賞味期限が30分! 飲めそうなほど柔らかい「牛フィレカツサンド」を食べてみた → 溢れ出る肉汁が半端ない / 渋谷・CARNICERIA(カルニセリア)

2019年11月22日にグランドオープンした渋谷パルコ。その地下1階に、賞味期限が30分で切れてしまう衝撃的なカツサンドがあるらしい。1日10食限定だというそのプレミアムなカツサンドを食べに行ってみた!

・柔らかいのにちゃんとお肉

賞味期限30分カツサンド『プレミアムロゼサンド LAW LAND(ドリンク付・1450円)』は、渋谷パルコの地下1階にある「CARNICERIA(カルニセリア)」にあった。カルニセリアのカツサンドは1日10食限定、おまけに食べられるのはランチタイムのみだそう。

店内に入ってすぐに注文したところ、筆者の分が最後だったようだ。この時点ではまだ12時ごろ、オープンから1時間しか経っていない。日によっては13時ごろまで残っていることもあるようだが、早ければ1時間で売り切れてしまうとは。なかなか貴重なカツサンドだ。

ギリギリ注文できて良かった、などと思っている間にカツサンドが来た〜! 注文してから出てくるまでが早い。「ロゼ(バラ色)サンド」というだけあって、お肉がめちゃくちゃレアで真っ赤。

到着した瞬間から、もうすでに肉汁が溢れてきまくっている。賞味期限が30分、というのも頷ける。これは確かに、ゆっくり食べていたら食べ頃を逃してしまいそうだ。

「ナイフがいらない」とのことなので、手でそっとつまんで引っ張ってみると、お肉がスルッとちぎれた。うわ、超柔らかい。そのまま口に含んで噛み締めてみると、めっちゃジューシー……! 

口に含んだ瞬間は「飲めそう」と思ったほどトロッと柔らかく感じたが、噛むとちゃんと弾力もあり、肉汁がジュワ〜ッとどんどん溢れてくる。ホロホロになるまで加熱調理したり、叩きまくられたお肉の柔らかさとは違う、圧倒的なまでの「お肉が持つ柔らかさ」だ。肉質が良い。

しかも、お肉の美味しさはもちろん、カツとしての美味しさもしっかりと味わえる。柔らかな牛フィレ肉がまとった薄い衣は、カリッと焼き上げられたパンとともにサクサクの食感を楽しませてくれた。このサクサク感をお肉から溢れてくる肉汁で損なわせないためにも、賞味期限が30分なのかもしれない。

お肉だけで150g弱ぐらいあるというカツサンドだったが、30分の賞味期限なんか全く気にならないほど、あっという間に完食してしまった。欲を言うなら、この倍ぐらい食べたかったなぁ……

・元はお肉屋さん直営

「カルニセリア」はお肉屋さん直営のレストランが元となっており、今でこそ独立したものの、その頃の名残でいまだにお肉にこだわりまくり、良いお肉を安く仕入れて提供しているそう。

上質なお肉を使用した「賞味期限30分」の牛フィレカツサンド、気になった方はぜひ、開店直後を狙ってみては。

・今回訪問した店舗の情報

店名 CARNICERIA(カルニセリア)
住所 東京都渋谷区宇田川町15-1 PARCO B1F
営業時間 11:00~23:30 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 23:00)

Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24