窓のカビ取り!室内干しが増える花粉シーズン前に撃退を

外気との差でできる窓の結露。特に冬は窓ガラスにビッシリと水滴がついて、窓にカビが生えやすくなる季節です。

「放っておくとやっかいなカビは、普段の掃除で生えにくくしましょう」と話すのは、掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさん。取れなくなってしまったパッキンの頑固な黒カビを落とすコツも、教えてもらいました。

窓の結露でパッキンに黒カビが付着

室内干しが増える花粉シーズンの前に窓のカビ取りを!

冬の結露もそうですが、これから花粉シーズンに入ると、室内干しするお宅も多いのでは?結露によるレールやパッキンのカビをそのまま放っておくとカビが増え続け、部屋じゅうががカビ臭くなり、カーテンにもカビが生えることもあります。

花粉シーズンを迎える前に、窓のカビ取りをやっておきましょう。今のうちに行っておけば、室内干ししても部屋が臭くなりにくくなります。

普段、やっておくことのほか、カビの度合いに合わせた掃除の方法を紹介します。

普段の掃除:窓をしっかり乾燥させてカビの発生を防ぐ

乾拭きして水分をとる
古タオルで結露拭きをして乾燥させます。窓ガラスだけでなくレール部分に水滴がたまるので、レールの水分までしっかり拭き取りましょう。拭いたあとに30分ほど換気して乾燥させると、カビが発生しにくくなります。

軽いカビ取り:エタノール水などで拭き取る

エタノール水を吹きつける
拭き掃除だけではニオイが気になってしまう。そんなときは、アルコール除菌スプレーや無水エタノールを水で80%に薄めたエタノール水をスプレーして拭き取ります。

除菌効果はありませんが、汚れ防止効果がうたわれている窓用クリーナーも、レールなどに入り込んで取れにくいカビやホコリなどを浮かせてくれるので掃除に役立ちます。

市販のカビ取りミトン

カビ取り成分やカビ予防の成分を染み込ませた、使い捨てのミトンタイプも便利。

カビ取りミトンで窓掃除

軽い黒カビを取り除いて除菌できるので、忙しい方におすすめ。約1~2か月の防カビ効果もありますが、結露が激しい窓は、水気をタオルなどで拭いてから、ミトンでこまめに拭くことをおすすめします。

頑固なカビ取り:漂白剤でしっかり落とす

一度ついてしまった黒カビの色は漂白剤で落ちるものもあります。パッキンは傷みやすいので長時間おかずに長くても30分以内で拭き取りましょう。

カーテンや金具などに漂白剤がつくと、色落ちする可能性があるので、カーテンがかからないように固定。金具は、マスキングテープなどで養生します。

塩素系漂白剤をスプレー

まず、パッキンの水気を取り、漂白剤をつけます。塩素系スプレータイプを使う場合は、パッキンに細長くカットしたペーパーをおいてスプレーします。

ラップで覆う

さらにラップをかけて乾燥を防ぎます。10~30分おいたあと、しっかり水拭きして取り除きます。

ジェルタイプを塗布

塩素系ジェルタイプは液だれしないので手軽に行えておすすめ。ジェルを直接パッキンに沿って塗りつけていきます。カビを覆うように塗るのがポイントです。

古布などで拭き取る

同じように10~30分おいたら取り除きます。乾いたペーパーや布を使うとジェルがこぼれにくいです。その後、成分が残らないようにしっかり水拭きします。

カビ取り終了

普段から、窓をしっかり乾燥させたり、アルコールスプレーで拭いたりしておけば、ある程度カビの発生を食い止めることができます。 漂白剤でのカビ取りは最終手段になります。頻繁に行うとパッキンを傷めることになるので注意してください。

※塩素系の漂白剤を利用するときは、換気を十分に行ってください。炊事用手袋をつけるのもおすすめ。また他の洗剤と併用しないように注意を。

Source: 日刊住まい

冬でも油断大敵!水回りや室内のカビ対策アイデア4つ

年末の大掃除を終え新年を迎えると「今年こそは家全体をもっと清潔に保ちたい」と思いますよね。家のカビ対策は湿度の高い梅雨や夏はもちろん、乾燥する冬でも行うことで習慣化でき、年間を通して清潔への高い意識がキープできます。

今回は自称「キレイ好きのライター」のKumikoさんに、ふだんから心がけているとっても簡単な4つのカビ対策について聞いてみました。

1.洗濯機は「乾燥」を徹底! 洗濯槽とくず取りネットのケアがカギ

蓋を開けた洗濯機

洗濯機に関しては2つのことを実践し、カビ発生を予防しています。

1つ目は、実践している方も多いと思いますが、使用後の洗濯機のフタは常に開放して洗濯槽を乾燥させます。
フタを閉じていたほうが見映えが良く、ホコリが入らないというメリットがありますが、水回りはカビの発生率が高い場所。乾燥させることを重視しています。

ネットに溜まった毛玉やホコリは、乾燥させてからのほうがキレイに取り除くことができます

次に、洗濯機に付属のくず取りネットですが、筆者は洗濯物を干す時に一緒に干します。
洗濯ネットも同様に干してしっかり乾燥させれば、カビ知らず!

2.湿気が最も発生しやすいバスルームは「外す、撤去」

浴槽のゴム栓

筆者宅のバスルームには「あるはず」のものがありません。掃除の手間を省きたかったので浴槽のフタとゴム栓のチェーンを撤去したことで、掃除に使う水が減り、節水ができました。

フタやゴム栓チェーンはとてもカビが発生しやすいので、掃除に手間がかかるもの。思い切って撤去すると節水だけでなく、日々の管理も楽になります。

まだ他にバスルームでできることはないかと探した結果、排水口のフタも撤去しました(バスルームによっては撤去できない場合があります)。排水口のフタ

撤去したことで、下記3つのメリットがあったと感じています。
1.カビやすいフタを洗う手間が省けた
2.フタがなくなったことで通気が良くなり、排水口ネットがカビにくくなった
3.排水口ネットが直接目に触れるため、洗髪後に出る髪の毛などのゴミを入浴後に取り除く習慣が生まれ、いつも清潔に。ヌメリまで減った

フタを外すだけで、これだけの変化が生まれます。

3.年に1~2回のカーテン丸洗い後は「サッとひと拭き」

カーテン自宅で丸洗いできるカーテンが増え、筆者は年に1~2回のカーテン洗いを習慣化できるようになりました。

昨今の猛暑で遮光カーテンが普及していますが、遮光カーテンの裏面(ツルツルした面)は乾きにくいので、洗ってカーテンレールに吊るした後、乾拭きするとカビ防止になります。

また、断熱性の低い窓は冬の結露に悩まされるもの。この結露がカーテンに付着して、カーテン裏や裾まわりにカビが発生する場合があります。
吸水性のよいマイクロファイバーや乾いたタオルで拭く、サーキュレーターで風をあてるなど、カーテンを乾燥させるのもカビ予防の一助になります。

4.使用頻度の少ないカバンやスーツケースには「除湿剤」を

旅行カバン

湿気を吸うと薬品がジェル化する一般的な除湿剤ですが、約1年で取替えが必要になります

旅行や帰省で時々使うだけの、使用頻度の少ないスーツケースをはじめとする大型バックにもカビは発生します。

筆者の使っているスーツケースは気密性が高いようで、内部の布にカビが発生してしまいました。以来、未使用時には引き出し用除湿剤を入れてカビ対策をしています。

スーツケース同様あまり使わないボストンバックや大きなリュックはクローゼットに押し込みがちですが、油断するとカビが発生します。こちらにもタンス用除湿剤を入れるのがおすすめです。

吊るし収納もカビ防止に

お金や手間を掛けずに小さな工夫でカビ予防! 日々の小さなアクションがその後大きく効いてくるので、寒い時季から習慣にしてみませんか。

Source: 日刊住まい

梅雨のカビは、正しい窓の開け方&換気扇の使い方で退治

梅雨は、気分がジメジメするうえに、カビによる健康被害も生じます。

もちろん影響は住まいにも。玄関や収納・クローゼットは空気がこもり、カビやいやな臭いが発生。住宅そのものが傷むことだってあるのです。

そこで今回は、収納やクローゼットからカビを防ぐための換気にまつわる工夫を紹介。

「24時間換気扇はあるけれど、どうやって使うかわからない」「風通しをよくする窓の開け方を知りたい」という人は、ぜひ参考に。

またあわせて、一級建築士の立場から、梅雨に備えた間取りについてアドバイスをします。

知っておきたい、カビの繁殖条件

住宅にカビが発生、増える3大条件は、以下のとおりです。

・温度 20℃~30℃
・湿度 80%以上
・栄養 畳やじゅうたん、壁紙などの建材、ホコリ・フケ・髪の毛などの汚れやごみ

空気がこもりがちな梅雨の時期の室内は、湿気と温度が室外より高くなる傾向に。

しかし、こまめに換気し空気を動かすことで、カビの繁殖条件となる室内の湿度や温度を下げることができます。

換気扇

ABC / PIXTA(ピクスタ)

この湿度や温度を下げるためのお部屋の換気方法には、おもに以下の方法があります。

・窓を2か所以上開けて、空気の流れを作る
・24時間換気扇や、トイレや浴室・キッチンなどの換気扇を回す

これらの方法を詳しく解説していきます。

換気の工夫・その1 窓を2か所以上開けて、空気の流れを作る

窓を2か所以上開けて、図のように空気の流れを作り換気する方法は、最も簡単で誰にでもできる方法です。

窓の開き具合は少しでも、じつは空気は流れるもの。なお、換気の際には、防犯に気をつけましょう。

窓

polkadot / PIXTA(ピクスタ)

一般的に、南北または東西に窓を開けると風がとおりやすく、効率よく換気することができます。

換気の工夫・その2 24時間換気扇や、トイレ・キッチンなどの換気扇を回す

最近の住宅では、24時間換気という設備がトイレや洗面室・浴室についています。

この24時間換気は、その名前のとおり、部屋を一日24時間換気してくれる優れものです。

24時間換気を回せば、図のように、部屋のそれぞれの給気口から空気を取り入れ、効率よく部屋の換気を行えます。

ちなみにその換気量は、空気の流れ道にある部屋の空気が、約2時間ですべて入れ替わるほど。

24時間換気がついていない古い住宅の場合、トイレや浴室・キッチンなどの換気扇を使う方法があります。

その際、換気したい部屋の窓を開け、さらに換気扇を回す部屋の窓を閉め密室に近い状態にし、空気がうまく流れるようにして換気扇を回します。

クローゼットや収納の換気も行いたい場合には、あらかじめ、図のようにクローゼットや収納にも窓や給気口を設置し、空気の入口を作ってあげることが大切です。

こうすることで、クローゼットや収納もしっかり換気され、カビの繁殖や悪臭を防ぎやすくなります。

間取りの工夫で、洗濯物も早く乾く

 

換気によるメリットは、カビの増殖や悪臭を抑えることばかりではありません。

空気の流れのよい間取りにすれば、梅雨の時期でも、早く洗濯物が乾くようになります。

室内干し

makaron* / PIXTA(ピクスタ)

図のように、空気の流れ道に物干し場を作れば、雨の日でも室内で洗濯物を乾かすことが可能に。

また、ファミリークロゼットも空気の流れ道につくれば、こもった臭いの防止にも。

家相で言われている鬼門は、北東の方向です。北東は日も当たらず、カビが発生しやすい条件がそろう場所。

昔は換気扇がなかったため、鬼門(北東)に水回りをつくらないことで、カビの増殖を少なくし、家人の健康を保とうとしていたのです。

現代の家づくりに置いて、換気のポイントは「南北または東西の窓」と「換気扇」にあり。

心地よい家づくりのために、ぜひ覚えておきましょう。

(しかまのりこ)

Source: 日刊住まい

浴室のカビは未然に防ごう。梅雨時期を快適に過ごすカビ対策3つ

いよいよ本格的な梅雨が始まります。

お風呂のジメジメやカビが気になる季節ですね。

梅雨の時期でもお風呂をキレイに保っている人は、便利グッズを使ったり、思い切ったアイディアで、ラクに快適さをキープしているようですよ!

浴室のカビ対策に関するお役立ち記事を、3本まとめてご紹介します。

1.銭湯方式!? 目からウロコの収納術

空気中の湿度が高くなると、水滴で濡れた浴室はなかなか乾きません。

シャンプーやリンスのボトルの底、洗顔フォームのキャップなどもぬめりやすくなり、気持ち悪いですよね。

梅雨時期はこまめに掃除をしても、すぐにまたぬめりが発生してしまいます。

そこで解決策として考えたのが、“吊るす”収納です。

髭剃りは吸盤付きのものを選び、ミラーにくっ付けました。

かさ高いシャンプー&リンスや、ボディーソープのボトルはまとめて脱衣所に置くことに。

銭湯方式で、使うときだけ浴室に持ち込むという方法で、ぬめり問題が解決!

じめじめしがちなバスマットも思い切ってやめてしまうと、衛生面でも、掃除の面でも、快適さが数倍アップしたそうです。

2.無印の優秀アイテム“進化系”スキージー

お風呂に入ったあとの水滴は、放っておくと水アカやカビになってしまいます。

自然に浴室が渇きにくい梅雨の時期は、スキージーなどの道具を使ってお風呂の水切りをするのがオススメです。

無印良品で発見したのは、スポンジ付きで掃除もできちゃう“進化系”スキージー。

スポンジとスキージーが表と裏にくっ付いていて、くるっとひっくり返すだけで掃除から水切りまですべて1アイテムで終えることができますよ。

時短にもなる便利な無印良品の掃除アイテム。その名も「掃除用品システム・スキージー」。

一度使うと手放せなくなる、5つの魅力とは?

無印良品「掃除用品システム・スキージー」が手放せない5つの理由

 

3.浴室の棚をマグネット式に変えたらスッキリ!

お風呂の壁付け棚はプラスチックで、使い続けるうちに水垢が目立ってしまいます。

傷が付いてしまいそうで、ごしごし力を入れて擦るわけにもいきません。

おまけに、壁と設置面のパーツの隙間までブラシが入らず、掃除で歯がゆい思いをしている人も多いのではないでしょうか。

そんな悩みに応えて登場したのが、「マグネット式のホルダー」です。

浴室は構造上、マグネットがくっつく場所が多く、最近はマグネット式のホルダーがいろいろと出ています。

ステンレスタイプのものを購入してみたところ、見た目もカッコよく、汚れもつきにくいと、良いこと尽くしだったそうですよ。

 

Source: 日刊住まい

サーキュレーターも強い味方に。梅雨を乗り切るカンタン湿気対策5つ

じわじわと梅雨の季節が近づいてきましたね。

湿度が上がるため、湿気によるカビの発生も心配されます。

梅雨の湿気対策には様々な方法がありますが、今回は簡単にできる5つのことをご紹介したいと思います。

今すぐ、簡単にできることばかり!参考にして頂けたら嬉しいです。

1.洋服の間を空けておく

クローゼット

カビは高い湿度と空気が動かないことで発生しやすくなると言われています。

すき間なく、ぎゅうぎゅうに吊るした洋服は風通しも悪くなってしまいます。

ですので、ハンガーとハンガーの間をなるべく空けて風通しをよくしておきましょう!

窓がないウォークインクローゼットの場合、定期的にサーキュレーターや扇風機で風の流れを作るだけでも効果的です。

洋服もシワになりにくく、選びやすくなるので一石二鳥。

我が家では保管付きの宅配クリーニングを利用して、クローゼットの中をいつもスッキリ保てるようにしています。

 

2.換気は夕方までに!

換気

梅雨の季節、晴れ間を利用して換気をすることは大切。

しかし、気温の高い昼間から気温の低い夕方になると湿度も高まります。

夕方、窓や玄関を開けることで逆に湿気を家の中に入れてしまうことになってしまうかも!

そこで換気は夕方までに済ませるようにしています。共働きの方は朝の換気がオススメですよ。

 

3.家電を上手に取り入れる

家電

特に湿気の気になる、下駄箱やランドリールームには除湿機やサーキュレーターなどの家電もおすすめ!

除湿機とサーキュレーターがあれば、除湿をして、風の流れを起こすというカビ予防が一気に完了。

上手に家電を取り入れるのも良い方法の1つです。

 

4.部屋干しの注意点

部屋干し

梅雨の季節は部屋干しをする方も多いのではないでしょうか。

でも、湿度が高いから洗濯物がなかなか乾かないですよね。

その際は除湿機やサーキュレーターを利用して、なるべく短時間で洗濯物を乾燥させるようにしています。

湿気対策にもなりますし、何よりも生乾きの状態が続くと菌が発生し嫌なニオイの原因にもなります。

 

5.バスルームの換気扇をONにしておく

バスルーム

気温や湿度が上がるとバスルームにカビが発生しやすくなります。

お風呂上がりには水気をなるべく拭き取り、換気扇をONにしておきましょう!

換気をすることでカビの発生はもちろん、他の部屋に湿気が流れ込むのも防いでくれます。

 

今回は簡単にできる湿気対策を5つご紹介しました。

すぐに取り入れることができるものばかりなので、暮らしのヒントになれば嬉しいです。

Source: 日刊住まい