【悲報】日本人、ついにカップ麺を作るのすら面倒になる → 水をセットするだけで自動調理してくれる専用メーカー『まかせ亭』爆誕!

お湯を注いで3分待つだけで食べられるカップ麺は、日本が世界に誇る発明品の一つだ。慣れれば子供だって簡単に作れてしまう。ある意味、究極の手抜き食品と言えるだろう。だがしかし……どうやら日本人は、カップ麺を作るのすら面倒になってしまったらしい。

サンコー株式会社が2019年11月25日より発売を開始した自動カップ麺メーカー『まかせ亭』。その名の通り、カップラーメンを自動で調理することが出来る夢のサーバーである。ぶっちゃけアホ寄りなアイデアながら、個人的には「ついにここまで来たか……」という謎の感慨を禁じ得なかった。

・お湯を沸かすのが面倒

『まかせ亭』を制作するきっかけについて、サンコーは以下のように語っている。

「手軽なカップ麺でも、めんどくさい動作があります。

それは、お湯を沸かすこと……。

やかんを用意して、水を入れて、火にかけて待つ……。
せっかくカップラーメンで、手軽に済ませようとしているのに湯沸かしの工程がめんどうくさい……。

この動作をなくせればなぁ……。と思いませんか?」

そんくらいやれや、と思わなくもないが、このお悩みを真面目に解決すべく開発されたのが『まかせ亭』なのだ。使い方は至って簡単。カップ麺をセットして、サーバーに水を入れるだけである。あとは『まかせ亭』が全部やってくれるぞ。

・簡単に食べたい

高速沸騰機能に加え、高さが調整できるのでどんなカップ麺にも対応可能。お湯が沸いたら自動で注水され、そこからタイマーが起動するとのことだ。本体自体がフタ代わりになるので放っておいても心配いらない。水を入れてタイマーが鳴ったら、あとは麺をすするだけである。

カップ麺を食べるためだけにこんなマシンが生み出されたという事実に、少々じわじわきてしまうのは私(あひるねこ)だけだろうか。お湯くらい沸かせよ、と言ってしまえばそれまでだ。しかし、このくだらなさを愛でるのも一興であろう。

・マニアは必携か?

気になるお値段は税込5980円と、高いのか安いのかよく分からない絶妙なライン。熱心なカップ麺ファンなら持っていて損はないのかもしれないが……念のためポチる前に、本ッ当に必要か自問自答することをオススメしたい。

お湯を注ぐだけで食べられるカップ麺。しかし我々は、そのお湯を沸かすのすら面倒になってしまった。果たして『まかせ亭』は、日本人を救うのか? それとも堕落させるのか? まさに神のみぞ知ると言ったところだが、個人的に一番ダルいのは粉末スープを入れる工程なので、もし次があれば何とかしていただきたい。

参照元:サンコー
執筆:あひるねこ


Source: ロケットニュース24

【朗報】セブン『蒙古タンメン中本』がリニューアルして新発売! ニンニクで旨みがアップしてるぞ!! 明日10/28発売

入れ替わりが激しいコンビニの棚。先月買って気に入ったものが、今日もある保証なんてどこにもないのだ。しかし、そんな戦国の世を10年に渡り勝ち続けてきた猛者がいる。『セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨味噌』である。

2008年の登場以来、セブンの定番カップ麺として人気を博している『蒙古タンメン中本』。コアなファンが多い同商品だが、なんと明日2019年10月28日よりリニューアルされた新バージョンが順次発売されるという。その実物が編集部に届いたため、一足早く味わってみたぞ!

・中本がリニューアル

辛い! 辛い! マジで辛い!! でもなぜか箸が止まらない……! 『蒙古タンメン中本』とはそういうカップ麺だ。個人的には現行のバージョンですでに完成されているように思うのだが、一体どこをどうリニューアルしたのだろう?

セブン&アイ・ホールディングスによれば、アンケートを基に改善されたのは以下の2点。

麺重量を80gから85gに増量した。
別添オイルを「辛味オイル」から「辛旨オイル」に変更。生のガーリックの風味を加えた。

※価格は税抜189円から税抜200円に値上げされている。

・新旧食べ比べ

①はともかく、②に関しては味に大きな違いがありそうだ。そこで、新中本と旧中本を同時に用意して食べ比べをしてみたい! と言っても、両者の見た目はほとんど同じ。カギを握るのはやはりオイルか。

お湯を入れた段階では違いはまるで感じられなかったが、オイルをかき混ぜると……うわッ! 全然ちゃうやん!! 新中本からはニンニクのいい香りが漂っているぞ。これと比べれば、旧中本はほぼ無臭である。ニオワナイ。

・いつもの中本

さあ、まずは旧中本の方からすすってみよう。ズズッ! ズズ~~!! うん……うん……いや辛ぇわ! 辛いよ! おなじみの辛さだよ!! にもかかわらず、妙に後を引くのが中本マジック。額に汗を浮かべながらも、なぜかズルズル食べてしまうのだ。不思議だよなぁ。

というわけで、完全通常営業だった旧中本氏。お次は新中本に行ってみよう。先述の通りニンニクパワーを全身にまとった新中本氏であるが、実際に食べてみると……いや辛ぇわ! 辛いよ! どっちにしろ辛いよ!! あ、でも奥の方にニンニクいるかも。

・ニンニク効果

匂いほどのインパクトはないものの、スープを飲むと確かにニンニクの存在が感じられるのだ。そしてこれにより、全体的に旨みが増したような印象を受ける。味のコントラストがよりハッキリしたというか……。ちょ、もっかい旧中本に戻ってみよ!

・旨みの差

再びすすってみると……ああ~。さっきは感じなかったけど、旧中本の方が味が単調だな。旨みに欠けるというか、中本嫌いな人がよく言う「ただ辛いだけ」という表現がちょっとだけ分かってしまった。辛いだけで旨みのないスープ……今ならちょっと分かる。ちょっとだけね。

・結論

リニューアルによる劇的な変化はないものの、食べ比べるとハッキリ分かる旨みの差が両者には存在した。旧中本に少なからずあった欠点を、新中本が見事に埋めてくれたというワケだな。よって味に関して言うなら、今回のリニューアルは大成功だったと思うぞ。年季の入った中本ファン諸君も安心して食べてくれい!

参考リンク:セブン&アイ・ホールディングス(PDF)
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【カップヌードル】食べたい味世界1位に選ばれた「香辣海鮮味」こと「スパイシー シーフード味」を食べてみた!

今や世界中で親しまれているカップ麺だが、実は日本生まれだとご存じだろうか? 1971年に初めて発売されて以降、即席で食べられる手軽さで、しかも安いという特徴から、日本のみならず世界中にも浸透していった。

その先駆けが「カップヌードル」であり、現在もロングセラー商品として活躍している。そして2016年に行われた「世界のカップヌードル総選挙」では、世界中の人々の投票により1番食べたいと支持された味が発表された。それが今回食べてみる「香辣海鮮味」である。

・香港で大人気「香辣海鮮味」

「香辣海鮮味」とは「スパイシー シーフード味」という意味で、パッケージには「合味道」とも大きく書かれている。これは香港や中国での「カップヌードル」の名称だ。

同商品は2017年3月頃から日本でも販売されていたが、現在は生産を終了している。そのため今回食べる商品は中国で売られているもので、日本で販売されていたものとパッケージは若干異なる。

まず蓋を開けると折り畳み式のプラスチックのフォークが入っていた。日本だと見慣れない光景だが、中国だとよくある「ナイスなアイデア」の作りだ。

中身は日本でもよく見慣れた麺とかやくで、作り方もお湯を入れて待つだけで変わらない。かやくからスパイシーな香りがほんのりとするが、日本の「カップヌードル」と目立って異なる点はない。

・「香辣海鮮味」いざ実食

お湯を入れる前はスパイシーな香りがしていたが、スープの色はあまり赤くならず辛くないのかと思い飲んでみたところ、見た目の割に意外と辛くてむせてしまった。味は日本でも売られているシーフード味に似ており、そこに辛味が足されている感じである。

私は辛い味がとても好きなので、海鮮チゲのように感じてとても好みだった。クセのある風味はなく、辛味があることを抜きにすれば食べやすいカップ麺で日本人にも好まれる味付けだと思う。

・外国感はないが美味しい

特に香港で大人気とのことだったが、日本で食べられる「カップヌードル」とあまり変わらなかった。てっきり香港や中国の地域独特なスパイスやパンチの効いた味なのかと期待していたが、日本でよく食べられている味がした。

意外性はなかったものの、安心のクオリティで美味しかった。そして現地だと、日本円にしておよそ100円で「カップヌードル」が買えるらしい。気になる人は旅行などで行かれる際にぜひ探してみてはいかがだろうか。

参考リンク:カップヌードル 香辣海鮮味 ビッグ
Report:mai
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【徹底比較】激辛カップ麺「旨激辛ラーメン」と「激辛大爆発野郎」辛いのはどっちだ? 食べ比べた結果、圧倒的な差が…

暑い時に辛いものを食べて汗をかくと、爽快な気分になる。そのためか、スーパーでは夏になるにつれ、辛い系の商品が目立つように陳列されることが多い。辛いものマニアにとっては嬉しいところだ。

中でも、私が最近見かけて気になったのは「激辛カップ麺」。韓国のラーメンメーカーが出している「旨激辛ラーメン」と、ボリューミーで有名な野郎ラーメンのカップ麺「激辛大爆発野郎だ。今回、どちらが辛いのかを食べ比べて検証してみた。

・激辛カップ麺比較

実は以前にも「カップヌードル激辛味噌」と「蒙古タンメン中本北極ブラック」の激辛比較の記事を書いたことがあるので、それらとも辛さを比べていこうと思う。より詳しく辛さを知りたい人は、以前の記事から読むと分かりやすいと思うぞ!

それでは「旨激辛ラーメン」と「激辛大爆発野郎」を比較していく。「旨激辛ラーメン」は一般的なカップ麺の大きさで、「激辛大爆発野郎」はそれよりも一回り大きい。さらに「旨激辛ラーメン」はパッケージに味の記載はないが、「激辛大爆発野郎」は豚骨醤油味とある。

そしてさらに大きな違いが。「旨激辛ラーメン」は付属の激辛の粉末スープを加えてから、お湯を投入する。一方「激辛大爆発野郎」はお湯を入れた後に、付属の特製調味油を加えるのだ。同じカップ麺だが作り方が異なる。

・お湯を入れて完成

開封すると、「旨激辛ラーメン」は粉末のせいなのか辛い香りがしたが、完成後はあまり香りを感じなくなった。「激辛大爆発野郎」はニンニクと豚骨の香りがとてもするが、辛そうな匂いはしない。

だが、最も重要なのは見た目ではなく味だろう。なので食べ比べた感想を伝えたいのだが、あまりにも大差がついたので結果から言わせてもらう……。

「旨激辛ラーメン」が全然辛くない。

もう一度言わせてもらうが、全然辛くなかった! どれくらい辛くないのかというと、辛いものが好きな人ならば辛さを感じないレベル。辛いものが苦手な人なら、感じるかなあというくらい。麺に辛さはほとんどない。スープを飲めば辛さに気付くが、スープも普通に喉を通ってしまう。

私は辛いものが大好きでこれまで様々な「激辛」を食べてきたが、これは「激辛」ではないと思う。この辛さは「激辛」ではなく、「ピリ辛」が正解ではないか? なぜ「激辛」と銘打ってしまったのか……。それとも私が食べ方をミスしたのか……? 真相は分からない。

とはいえ、味は醤油の風味がして、ニンニクのチップがしっかり入っていて美味しかった。

一方、「激辛大爆発野郎」は、口元がヒリヒリしてくるレベルの辛さ。食べた後に辛さの余韻が体に残る。量もあるので、後半は辛さが体に溜まり水分なしでは苦しい。普通の人ならば、この辛さを食べるのは大変だろう。

けれどスープの豚骨醤油味はすごく濃厚で、にんにくの風味もかなり効いており食欲を加速させる。また麺が太くて、食べ応えがあり美味しかった。人気ラーメン店のカップ麺とあって、クオリティの高い味だった。

・「カップヌードル激辛味噌」と「蒙古タンメン中本北極ブラック」と比較

ここで、先日食べ比べた「カップヌードル激辛味噌」と「蒙古タンメン中本北極ブラック」も併せて順位をつけると、「蒙古タンメン中本北極ブラック」>>>「カップヌードル激辛味噌」>「激辛大爆発野郎」>>>「旨激辛ラーメン」の順に辛い。

そして「蒙古タンメン中本北極ブラック」の辛さは、頭ひとつ抜けている。辛さを求めるなら「蒙古タンメン中本北極ブラック」で間違いない。また、「カップヌードル激辛味噌」と「激辛大爆発野郎」は辛さにさほど大きな開きはなかった。

味の美味しさでいうと、「蒙古タンメン中本北極ブラック」と「激辛大爆発野郎」が印象に残っている。「蒙古タンメン中本北極ブラック」は辛すぎて後半あまり味が分からなくなるが、それでも覚えている。「激辛大爆発野郎」はがっつり系だが、麺もスープも凝られていて量の割に味が飽きなかった。

というわけでまとめると、「旨激辛ラーメン」と「激辛大爆発野郎」の辛さ比較は、「旨激辛ラーメン」があまりにも激辛でなかったために、圧倒的な差で「激辛大爆発野郎」の勝ちだ。とはいえ辛いものが苦手な人は、「旨激辛ラーメン」で辛さを楽しめると思う。そうでない人ならば、「激辛大爆発野郎」をオススメする。気になった人は、スーパーで気軽に買えるので是非お試しあれ!

Report:mai
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24