが持っている「壁」だ。2名なら各10枚。4名なら各5枚壁を持っている。これを使って対戦プレイヤーの進行を阻む。

互いに配置した壁がまるで回廊(corridor)のようになることから、この名前が付けられたのだろう。壁を使えば使うほど、相手は苦しくなり、場合によっては自分の進行の妨げにもなるのが面白いところ。一手で戦局が変わり、大逆転もあり得るので盛り上がること間違いなしだ。

基本は邪魔をし合うゲームなので、性格の悪さがにじみ出るのも面白いところ。ぜひとも、オンライン飲み会で試してみていただきたい。

参照元:ボードゲームアリーナたくのむ
Report:佐藤英典


Source: ロケットニュース24

【突撃】1000人規模の「オンライン飲み会」に参加したら乾杯シーンが衝撃すぎて笑った! 三四郎、乃木坂46秋元真夏も登場!!

もはや完全に市民権を得た感のあるオンライン飲み会。毎日のように誰かと飲んでいる人も少なくないと思うが、実は先日、参加者1000人というとんでもない飲み会がオンライン上で開催されてしまった。いや1000人て! 全校集会かよ!!

飲み会なんて数十名程度でも収拾がつかなくなるのに、そんな大人数で集まっちゃって大丈夫かいな? 気になって酒が喉を通らないので、今回、私(あひるねこ)も特別に参加させてもらうことに。空前絶後のスケールでお送りするハイパーオンライン飲み会のスタートである!

・記念すべき第1回

2020年4月25日に開催された「いいかも! オンライン飲み ASAHI SUPER DRY VIRTUAL BAR」。 ビデオ会議ツール「Zoom」を利用した、アサヒビールのオンライン飲み会イベントだ。

参加できるのは抽選で選ばれたラッキーな1000名。乃木坂46の秋元真夏さん、お笑いコンビの三四郎さん、そしてアサヒビールイメージガールの高田里穂さんが登場して会を盛り上げてくれるぞ。

というワケで私も、キンキンに冷えた『アサヒスーパードライ』を用意してパソコンの前で待機(スマホでも可)。オンライン飲み会自体は過去に参加したことがあるが、ここまで大規模なものは初めてなので緊張してしまう。どんな雰囲気になるのか想像もつかない。

とそこへ……

三四郎の小宮さんが登場!

いや友達かよ!! 違和感を覚えるほどのナチュラルさである。この緩い空気もオンライン飲み会ならではと言えるだろう。続いて……

秋元真夏さんもキターーーーー!

・優勝

か、かわええ……! オンライン特有の荒めの画質が逆に(?)生々しいではないか。コイツはすげえ飲み会になりそうだぜ……!! さて、音声についてだが、1000人規模で完全に双方向にしてしまうと混線するので、基本的には4名のMC側以外のマイクはミュート状態で進行するようだ。

画面上にはすでに集まった参加者たちの顔が表示されており、乾杯の音頭を今や遅しと待っている……って、うおッ!

秋元さんの下にオレおるやん!

これはもう、事実上のサシ飲みと言っても過言ではないだろう。さあ、なにやら勝手に飲み始めている輩もいるが、いよいよ参加者1000人によるエクストリーム乾杯のお時間である。なんとこの時は全員のマイクがオンになるとのこと。マジか! ではでは皆さん……

かんぱァァァァァァァアアアイ!!!!!!

・圧巻

すげえ! 1000人が一斉に『アサヒスーパードライ』を飲み始めてる!! な、なんという鮮烈な光景……! 全員で同時に乾杯することで、オンライン上に距離を超えた一体感が生まれているかのようだ。乾杯するだけで人と人の心をつないでくれる──。これこそビールの魅力。乾杯の魔法である。

ただ……

超うるせェェェェェエエエエエ!!!!

・カオス

全員がここぞとばかりに喋り出すため、それらが巨大な音の塊となり、現場はさながらカオスの様相を呈している。断片的に聞き取れるとかそんな生易しいものではない。聖徳太子も秒でフリーズするレベル。ということで……

再びミュートに。

・まったりのんびり

そこからは、高田さんが缶ビールのグラスの上手な注ぎ方などオンライン飲みのハウツーを紹介してくれたり……

参加者が壁紙の色で回答するクイズがあったりと……

様々な企画が目白押し。料理のテイクアウトなどを活用してビールのウマさをより引き立たせれば、オンライン飲みもさらに楽しくなるというものだ。

現在開催中の「みんなで #アサヒスゥパァドラァイARチャレンジ」では、クセが強すぎるあの『アサヒスーパードライ』のコマーシャルをMC陣が再現するという一幕も。ARチャレンジサイトは無料公開されているので、「ドラァイ」したい人はぜひ体験してみてほしい!

・もう終わり?

そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎ、約1000人が集まった前代未聞の飲み会も、そろそろお開きのようである。最後は秋元さんから一撃必殺のズッキュンポーズをありがたく頂戴し、イベントは無事に終了。お疲れ様でした。

元々は外出自粛がきっかけとなって広まったはずのオンライン飲み会だが、今回のイベントに参加してみて、これはただの代替案ではなく、新しいコミュニケーションの形なんだということを強く認識した。タレントや芸人、アイドルとこういった形で時間を共有できる機会は貴重だし、普通のネット配信とも雰囲気は少々異なるような気がする。

・次回はGW開催

それぞれが自由に、楽しそうに過ごす参加者たちの空気感もよかった。次回の開催が今から楽しみである。と思ったら、第2回が早くも5月4日に決定しているようだ! 興味がある人はぜひ特設サイトから応募してみてくれ。『アサヒスーパードライ』を片手に、またみんなで乾杯しようぜ!!

参考リンク:いいかも! オンライン飲み ASAHI SUPER DRY VIRTUAL BAR
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24