【リマインド】2019年12月23日(月)は祝日ではありません

この2019年は歴史的な1年だった。天皇陛下の即位にともない、元号が平成から令和に。カレンダーだけ見ても、即位の日である5月1日と即位礼正殿の儀が行なわれた10月22日が休日になったりとお休みも増えた! やったー!

休日は増えただけではない。減った休日もある。12月23日は祝日ではなくなりました。30年間お休みだったけど、今年からは普通の月曜日! うっかり会社や学校を休まないようにしよう!

・2019年12月23日(月)は祝日ではありません

2019年12月23日は上皇陛下の誕生日であり、平成の30年間は祝日であった。……がしかし! 令和の訪れ、すなわち天皇陛下の即位にともない2019年から平日になったのだ。ウソだと思ったら、内閣府の「国民の休日について」を見てみよう。12月には祝日は1日もないから……。

・混乱する声はどこから?

この件は以前から告知されていたものの、ネット上では「23日って休みだっけ?」という声が散見される。原因は紙のカレンダーや手帳だ。赤い文字で「平成天皇の誕生日」と表記されているものが存在するのである。もしかしてワンチャン休み⁉

……というわけではない。この赤文字表記には理由がある。まず、カレンダーの印刷はかなり早くから行う必要がある。2019年の祝日は特殊となるのはわかっていたが、祝日が確定するのを待っていてはカレンダーの印刷に間に合わないかもしれないという恐れがあった。

そこで全国カレンダー出版協同組合連合会は、2018年4月の段階で休日になるともならないとも発表されていなかった4月30日、5月1日、10月22日、そして12月23日の「未定日」について

「日付は黒」
「行事名は祝日色(朱色など)」
「4月30日、5月1日、10月22日は祝日色の日の丸マークを入れる」

という指針を発表。それに従い、2019年のカレンダーのなかには12月23日に「平成の天皇誕生日」と朱色で印刷されているものも存在するのだ。この赤文字と長年の習慣から「休み?」と勘違いする声が出ているようだ。

・令和の「天皇誕生日」は2月23日

たしかに朱色の「平成の天皇誕生日」という文字を見るとうっかり「休みかな?」と思ってしまいそうになるが、12月23日は普通の平日。残念ながら休みではない。間違って自主休日にしてしまわないように注意しよう! なお令和になって初めての「天皇誕生日」は2020年2月23日である。

参照元:内閣府「国民の祝日について」、日本印刷新聞社
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

問「マサイ族にはカレンダーがあるのですか?」に対するITマサイ戦士の当然すぎる回答 / マサイ通信:第323回

スパ! ルカだ。ライオンに1勝したこともあるマサイ族の戦士・ルカだ。しかし、オレ、自由自在にスマホを扱っているので、ある意味では「IT戦士」でもあるのかも? そんなオレに質問が来た。

マサイ族にはカレンダーがあるのですか? 何月何日、誕生日など、どうやって暦を知っているのですか?

質問主の「オカ」さん、アッシェオレン(ありがとう)な。だが、先述の通り、オレは単なる戦士ではなく IT戦士。もちろん暦を知るには……

スマホか腕時計を見る。

だってオレ、IT戦士だからな……。この質問すらスマホで見ている。もうここに、カレンダー、ある。しかも片腕には、ゴー(羽鳥)からもらった、CASIOの赤いG-SHOCKを付けている。その画面にも、英語で暦が書いてある。つまりオレは2つのカレンダーを身につけているんだ。

だが、スマホや腕時計を持っていない人はどうやって時間や歴を知っているのか? これな、実は、答えは「月」だ。月の満ち欠けで、だいたいの歴を知り得ている。オレの奥さんとかなんて、いまだに月をカレンダー代わりにしているよ。なので今回の質問の答えとしては、

ITを使いこなすマサイ族 → スマホや腕時計
ITに頼らないマサイ族 → 月

が答えかな〜。もしも月が出ていたら、歴を意識しながら眺めてみると良いかも知れない。慣れてきたら、月を見ただけで何月何日か把握できるようになるかもよ? オレはスマホを見るけどな。それでは、オレセリ!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前の話へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24