【レジ袋有料化】カルディの紙袋1枚15円は高いのか? このくらいでも良いかもしれないと思う理由について

2020年7月1日より、全国でレジ袋の有料化が開始となる。それに先立ってすでに1枚数円程度で販売しているお店も増えている。そんななか、輸入食品等の販売を行ってる「カルディ」では、オリジナルブランドのマイバックを販売すると共に、紙袋を1枚15円(税込)で提供している。

うん? ちょっと高くないですか? と思ったが、よく考えたらこのくらいやった方が良いかもしれないと思った。実はこのカルディの仕組み、2020年4月1日から始まっていたことなのだ。

・1枚15円でも納得

レジ袋の有料化がスタートすることに先立って、「ミニストップ」では6月1日から1枚1円で販売を行っている。よく私(佐藤)が日用品の買い物で利用するスーパー「まいばすけっと」では、4月1日からMサイズ2円、Lサイズ5円での取り扱いをスタートさせていた。そのほかのお店でもおおむね “袋1枚10円以下” という印象を受ける。

そんななかで、カルディの紙袋(S・M・Lサイズ)1枚15円は、価格として頭ひとつ出ている感じ。一瞬「高!」と思わずにはいられない。ちなみにカルディではプラスチック製レジ袋の無料配布を終了しており、持参したマイバッグを利用するか、紙袋を購入するか、もしくは商品をそのまま受け取ることになる。

しかしすぐにその考えを改めた。なぜかというと、私のようにズボラな人間は、数円程度なら払ってもいいと考えてしまうからだ。1枚2円や5円なら、「ま、いいか」と思ってしまう。実際、まいばすけっとに行く際には、袋を持参したりしなかったりしてしまっている。これでは有料化された意味が半減してしまうというものだ。

その点、カルディの場合は15円となると、会計時に結構なインパクトを受ける。ビニール製のオリジナルエコバッグが税込250円なら、この際エコバッグを買ってしまった方が、長い目で見たら絶対お得だ。そう考えやすい。ゴミの減量も有料化の目的なのに、「数円ならいいか」で袋を買っていては、有料化の意味がなくなってしまう。いっそ15円以上でもよいかもしれない。そうしないと、「ま、いいか」を繰り返す気がするから。

マイバッグ1つあれば、お店を問わずに使いまわしができるので、これを機に購入してみるのも良いかもしれない。7月1日には義務化がスタートするので、その前に自分のお気に入りバッグを見つけておくと良いだろう。

参照元:カルディ、まいばすけっと ニュースリリース(PDF
執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【カルディ】温めて飲む『グリューワインセット』が超オシャレ! マグカップ付きで数量限定だよ / 風味からデザインまで冬のヨーロッパ気分!!

11月も半分が過ぎ、もういよいよ冬本番。話題になっている冬の商品もたくさん出てきているが、その中でも気になるものを発見した。それはカルディの『グリューワインセット』という、「グリューワイン」と「専用マグカップ」がセットになっているもの──。

「グリューワイン」とはホットワインのことで、セットの「専用マグカップ」はグリューワインカップと呼ばれるものらしい。調べると、本場ドイツのレシピや陶器を参考にしているようで、ワインの味だけでなくデザインも可愛いと今話題となっているそう 。気になったので買ってみた。

・『グリューワインセット』

今回紹介する『グリューワインセット』は、11月5日に発売された白の『グリューワインセット』。黄色の「専用マグカップ」が特徴的で、カップには雪に包まれたヨーロッパの冬の街並みが描かれている。価格は税込767円。ワイン自体は250mlと容量が少なめではあるが、「専用マグカップ」のクオリティなどを考えると安いように思う。

というのも、「専用マグカップ」はヨーロッパの陶器のテイストを再現するため、なんと手作業で生産しているそうだ。日本では見かけない形と色彩で、北欧っぽい雰囲気が見てとれる。

なお、『グリューワインセット』は12月2日にも数量限定で発売予定。こちらは赤の『グリューワインセット』で、「専用マグカップ」は赤色。カップには雪に包まれたヨーロッパの冬の街並みが描かれており、白の『グリューワインセット』と似ているが描かれている建物は微妙に違う。

・マグカップに入れて温める

それでは作ってみよう。作り方は「グリューワイン」のラベルに“ マグカップや耐熱容器に移し電子レンジで温める ”と書いてあったので、「専用マグカップ」に半分ほど「グリューワイン」を注ぎ2分ほど温めてみる。

あと、「鍋に入れて温めても美味しい」と書かれていたが、「その際は沸騰させないように注意」とも。アルコール度数が10度なので、火を使う場合には気を付けて温めてくれ!

・香り豊かな「グリューワイン」

「グリューワイン」を温めると、香りが一気に増した。酸味の強いフルーティーな香り、それに白ワインのアルコールが混じった香り。独特だが不思議と鼻抜けは良い。ドイツ伝統のレシピを使用しているらしく、リンゴ・シナモン・砂糖などが入っているそうだ。

飲んでみたら、香りから想像していた以上に甘みが強い! だがリンゴの酸味も効いていて後味はサッパリとする。ワインの風味はほのかに感じるぐらいで、フルーティーな甘みがベースでかなり飲みやすい……。

マグカップの形も真ん中が膨らみ、口の部分は外に広がるフォルムで温かみを演出してくれる。寒い日に飲めば、間違いなくホッとすることだろう……。

個人的には、寝る前の一杯やおやつの時間にビター系のお菓子と一緒に飲むのが良いような気がした。また、ラッピングして販売されていることもあり、プレゼントとして購入するのも良さそう! お酒が好きな人はもちろん、そうでない人も比較的飲みやすいだろうからオススメだ。

参考リンク:カルディ
Report:mai
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

歯磨き粉? ちゃうちゃう『トマトペースト』やで~! カルディで見つけた「ムッティ」が万能で驚いたのでお知らせ致します

トマトを苦手とする人は老若男女問わず、ソコソコいるように思う。しかしトマト嫌いであっても「トマトペーストはいける。ナポリタンとか大好き!」というケースも少なくないのではないか。思うに生トマトの、あのグニッとプチッとする感じが好みの分かれるポイントなのだろう。

形を変えることで万人に愛されるトマトペースト。したたかというか何というか……その生き方には感服である。そしてさすがはトマトペースト先生、貪欲により一層支持を集めようと、珍しい姿に変貌を遂げていることをご存知だろうか。そう、一瞬歯磨き粉かと見紛う、トマトチューブになっていたのだ。

・使い勝手バツグン

「ムッティ トマトペースト(税込237円)」と記者との出会いは、みんな大好きKALDI(カルディ)。絞ればいいだけなので使いやすそうという、単純な理由で購入してみたものの、大正解!! 手が汚れないし、何よりウマい。

裏ごしトマト2倍濃縮と書かれている通りで、絞り出すと色が濃く、ねっとりしていることが見て取れる。非常に使い勝手が良いものの、量はひとチューブにつき130gのため、考えながら使わないとあっという間になくなってしまいそうだ。

・そのままでウマい濃厚なトマトペースト

いろいろと考え試した結果、「ムッティ トマトペースト」はピザトーストに適していると確信。パンにそのまま「ムッティ トマトペースト」を絞って伸ばすと、パンと具材の間の程良い仕切りになるのだ。市販のピザトースト用トマトペーストと比較しても、具の水分が染み込み過ぎずちょうど良い。

言わずもがな、トマトとパンと玉ねぎ、チーズなどとの相性は最高だ。これ以上の組み合わせはないだろう。何より、やはりトマトが良い。トマトの旨味成分だけをグッと凝縮させた、非常に濃厚な味わいだ。もうこのトマトペーストに塩を振りかけるだけで、立派に酒のあてになるレベル。

使いかけは蓋をして、冷蔵庫に入れておけば良いので便利。スペースも取らないのでありがたい。料理にちょっと、ひと味足したい時にも使えそうだ。あなたの自宅冷蔵庫にも「ムッティ トマトペースト」をお迎えしてみてはいかがだろうか。なにかと活躍すること間違いなしだ。

参考リンク:カルディ「ムッティ トマトペースト」
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

KALDI(カルディ)のカフェで売ってる「フローズン ピスタチオ」と「ピスタチオ ラテ」を飲み比べてみた / 結論 →「ラテ」1択! タピオカに疲れたら飲んでみるヨロシ

ピスタチオのアイス、ピスタチオのケーキ、ピスタチオのマカロンなど、とにかくピスタチオの商品を見ると手を出さずにいられないほどピスタチオが好きだ。この記事でも「ピスタチオ」という単語をすでに6回も使って文字数をムダにしている程度には人生を狂わされている。

そんな私と同様、ピスタチオを愛する物にとって見逃せない商品がある。みんな大好き『KALDI(カルディ)』のカフェで販売されている、2種類の “ピスタチオドリンク” だ!

・カルディのカフェって

“ちょ待てよ。KALDI(カルディ)のカフェってなんだ?” ──という人のために簡単に説明すると、文字通り「カルディの経営会社が展開するカフェ」である。以上!(どーん!)

当サイトでも以前に取り上げてきたが、とにかく国内には わずか5店舗しかない激レアなカフェ なのだ!

 

【KALDI(カルディ)カフェ&レストラン】(※2019年9月現在)
・カフェカルディーノ+wine 溜池山王メトロピア店(東京都千代田区)
・カフェカルディーノ ココネリ練馬北口店(東京都練馬区)
・カフェデリツィア さいたま新都心店(埼玉県さいたま市)
・阪急西宮ガーデンズ CAFE&BAR(兵庫県西宮市)
・新橋店併設・テイクアウトコーヒースタンド(東京都港区) ※テイクアウトのみ

 

余談だが公式HPによれば国内5店舗に対し、タイには4店舗もあるらしい! 「近所にカルディのカフェはないけど今度タイ行くわ」という人はぜひ現地で行ってみてほしい。

それはさておき、今回わたしが向かったのは、2018年7月に溜池山王駅の構内にオープンした、比較的に新しめの店舗だ。そう、記事の冒頭でも触れたピスタチオのドリンク──その名も『フローズンドリンク ピスタチオ(550円)』を買い求めるために……! 

はい、きた! フローズンピスタチオ、GETだぜーーー! 手に持つとずっしり重ぇーー! 鮮やかなグリーン色に満ちたカップにテンションはぶち上がり! キャラメルソースがからんだホイップクリームも良きかな。

・『フローズンドリンク ピスタチオ』を飲んでみる

さっそく飲んでみると……「うぅむ……甘ッ!」という感想が真っ先に浮かんでくる。そして、頭がキンキンしてくるぐらい冷たい。“そりゃそうだろ” って?

いや、フローズンドリンクなので甘いのも冷たいのも当たり前なのだが、「甘さ」と「冷たさ」を舌先で感じて、喉元をゴクンと過ぎたワンテンポ後ぐらいにようやく「ピスタチオの味」が “はい、ひょっこりはん” と顔をのぞかせてくるという印象だ。こちらとしては、 “ぱっくりピスタチオ” (©ずん飯尾) ともっと前のめりに 自己主張してほしいところだが……。

トータルで評価すると美味しいことには間違いないが、個人的には「ちょっと甘すぎるかな」というのと、「ピスタチオの風味をもっと感じさせておくれよ!!」と心がシャウトしている。ただ 「甘さ」に関しては中身の細かい氷がどんどん溶けていくにつれて軽減された(薄まった)ので、これはこれでアリかな? 

 

・『ピスタチオ ラテ』を飲んでみる

さてさて、カルディのカフェが提供しているピスタチオのドリンクはもう1種類ある。ということで、続いてはJR新橋駅で下車。駅構内にあるカルディの店舗には、テイクアウト専用の『コーヒースタンド』が併設されているのだ。この店で──

ピスタチオ ラテ(アイスSサイズ / 350円)GETだぜーーー!

ちなみに、カルディのカフェ国内5店舗の中で、この『ピスタチオ ラテ』を購入できるのは新橋店だけ だという!(※2019年9月現在。10月以降は、他店舗でも提供するらしい) まさに激レア中の激レア、幻のドリンクといっても差し支えないだろう。

そんな貴重な『ピスタチオ ラテ』を1口、飲んでみると…………Oh! ぱっくりピスターチオ!! 

口いっぱいに広がった「ピスタチオ」の濃厚で香ばしい風味が鼻から抜け、そのあとを追いかけてくる「ほどよい甘さ」と「適度な冷たさ」がバッチリやん……? 素敵やん……?

「コーヒーホイップ」は、ほんのりとした苦みを感じさせるまろやかな味わい。甘くないため「ピスタチオ」の味を邪魔することなく、全体の味をうまくまとめあげていやがるぜ、コイツ……!

──と、コンマ数秒の間に味を堪能していると、“先頭” を独走していた「ピスタチオの風味」がそのまま喉元を過ぎ去り、1着で胃袋にゴールイーーーン!! つまるところ、最後までピスタチオの味を楽しめる! 

・軍配は『ピスタチオ ラテ』に

いま思えば、『フローズン』はその冷たさがピスタチオの風味をかき消していたのと、冷たくても味がきちんと感じられるように甘さが強めだったのだろう。

それに対し『ラテ』の方は、適度な温度・甘さが主役のピスタチオをうまく引き立てているように感じられた。

ということで、カルディのカフェで販売されている2種類のピスタチオドリンク、わたし個人的には(記事タイトルでとっくにネタバレしていたが)『ピスタチオ ラテ』を推す! 

カルディファンやピスタチオ好きの同志はもちろんのこと、昨今のタピオカブームで “タピオカ疲れ” している人は、是非とも一度 ぱっくりピスタチオしてみてくれたまえ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 カフェカルディーノ+wine 溜池山王メトロピア店
住所 東京都千代田区永田町2-11-1 東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」構内
時間 平日7:00~21:00 / 土曜8:00~18:00
休日 日曜・祝日

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 カルディ新橋店併設・テイクアウトコーヒースタンド
住所 東京都港区新橋2-17-14 JR新橋駅 地下1階(汐留口改札付近)
時間 平日8:00〜20:00 /土日祝10:00〜20:00
休日 年中無休(年末年始休業あり)

参考リンク:KALDI(カルディ)カフェ&レストラン
Report:ショーン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【低糖質っぽい菓子ぜんぶ食う】カルディで見つけた「スイートナッツ」VS「ロカボナッツ」のナッツ対決 / ひと袋では勝敗が決まらず延長戦に…

ダイエットしている人間にとって、「低糖質」をうたう食品はありがたいもの。中には、「低糖質」とパッケージに書かれた食品をスーパーで見つけたら “カゴに即 IN” してしまうダイエッターもいることだろう。

しかしながら、低糖質食品のすべてが素晴らしいと言い切れないのもまた事実。ダイエット効果のほどは不明だし、どうしようもなくマズいものだってある……かもしれない。実際に食べてみないと、本当のところは分からない。だったら……

確かめてみようじゃないか。──という企画が、「低糖質っぽい菓子ぜんぶ食う」である。初回(今回)で終わる可能性も大なのだが、一応ルール的なところを説明したい。

やり方はシンプルで、低糖質をうたう複数の菓子を食べ比べ、どれが美味いかを確かめるのみ。その際、糖質的にどうとか、どっちがダイエットに良さそうか的なところは一切除外して考える。なぜかって? 

結局のところ、ダイエットに効果があるかどうかなんて分からないからだ。したがって、そのへんのことは無視。審査基準は味のみだ。

・食べ比べる2商品

というわけで、今回食べ比べるものを紹介しよう。まず1つは……

『ロカボスタイル 低糖質スイートナッツ』

これに対するは……

『デルタ 10日間のロカボナッツ』

──である。どちらもカルディコーヒーファーム(KALDI)で見つけたもので、オンラインショップでの販売価格は『ロカボスタイル 低糖質スイートナッツ』が税込898円。こちらは1袋25グラム入りで7袋入り、合計で175グラムになる。

一方、『デルタ 10日間のロカボナッツ』の方は税込980円で、1つ30グラムの小袋が10袋入っている。ちなみにパッケージによると、ロカボとは低糖質食のことらしい。

個人的に、今までカルディでマズいものを買った記憶は無いが、「低糖質」をうたっている食品だけに、栄養的なところばかり考えて、味の面がおろそかになっている可能性は否めない。

もしかしたら……! もしかしたら……! カルディでも低糖質っぽい商品だけはマズいのかもしれない。そのあたりのことを確かめるべく、2つの商品を一気に購入。

ちょっとした大人買いをした快感にひたったところで、まずは『ロカボスタイル 低糖質スイートナッツ』の方をパクっ。

……

……

美味いっすわ。甘くて、牛乳と一緒に食べなくなる味ですわ。

お次は『デルタ 10日間のロカボナッツ』。いただきます。

……

……

こっちも美味いっすわ。おつまみにピッタリのナッツで、お酒が欲しくなりますわ。

というわけで……

両方とも……

美味い!

おわり。

──といきたいところだが、対決である以上、どちらが美味いかを決めねばなるまい。しかし、それは実に難しい。なぜなら、同じ低糖質のナッツでも2つは味の系統がまったく違うからだ。『ロカボスタイル 低糖質スイートナッツ』は砂糖菓子のようで、『デルタ 10日間のロカボナッツ』はおつまみ的。

共通して言えるのは、「味はどっちも普通のナッツと変わらん」ということ。つまり、それだけ味のクオリティが高い。ってことは分かったのだが、どっちが美味いかって話になると……

う〜ん……

どっちなんだろうなぁ。

食べても食べても……

う〜ん……

(おわり)

参考リンク:カルディコーヒーファーム『ロカボスタイル 低糖質スイートナッツ』、『デルタ 10日間のロカボナッツ
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24