【真実】どこにでもいるオッサンが、プロの写真家に撮影してもらったら死ぬほどカッコ良くなった!

近年はスマホの性能向上が目覚ましい。通信性能もさることながら、カメラ機能は想像を超えるスピードで進化している。ひと昔前ならデジタルカメラに遠く及ぶなかったのだが、今では誰でもカンタンにキレイな写真を撮影できる。とはいえ、所詮スマホである。「プロ並みの写真が撮れる」とどれだけ謳ったところで、やはりプロには勝てないはず

そこで実際に私(佐藤)のポールダンスの練習風景をプロに撮影してもらったところ、ダイナミックで迫力のある写真を撮影してもらうことができた! これがプロか!! プロの撮る写真なのか!

・プロに撮影して欲しい

今回撮影をお願いしたのは、プロの写真家アサイミナさんだ。彼女はバンドのライブやイベントの撮影を中心に、雑誌や広告などさまざまな分野の仕事を請け負っている。縁あって、彼女に撮影をお願いすることになった。実は私は、かねてからプロフィール写真をプロにお願いしたいと考えていた。

というのも、ポールダンスをやるようになって、もうすぐ3年が経とうとしている。だが、ポール用のプロフィール写真はまともなものが1枚もない。しかも普段からロクな写真を撮っていない。近頃は半裸で撮影することさえある。

1回くらいまともに撮影してもらいたい! そう思い、彼女にお願いしたのである。

・プロに撮影してもらった結果!

撮影は、私が日頃お世話になっているポールスタジオで行った。ちなみに都内のポールレッスンスタジオでは、個人練習向けにスタジオの貸し切りレンタルを行っている。朝8時から3時間予約し、段取り等も含めて都合1時間みっちり撮影して頂いた。

彼女はフラッシュにカラーフィルムを貼り付けた「カラーストロボ」で、私を撮影したいと希望していた。私は専門的なことはまったくわからないので、すべて彼女におまかせして、出来る技を順番に実践するだけ。途中休憩をはさみながら、約1時間撮影。

撮影データ(RAWデータ)は彼女の手によって現像・レタッチ等を施され、その日の夜には私の手元に届いた。さて、一体どんな写真が撮れたのだろうか? 出来上がった画像はこれだ!

プロってすげええええええええええええええ!

当たり前だけど、やっぱりプロの写真はすげええええ!!

「キモイ」とか「汚い」とか「生理的に受け付けない」とか、びっくりするほど辛辣な言葉を投げかけられる、そこらへんのオッサンの私が、まるでスターじゃないか! あえて自分で言おう!

俺、カッコイイ!!

私は1時間の撮影ですっかりヘトヘトに疲れてしまい、最後の方はまともに技を決めることができなくなっていた。それでもプロの腕にかかると、ダイナミックな写真に仕上がる。きっと素人なら、派手な動きでも地味な画になってしまうところを、プロは地味な動きでさえも、臨場感のあるものにしてしまう。我ながら惚れ惚れしてしまう(ウットリ)。

ただ突っ立っているだけでも、画に緊張感が生まれる!

どれだけスマホの技術が進化しても、プロカメラマンには到底勝てない。機械的な技術だけでは、プロフェッショナルの「腕」までは、作り出せないはずだ。

撮影:アサイミナ
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

背面モニターなんて飾りですよ! 富士フィルム『X-Pro3』はスナップ撮影を追及したクールな過激派

2019年11月28日に発売が予定されている、富士フィルムの『X-Pro3』。X-Proシリーズの実に約3年ぶりとなる新型モデルです。ストリートフォトグラファー好みの尖った特徴を持つこのシリーズですが、待望の X-Pro3ではまた思い切った選択をしてきました。

背面モニターを使わせないように、隠してある……というか、デフォルトで裏返しについているという、まさかの仕様。もちろんバリアングル的なギミックも無く、モニターを見るには下にパカッと開くしかありません。「背面モニターなんて飾りですよ。(富士フィルムの)偉い人はそれを分かっているんです」

・FUJIFEST GLOCAL 2019

まあX-Pro2の愛用者や、あるいは X-Pro2 をスルーして今でも X-Pro1 を使っているファンなら無条件で買うのでしょう。富士フィルムの新型はいつでも正当に進化するので、ある程度盲目的に信頼していいメーカーの一つだと個人的に思っています。

それでも、例え買うと決めていても、買う前には触りたくなるものですよね? そんな願望をかなえられるイベントが、10月26日に開催されていました。「FUJIFEST GLOCAL 2019」です。

会場は東京国立博物館の表慶館。場所選びに「X-Pro3はそういうカメラだぞ」的なメッセージを感じます。それはともかく、こちらにて色々いじくりまわしてきたので、気になった点や良かったところなどを簡単にお伝えしていきます。

・外観とか端子とか

まずは外観から行きましょう。まずは正面……といっても、X-Pro2とほぼ同じ。ぶっちゃけぱっと見て違いはわかりません。いや、じっくり見ても分かる気がしません。縦横比も全く同じです。

ただ、トップ部分の素材はチタン製に。今回触ったモデルは、やや遅れて発売予定のデュラテクトという表面加工技術が施されているもの。多少擦った程度では傷一つつかないそう。カメラは精密機械でありながら、ハードに使用される道具でもあります。剛性は大事ですからね。

入出力端子はUSB Type-Cと、2.5mmのミニジャック用のみ。動画撮影がしたくてこのカメラを選ぶ人はまずいないでしょうから十分でしょう。ただし、カメラ本体のビデオ性能はスペック表を見る限りX-T30などと同等なので、突然動画が撮りたくなった場合などには十分仕事をこなしてくれるかと。

記録メディアは安心のSDカード2枚挿し。この辺りはしっかりとプロユースを意識した仕様となっています。防塵・防滴とのことですが、シーリング的には過信は禁物だと思いました。

・背面とモニター

話題の背面を見ていきましょう。

知らない人が見たら「モニターちっさ!」と勘違いしそう。まあ間違いではないのですが、正解でもありません。表に見えているのはあくまでサブモニター。メインは開くと出てくる感じ。

操作系については、X-Pro2よりもボタンが減ってすっきりしています。メインモニターがタッチパネルになったので、物理ボタンは不要となったのでしょう。タッチの感度は上々で、かなりヌルヌル動きます。

ちなみにモニターは下にしか開かないので、そのままだと邪魔になります。つまり撮影時は閉じるのが正解。閉じた時に見えるものは、その時のフィルムシミュレーションの設定か……

あるいは極限まで必要最小限な、シャッタースピードやF値、ISOなどの設定のみ。設定で変更可能です。ちなみにこれ、バックライトとかはありません

なお、閉じた状態でもフィルムシミュレーションは簡単に変更することができます。

その際にサブモニターに表示される、フィルムの外箱をイメージさせるデザインが何ともニクい。フィルムとして実在しない Classic Chrome が黄色なのは、Kodac社の今は無き Kodachrome へのリスペクトでしょうか。ちなみに電源をOFFにしても表示は消えません

・背面モニターってぶっちゃけ見なくね

でまあ本モデルに対する賛否を分けるのが、やはりこの背面モニターの仕様でしょう。個人的な感想を述べるなら、全く問題なしというところ。というのも、背面モニターなんてぶっちゃけ使わないからなんですよね。ISOやシャッタースピードは、ほとんどのカメラでトップ部分か、ファインダー内で見えるので。

「撮った写真のチェックを」とかあるかもしれませんが、背面モニターなんて使ってられないでしょう。反論覚悟の上で、それでもこれは自信を持って断言できるんですが……小さい背面モニターで写真をチェックしても無意味です。

見えてるようで、実際には画面が小さすぎてほとんど確認なんてできていません。拡大したらしたで、全体が見えなくなりますから。撮った写真のことは、帰ってPCモニターでチェックするまで放置が基本。確認してる時間で逃すシャッターチャンスの方が惜しいというもの。

ミスショットが怖い時は連続でシャッター切って、ヒット率を上げるしかない。もしかしたらこれは、フィルム時代に身についた習性からくる、やや時代遅れな主張なのかもしれません。ですが、撮った写真をその場でチェックするのは時間の無駄。

どうしてもミスできず、しかも何度もリテイクできる状況なら例外となります。でもそれは、タブレットなどを外付けモニターとして持って行く場面。カメラのボディの背面に収まるサイズである以上、どれだけ高精細になっても写真のチェックには不向きだと思います。

ファインダーを覗けないようなアングルでの撮影についても同じです。外付けモニター必須案件というヤツです。それ以外なら、写真はモニターではなく、ファインダーを覗いて撮るのが基本だと思います。ファインダーの無いカメラ(外付けであればOK)はカメラじゃない。ファインダー原理主義過激派。

まあ、X-Proシリーズに手を出している系の方々はレンジファインダーとかが好きなのでしょうし、撮影スタイルもストリートフォトがほとんどかと。この辺は言うまでも無いことと存じます。

・恩恵は?

無論、背面モニターがあっても無駄になることは無い……ただ使われないだけなので、あえて隠してしまう必要も無いといえばそのとおり。ではあえて隠した結果得たものとは……?

現実的な話しをすると、元々モニターを使わない人にはその分バッテリー面での恩恵があります。消費電力の大きいモニターがオフになっているだけで、撮影可能時間は延びますからね。

1枚撮るたびにモニターで写真をチェックする人(恐らくカメラを手にして間もない方)なんかは、多少の緊張感と共に、よりシャッターを切ることに対して集中できるようになるかと。

最初は不安かつ不便に感じるかもしれませんが、1日じっくりと撮り歩けばすぐ気づくハズ。写真の撮れだかが、1枚1枚チェックしてたころと変わらないことに。一方で撮影スピードが圧倒的に上がるため、撮れる枚数は増えます。マジです。

そういう意味では、矯正器具とかトレーニングマシン的な側面もある1台。X-Pro3とマニュアルのレンズのみで撮影して回れば、間違いなくカメラに対する理解は深まるかと思います。

慣れてるつもりだった筆者も、久しぶりのOVF&レンジファインダーで撮って、視差(レンジファインダーは、見えてる通りに写らない)にやられて「鈍ってるなぁ」と……技術が試されるのが、それはそれで楽しい。モニターは無関係ですが、撮影のプロセスそのものが楽しいというのもまた恩恵かと。

・進化しまくったEVFと、顔認証やAF

モニターについてはこのくらいにして、次はファインダーに触れていきます。X-Pro シリーズ共通の特徴として、EVF(電子ビューファインダー)とOVF(光学ファインダー)の切り替え機能があります。

フロント部分右側のレバーをカチャカチャやるだけで、瞬時に切り替えられるというやや変態チックな仕様。X-Pro1 が出た時にはかなり話題になりました。でまあ、正直なことを言うと、X-Pro1、X-Pro2ともに、EVFの性能がちょっと残念だったと思うんですよ。

表示が遅すぎて微妙で、精細さも残念で……。でも X-Pro3 のEVFはガチでした。有機ELになってめちゃくちゃ綺麗に見えます。タイムラグも全く分かりません。

先代よりも進化したのはそれだけじゃありません。AF性能や顔認証もめちゃくちゃ早い。というか、その辺の中身の性能はフラグシップ機の X-T3 と同じです。ここで1点、X-Pro2 から買い換えようというユーザーに向けて一つ。

顔認証やAF、特に瞳AFを使いまくっていると、急にラグを起こすことがあります。あらゆるレスポンスがカクカクして、メモリー足りてないんじゃないの……? みたいな。

これは X-T2 以降にはあって X-Pro2 には多分無かった(あったら申し訳ない)「ブースト」モード的な設定をONにする必要があるというやつです。ノーマルのままこういった機能を使いまくるとすぐに動作が遅くなってしまう。

ちゃんとブーストにするとその問題は解消されます。ただし、消費電力が増えて稼働時間が短くなってしまいますが。きっとOVFを使ってマニュアルで撮影する人に配慮した設計なのでしょう。

EVFを使用して、AFなどをフルに使って撮影される方は、この設定に注意したほうがいいかも。知らないで動作がカクカクし始めたら、故障と勘違いしてしまう可能性も。

・ストリートフォトグラフィー特化

とまあこんな感じでしょうか。描写性能やレスポンスはことごとく進化。レンジファインダー式で趣味性が強い X-T3 といった感じです。控えめな本体のデザインもあいまって、ストリートフォトグラフィーに特化しています。

撮影中のフィーリングはまさにフィルムカメラ。ですが性能はバリバリに最新のミラーレス。フィルムライクで最新性能を享受できます。剛性もチタン採用でシリーズ史上最強で、末永く付き合っていけるカメラでしょう。

他のデジカメとは仕様が違いすぎて単純に比較できないものなので、買い替えの対象となるのはそれこそ同じシリーズの X-Pro1 か X-Pro2 のみかと。これらのユーザーは買い換えて絶対後悔しないと思います。

それ以外の方は……正直これは1度店頭で触れてみて、レンジファインダーがしっくり来るか、フィルムライクな撮影スタイルに馴染めるか、というところ次第かなぁと。個人的には好きです。

ああ、でも1つだけ。トップ部分と底が真鍮製のブラックペイント版とか出ませんか?

参考リンク:FUJIFEST GLOCAL 2019X-Pro3
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【検証】「iPhone11 Pro」と「Google Pixel3」で撮影した画像を比較してみた

2019年9月20日に発売開始となった「iPhone11 Pro」。この端末は、iPhone史上初となる3つのレンズを備えている。ちょっと見た目が不気味ではあるものの、広角・超広角・望遠のトリプルカメラシステムを採用しているという。

そのカメラ性能に期待が持たれているが、昨年発売した「Google Pixel3」と比べると、どれほどのものなのだろうか? シンプルに撮影した画像を比較してみた。

・タピオカ?

3つレンズが寄り集まっている見た目は、あまりカッコいいと言えない「iPhone11 Pro」。発表直後にネット上では「タピオカ」と言われていたのだが、実物を見ると確かにそのように見えなくもない。また、真横から見ると結構出っ張っている。スティーブ・ジョブズが存命だったら、このデザインを許しただろうか……。

・通常倍率

さて、まずは通常倍率で撮り比べてみる。

蛍光灯で照らされた室内、玄関の方に向かって同じ位置から撮影してみると、それほど大きな違いはないように見える。

続いて、同じ位置から最大倍率でズームしてみると……。

iPhoneの方がより大きく写る反面、色合いがやや暗く見える。また、画像が少々粗く見える。

・ポートレートモード(人物)

続いてポートレートモードで人物の撮影。それぞれの端末で、撮影時に多少明るさを調整している。

ボケ味は、Pixel3よりもiPhoneの方がより自然な印象を受ける。Pixel3は若干力技でボカしている感が否めない。

・ポートレートモード(物)

続いて、同じくポートレートモードで物(シュークリーム)を撮影してみた。こちらも撮影時にカメラアプリで明るさを調整している。

iPhoneはかなり明るくしないと、シュークリームが石のように見えていた。一方、Pixel3はやや強引なボケ味ではあるものの、シュークリームの皮がより自然なものに見えている。

・戸外

最後に戸外を通常倍率で撮影してみた。明るさの調整は行っていない。

iPhoneの方がより明るく見える。戸外の明るさについては好みの分かれるところではないだろうか。

なお、11 Proは「超広角(×0.5)」での撮影も可能だ。これまでの端末では画角に収まり切らないものも、超広角で隅まで撮影することができる。

iPhone XsとGoogle Pixel3ではPixel3にやや分があったように思うのだが、11 Pro にはこれらのほかに「ナイトモード」やスローモーションのセルフィー「スローフィー」がある。これらの新機能でPixel3との差を縮めることができるのだろうか? 今後のユーザーの反応に注目が集まりそうだ。

参照元:アップルGoogle
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【レンズ沼】Amazonで買った激安中華レンズ(7000円)の実力はいかに / Neewer 25mm f/1.8(APS-C用)

レンズが欲しい……レンズぅぅううううう! 超ハイスペックなお高いレンズはもちろん無限に欲しい。でも激安のアヤシイレンズとかも気になる。とにかくオニューのレンズが欲しいぃぃいいい!

……カメラ好きなら、きっと多かれ少なかれこの気持ちをご理解いただけることと思う。そんな底なしのレンズ欲にまみれつつAmazonウォッチングをしていたところ、安すぎるレンズを発見。APS-C用のマニュアルフォーカスで25mm。f1.8という明るさながら、お値段驚きの6999円!(筆者購入時) ポチって人柱になってきたぞ!

・35mm換算で37.5mm

APS-C用の25mmということで(APS-Cってなんじゃいという方はこちらの記事のセンサーサイズについての部分を参照)、フルサイズ換算すると37.5mmでTHE 標準という感じ。しかも明るさは、先述のとおり f1.8……!

写りによってはめちゃくちゃ使い勝手がいいと思われる。ちなみにメーカーはNEEWER。どちらかというと安いストロボのメーカーというイメージだったが、レンズも出していたようだ。

梱包は割りとしっかりしており、メーカー名の入ったビニール袋の中に、小さい段ボール箱が。

View this post on Instagram

こんな感じの箱に入ってた

A post shared by 江川 資具 (@takurn24) on Jun 19, 2019 at 4:15am PDT

その中には、ファンタジーで金貨とかを入れるのに使ってそうな革(たぶん合皮)の巾着。そしてその中にレンズ本体が入ってる感じ。思いのほか手が込んでいる。

本体を手にってみると……ずっしりと重い。7000円だしショボイ感じだと思ってたけど、普通に金属製でがっしりしとるやん……。もしかしたら個体差もあるのかもしれないが、ピントや絞り部分にガタ付きもなく、絞り羽根もちゃんと12枚ある。最短撮影距離は18センチだ

特徴としては、絞りにクリックは無く、無音でヌルヌルと動く。人によっては気になるマイナスポイントだろうか。しかし、動画を撮りたい人ならクリック音がしないので長所となる。また、無限遠もズレている

・クセはあるが……

肝心の写りについて触れていこう。中心部分はそこそこシャープだ! ただし周辺はかなり流れるし、減光も歪みも結構きつい。フレアとゴーストはめちゃくちゃ出るので、フードの着用はマストだと思われる。さらに言うと色の出方もかたよっている。だが……なにせ7000円である。むしろレンズの味というもの。

全体的なシャープさについては、さすがに普通の価格のレンズには敵わない。建築物などを対象にバッキバキな描写を求めるならNGだろう。やわらかめな感じでもOKな被写体を狙う方がいい気がする。

・夜のスナップとかにいいかも

絞ったら多少はシャープになるが、ぶっちゃけそこまでの差も出ないので思い切って開放で遊ぶ方が楽しい気がする。ややボケがうるさい感じがするが、ボケ量そのものはしっかり f1.8 のレンズ。

その明るさを武器に夜のスナップとかに使っても楽しいかもしれない。

特にゴチャゴチャした感じの薄暗い場所などは、レンズの歪みや、均一じゃない色の出方などもごまかせる……と思う。まあ、レンズのクセが出まくっている写真というのもそれはそれで面白い気もするのだけれど。

とりあえず2日ほどこのレンズ1本で出歩いてみたのだが、お値段以上に楽しむことができた。恐るべし中華レンズ。完璧を求めるなら問題アリだろうが、趣味のスナップ用なら全くOKだと思う。

・前玉がすっぽり外れるので注意

という感じで、描写についてはなんとなくお分かりいただけただろうか? 値段相応のNGポイントは多々あれど、個人的にはその値段ゆえに全て許せるレベルだと感じた。ただし1点。これは知らないとヤバいという注意点があったのでお伝えしておこう。

先にフードが必須だと述べたが……フードを外す際に、気をつけないとレンズがバラバラに分解してしまう恐れがある……! このレンズの銘板は、なんと反時計回りに回すだけで外れるのだ。(銘板:メーカー名とかスペックとか書いてある最前面の板)

普通はそうならないように、特殊な工具を使わないと分解できないようになっていたりするものなのだが、さすがは中華レンズ。うっかりフードごと銘板を回してしまうと、一気にレンズが全て取れて絞り羽根までむき出しになるので注意である。

View this post on Instagram

🤔🤔🤔🤔🤔

A post shared by 江川 資具 (@takurn24) on Jun 19, 2019 at 1:48am PDT

屋外でやらかすとレンズが地面に落ちて1発で終わるだろう。自宅でならばレンズを元通りにはめ込んで、銘板をねじ込めば直るのだが……それでもレンズを自分で分解清掃した経験が無いと相当アセると思う。

・楽しかった

ということで、中華製の激安レンズ「Neewer 25mm f/1.8」いかがだろうか。AmazonではFuji用とSony用が出ており、どちらもAPS-C向け。述べてきたとおりクセがめちゃくちゃあるが、値段を考えると全てはレンズの味だと許せるレベル。撮っていて楽しかった

下手に電子部品とかは使われていないので、そう壊れることも無いハズ。とにかく新しいレンズで遊びたい方や、クセのあるレンズが大好物な方にとっては最高にコスパのいいおもちゃだと思う。また、マニュアルレンズ入門用にもちょうどいいかもしれない。

参照元:Amazon
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24