【ガチ検証】チョイ足しじゃなく日本酒オンリーでカップ麺を作ってみた結果 → 真似するな!

「チョイ足し」すると美味しくなる組み合わせは多数ある。そのうちの1つが、以前ロケットニュースでも取り上げた「カップ麺に日本酒をチョイ足し」だ。試してみたところ、確かに風味が増して美味しくなった。

しかしそこで、気になってしまったのだ。「チョイ足し」ではなく「全入れ」したら更に美味しくなるのでは──と。つまり、カップ麺をお湯ではなく、日本酒オンリーで作ってみたらどうなるのか──と。同じことを考えた人は多いかと思うが、結論を言うとやめておいた方がいい! なぜなら、どう頑張っても美味しくならなかったからである。

注意喚起の意味を込めて、実際にやってみた結果を紹介したい。

・アルコール最強説

今回の検証はとてもシンプル。カップ麺を作る際のお湯を日本酒にして作るだけだ。カップ麺も日本酒もコンビニに売っていたため、思い立ってすぐに調達出来た。

筆者はお酒初心者のほぼ下戸だが、恐らく加熱する際にアルコールが全て飛ぶはずなので大丈夫……と考えたのがそもそもの誤りだった。ちなみに、試しに少し飲んでみたら香りも味も良い。お酒自体には何の問題もなかったのだが、その組み合わせに無理があったのだ。

さて、まずは日本酒を加熱していく。アルコールをしっかりと飛ばすため、沸騰してからも10分間加熱。加熱している最中に少し変なニオイがしている気がするものの、これはアルコールが飛んでいるニオイなのだろう、多分。

しっかりと加熱した日本酒をカップ麺に注いだ時点では、お湯を入れたものと見た目に差はなかった。──が、やっぱり日本酒を注いだ側から変なニオイが漂ってきている。しかし今更どうしようもないのでそのまま5分待ち、完成〜!

5分経過しても相変わらず日本酒カップ麺から異臭がするが、通常カップ麺よりもお揚げの見た目がふっくら仕上がっている!

美味しいものと美味しいものを足し合わせたところで、さらに美味しくなっているに決まっている。初めまして日本酒カップ麺、いただきます!

うわ〜、めっちゃくちゃ美味しくない!! 美味しいカップ麺に美味しい日本酒を入れたのにどうして。しかも、アルコールが全く飛んでない! 見た目は美味しそうだが、加熱した際にお酒の風味が変質してしまったのか、消毒用アルコールに麺を突っ込んだみたいだ。異臭の原因も加熱か……

調べてみたところ、お酒に含まれているアルコール分を完全に飛ばすのは難しいようで、蒸発しきるギリギリまでアルコール分が残っているという説もあるようだ。ならば、全て蒸発させたら美味しくなるはず……! 美味しくなれ、と願いを込めながら炒めてみる。

食材を無駄にするわけにはいかないし、何よりこのまま「美味しくない」で終わるのはなんか悔しい。大きめのフライパンでじっくりと炒め、確実に水分を蒸発させていく。

完全に水分を蒸発させたところで、器に戻してみる。おお、混ぜそばにジョブチェンジしたみたいだ。異臭も消えたし、なにより美味しそうじゃないか日本酒カップ麺・改! いざ、食べてみると……

やっぱり美味しくない!! アルコールは感じられなくなったものの、今度は日本酒が持っていた甘みが凝縮されてしまったのか、カップ麺だと思えない程ひたすら甘い。しょっぱさを求めてお醤油をかけてみたが、それくらいではビクともしない甘さ。一体私は何を食べているんだろうか、と意識が遠のく味だ。

美味しくなるはずだったカップ麺と美味しかった日本酒に、心の中でひたすら謝りながら食べた。ある意味「罪な味」だ。生み出してしまった者の責任として完食したが、もう二度と作ることはないだろう。ごめんね……。

・教訓を得た

「美味しいものに美味しいものを足し合わせたら美味しくなる」なんてウマイ話はなかった。欲を出して道を踏み外した者は、地獄を見ることになるのだ。気になった方もいるかもしれないが、決して真似してはいけない!

Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24