【バリうま】『白いカレーうどん』を食べたら口いっぱいに幸せが広がった! やわらか麺が良い働きしと~ / 福岡空港内「博多やりうどん 別邸」

「なんじゃこりゃぁあー!!」と思わず叫ばずにはいられない、そんな “うどん” に遭遇した。商品名『白カレーうどん』の通り、色が真っ白なところまでは良しとしよう。問題はソフトクリームのように渦を巻いたナニかが乗っていることである。

そのビジュアルからは、 “カレー” どころか “うどん” らしさは微塵も感じられない。あの渦巻の下には、一体何が隠れているというのか!!? 意を決して食べてみたところ、そこに広がっていたのは優しく幸せな世界だった。

・真っ赤なお椀に白いうどんが映える

ネットで「白いカレーうどん」と検索するとちらほらヒットするが、今回食べたのは福岡空港国内線ターミナルビルに店を構える「博多やりうどん別邸 空港店」が提供している『白カレーうどん(税込950円)』だ。同店のイチオシは、槍に見立てたごぼう天を乗せた博多うどんであるにもかかわらず、店頭には白カレーうどんのポスターがドンと設置されている。

「どんだけ白カレーうどん推しなんだ!」と圧倒されながらも、注文しなければいけない気にさせられるから不思議だ。その勢いに押されるがまま、記者も注文。かすかに不安を感じながらも待つこと数分、真っ赤なお椀に奇麗に映える白い物体が運ばれてきたぞ。

・正体はジャガイモでした

この白いモノの下に、うどんが隠れているに違いない。えいやっと箸を入れると、一気にカレーの香りが広がる。ようやくカレーうどんの登場だ! 全貌が明らかになったところで、ほっと一息ついた。一先ずうどんは置いといて、まずは白いブツの正体を暴くことにしよう。

白いソレは、箸でつかめるほどには固形である。香りはそれほど強くなく、ふんわりと甘め。口に入れると、なるほど。正体はジャガイモだ。よく見ると、メニュー表に “マッシュポテトと生クリームのホイップ” と書いてあるではないか。見た目に動揺して、ちゃんと見てなかったぜ。 

・計算しつくされたひと椀

意外にも白いソレはあっさりしていて、単体でも十二分に美味しい。これをカレーうどんと混ぜて食べると……言わなくてもわかるよな。そりゃウマいわ。しかも、博多うどん特有のやわらか麺がカレーとホイップ状のポテトに合い過ぎるほど合う! 

一言であらわすと、バリうま。麺がやわらか麺であるからこそ、カレーとジャガイモのコンボにも耐えうるのだろう。味のコンビネーションの良さはもちろん、麺の優しさも程よく重くなりすぎることもない。計算しつくされた、ひと椀と言っても過言ではないだろう。

あまりに衝撃的なビジュアルなため、腰が引けて注文できない人もいるであろう『白カレーうどん』。気持ちはわかる。しかし、このうどんの本来の価値は中身にあるのだ。実際に口にすると、人生がひとつ豊かになること請け合いである。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 博多やりうどん別邸 空港店
住所 福岡県福岡市博多区上臼井348-1 福岡空港国内線ターミナルビル 3F
時間 07:30〜21:00

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【困惑】かつや新商品『カレーうどんカツ丼』が思った以上に意味不明で震えた / うどんの場違い感が尋常ではない

俺は一体何を食べているんだ……? こんな感情を、まさか大好きなカツ丼チェーン「かつや」で抱くことになるなんて思いもしなかった。これもすべて、本日2019年6月21日に発売された新商品『カレーうどんカツ丼』のせいである。

以前もお伝えした通りこの商品は、ご飯の上にカレーうどんとチキンカツを盛り付けたという完全に頭のおかしな代物だ。そのあまりにもトリッキーな仕様ゆえ、発売前から薄っすら嫌な予感がしてはいたのだが……。実際に目の前にすると、思った以上に意味不明でただただ震えるしかなかった。

・かつや新商品

「かつや」が新商品において、まれに謎の荒ぶりを見せることは過去にもお伝えしてきたが、それはどちらかと言うとボリュームがスゴイみたいケースが多く、今回のようなエクストリームな商品はむしろ珍しいように思う。そのせいだろうか? どうやら「かつや」は、アクセルを踏みすぎたらしい。

・見た目がキテいる

名前からして頭のよろしくない新商品『カレーうどんカツ丼(税抜590円)』は、きっと「かつや」の歴史に新たな1ページを刻むことになるだろう。運ばれてきた丼を上から見ると、半分をチキンカツ。もう半分をカレーうどんが占めており、そこにネギがたっぷりかかっている。

な、何だこれは……。ことのほか、うどんの自己主張が強くて一瞬たじろぐ。控えめに添えられる程度の量かと思いきや、無謀にもチキンカツとツートップ体制でいく気のようだ。張り切りすぎだろ、ギラついた就活生かよ。

で、このうどんが何というか……ほとんどコシがない。かかっているキーマカレーは肉感たっぷりでウマいのだが、うどんに関しては「これ本当に必要か?」と思ってしまうクオリティーだ。残念ながら、内定をもらうには実力不足と言わざるを得ないだろう。

・場違いすぎた

ただ、カレーうどん単体としてなら気にならなかった可能性もある。要はこいつは、出てくるステージを間違えたのだ。ここはお前の居場所ではないと、誰かがハッキリ言ってやるべきだった。丼の下から出てきたご飯によって(いたのかよ)、うどんの存在意義は完全に消失したと言っていい。

不毛極まりないカオスな光景を前に、私(あひるねこ)は「俺は一体何を食べているんだ……?」という思いをより一層強めていた。一旦冷静になるため、チキンカツにソースをかけて食べてみたところ……ウメぇ。普通にめっちゃウメぇ。よって結論としては、これ、チキンカツとご飯だけでよくね?

・適材適所

「かつや」史に残るであろう意味不明な新商品『カレーうどんカツ丼』。ぶっちゃけそこには、カレーうどんは不要だった。だが勘違いしてはいけない。うどんは自分の居場所を間違えただけなのだ。もっと輝ける舞台が彼にはあると信じようではないか。適材適所という言葉を、今日ほど強く感じたことはない。

参考リンク:かつや『カレーうどんカツ丼』
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【悲報】かつや、ガチでやらかす / チキンカツ丼にカレーうどんを載せた劇薬「カレーうどんカツ丼」発売へ!

毎度抜群の安定感を誇るカツ丼チェーン「かつや」。当サイトも何度かお伝えしたように、2018年の「かつや」は実に攻めていた。数々のエクストリームな商品を手に、激しい荒ぶりを見せたと言っていいだろう。それにひきかえ今年は大人しいなぁ、と思っていたのだが……。

結論から言うと我らが かつやさん、令和早々やらかしております。完ッ全にやらかしております。2019年6月21日から発売となる新商品、その名も『カレーうどんカツ丼』! 名前からしてすでにバチバチにやらかしているため、そのやらかしを詳しく見ていきたいと思います。

・公式Twitterにて

実は先月からようやく正式にTwitterを開始した かつや。この手のブランドとしては少々遅めのスタートではあるが、かつやファンとしてはぜひチェックしなければなるまい! というわけで覗いていたところ……昨日6月6日に気になるツイートを発見した。

・新商品の告知

そう、そこで紹介されていた商品こそが、本稿の主役『カレーうどんカツ丼』なのだ。一つの単語の中に「どん」が2回も入っているという異様さに思わず震えるが、正直名前を聞いただけでは意味不明である。一体どんなメニューなんだろうか?

ではここで、かつや公式Twitterによる解説をご覧ください。

「ピリ辛キーマカレーソース、チキンカツ、カレーうどんを載せた炭水化物 on the 炭水化物のボリューム満点の商品になります。」

……読んだところでやはり意味が分からないが、とりあえずどうやら頭がおかしいことだけは確かである。「丼」というくらいだから中身はご飯なのだろう。そこにカレーソースとチキンカツ、そしてカレーうどん……はおかしいやろ! ご飯の上にうどんて!! わんぱくにも程があるぞ、野球部かよ!

・炭水化物の洪水

ツイートの画像を見る限り、丼の上にはチキンカツとたっぷりのネギ、そして明らかにご飯の上に載っていると思われるカレーうどんの姿が。横に書き添えられた「炭水化物満タン!」という無邪気な文字により、狂気はさらに増していくばかりである。もはや劇薬。

・続報を待て

今回発売されるのは、『カレーうどんカツ丼(税抜590円)』と『カレーうどんカツ定食(税抜690円)』の2種類だ。どちらにせよ謎極まりないのは間違いないが、それでもちょっと食べてみたいと思わせてしまうのが かつやのスゴイところ。というか、たぶん食べに行くので続報を待たれよ! こいつぁアカン予感がプンプンするぜ……。

参照元:Twitter @katsuya__corp
執筆:あひるねこ


Source: ロケットニュース24