キッチンを円筒の中に?実は大勢で楽しむのに最高でした

キッチン外から

都心のアパートで暮らしていた小川さん夫妻が新居を構えたのは、郊外ののどかな住宅地。約90坪の敷地に建つ、外とのつながりを大切にしたおおらかな住まいです。

小川邸はいたるところにこだわりが見られますが、その中でも印象的なのが丸い壁に囲われたキッチン。ホームパーティーが大好きなご夫妻は、「白ワインの似合うキッチン」をテーマに設計を依頼したといいます。
生活の中心ともなるキッチンは、一人でじっくり、ときには大勢でにぎやかにと、多彩な楽しみ方ができる場所となりました。

レストランの厨房のように大勢で立てるキッチン

小川さん夫妻は、昔から友人を招いて食事やお酒を楽しむことが大好きで、「ウィスキーの会」などテーマを決めたホームパーティーを定期的に催していました。

しかし、「以前暮らしていたアパートのオープンキッチンは食事中に洗い物が目に入って気になるし、ニオイもこもりやすくて。日当たりが良すぎるのも落ち着きませんでした」と妻。

LD

そこでニコ設計室の西久保毅人さんが提案したのが、キッチンを丸い壁で緩やかに区切るプランでした。リビングダイニングの吹き抜けを貫く円筒形の壁の中にキッチンを収め、ところどころに窓をしつらえています。

中央に置かれた大きなテーブルは作業台になり、レストランの厨房のように大勢で料理を楽しむこともできます。

キッチン内部

ちなみにこのテーブルの天板は、祖母から譲り受けたものとのこと。機能性だけでなく、大切な家族への思いも感じられるキッチンです。

さて、テーマの「白ワインの似合うキッチン」ですが、どのように形にしたかというと…、

こもれるキッチン

壁と天井をダークグレーに塗り、床も一段下げてシックな雰囲気に。

オリジナルのキッチンは温もりある木を採用し、正面の壁にタイルを貼って味わい深い空間に仕上げました。明るいダイニングとは対照的に落ち着きのあるしっとりとした空気が流れています。

パントリー

大容量のパントリーも設けているので、つねに空間をすっきりと保てるのもポイントです。

天板

キッチンの壁に開けた横長の窓のようなスリットもユニーク。リビングのソファに座ったときに、ちょうどキッチンに立つ人の顔が見える位置なのだそう。
コーヒーを手渡したり、会話したり、子どもの様子をうかがったりすることができます。

料理

「夜中にジャムを煮たり、黙々とサヤインゲンの筋取りをしたりするのが好き」と妻。集中できるキッチンでは、作業もはかどりそう。

テラスなど、外部空間を取り込んだ開放的な暮らし

夫妻の理想は、テラスでビール、庭でバーベキューなど外部を取り込んだ開放的な暮らし。西久保さんは、広い敷地に住居とガレージのある離れを配置して渡り廊下でつなぎ、随所にテラスやピロティなどの屋外空間を点在させました。

テラス

渡り廊下上部は気持ちのよいテラス。手前に離れがありますが、その離れの屋根で道路からの視線が遮られ、日なたぼっこやプール、物干しに活躍しています。

さらに、リビングは地面より1.4m高く、テラスは1.5階と、スキップフロア構造で高さを緩やかに変えているので、室内外のつながりが立体的で、室内のどこにいても庭やテラスを近くに感じることができます。

リビング

リビングダイニングだけでなく、丸い壁で囲ったキッチンとその上部の子ども部屋からも庭を眺められるのもうれしいですね。

外部空間

子ども室(現在は書斎)へはブリッジのような通路を渡って行くことも可能。高低差に富む構成が暮らしに変化を生んでいます。

バスルームや書斎にもこだわりを詰め込んで

2階に配したバスルームもこだわりの場所。
「入浴時間以外も豊かな空間にしたい」と、テラスと同じデッキの床でフラットにつなぎ、開放的なガラス張りで屋外の延長のように仕上げました。
そしてバスタブは庭を眺められるよう、角度をつけて配置。
バスルームは、住まいで最も日当たりのいい場所に設置しました。

バスルーム

洗面室は、洗面ボウルとモルタルのカウンターが実験室のような雰囲気。ミラーの折り戸を開くとバスルームとつながり、長男が赤ちゃんのときは湯冷めしないようここで受け渡していたそうです。

キッチン上部の子ども部屋は、現在は書斎として活用。書棚は壁の骨組みで本来隠れる部分でしたが、施工中に見た夫妻が「このまま書棚にしたい」と希望しました。

書斎

偶然にも文庫本がぴったり収まるサイズでした。長男はまだ1歳なので、しばらくは書斎として活用できそうですね。

さらに、自動車レースやアウトドアなど、多趣味なご夫妻。ガレージの壁に自転車を収納したり、ボルダリング用の壁をつくったりと遊び心も忘れてはいません。暮らしも趣味も満喫できる住まいを、Oさん夫妻は目いっぱい楽しんでいます。

設計/西久保毅人(ニコ設計室)
撮影/中村風詩人

※ご家族の年齢等の情報は「住まいの設計2017年5月号」掲載時のものです。

Source: 日刊住まい

栗原はるみさんプロデュース「harumi’s kitchen」を見てきました

料理研究家として多くのレシピ集や書籍を執筆する一方、生活用品などの監修も行う栗原はるみさん。

そんな栗原さんがプロデュースしたオリジナルキッチン「harumi’s kitchen」が、先日発売されました。

その発売に先立ち、トクラスショールーム新宿にて、発売記念イベントが開催。

栗原さんご本人も登壇し、キッチン開発に込めた思いや商品の特徴が紹介されました。

東邦ガス、トクラスが栗原はるみさんと共同開発したキッチン

harumi's kitchen

「harumi’s kitchen」は、東邦ガス株式会社とシステムキッチンやシステムバスなどのメーカー・トクラス株式会社が栗原はるみさんとともに共同開発した商品です。

harumi's kitchen

イベントではまず、東邦ガス株式会社リベナス今池ショールーム所長である久米むなみさん、トクラス株式会社経営企画部事業戦略マネージャーである緒方彰さんが、今回の開発経緯について説明しました。

今回のキッチンは、東邦ガスが、自社CMに出演している栗原はるみさんのアイデアを取り入れたキッチンをつくるため、暮らしに合わせてキッチンを提案する「くらしオーダー」システムを推進するトクラス株式会社に商品開発を打診したそう。

harumi's kitchen

約1年間の開発期間を経て、毎日の料理がより楽しくなり、おかずがもう一品増えるようなシステムキッチンがついに完成しました。

 

可動式ワゴン、備え付けの椅子…栗原さんの「あったらいいな」

栗原さんがふだんの暮らしで感じてきた使い勝手や、楽しい工夫をいっぱい取り入れたシステムキッチン「harumi’s kitchen」。

栗原さんはこれまで11回も自宅のキッチンを改装しているそうで、本当に自分が好きなキッチンのポイントを「harumi’s kitchen」に詰め込みました。

harumi's kitchen

キッチンを何度もつくり変えた経験を持つ栗原さんによると、まず、キッチンはあまりにも使い勝手だけを優先したり、シンプルすぎてもダメだそう。

最も大事なことは、自分が楽しく過ごせる場所にすること。

今回のキッチンは、まず栗原さんが大好きだという、白と紺がメインカラー。

自分の好きなキッチンは洋服のように、好きな色を取り入れることが重要だと言います。

harumi's kitchen

そして目玉は、なんといっても自由な使い方ができる可動式ワークトップワゴンです。

毎日の料理の時には作業台として、お客様が来た時にはテーブルとして活用できるすぐれもの。

harumi's kitchen

台の色はあえて真っ白にすることで、傷ができても見えにくい仕様になっています。使わない時はキャビネットに収納も可能。

harumi's kitchen

また、フックで掛けられてキッチンとセットになった椅子にも栗原さんのこだわりが。

料理の最中は、なかなかキッチンから離れられないタイミングがあります。

そんな時でも、キッチンに椅子があれば子どもの勉強時に座らせたり自分が休憩できたり、料理を快適にしてくれる必須アイテムだと話してくれました。

 

固定概念を捨てることが自分らしいキッチン作りへの第一歩

harumi's kitchen

また、棚の下にあるカウンター壁面にも栗原さんならではのこだわりがあります。

奥行きが12センチと、あえて狭く設計されているので、鍋や調理器具が簡単に置けません。

こうすることで、自分の好きな小物をレイアウトし、眺めているだけで幸せになれるスペースにできるそうです。

harumi's kitchen

そのほか、サブシンクにあるオープンストッカーも特徴的。

閉めた状態でも中の収納物が見渡せるので、「あの食器どこにいったかな」と悩んだり迷ったりすることがなくなります。

「使い勝手よりも楽しさをまず考えると、自分らしいキッチンになる」と栗原さん。

「フライパンはガス台の下の収納にしまわなければいけない」といった固定概念は捨て、自分で道具を入れ替えたり好きな物を置いてみたりすると、もっと暮らしが楽しくなる、と話します。

harumi's kitchen

栗原さん流のキッチンの楽しみ方が詰まった「harumi’s kitchen」、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

【参考】

栗原はるみプロデュースオリジナルキッチン「harumi’s kitchen」

Source: 日刊住まい