【二郎の対極】「精進料理のカップラーメン」をひとくち食べたら禅寺が見えた / 低カロリーだからダイエッター向き…と言いたいけど言えない何か

それはあまりにも渋かった。味に媚(こび)が皆無。ほんのりと醤油の風味を感じさせるものの、たとえば日清カップヌードルしょうゆ味とは全然違う。カップヌードルしょうゆ味がアメリカンコーヒーだとするならば、こっちは白湯……と言いたくなるほど、あっさりしまくっているのだ。それも、 “極あ派” とでも呼びたくなるようなガチあっさり。

何の話かというと、精進料理のカップラーメン。その名も「精進ラーメン禅道 醤油」である。ネーミングからしてストイックさが漂っているが、味の方はもっとストイック。ひとくち食べたところ、なぜか禅寺が見えたので報告したい。

そのラーメンは “極あ派” であるがゆえに、当然ながら「あっさりした中に魚介の旨味が感じられる」的なチャラけた仕様ではない。魚、不使用。肉、不使用。玉子、不使用。それどころか、ニラやニンニクなどの香りの強い野菜も不使用。もっとも多く含まれているのは、おそらく精神力だろう。

誤解がないように言っておくと、マズいと感じたわけではない。正直なところメチャクチャうまいとも思わなかったが、それは私の舌が従来のカップラーメンに慣れすぎているからだろう。逆に言うと、「従来のカップラーメンでは脂がきつい」って人は美味しく感じる可能性が高いように思う。

・ダイエッター向き…と言っていいのか?

また、もちろんのことカロリーなんてガッツリあるわけがない。1食につき284kcalで、脂質は8.9gだ。量も78gとそこまで多くない。

だからダイエットしている人にいいかも……と言いたいところだが、「そんな世俗にまみれた理由で食すべきではない。体重を減らしたいなら断食でもしてなさい」と言われそうな何かが、このラーメンにはある。

そもそも、低カロリーとはいえカップラーメン。食べることがダイエットにつながるのか? このカップラーメンを食べている人をダイエッターと呼んでいいのか? というか、精進料理のカップラーメンって一体何なんだ? なぜ2つを一緒にしたのか? と聞かれたら、簡単に答えられるものではない。まるで禅問答である。

・精神力が試される

考え出すと分からなくなるあたりも禅の精神を体現している……かどうかは不明だが、とにかく生半可な理由でこのカップラーメンを買うのはオススメできない。「あっさりしたラーメン食べたいな〜」くらいの人が購入するのは、ギャンブル度が高い気がする。

というのも、このカップラーメンは1つ300円(税込)と価格が結構する上に、2020年2月13日時点ではネット上で12個からしか買えないこともあって、口に合わなければ損失がデカくなってしまうからだ。

つまるところ、購入に際して覚悟と精神力が試される。ストイックなラーメンを楽しむには、口にする人の精神もそれ相応でなくてはいけない……ってことだろうか。

参考リンク:zen-foods「精進ラーメン禅道 醤油」
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【悲報】日本人、ついにカップ麺を作るのすら面倒になる → 水をセットするだけで自動調理してくれる専用メーカー『まかせ亭』爆誕!

お湯を注いで3分待つだけで食べられるカップ麺は、日本が世界に誇る発明品の一つだ。慣れれば子供だって簡単に作れてしまう。ある意味、究極の手抜き食品と言えるだろう。だがしかし……どうやら日本人は、カップ麺を作るのすら面倒になってしまったらしい。

サンコー株式会社が2019年11月25日より発売を開始した自動カップ麺メーカー『まかせ亭』。その名の通り、カップラーメンを自動で調理することが出来る夢のサーバーである。ぶっちゃけアホ寄りなアイデアながら、個人的には「ついにここまで来たか……」という謎の感慨を禁じ得なかった。

・お湯を沸かすのが面倒

『まかせ亭』を制作するきっかけについて、サンコーは以下のように語っている。

「手軽なカップ麺でも、めんどくさい動作があります。

それは、お湯を沸かすこと……。

やかんを用意して、水を入れて、火にかけて待つ……。
せっかくカップラーメンで、手軽に済ませようとしているのに湯沸かしの工程がめんどうくさい……。

この動作をなくせればなぁ……。と思いませんか?」

そんくらいやれや、と思わなくもないが、このお悩みを真面目に解決すべく開発されたのが『まかせ亭』なのだ。使い方は至って簡単。カップ麺をセットして、サーバーに水を入れるだけである。あとは『まかせ亭』が全部やってくれるぞ。

・簡単に食べたい

高速沸騰機能に加え、高さが調整できるのでどんなカップ麺にも対応可能。お湯が沸いたら自動で注水され、そこからタイマーが起動するとのことだ。本体自体がフタ代わりになるので放っておいても心配いらない。水を入れてタイマーが鳴ったら、あとは麺をすするだけである。

カップ麺を食べるためだけにこんなマシンが生み出されたという事実に、少々じわじわきてしまうのは私(あひるねこ)だけだろうか。お湯くらい沸かせよ、と言ってしまえばそれまでだ。しかし、このくだらなさを愛でるのも一興であろう。

・マニアは必携か?

気になるお値段は税込5980円と、高いのか安いのかよく分からない絶妙なライン。熱心なカップ麺ファンなら持っていて損はないのかもしれないが……念のためポチる前に、本ッ当に必要か自問自答することをオススメしたい。

お湯を注ぐだけで食べられるカップ麺。しかし我々は、そのお湯を沸かすのすら面倒になってしまった。果たして『まかせ亭』は、日本人を救うのか? それとも堕落させるのか? まさに神のみぞ知ると言ったところだが、個人的に一番ダルいのは粉末スープを入れる工程なので、もし次があれば何とかしていただきたい。

参照元:サンコー
執筆:あひるねこ


Source: ロケットニュース24