カビ&水垢を防ぐ!入浴後のひと手間でやりたくないことを省略

浴室の水垢やカビは、頑固になる前に予防しておきたいものです。

SNSで家づくりやお掃除術などの情報を発信しているbeachmamaさんには、毎日の入浴後にしてる水垢・カビ予防対策があるそう。簡単なのに、効果を実感しているというその方法を教えてもらいました。

時間のかかる掃除はやりたくないから…

浴室

お風呂掃除が苦手な筆者は、特に時間のかかる掃除はなるべくしたくないと思っています。そのためには、頑固汚れがつかない浴室の使い方をしなければいけません。

しかし、浴室は毎日使うのですから、汚れはどうしてもついてしまいます。

試行錯誤をした結果、入浴後に「水滴を拭き取る」「排水口を洗う」「浴室アイテムを乾燥させる」という3つの流れにたどり着きました。入居から2年になる住まいですが、今でも浴室にカビや頑固な水垢はありません。

1.水滴を拭き取る

水滴の拭き取り

まずはシャンプーや石けんの泡が残らないように、しっかりとシャワーで浴室全体を流します。

あとは換気扇をつけてしっかり乾燥させるわけですが、この時にタオルなどで浴室の水滴を拭き取ると水垢の予防となります。わが家では吸水タオルを使って浴室全体を拭き取っています。

慣れると短時間で終わりますので、ぜひ取り入れてみてほしいです。確実に綺麗をキープできます。

鏡拭き

もちろん疲れている時や時間のない時もあるので、そういった日は特に水垢の目立つ鏡だけでも拭くようにしています。あくまでも無理をしないで、綺麗を保つ努力をするようにしています。

2.排水口を水洗い

排水口

排水口は、カバーを開けてみると知らないうちにカビで真っ黒になっていた、ということも多いものです。入浴後はヘアキャッチャーの髪の毛や汚れを取り、軽く水洗いをして、カバーと一緒に立てかけておくだけで嫌な汚れもつきません。
封水筒は外したままだと排水管からの臭いが上がってきてしまうので、ヌメリを洗い流したら戻しておきます。

3.浴室小物の乾燥

バスチェア

バスチェアなどの浴室にあるアイテムはカビが発生しやすいので、使っていない時は立てかける等して乾燥させています。

シャワーホース

シャワーホースも気づくとカビが発生していることがあるので、入浴が終わったらホースが床につかないように、しっかりと上にあげておきます。

蓋の乾燥

わが家では夜間は浴槽の中にお湯を残しておくので、朝まで浴槽の蓋はしたままです。朝お湯を流した後は、浴槽の蓋を壁に立てかけるように乾燥させています。
なるべく蓋の1枚1枚が壁に接する部分がないように乾燥させると、湿気がこもらずカビが生えにくくなります。

毎日できる時もあればできない日もありますが、日々意識しておくだけでも違います。一つひとつはとても簡単な作業ですので、今日から取り入れられる内容もあると思います。
毎日の暮らしのリズムの中に、少し綺麗を維持することをプラスするだけで、気持ちよく過ごせる家になるのではないでしょうか。

Source: 日刊住まい

冬でも油断大敵!水回りや室内のカビ対策アイデア4つ

年末の大掃除を終え新年を迎えると「今年こそは家全体をもっと清潔に保ちたい」と思いますよね。家のカビ対策は湿度の高い梅雨や夏はもちろん、乾燥する冬でも行うことで習慣化でき、年間を通して清潔への高い意識がキープできます。

今回は自称「キレイ好きのライター」のKumikoさんに、ふだんから心がけているとっても簡単な4つのカビ対策について聞いてみました。

1.洗濯機は「乾燥」を徹底! 洗濯槽とくず取りネットのケアがカギ

蓋を開けた洗濯機

洗濯機に関しては2つのことを実践し、カビ発生を予防しています。

1つ目は、実践している方も多いと思いますが、使用後の洗濯機のフタは常に開放して洗濯槽を乾燥させます。
フタを閉じていたほうが見映えが良く、ホコリが入らないというメリットがありますが、水回りはカビの発生率が高い場所。乾燥させることを重視しています。

ネットに溜まった毛玉やホコリは、乾燥させてからのほうがキレイに取り除くことができます

次に、洗濯機に付属のくず取りネットですが、筆者は洗濯物を干す時に一緒に干します。
洗濯ネットも同様に干してしっかり乾燥させれば、カビ知らず!

2.湿気が最も発生しやすいバスルームは「外す、撤去」

浴槽のゴム栓

筆者宅のバスルームには「あるはず」のものがありません。掃除の手間を省きたかったので浴槽のフタとゴム栓のチェーンを撤去したことで、掃除に使う水が減り、節水ができました。

フタやゴム栓チェーンはとてもカビが発生しやすいので、掃除に手間がかかるもの。思い切って撤去すると節水だけでなく、日々の管理も楽になります。

まだ他にバスルームでできることはないかと探した結果、排水口のフタも撤去しました(バスルームによっては撤去できない場合があります)。排水口のフタ

撤去したことで、下記3つのメリットがあったと感じています。
1.カビやすいフタを洗う手間が省けた
2.フタがなくなったことで通気が良くなり、排水口ネットがカビにくくなった
3.排水口ネットが直接目に触れるため、洗髪後に出る髪の毛などのゴミを入浴後に取り除く習慣が生まれ、いつも清潔に。ヌメリまで減った

フタを外すだけで、これだけの変化が生まれます。

3.年に1~2回のカーテン丸洗い後は「サッとひと拭き」

カーテン自宅で丸洗いできるカーテンが増え、筆者は年に1~2回のカーテン洗いを習慣化できるようになりました。

昨今の猛暑で遮光カーテンが普及していますが、遮光カーテンの裏面(ツルツルした面)は乾きにくいので、洗ってカーテンレールに吊るした後、乾拭きするとカビ防止になります。

また、断熱性の低い窓は冬の結露に悩まされるもの。この結露がカーテンに付着して、カーテン裏や裾まわりにカビが発生する場合があります。
吸水性のよいマイクロファイバーや乾いたタオルで拭く、サーキュレーターで風をあてるなど、カーテンを乾燥させるのもカビ予防の一助になります。

4.使用頻度の少ないカバンやスーツケースには「除湿剤」を

旅行カバン

湿気を吸うと薬品がジェル化する一般的な除湿剤ですが、約1年で取替えが必要になります

旅行や帰省で時々使うだけの、使用頻度の少ないスーツケースをはじめとする大型バックにもカビは発生します。

筆者の使っているスーツケースは気密性が高いようで、内部の布にカビが発生してしまいました。以来、未使用時には引き出し用除湿剤を入れてカビ対策をしています。

スーツケース同様あまり使わないボストンバックや大きなリュックはクローゼットに押し込みがちですが、油断するとカビが発生します。こちらにもタンス用除湿剤を入れるのがおすすめです。

吊るし収納もカビ防止に

お金や手間を掛けずに小さな工夫でカビ予防! 日々の小さなアクションがその後大きく効いてくるので、寒い時季から習慣にしてみませんか。

Source: 日刊住まい

浴室のカビは未然に防ごう。梅雨時期を快適に過ごすカビ対策3つ

いよいよ本格的な梅雨が始まります。

お風呂のジメジメやカビが気になる季節ですね。

梅雨の時期でもお風呂をキレイに保っている人は、便利グッズを使ったり、思い切ったアイディアで、ラクに快適さをキープしているようですよ!

浴室のカビ対策に関するお役立ち記事を、3本まとめてご紹介します。

1.銭湯方式!? 目からウロコの収納術

空気中の湿度が高くなると、水滴で濡れた浴室はなかなか乾きません。

シャンプーやリンスのボトルの底、洗顔フォームのキャップなどもぬめりやすくなり、気持ち悪いですよね。

梅雨時期はこまめに掃除をしても、すぐにまたぬめりが発生してしまいます。

そこで解決策として考えたのが、“吊るす”収納です。

髭剃りは吸盤付きのものを選び、ミラーにくっ付けました。

かさ高いシャンプー&リンスや、ボディーソープのボトルはまとめて脱衣所に置くことに。

銭湯方式で、使うときだけ浴室に持ち込むという方法で、ぬめり問題が解決!

じめじめしがちなバスマットも思い切ってやめてしまうと、衛生面でも、掃除の面でも、快適さが数倍アップしたそうです。

2.無印の優秀アイテム“進化系”スキージー

お風呂に入ったあとの水滴は、放っておくと水アカやカビになってしまいます。

自然に浴室が渇きにくい梅雨の時期は、スキージーなどの道具を使ってお風呂の水切りをするのがオススメです。

無印良品で発見したのは、スポンジ付きで掃除もできちゃう“進化系”スキージー。

スポンジとスキージーが表と裏にくっ付いていて、くるっとひっくり返すだけで掃除から水切りまですべて1アイテムで終えることができますよ。

時短にもなる便利な無印良品の掃除アイテム。その名も「掃除用品システム・スキージー」。

一度使うと手放せなくなる、5つの魅力とは?

無印良品「掃除用品システム・スキージー」が手放せない5つの理由

 

3.浴室の棚をマグネット式に変えたらスッキリ!

お風呂の壁付け棚はプラスチックで、使い続けるうちに水垢が目立ってしまいます。

傷が付いてしまいそうで、ごしごし力を入れて擦るわけにもいきません。

おまけに、壁と設置面のパーツの隙間までブラシが入らず、掃除で歯がゆい思いをしている人も多いのではないでしょうか。

そんな悩みに応えて登場したのが、「マグネット式のホルダー」です。

浴室は構造上、マグネットがくっつく場所が多く、最近はマグネット式のホルダーがいろいろと出ています。

ステンレスタイプのものを購入してみたところ、見た目もカッコよく、汚れもつきにくいと、良いこと尽くしだったそうですよ。

 

Source: 日刊住まい