【超グルメ】自分で焼くスタイルのハンバーグ専門店『極味や』が最高すぎる! 東京・渋谷パルコ

2019年11月22日、生まれ変わった渋谷パルコが正式にオープンする。実は招待客向けのプレオープン日(20日・21日)が設けられており、私(佐藤)は初日から施設を体験してきた。特に地下のカオスキッチンは「最高!」の一言に尽きる。

そんな素敵な飲食フロアで、今後人気になりそうな「極味や」というお店を紹介しておこう。目の前の鉄板でハンバーグを自分で焼くスタイルのハンバーグステーキ店なのだが、福岡を中心に支持を得ており、このほど初めて東京進出を果たした。マジで美味いぞ、ハンバーーーッグ!

・プレオープンでも1時間待ち

プレオープン初日、私は時間の都合で「極味や」の訪問を断念した。翌21日13時30分頃のお店にたどり着くと、すでに行列。これは正式オープンの時にはかなり混雑する予感。昼時は長蛇の列になるかも。

実際、私が鉄板のカウンター席に着けたのは、並び始めてから1時間後の14時30分だった。プレオープンでも1時間待ちとは……。

注文は席に着く前に行う。メニューを見ると、看板メニューは「極味や ハンバーグステーキ」(120g 1090円、160g 1490円、200g 1890円、いずれも税別)だ。

これにご飯・サラダ・スープ・ソフトクリームのセット(すべておかわり自由)が別途税別350円となっている。私は200gのハンバーグをさらに増量! 20g増量(税別200円)×5でトータル300g のハンバーグをオーダーした。肉食うぞ!

・カウンター席のみ

店内はコの字型のカウンターが2カ所設けられており、それを囲うようにして鉄板が敷かれている。この上でハンバーグやステーキを焼くのである。ちなみに箸は2種類用意されていて、銀箸はハンバーグを焼く用に。そして竹割箸は食事用に使用するとのこと。

焼いたハンバーグは、岩塩・わざび・ゆず胡椒ポン酢・甘ダレ・オニオンソース・肉ダレのいずれかにつけることができる。もしくはそのまま食べても良いそうだ。

・宴じゃ~い!

すべての準備が整った。宴の始まりである! 目の前でスタッフが300gの肉塊をこね始めた。そしてひと通り肉のなかの空気を抜いたところで鉄板という名のリングに……ハンバーグ入場です!

なんという鮮やかな色合い! そしてなんという大きさでしょうか!

見るからに大量の肉汁をそのなかに携えていることが分かります。これはまさに「肉汁核弾頭」、ハンバーグと呼ぶにはあまりにも武骨な「たんぱく質の小惑星」といっても過言ではありません!

ハンバーグをオーダーした人はもれなくその肉塊をスマホで撮影せざるを得ない。そのくらい視覚インパクトが絶大だ。

まず片面こんがりと焼き、プレートにのせるところまでがスタッフの仕事。あとは食べる人がハンバーグを一口大に切り分けて、自ら鉄板で焼く。それが極味やの食べ方の流儀だ。

View this post on Instagram

ハンバーーーグッ!

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on Nov 20, 2019 at 11:19pm PST

・自分で切り分けて焼く!

この段階でハンバーグの中に火は入っていない。したがって、切り分けて鉄板の上でしっかりと焼く必要がある。箸でカットしながらハンバーグを焼く行為はとても新鮮だ。まるで焼肉を楽しむような感覚で、ハンバーグを焼いている自分に気づく。こんなお店、いままで東京になかったぞ!

最初の1片は、肉ダレでいただく。そのままでも肉の旨味が十分詰まっているのに、さらに肉の旨味を閉じ込めたソースにつけると、頭のなかの旨さを計測するメーターが振り切れた! なんじゃこりゃーーッ!! 「ハンバーグ」という一言で片づけるのが惜しくなる、天上界の食べ物のようだ。何が言いたいかというと、「とにかく美味い」である。

肉塊を分解しながら「俺のハンバーグ」を焼き続ける。そのプロセスを4~5度繰り返した結果、ある結論に至った。

オニオンソースで食うのが1番美味い! である。少なくとも私はこれが1番美味かった。

肉の旨味とタマネギの甘さの相性がとても良い。このソースなら、無限にハンバーグを食べられる気がしてくるじゃないか。それにしても、今までにない初めてのハンバーグ体験は感動と興奮に満ちたものだった。シメにソフトクリームを食べて、楽しい昼食は終了した。

・店舗拡大熱烈希望!

極味やは、渋谷パルコの人気店になるに違いない。いまだ1店舗しか東京にないのが非常に残念だ。できればパルコを足掛かりに2店舗3店舗と拡大していって欲しい。1時間並んで食べた価値は間違いなくあるぞ~! パルコの極味や、要チェックや~ッ!!

・今回訪問した店舗の情報

店名 極味や 渋谷パルコ店
住所 東京都渋谷区宇田川町15-1-B1F
営業時間 11:00~23:00
定休日 なし(施設に準ずる)

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

11/22にリニューアルオープンする『渋谷パルコ』の地下街「カオスキッチン」が最高すぎる! さすがパルコだっ!!

2019年11月22日、渋谷パルコがリニューアルオープンする。それに先立って20・21日の2日間、招待客限定でプレオープンが行われた。人より先に中が見たい! そう考えた私(佐藤)は招待されていないけど、現地に赴いた。

実際に行くと、なんとその場でPARCOカードに入会すると中に入れるとのことなので、速攻でカードを作って無事入場! 中に入ってみたところ、ここの飲食街(地下1階)がステキすぎた! ここは違う、他の商業施設と全然違う。さすがパルコ、渋谷パルコだ!! 一瞬で好きになったぞ!

・地下の「カオスキッチン」がカオス!!

新生パルコには193のテナントが入っており、飲食店は全37店舗。地下と7階にそれぞれ出店している。私が注目したのは地下のフロアだ。ここは『カオスキッチン』と名付けられている。

生まれ変わったパルコは、ノンエイジやジェンダーレスなどをテーマに設定したのだとか。地下に行くとそのテーマが示すものがわかる。その名の通り、まさに「カオス」だ。まず目を引いたのが、サイケデリックな外観が印象的な『米とサーカス』である。

米とサーカスは、獣肉(ジビエ)や昆虫食を提供する東京・高田馬場の居酒屋である。万人受けするお店とはちょっと言い難いけど、これをリニューアルで入れてくるなんてパルコやるな!

ここだけじゃない。創業53年の日本式純喫茶『はまの屋パーラー』。新宿2丁目の性別を超えたミックスバー『キャンピーバー』(ともに22日オープン)。

キャンピーバーの裏側には、お店で接客する女装ウエイトレスの姿が掲げられている。

ビーガン居酒屋『真さか』の裏には、店主が撮影した都内の坂の写真が展示さている。坂の写真!? 渋いッ!

個人的にとても気に入ったのは、『占いコーナークローバーリーフ』だ。令和の新時代に生まれ変わった新生パルコで、まさか昭和の佇まいを目にするとは。ただ新しいだけの施設を造っただけではない、パルコの姿勢が垣間見える。イイ! 挑戦している感じがとてもイイぞ!

まだある! アナログ盤専門店の『ユニオンレコード』

「清潔なライフスタイル」を提唱するコンドーム専門店『コンドマニア』。その向かいには、アンダーウェアの専門店の『ヒップショップ』。飲食フロアにこれらのお店を持って来るとは。斬新!

同じフロアには『ギャラリーX』がある。ギャラリーでは現在、期間限定で『AKIRA ART OF WALL』(別途入場料金が必要)が開催されている。

これまでさまざまな商業施設の新規オープンを取材してきたが、渋谷パルコは全然違う! 「日本初出店」と謳った海外の飲食ブランドを持ってきただけの開業とは違う。文化を伝えようという意志がヒシヒシと伝わってくる。出店しているお店も、ヨソの施設と一味違う。最初に挙げた「米とサーカス」を筆頭に個性派店舗が営業している。

・フィッシュバーガー『デリファシャス』

数あるお店のなかで次の2店舗を紹介したい。まずは鮨屋が作るフィッシュバーガー専門店として、中目黒で人気を博した『デリファシャス』が移転して、カオスキッチンに出店している。

私は過去に何度か中目黒の店舗を訪ねたことがある。その度に行列で入店を断念していた。まさか、ここで再び出会えるとは。フィッシュバーガーも気になったが、今回は出汁巻き卵ドッグ(880円)を注文。ドリンクとポテトのセット(440円)をつけてオーダーした。

ふわふわの出汁巻き卵をパンで挟んだ一品。ただのたまごサンドとは異なり、出汁の効いた卵焼きがクセになる。

・うどん店『おにやんま』

そしてもう1店舗は、立ち食いうどんの名店として知られる『おにやんま』だ。え!? あのおにんまが渋谷に! しかもパルコの真新しい店舗に存在するなんて、それだけでも衝撃だ。うまくて安いものを早く食いたいサラリーマンの強い味方、それが渋谷のパルコに入ったなんて信じられない!

実店舗を知る人であればご存じかと思うが、お店は基本的に狭い。五反田店は店内が一方通行になっていて、人が行き来するだけのスペースがない。それをここでも再現してしまっている。

どうして広く造らなかったんだ? と言いたいが、それがおにやんまだ。新しいからと言って広くしない。その心意気がステキ!

券売機で冷やしとりちくわ天おろしうどんの食券を購入。価格は530円。安い! 食券を出し、トレーで商品を受け取ってカウンターの席へ。

味は言うまでもなく、おにやんまだ。たしかにこのお店には初めて来る。以前のパルコと同じ場所とはいえ、「初めて来る場所」といって差し支えないだろう。

なのに、初めての気がしない。どことなく懐かしさを感じさせる。おにやんまだけでなく、このフロア全体から懐かしさや親しみを感じてしまう。もしかしたら、渋谷パルコはただの「新しい箱」なのではなく、中身のあるもの。大げさに言えば日本の文化を詰め込んだ、宝箱なのかもしれない

渋谷という土地で新しい商業施設はいくつもオープンしており、きらびやかな装飾や華やかな照明に彩られたモノをたくさん見てきた。しかし、それらのどれとも違う空間がここにはある。渋谷パルコは間違いなく、繰り返し来たい場所だ。

・今回訪問した施設

名称 渋谷パルコ
住所 東京都渋谷区宇田川町15-1
営業時間 物販10:00~21:00 飲食11:00~23:30

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24