チェア、ベンチ、スツール…ダイニングに向くのは?イスの使い分けと選び方

革張りのベンチ

ダイニングチェア、ベンチ、スツールなど、ダイニングで使うイスにはいくつかの種類があります。それぞれどんなメリット・デメリットがあるのか、自分の家に合ったイスはどのように選べばいいのか、家具工房「フリーハンドイマイ」の代表・今井大輔さんに詳しく教えていただきました。

きちんとした姿勢を重視するならダイニングチェア

ダイニングテーブルとダイニングチェア

食事のときは「ダイニングチェア」と呼ばれる背もたれやひじ掛けのあるイスに座って食事をするお宅が多いと思います。きちんとした姿勢で食事できる、という点がメリットです。

私が考える使いやすいダイニングチェアの条件は、以下の3つです。

  • 座ってテーブルにひじを置いたとき、背筋が丸まらない程度の高さがあること
  • 座面は水平で、ほどよいクッション性があること
  • 適度にリクライニングできるよう、背もたれの角度は座面に対して95~100度くらい

また、基本的に長時間座ることを想定していないので、背もたれは頭や肩までカバーする高さは必要なく、肩甲骨の下あたりから腰にフィットするくらいの高さの背もたれがあれば十分と考えています。

掃除がしやすいよう、イスは軽い方がいい

ひじ掛けなしのダイニングチェアはテーブル下に収めやすい

工房にきてくれたお客様から、よく「イマイさんのつくったイスはとても軽いですね」と言われます。イスはなるべく最小限の部材でシンプルにつくりたい、という気持ちでつくっているからだと思います。

昔は、どっしりとした頑丈な材を使ったダイニングチェアも多く、座る際に両手で引かないと動かしにくいようなものも結構ありました。

でも、ダイニングは汚れやすい場所ですので、気軽に(できれば女性が片手で)持てるくらいの重量のほうが使い勝手がいいですよね。わが家ではテーブルの周りを掃除するときはイスをひっくり返してテーブルに載せるので、イスは軽いほうがいいという思いが強いのかもしれせん。

ひじ掛けのありなしは好みが分かれるところですが、最近はひじ掛けなしのものを選ばれる方が多い印象です。ひじ掛けがあるとイスを引く際にスペースが必要になることや、テーブル下に収めにくいといった理由のようです。

ベンチは家族が多いお宅に最適。動線をよく考慮して配置を

最近はベンチをダイニングチェアのように使う方も増えています。ベンチは基本的には背もたれがないので、前からも後ろからも、横からも座ることができます。イスを2脚を並べるより見た目もシンプルですし、家族が多いお宅などにも向いています。

ベンチに座る子ども

以前わが家ではダイニングチェア2脚と、ベンチを組み合わせて使っていました。子どもたちが小さいうちは同じタイミングで食事をしたり、遊んだり、勉強したりするので、不便はありませんでした。ですが、だんだん大きくなるにつれて、どちらかベンチから離れたいときにいったん立ち上がらなければならないような場面が出てきてしまい、不便を感じるようになりました。

配置によってはそうした問題が起きてしまうので、ベンチを取り入れる際は、動線的なこともよく考えて配置するといいと思います。

スツールは簡単な食事をとるときやキッチンでの休憩に

スツールに腰かける子どもたち

もっとシンプルに、簡素なスツールでいいです、というお客様もいます。たしかに、簡単な食事をとるときなどは便利に使えます。来客時などに引っ張り出してきてちょっと座ってもらうときなどにも役立ちます。

どの方向からでも座れるようにシンメトリーな形になっていることが多く、円形のものをよく見かけます。座面はそれほど大きくなく、お尻を座面に載せるようなイメージです。

以前、もう少し座りやすいスツールができないかと思い、お尻をしっかり支えられる大きめの座面で、さらにフィットしやすいように四角い座面を緩やかにくぼませたスツールをつくったことがありました。でも、座面が大きいと転びやすくなり、また四角い座面だと座る方向が4方向に限られてしまい、かえってスツールとしては座りにくくなってしまいました。

キノコのように中央がこんもりと膨らんだ座面のスツール

座面を小さめにして、キノコのように中央がこんもりとふくらんだ形で、少し硬めのファブリックを張った座面のスツールもつくったことがあります。お尻の角度を変えやすく、ほどよくフィットするので、キッチンでちょっと休憩したいときなどにも役立ちます。

妻に聞くとキッチンでの長時間の単純作業(たとえば、モヤシのひげ根を取ったり、ギョーザを包んだり)をするときにスツールがあると便利、と言っていました。

きちんとした姿勢で食事をとることや掃除のしやすさを重視するなら軽量のダイニングチェア。家族が多く、フレキシブルに使いたいならベンチ。簡単な食事をとるときや、キッチンでの休憩などにはスツール。そんな具合に、暮らし方や使い方に合わせて使い分けるといいと思います。

●教えてくれた人/今井大輔さん
暮らしに寄り添うオーダーキッチンやオーダー家具を手掛ける家具工房「フリーハンドイマイ」代表。神奈川県高座郡に工房とショールームがある。

Source: 日刊住まい

スマホの普及で収納計画に変化が。将来もずっと「しまいやすい家」にするには?

リビング収納のイメージ

大型のテレビを組み込んだリビングの壁面収納、憧れますよね。新築やリフォームの際に取り入れたいと考えている人もいるかもしれません。
でも、家具工房「フリーハンドイマイ」の代表・今井大輔さんによると、スマートフォンの普及やAV機器のコンパクト化などによって、そうした大型の壁面収納の依頼は近年少しずつ減っているといいます。

今使いやすいサイズが、ずっと使いやすいとは限らない

キッチンの収納

大きな収納のご相談にくる方は、しっかりとした収納計画を立てている方が多いです。たしかに、整理収納に関する書籍などがたくさん出版されていますし、「使いやすい高さやサイズにしたい、しまいたいものに合わせた収納をつくりたい」と願うのは当然のことです。

しかし、私が長年いろいろな家具づくりをしてきて思うのは、「今使いやすいサイズが、ずっと使いやすいとは限らない」ということ。その理由は、家電製品やAV機器などの「モノ」の変化によるもの、もうひとつは子どもの成長によるライフスタイルの変化によるもの、大きく分けて2つあります。

パソコンやスマホの普及で、専用のスペースは不要に

増速家具のラフスケッチ
今から10年ほど前を振り返ると、私はスマートフォンさえ持ち合わせていませんでした。そのさらに昔は、家具の図面を描くのに、平行定規というなんともアナログなものを使っていました。

それが今ではパソコンで図面が描けるようになり、目に見えないラインまで記録として残せるようになりました。スマートフォンがあれば移動の際の地図は不要、現場でトランシーバーを使う必要もありません。スマートフォンやタブレットでプレゼンテーションができるようになったのも大きな変化です。

少し前までは「リビングでパソコンを使うスペース」「プリンターやFAXをしまうスペース」「CDやDVDを収納する引き出し」などがほしい、というリクエストがよくありました。

ところが今は、無線LANや軽量化によってパソコンは家の中のどこでも使えるように。CDやDVD、レコードなどをたくさん所有する方も少なくなり、AV機器もコンパクトになりました。

以前、家具を納品したお客様からも「プリンター専用の収納スペースをつくったけれど、プリンターを手放したのでスペースが必要なくなってしまった」「スピーカーを置くスペースを確保しておいたけれど、小型で高性能のものを使い始めたらスペースを持て余してしまった」というお話を聞いたことがあります。

子ども中心の収納は、将来使いにくくなる可能性も

ダイニングで勉強する子ども

「今使いやすいサイズが、ずっと使いやすいとは限らない」と感じるもうひとつの理由は、子どもの成長によるライフスタイルの変化。子どもが大きくなると、家での過ごし方や親との距離感が変わり、当然収納のスタイルや量も変化します。

子どもが小さいと、散らかりやすく増えやすい子どものモノを主体に考えて収納をつくりがちです。でも、子どもは中学生くらいになると、リビングで過ごすよりも自分の部屋で過ごすことが多くなります。

お客様からは「今まで子ども部屋を納戸のように使っていたので、子ども部屋に置いていたものをリビングにしまわないといけなくなって困った」なんてお話をよく聞きます。場合によってはゴルフバッグやスーツケースなどの大きなものをリビングに収納しなければならない、といった必要性が出てくる可能性もあります。

ところが、おもちゃや学用品、文具や本、ゲーム機といった子どもの細々とした持ち物をメインとしたリビング収納だと、そうしたものをうまく収納できません。子どもが小さい頃は使いやすかったリビングの収納が、子どもが大きくなったら使いにくいものになってしまった…ということも起こり得るのです。

必要最小限の要素で組み立てていく「柔軟性」のある収納とは

ダイニングテーブルと収納

そう考えると、今後オーダーで大きな収納をつくる際に求められるものは、「柔軟性」なのではないかと思っています。私の考える、「柔軟性」のある収納とは、「必要最小限の要素で組み立てていく収納」です。

リビングの収納

もしもリビングボードをつくりたいと考えているなら、高さを抑えたシンプルな扉のみの収納が良いと思います。

収納内部に市販のケースを組み合わせる

扉を開けたら可動棚が入っているだけの形で、場合によっては引き出しを少しだけ。あとは市販のケースやカゴなどを組み合わせて、その時々で使いやすいようにアレンジする。

最初からあまり細かくモノの定位置を決めて収納をつくってしまうと、それを使わなくなった時にその場所が必要なくなってしまいます。その結果、そのスペースが雑然としてしまうことも。

もちろんオーダー家具ですので、棚板を追加したり、扉を引き出しにつくり替えたりすることも可能です。でも、柔軟に使い続けられる収納にしておけば、長く、不自由なく使い続けられます。実際私も、依頼を受けていろいろと考えた結果、結局はシンプルな形に行き着くことが多いです。

家具をつくる時には、いかにそのモノがしまいやすいか、ということよりも、その家具を使う方が暮らしやすいかどうか、ということをじっくり考えるようにしています。そうすることで、自然と使いやすい形が決まってくると感じています。

●教えてくれた人/今井大輔さん
暮らしに寄り添うオーダーキッチンやオーダー家具を手掛ける家具工房「フリーハンドイマイ」代表。神奈川県高座郡に工房とショールームがある。

Source: 日刊住まい

ベッドをオーダーで作ったら…想像以上に快適!価格や納期は?

ホテルライクな寝室を目指していた日刊Sumaiライターのhanaさん。寝室のメインになるベッドは時間をかけて選びたいと思っていたそう。いろいろと検討した結果、オーダーで作るのがベストという考えに至りました。オーダーメイドでベッドをつくるプロセスを、プランから搬入まで詳しく紹介してもらいました。

目指すは眠りの質を上げる寝室

年々疲れやすくなっているにも関わらず、子どもが大きくなるにつれて就寝時間が遅くなり、それでいて朝は早く起きなくてはならず、睡眠時間の確保が難しくなっていることが最近の悩みでした。

限りある貴重な睡眠時間を無駄にしないためにも、リラックスできて睡眠に集中できる空間を作りたい、そんな想いを実現してくれたのがオーダー家具やリノベーションの実績が豊富なFILEです。

FILEのことはインテリアブロガーさんの記事で知り、製作をお願いすることにしました。マットレスはエアウィーブ社製を百貨店にて購入。運搬費、設置費を含むベッド一式とマットレスの費用で約95万円でした。

一戸建て、完全予約制のショールームで打ち合わせ

FILEの東京ショールームは閑静な住宅街にあります。オーナーが実際に住まわれている家がそのままショールームとなっているのでイメージもわきやすいです。

家具はもちろんのこと、厳選されたセンスの良い生活雑貨を見るのも楽しみで、行く度にテンションが上がる素敵な空間でした。

そのショールームでは、どんな雰囲気のインテリアが好きか?といったところからこちらの希望を聞いてもらい、その後ヘッドボードの高さなど詳細を詰めていき、京都の工場で製作が始まりました。

待ちに待った完成の日!

約2か月間の製作期間を経て、京都の工場から筆者宅にベッドが運ばれてきました。ヘッドボードと箱型の枠組みが4つ、引き出しなどがバラバラの状態で搬入されて筆者宅で組み立てます。

マットレスを置くすのこを設置して完了です。部屋の中は真新しい木の香りでいっぱいになりました。

ベッドの片側には、引き出しをつけてもらいました。シーズンオフの寝具などを収納するのにぴったりです。

ヘッドボードは仕上がりがとても綺麗で手触りが良く、丁寧に作られていることがわかります。ベッド幅よりも長いヘッドボードを設置したことで、部屋の印象がガラリと変わりました。

サイドテーブルにはスツールを採用

ベッドサイドのテーブルには、FILEオリジナルのスツールを採用しました。ベッドと同じくウォールナット材で作られていて姿の美しいスツールです。スツールの上には、ルイスポールセンのテーブルランプを置いています。

オーダー家具は敷居の高いイメージがありましたが、結果としてとても満足しています。マットレスも気に入った固さのものを取り入れたので眠りの質が格段に上がりました。

睡眠でお悩みの方や、寝室にぴったりのサイズ、デザインのベッドが見つからない、という方はオーダーという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい