ラグビー日本代表・田中史朗選手から聞いた「チームが結束した理由」に感動 → 気がついたら同僚を抱きしめていた

One for All、All for One。これはラグビーを表す表現として、しばしば使用される言葉である。1人はみんなのために、みんなは1つの目的のために──いよいよフィナーレを迎えようとしているW杯でも、気持ちの入った選手たちのプレーに涙した人は多いのではないだろうか。

特に史上初のベスト8に進んだ日本代表の結束力はスゴかった。前大会に続いて今大会も1つの目的のために一丸となり、世界をアッと言わせた活躍は記憶に新しい。今でも思い出すだけで泣けるが、なんとこの度フミさんこと田中史朗選手から話を聞ける機会に恵まれた。その結果、感動した記者(私)は同僚を抱きしめたのだった。

・六本木でのスペシャルトークショー

田中選手の話を聞けたのは、10月29日に行われたローレウス(スポーツを通じた社会貢献活動を行う団体)によるラグビーレジェンドスペシャルトークイベントでのこと。

登壇したのは元NZ代表キャプテンのショーン・フィッツパトリック氏、元南アフリカ代表のブライアン・ハバナ氏、南アフリカ代表のシャルク・ブリッツ選手、元日本代表キャプテンの箕内拓郎(みうち たくろう)氏、そして日本代表の田中史朗選手と豪華メンバー! ちなみにブライアン・ハバナ氏はW杯でベスト8の原動力となった福岡堅樹選手の憧れの存在だ。

話は主に日本開催のラグビーW杯について。海外から来たレジェンドたちの印象に残ったのは、日本の “おもてなし” や “リスペクト” の精神など。今回、大会中に台風の災害に遭ったが、日本という国が1つにまとまる姿は世界の模範と賞賛を惜しまなかった。

そして田中選手は反響の大きさに驚いていると語る。サッカーや野球をやっていた子どもたちがラグビーに関心を持つようになって嬉しい──とのことだったが、このあたりはググれば他メディアが詳しく書いているかと思うのでそちらを読んで欲しい。

・チームの結束力が高まった理由

さてさて、ここからは私自身がどうしても気になることがあったので田中選手に話を聞いた。ズバリ、どのようにしてチームは1つにまとまったのかということである。これはスポーツ選手だけでなく、どの組織でも当てはまることだからどうしても知りたかったのだ。

私事で恐縮ではあるが、私は元ラガーマン。どのスポーツでも似たケースはあると思われるが、スタメンを外れるとどうしてもギクシャクする光景を覚えている。それが一流の存在になればなおさら……と想像していたが、いかにしてプロフェッショナルたちはまとまったのだろうか。

──前大会もそうでしたが、今大会はより一層チームの結束力が高まっているように感じました。チームをまとめるために意識したことや皆で共有していたことはありますか?

田中選手「そうですねぇ、一緒にいる時間が長かったからこそ、常にミーティングをしている状況ではありました。トータルでいうと1年……250日近くずっといたので、その中でお互いが話す機会はありました」

──なるほど。一緒にいる時間が信頼関係を作っていたんですね。

田中選手「家族よりも長い時間、一緒にいましたからね。もう家族のようなもので、それがワンチーム……1つにまとまることができた理由でもあると思います」

──自然な形で結束していったということでしょうか?

田中選手「そうですね(^^)」

──ありがとうございました!

短い言葉ながらも、話の途中で胸を打ち抜かれた気がした。まるで家族のようと聞くと簡単なようだが、他人同士……ましてや超一流選手たちだからプライドだってあるはず。しかし、それを超越するほど日本代表には強固な信頼関係ができていたのだ。これはつまり “愛” と言っていいだろう。

そして私は自分を恥じた。他人同士が集まる環境で同じ意識を共有することは確かに難しい。思えば当編集部はそれぞれが自分の世界に入り、誰とも話さずに殺伐とした雰囲気の中で仕事をすることも少なくない。くっ……もっと周りと時間を共有しておけば……家族のように愛を持って接するべきだった!!

ということで、思い立ったら即行動。愛を持って同僚を抱きしめることにした。

そしてやるからにはトップに、であろう。感謝の気持ちを含め、上司だと普段はなかなか伝えられないことは多い。でも、今ならできる。

ボスのYoshioに後ろから近づき……

ギュッ!

最初こそ驚いていた(当たり前)が、田中選手の話をしたところ彼にも思いあたるフシがあったようだ。確かになァ……と遠くを見つめたYoshioは「俺にやらせてよ」と、仲間(部下)を抱きしめることにした。そして……

ギュッ!

ギュッギュッ!!

ギュッギュッギュッ!!!!

側から見ると私たちは何やってんだろうとも思ったが、そこに生まれたのは笑顔。ちょっと待てよ! 気持ちわりぃな!! ……と口では言うものの、いつもとは違うコミュニケーションをとることで一気に距離が縮まり、結束力も高まったような気がした。今の私たちなら強固なスクラムを組める!

何かを言い訳にしたり、粗探しなどをしてしまうこの世の中。しかし、田中選手の「家族のよう」という言葉でハッとさせられた。One for All、All for One。結束力に悩む人たちはぜひ “愛” を持って周りと接してみてほしい。1つの目標に全員で立ち向かえるはずだ。

・ラグビーW杯決勝に注目

最後に話をラグビーW杯に戻すが、決勝は11月2日の18時〜。イングランド代表と南アフリカ代表(スプリングボクス)が世界一の座を懸けて激突する。2007年大会の決勝カードが再び。ちなみに当時は15−6で南アフリカが勝利した。

余談ではあるが、これまでラグビーW杯は予選から全勝のチームしか優勝していないという歴史がある。イングランドはここまで全勝(1試合は中止で引き分け扱い)、対する南アフリカはプール戦の初戦でオールブラックス(ニュージーランド代表)に敗れている。絶対なんてないが、勝利の女神が微笑むのは果たして──。

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【ラグビーW杯】鳥肌待ったなし! オールブラックスが試合前にやるマオリ伝統の舞「ハカ」とは

2019年9月20日から11月2日にかけて日本で開催されるラグビーW杯。あと数日で本当に4年に一度の祭典が始まってしまう。ホスト国の日本はどこまで世界と渡り合えるのか──そう考えるだけでワクワクしてくるが、どうしても注目が集まるのはニュージーランド代表(オールブラックス)だろう。

それもそのはず、彼らはW杯2連覇中で前人未到の3連覇を狙う最強集団。世代交代も順調に進んでいて、他を寄せつけない絶対王者だからである。ただ、あらゆる国に勝ち越す強さの秘訣は実力だけじゃない。王者の威圧は戦う前から始まっているのだ。

・伝統の舞「ハカ」

オールブラックスという名の通り、彼らは試合になると黒いジャージに袖を通す。そしてキックオフ直前で決まって行われるのが伝統の舞「ハカ」。聞いたことのある方も多いだろうが、ニュージーランドの先住民・マオリが戦いの前に行っていた踊りに起源を持つ舞である。

大きく目を見開き、舌を出して腕を震わせる……それから手を叩き、足を踏み鳴らし、自らを鼓舞するのだが、これをオールブラックスがやると相手は圧倒されてしまう。なにせ、超がつくほどのラグビーエリートたちが全力ですべての魂をぶつけてくるのだ。

会場の雰囲気が一気に変貌する光景は何度見ても鳥肌もので、何なら見ているこちらも飲まれてしまう。それほどまでにハカの迫力は物凄く、対戦相手はいかにして威嚇(いかく)に耐えるかというのも見どころとなる。全員で肩を組んで並ぶ、ハカが終わってからウインドブレーカーを脱ぐなど、チームによって対策はさまざまだ。

・ハカは2種類

なお、ハカには「カマテ」と「カパ・オ・パンゴ」の2種類がある。新人選手がいるときは基本的にカマテ。あとは試合をやる土地などによって使い分けているが、どちらにしてもハカはハカ。知っているといないで楽しみに天と地ほどの差があるので、もし知らなかったならば今から覚えておこう。

オールブラックスの初戦は大会2日目の9月21日(18:45〜)。横浜国際総合競技場で強豪の南アフリカ代表(スプリングボクス)と激突する。はたして南アフリカ代表はどのようにしてオールブラックスのハカを受け止めるのか、そして最強集団はどちらのハカで戦闘モードに入るのか。試合前から注目どころは盛りだくさんだ!

参照元:YouTube[1][2]
執筆:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【ラグビーW杯】ニュージーランド代表「オールブラックス」はなぜ強い? 開幕前にその理由が一発で分かる動画を見ておくべし!

4年に一度の「ラグビーW杯」が9月20日に開幕するまであと少し。すでにカウントダウンは始まっており、国の威信をかけたガチンコ勝負がここ日本で見られる。ホスト国として日本代表の活躍に期待したいが、圧倒的なド本命はやはりW杯2連覇中のニュージーランドで揺るがない。

通称・オールブラックス──ラグビーに詳しくなくてもその名を聞いたことがあるだろうが、漆黒のジャージをまとう彼らの強さは異次元中の異次元。なんと言っても、世界のあらゆる国に勝ち越しているのだ。一体何が不可能と思われているものを可能にしているのか、そして他国と違って何がどう秀でているのだろうか。

・ラグビーが人生

理由として最初に挙げられるのは「育った環境」だ。ニュージーランドで生まれた子どもたちは、幼い頃からラグビーに触れて育つ。当然ながら夢はオールブラックスの一員になること。黒いジャージを着用して伝統の舞「ハカ」を踊ることができるのはほんの一握りだけに、彼らはオールブラックスに対する思いが強いし、プライドを持って戦う。

そしてこれはオールブラックスの選手に直接聞いた話だが、国を背負って戦う「黒いジャージ」に袖を通して涙を流す選手もいるらしい。そう、彼らにとってラグビーというスポーツは人生そのもの。厳しい競争のピラミッドを勝ち抜き、夢を実現させた猛者(もさ)中の猛者……つまり超エリート集団が全身全霊で戦うから強いわけだ。

・経験が正しいプレーを選択させる

また、幼い頃からラグビーに触れている彼らは高いレベルのプレーを瞬時に共有することもでき、何度も失敗を経験してきたことでどの場面でも正しい判断を下せるという。どこに行くか分からない楕円球で常に正しいプレーを選択する──実際に遂行するのは難しいように聞こえるが、可能にしているのがオールブラックスである。

それでいて彼らは頭脳プレーも華麗にこなす。ラグビーはガチンコでぶつかり合うスポーツと思われがちだが、いかにミスをせず陣取りしていくかという顔も持ち合わせる。相手の些細なミスを逃さず、時と場合に応じてプレーできるのも強みだ。

・なぜオールブラックスが強いのか分かる動画

さて、それらを踏まえた上で YouTube にアップされている動画「Every All Blacks try in 2018」をご覧いただきたいのだが、内容はずばりオールブラックスのトライ集(2018年)だ。再生時間はおよそ12分とちょいとばかり長いように感じるが、実際にはあっという間。さまざまな形でトライを奪っていることが分かるため、一度再生してしまえば見入ってしまうだろう。

中でも注目して欲しいのは、基礎を忠実に守っているところ。ラグビーにおいて欠かせない「自分を犠牲にして仲間を活かす」プレーを全員が遂行している。ポジションはあってないようなもの。黒いユニフォームがどこからともなくフォローに顔を出すことで、迫力のある波状攻撃が生み出されているのがよく分かる。

他にも、異常なほど早いリカバリーをはじめ、体重が100キロ近い選手の独走、オフロードパス(自分を犠牲にしながらも仲間へ繋ぐパス)、ここぞという場面で使うキック……。攻撃のバリエーションの多さも目を引く。

・ニュージーランドの初戦は必見

ルールが難しいと言われがちなラグビー。しかし、前に落とす&投げることが反則だと分かっていたら、実はそんなに難しいことはないのでぜひW杯をじっくり観戦してみよう。なお、前人未到の3連覇に挑むオールブラックスの初戦は9月21日の南アフリカ(スプリングボクス)戦。いきなりの好カードなので注目だ。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24