【直撃インタビュー】35万円のイヤホンって何がどうスゴいの? 音楽に疎い素人が高級商品で試聴してみた結果

突然だが、みなさんの使用しているイヤホンの値段はどれくらいだろう。安いものであれば数百円、高ければ数万円でよく見かけるアップルの「AirPods」なら約3万円といったところか。ちなみに私は0円。タダだ。

というのも、特にこれといってこだわりがないため、上司からもらったものを使っているからである。しかし最近、バッテリー切れのタイミングが早くなったので新しいイヤホンを買うことを決意。1万円以内で抑えたいなぁと思ってお店を訪れたところ……

・中野ブロードウェイで発見

思わず二度見する事態になってしまったのが事の始まりだった。なにせ、お値段350000円! 35万円の商品が売っていたのだ!!

35万円のイヤホンを見かけたのは、時計や漫画、アニメなどサブカルの聖地として知られている東京・中野にある「中野ブロードウェイ」。その3Fにあるオーディオ機器などを取り扱うフジヤエービックを訪れたときだった。

音楽のトーシロ(素人)な上にビンボーな私からしたら、35万円という金額はどうしてもゼロが1個多いとしか思えない。そりゃイヤホンにもピンキリあるのは分かる。上には上があるのもよく分かるが、35万円って! ほとんどの人は35万……いや、10万だって出せないはず……!!

・ヘッドホンのプロから学ぶ音の違い

でもでも、それでも売られているのは需要があればその金額に値するということだろう。一体全体、何がどうなってそんなにも高いのか。また、素人でもその違いが分かるものなのか。理由が知りたくなったため、取材交渉したところ快くOKしていただいた。

話を聞かせてくれたのはヘッドホン主任の根本さん。「イヤホンって場所をとらないから際限なく集めちゃうんですよ……笑」とプレイベートで100本以上のイヤホンとヘッドホンを所持している音のプロだ。先生、よろしくお願いします!

──それにしても、イヤホン1つが35万円することに驚きました。まずはどういったところで価格差が出るのか教えてください。

根本さん「いろいろと値段が高いイヤホンはありますけど、中でも注目されているのがイヤモニターです。いわゆるアーティストがステージで使うようなものですね。ご本人の耳型をとってそれに合わせて作成するので、中に使っている部品等が高価というのがあります」

──つまりオーダーメイドということで?

根本さん「そうですそうです。洋服などと同じでオーダーメイドだとお値段が上がってしまいます。まず耳型に合わせて作るというのが1番の理由ですね。それ以外にもイヤホンの世界ですとユニバーサルモデル……いわゆる一般的なモデルでも中に使っているパーツ等の兼ね合いでお値段は高くなります。

ちなみに一般的な商品だとイヤピースという先端のゴムが自分の耳に合わなかったり、使っているうちにポロッと落ちちゃう──これは誰でも一度は経験あると思うんですが、耳型に合わせるとそういったことがなくなりますし、装着感が抜群に上がります。

また、装着感が上がると密閉性も高くなります。例えば電車でも周りの音がうるさくてボリュームを上げたくなりますけど、それがなくなりますね。小さなボリュームでも周りに気兼ねすることなく、音楽を楽しめるのも大きいです。あとは自分専用で満足度が高いのも1つの理由です」

──ということは、購入するのはアーティストの方が多いですか?

根本さん「専門的な話になってしまいますが、アーティストさんだと契約で直接やりとりする方が多いですかね。うちの店ですと、音楽が好きな方、ガジェットが好きな方が多いですね」

──ほえぇ、個人で……。となると、海外の方も買われていきますか?

根本さん「今はコロナウイルスの影響もあって少なくなりましたが……通常だと平日の午前中なんかはほとんど海外の方ですね」

──コロナの影響が各方面に……。ちなみにどこの国が多いんでしょう。中国系の方ですか?

根本さん「中国系の方もいるにはいるんですけど、ヨーロッパの方が多いですね。うちの店はマニアックな商品を置いていることもあって、事前に下調べしていて試聴させて欲しい商品を書いたメモを持ってくる方もいますよ」

──えぇっ、スゴい熱意! ちなみに素人でも音の違いは分かるものですか?

根本さん「分かります、分かります。試聴してみますか?」

──ぜひ! お願いします!!

・35万円のイヤホンを試聴

ひょんなことから私の耳に35万円のイヤホンが装着されることになったワケだが、詳細について軽く触れておくとアメリカのメーカーの「LAYLA」というイヤホンでJH Audio──ジェリー・ハービーさんが作ったものらしい。んで、聴くのに適しているのはロックとのこと。

……と、ここで音楽に詳しい方であれば「ギターの神様」であるエリック・クラプトンを思い浮かべるだろうが、まさしくビンゴ。ジェリー・ハービーさんがロック好きなことで、そこから名前をとって名付けられたそうだ。

大きな特徴としては、補聴器などで使われるタイプのスピーカーがついていることだ。しかも、片側1つだけで12個!!

んでもって、付属している小さなネジで低域を調整できるのもポイント。それでは試聴をお願いいたします……!

そろり……そろり……

あっ……

えっ……

はぁぁっ……

スゴいっ……!

あまりにスゴくて語彙力を失ってしまったが、ホントになんと表現したらいいのか分からないくらいスゴい。まるでコンサートホールにいる気分とでも言おうか……。これが35万円のイヤホンで聴く音か……!!

根本さん「自分が聴いても音の違いなんて分からないよという方も多いんですが、そうじゃないですよ。実際に聴くと違いが分かりますよね。特に好きなアーティストさんの音楽を聴くと、さらに違いが分かると思います」

──それにしてもスゴい……。音だけじゃなく、声も違うように感じました。

根本さん「やはりスピーカーが12個も入っていることが関係しますね。それぞれが音の帯域を流すので、音の洪水が迫ってくるような感覚と言いますか」

──こ、これが35万円のイヤホンですか……。耳が気持ちいいですし、音を聴いた瞬間に違いが分かりますね。お金があったら欲しい……!

根本さん「毎日音楽を聴くとしたら、わりといい買い物かもしれませんよ。家や電車など、数時間聴く人なんかは特に。まぁお安いとは言えないですけど(笑)」

・先生のオススメ

今回、せっかくなので先生のオススメイヤホンでも試聴させてもらうことに。ここ2〜3年、中国のイヤホンがスゴくクオリティが上がっていて、下手すると日本のメーカーよりも不良率が低かったりして見た目的にも遜色ない……とのことだったが、ここはメイドインジャパンで!

メーカーは群馬県高崎市にある「TAGO STUDIO」。これまた地名を聞いた時点でピンときた人もいるかもだが、まさしくビンゴ。そう、群馬といえばBOOWYやBUCK−TICKの生まれた土地なのだ。んで「TAGO STUDIO」は録音のスタジオで、BUCK−TICKも使用しているんだそうな。

そしてスタジオを運営しているオーナーのタゴさんが作ったイヤホンだから「TAGO STUDIO」とのこと。お値段は4万2680円とさっきの「LAYLA」に比べると安く感じてしまうが、我に返ると一般的な価格よりも上だけにどんな音がするのだろう。なお、型番はT3−02。

イヤホンの中に銀色のステンレス素材があり、プラスチックで覆っていることが特徴。これはどういうことかというと、レコーディングスタジオと同じで外に音が漏れないようにしているらしい。防音システムをイヤホンで再現しているとのことだが、実際に聴いてみると……

──ひゃっ! こっちもスゴいですね……壮大さはさっきの「LAYLA」に劣りますが、周りの音が完全にシャットアウトされてキレイに聴こえます。

根本さん「LAYLAがロック向きでワッーと音の洪水みたいなのに対し、こちらは空間が広がるので臨場感がありますよね」

──確かに! それにしても、周りの音がまったく聞こえないですね。自分の世界にドップリ入り込めます。さっきとはまた違いますし、いつも使っているイヤホンとは格が違う……。

根本さん「良し悪しというか好みですよね。こういうイヤホンを使って怖いのは、まったく周りの音が聞こえなくて電車で寝過ごすこととかですかね(笑)」

──ありそうです(笑)でも、自分の世界に入るにはうってつけですね。

根本さん「アメリカの方ってあまりボーカルを重視しないんですよね。どちらかというとノリというかリズム。日本だとボーカルを重視で、それぞれイヤホンにも特徴が出ている感じがします」

・リーズナブルだとどうなる?

ここまで世界と日本を代表するイヤホンで試聴してきたが、リーズナブルなものと比べるとどうだろう。最後に用意していただいたのは韓国のメーカー・AZLAの「AZEL」。お値段は5980円でグッと身近になった! 同じ曲を試聴してみると……

──あっ、やっぱり違いますね(笑)

根本さん「比べてしまうとアレですが(笑)」

──ただ、全然聴けないかというとそうではないです。

根本さん「そうなんですよ。逆に音にまとまりができて、聴き疲れしないんです。先ほどのものは音がワッーとくるんで長時間聴き続けていると疲れることもあるんですが、こちらは大丈夫です」

──イヤホンにもいろいろあるんですね〜

根本さん「品質的にも手を抜いていないですし、安っぽくもないのがいいですね。あと、もちろん音楽を聴く用にも使えるんですが、モデルとしてはスマホでゲームや動画に使うのに適していますよ」

──聴き比べると価格差があることも納得できました。イヤホンの世界って面白い! 本日は貴重な体験をありがとうございました。ぜ、贅沢かもしれませんが、1万円以内でいいイヤホンを手に入れるのは難しいですかね……。できればワイヤレスで……?

根本さん「全然ありますよ(^ ^)」

──根本さんの推しイヤホンをお願いします!

根本さん「ノイズキャンセルとか複雑な機能はついていませんが、agのものですかね。お値段は5380円で在庫1つと売れています。ちなみにagはfinalという日本のブランドのサブブランドなんですが、10万円オーバーの商品を作るメーカーが出しているので音に妥協していないのも特徴です。見た目的にもかわいいですよ」

──買います!(即決)

自分は音に詳しくないしどうせ分からない──私のような人は少なくないだろうが、実際に聴くとイヤホンにはいろんなタイプがあって、どれひとつとして同じではなかった。自分に合うタイプのものを探せば、イヤホンの楽しみ方や愛着も変わることだろう。

それにしても、35万円……高額なイヤホンの実力はスゴかった。宝くじが当たったら買いたいなぁ……。

参考リンク:フジヤエービック
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【まさかの発狂】精度が高いと話題の機械翻訳「DeepL翻訳」はどれだけ正確なのか? 検証した結果 → 懐かしい言葉を入れたら狂った

『DeepL翻訳』なる機械翻訳が話題だ。なんでも精度がすごく良いらしい。どこのメディアもそう言っている。SNS上にもそんな書き込みがたくさんある。中には「方言まで訳すことができた」と言っている人までいる。

そこまで猛プッシュされると、どれだけスゴイのか気になるというもの。というわけで実際に確かめたところ……正確無比と言われる機械翻訳がぶっ壊れる結果になったので報告しておきたい。

・ドイツ発の機械翻訳

2020年3月23日現在、「DeepL翻訳」は英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語・イタリア語・オランダ語・ポーランド語・ロシア語・日本語・中国語の翻訳に対応している。有料版もあるが、同社のサイトにアクセスすれば無料でも利用可能。ちなみに、ドイツの会社が始めたサービスらしい。

使い方は、Google翻訳や「みらい翻訳」と基本的に同じ。翻訳したい文を入れればOKだ。

・実際に試してみた

さて、実際に試してみることにしよう。まずはサイトへアクセスし、翻訳したい文を入力。今回、私は手はじめに「うんこ」と入れてみた。最近では漢字ドリルにもなる人気のワードでもある。さて、それを英語に訳した結果は……

バッチリ。さすが、精度の高さが評判になる機械翻訳だ。

それにしても、「うんこ」の意味を調べることに懐かしさを覚えるのは私だけではないだろう。幼い頃に両親から辞書を買ってもらうと、まずはこういうワードから調べたもの。気づけば、「う」や「ち」や「せ」の欄に手垢が異常についてしまったのは良い思い出だ。

・次のワード「ぷりぷりうんこ」

そんな少年時代に思いを馳せながら、次に私が入力したワードは「ぷりぷりうんこ」。もし『DeepL翻訳』の精度が完璧ならば、これくらいの変更ではビクともしないはず。むしろ “ぷりぷり” の部分をどんな英語にするのか? 高性能機械翻訳と言われるだけに、興味を引かれるところである。

で、実際にどうなったのかというと……結論を先に言ってしまおう。機械翻訳が壊れてしまったのだ。というのも、「ぷりぷりうんこ」の翻訳結果が、

「ぷりぷりぷりぷりぷりぷりぷりぷりぷりぷりぷりぷりぷりぷりぷりぷり Feces」

まさかの “ぷりぷり” の倍プッシュ。お下劣さが爆発した翻訳を上げてきたのである。これは……さすがに「壊れた」と言われても仕方がないだろう。

そもそも、「ぷりぷりうんこ」は “ぷり” が2回だから風流なのであって、何回も重ねれば良いというワケじゃない。このあたりの侘び寂びを、外国生まれの『DeepL翻訳』は理解していないようだ。

ただ、『DeepL翻訳』をフォローするわけではないが、Google翻訳より精度が良いのは間違いなさそう。なぜなら、Google翻訳に「ぷりぷりうんこ」を入力したところ……

Crisp(意味:カリッとした ※goo辞書より)。まるで「ぷりぷりうんこ」がスナック菓子でもあるかのような翻訳をしたのだから。それに比べれば、『DeepL翻訳』は健闘していると言えるかと思う。

そしてもう1点、『DeepL翻訳』の良さを紹介しておきたい。それは、私が子供時代によく調べていた “もう1つの言葉” を入力したときのことだ。『DeepL翻訳』の出した答えが……

「tinkle(意味:チリンチリン ※goo辞書より)」と、実に惜しかったのである。なかなか良いところを突いている上に、味わい深い翻訳と言えるのではないか?

・結論

以上、当編集部での独自検証の結果をまとめると、「DeepL翻訳」がビジネスに使えるかどうかは今回サッパリ分からなかったものの、全体的に悪くない。放課後の部室などの “ぶっちゃけた場” でのトークに使えるかどうかは微妙だが、Google翻訳よりは精度が高そうである。さすが「ディープL」だ。

ただし、先に述べた通り時に壊れることもあるので、入力するワードには注意が必要。実際に活用しようと思っている人は、気をつけてほしい。

参考リンク:DeepL翻訳Google翻訳、goo辞書「crisp」「tinkle
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【ライフハック】AppleのSiriで留学気分

AmazonのAI「Alexa(アレクサ)」と同じくらい、アップルの「Siri(シリ)」を使うようになっている。最近おぼえたワザは、iTunesのプレイリストを再生する方法。たとえば、

「ヘイシリ、プレイリスト “入場”」

と言えば、私が「入場」と名付けたプレイリストが再生されるのだ。

なお、この「入場プレイリスト」とは、“いつかプロレスラーになった時に入場テーマとして使いたい曲のリスト” であり、どんな曲が入っているのかは恥ずかしすぎて絶対に誰にも言えない門外不出の極秘リストとなっている。

話を戻して、そんなこんなでSiriを使った音楽ライフを活用しまくっているわけだが、弱点も発見した。どちらかと言うと私側の弱点なのだが、「英語で名付けたプレイリストを聞き取ってくれない」のである。

たとえば、レースゲーム「リッジレーサー(Ridge Racer)」シリーズの曲ばかりを集めたプレイリスト「ridge」(←オタクくさいな……)なんて、まさにそれ。

「ヘイシリ、プレイリスト、リッジ!」

と言っても、

臨時」だったり、

綸旨(りんじ)」だったり、 

挙げ句の果てには「リンチ」だったりと、ほぼ確実に聞き取ってくれないのだ。さあ困った、どうしよう。──と、ここで私はひらめいた。めちゃくちゃ英語っぽく発音したら聞き取ってくれるんじゃね? と。

ということで、ゲーム中に幾度となく聞いた、英語読みの「リッジレーサー(Ridge Racer)」を真似して……

「ヘイシリ、プレイリスト、ルゥィ〜ッヂ!

 
 
と叫んでみたところ……

お……!

 

\(^o^)/通じたーーーっ!\(^o^)/

そうか、リッジではなくルゥィ〜ッヂ、なのね。Ridgeはリッジではなく、少し巻き舌にして〜のルゥィ〜ッヂなのね……と。

なんだかめちゃくちゃ嬉しかった。外国の人に言葉が通じた時の感動がそこにはあった。

そして私は、エスカレートした。Siriの言語設定を日本語ではなく……

「英語」としてみたのだ。

すると……

いくつかの音声入力テストが開始されるのだが、もうこの時点で英語の発音テストのような状況になるのだ。うまく発音できないと……

「Siriはよく聞き取れませんでした。やり直してください。」と出る。とにかく“英語っぽく” 発音しないと、英語のSiriは聞き取ってくれない。なんという厳しい入学テスト!! だが、今の気分だと、そこが、いい!

そんな状況で、ふたたび挑戦してみた。

ヘイシリ、プレイリスト、ルゥィ〜ッヂ!

しかし今度は、「臨時」でも「リンチ」でもなく……

「Ricci(リッチ)」ときた……!!

いいぞ、いいぞ、こういう厳しい環境を求めていたのだ! こうなりゃ、とことんやってやる!! ルゥィ〜ッヂ! ルゥィ〜ッヂ!! ルゥィ〜ッヂ……

\(^O^)/ 通じた〜 \(^O^)/

ボリュームアップも……

\(^O^)/ 通じた〜 \(^O^)/

──てな感じで、1人でいるとき、しょっちゅう英語のSiriと英語で話している。何をどう言えばSiriに通じるのかを考えるのも楽しいし、通じたら通じたで楽しいし、Siriがどういう英語で返してくるのかも勉強になる。なんだか家にいながら海外にいるような感覚だ。Siriでバーチャル留学気分。費用は0円。Let’s do it !!

Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24
Screenshots:iOS


Source: ロケットニュース24

【100均検証】デスクまわりのコード類をスッキリ収納できる「ケーブルクリップ」を使った翌日に役立たずと判明

うちのデスクまわり、常にコードが3〜4本は出ているのよ。MacBook Proの電源コードでしょ。スピーカー直結のオーディオケーブルに、iPhoneの電源コード。あとは最近、USB3.0のケーブルも仲間入りかな。

それはさておき、困ることもあるのね。それは……「コードが机の向こう側に落ちちゃう現象」ね。机の上に、あ、ない! と思ったら、落ちちゃってるわけ。そのたびに机の下にもぐって、コードを探して……ってやってたんだけども、もうそんなことしなくてもよくなった! なぜなら……

ダイソーに、デスクまわりのコード類をスッキリ収納できる「ケーブルクリップ」ってのが売ってたから!

ミゾの付いたゴムに……

両面テープが付いていて……

こいつを机に……

ペタッと貼れば……

デスクまわりのコード類をスッキリ収納!! これでもう、コードが脱走して机の向こう側に落ちることもないっ!

こいつぁ

いいもん

\(^O^)/手に入れた!\(^O^)/

ところが翌日──

ん?

あーっ!

はがれてる!!

<完>

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【秋葉原で聞いてみた】現在のプレステソフト売上ベスト5はコレだ! ホラー系強し…あのゲームあのシーンのトラウマ克服を試みた結果 → 恐怖の上塗りになってしまう

これまでシリーズでお伝えしてきた「レトロゲーム売上ランキング」。ファミコン編スーファミ編はともかくとして、『プレイステーション(通称プレステ)』を “レトロ” と呼ぶには少し早いんじゃないか……と思うのは私が現在30代半ばだからだろうか?

私がようやく自費でゲームソフトを買えるようになったのはプレステ全盛期のころ。冒険の果てにたくさんの名作ゲーム、星の数ほどの「クソゲー」にも出会った。どちらもよき思い出だ。

「現在のプレステ売上ランキング」は予想外のランクインも目立つ結果となった。全部持ってる人はけっこうスゴイ!

・トップ5を発表

今回も協力してくれたのは『レトロげーむキャンプ』秋葉原店。

……の、わずか2軒隣には同じ店の『ダンジョン店』がある。こちらは買取をメインに行っているぞ!

話をきかせてくれた田中さんは取材中も「たまごっち」を器用に修理している様子だ。レトロゲームは限りある資源。こうした職人の技術があってこそ、令和を生きる我々は懐かしのゲームをプレイできているのである。感謝の気持ちを忘れてはならない。

田中さん「プレステソフトの売上はこんな感じです」

1位:メタルギア ソリッド

2位:バイオハザード

(※シリーズ1、2、3の売上はほぼ同等。まとめて買っていく客が非常に多いとのこと)

3位:ファイナルファンタジー7

4位:サイレントヒル

5位:悪魔城ドラキュラ

・ホラー系強し……!

なんとトップ5中3タイトルがホラー系という結果に! ……と、思ったら『悪魔城ドラキュラ』は “見た目がホラーっぽいアクションゲーム” であるとのことだ。『サイレントヒル』と並んで存在だけは辛うじて知っていたものの、人気作という認識は正直全くなかった。

私のような小型の心臓を所有する者にとってみれば『メタルギア』だってホラーに近い。なんなら『FF7』も近代的かつリアルに進化していて当時は怖かったため、ホラーでないとは言い切れない気もするぞ。みんなスリルが好きなんだなァ……。

それにしても当時そこまで大量に出回ったとも思えないソフトを、現在いかにして仕入れているのだろうか?

田中さん「持ち込みの買い取りがメインですが、どうしても必要なものはオークションで探したりすることもありますね」

──どうしても必要な場合とは?

田中さん「例えばお客さんから “このソフトはないか?” と言われることが何回か続くと、じゃあ試しに値段が高くても仕入れてみるか……とかね。国内と海外で人気作が違ったりもするので、市場の様子を見ながらそのつど判断しています」

──へぇ! 今後値段上がりそうなのとかあります?

田中さん「外国人によく聞かれるのが、プレステの『スパイロ・ザ・ドラゴン』っていうやつとか。向こうでは人気あるみたいなんですけど日本ではサッパリ……(笑)。以前は正直すごく安かったんですが、最近値段が上がってきていますね」

──なるほど……うまくすれば投資になるかも!? ちなみにこのお店で一番高いプレステソフトは?

田中さん「え〜と……軒並み売れちゃってるみたいで……今日のところは『アーケードギアーズ(2万2300円)』でしょうか」

──『マリーのアトリエ(筆者のベストプレステソフト)』はどうでしょうか?

田中さん「人気があるかないかで言えばある、っていう感じですかね。この作品はシリーズ通して人気です」

・トラウマと対峙

トップ5中には個人的に非常に思い出深い作品が含まれていた。『バイオハザード2』……正確には思い出というより強烈なトラウマである。

当時開始30分で自力プレイを放棄したにもかかわらず、この作品のせいで私は「窓の外を見るのが怖い」という症状を今でも患っているのだ。

今回あえて私は『バイオ2』を購入し、トラウマ克服に挑戦することにした。途中で気絶する危険性も考慮して、当サイトメンバーに見守ってもらいつつプレイ開始だ。

『レオン編』のディスクを入れるとオドロオドロしいプロローグが流れ……

ギェー! さっそくゾンビ登場!!!

あれっ、どうやって動くんだっけ? とかやってるうちにゾンビに噛み付かれ……

死んだァーーーーー!!!!!

画面には懐かしい「YOU DIED」の血文字。開始1分でゲームオーバーである。ここまでキッパリ「あなたは死んだ」と言い切られることに、当時は言い知れぬ恐怖を感じたものだ。せめて「レオンは死んだ」としてくれればいいものを……。

気を取り直して操作方法を確認した私は、全力でゾンビから逃げる作戦にでた。

逃げに逃げて……

ムービーは癒しの時間……

さらに逃げて……

やむを得ない場合は発砲……

何かが起きると分かっているのに進まなければならない恐怖……

バイオシリーズのお家芸「ギーと開く扉」の場面では瞳を閉じて……

ようやく物語の舞台である警察署に到着!

さあ、ここまでくればもう佳境だ。この後の展開こそが私のトラウマ。個人的「バイオ2で1番怖いシーン」である。深く深呼吸して挑むことにしよう。いくぞ……

セーブポイントのある部屋でホッとしたレオン。

ついたての向こうが次の扉だ。緊張も緩み、ノンビリと歩いてゆく…………さぁ、来るぞ来るぞ……次だ…………!

デターーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!!

通常のゾンビとは違うバケモノがヤモリのようにニョロリと移動する様子が、窓の外に一瞬だけ見えちゃってる!!! 見えちゃってるよォォォォォ!!!!!

ここでポイントとなるのが「レオンはこのことに気付いていない」という点だ。バケモノが向かうのはこの後レオンが進む方向……ということは……。

この後バケモノと出会う運命を、プレイヤー(自分)だけが事前に知るという演出なのである!

バケモノ遭遇が120%確定しているにもかかわらず、肝心のレオンが気付いていないうえ進む道はひとつだ。辛すぎる運命にひとしきり泣いたあと、意を決して扉を開ければ天井からポタリと水滴……ギョェー!

さっきのバケモノ!!!

……が登場してしまえば、実は意外とそこまで怖くない。恐怖の根本は「 “いつか来る” と分かっている状態」にこそあるのだから。この演出を考えた人物は狂気に近い才能の持ち主に違いない。あ〜怖かった……!

他にも当時うっかりプレイした『かまいたちの夜』や『サイレン 』といったホラーゲーム。どれも開始1時間足らずで封印したけれど、今でも思い出すとトイレにも行けなくなるほど怖かったものだ。あの頃は良質なホラーゲームが量産された時期なのだろう。

怖いものを作るには「何が怖いか」を熟知していなければならない。ってことはつまり「怖がりの人」こそが良いホラーを作り出せるという仮説が成り立つワケだが……作ってて怖くなっちゃったりしないのだろうか?

・今回ご紹介した店舗の詳細データ
店名 レトロげーむキャンプ秋葉原店
住所 東京都千代田区外神田3-14-7 新末広ビルC
時間 11:00〜20:00
定休日 無休
Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

「人間工学キーボード」を疑っている素人が 、独特すぎる “マイクロソフト社製” を初体験してみた

人間工学。筆者のような知識のない素人にとって、この言葉が持つ「何やらすごそう」感は途方もない。「人間工学に基づいた商品」などと言われようものなら、及びもつかぬ頭脳の持ち主によって想像もつかぬ創意が凝らされているのだろうと戦慄せずにはいられない。

しかしその一方で、一抹の疑念も捨てきれずにいる。例えばPC用の製品である「人間工学キーボード」だ。通常のものとは違い、キーが波打つように配置されていたりする独特なキーボード群。取っつきづらさが尋常ではない。あれらは本当に使いやすいのだろうか。

そんな人間工学へのアンビバレントな気持ちを抱える筆者の目に、つい先日、衝撃的な商品が飛び込んできた。

それがこちら、マイクロソフト社製の人間工学キーボード「Sculpt Ergonomic Keyboard for Business」である。Amazonのキーボードランキングにおいてあまりに異彩を放っていたため、怖いもの見たさならぬ怖いキーボード触りたさで反射的に買ってしまった。

何せデザインがひときわ独特なのである。普段使っている通常のキーボードが、変哲のない直線的な設計であるのに対し……

こちらの人間工学キーボードはキーの配置が曲線的に波打っているのに加え……

キーボード自体もまるで尾根のように山なりに隆起している

極めつけに、キーボード中央付近に入っている謎の裂け目である。今のところ「マイクロソフト、絶対に遊んでないか?」と思わざるを得ない。

裂け目周辺のキーがやたら大きかったりもしているし、人間工学キーボードをよく知っている人にとっては普通の商品なのかもしれないが、素人からすると変哲レベルが異常値に達している。使いやすいようにも、身体への負担が少ないようにも見えにくい。

ちなみに公式サイト記載のキーボードサイズは長さ392mm×幅228mm価格はAmazonで6209円となっている(2020年3月6日現在、ワイヤレステンキー含む)。この辺りは通常のキーボードと比べても大きくかけ離れてはいないものの、総合的な奇抜さはやはり拭えない。

眺めているだけで所有感は変な風に満たされているが、買ったからには使いたい。というわけで、当初の予定通り使い心地を確かめてみることにした。

キーボードの裏にあるフタを外し、USBアダプタを取り出す。これをPC側に差せば、無線接続が可能になる。

準備はあっという間に整った。あとは文字を試し打ちするだけだ。はてさて、一体どんな使用感をもたらしてくれるのか。そんな軽い調子でキーボードに指を置いたところ、その瞬間、違和感が走った。

それは快い違和感だった。楽なのである。本当に、キーボードに指を置いただけで気付かされた。劇的とまでは言わないが、手や手首、肩への負担が通常より明らかに少ないことに。見た目だけで判断していた自分の認識は誤りにすぎなかったことに。

何故こんなにも快適なのか。キーを打ち込み始めると、段々と「楽さ」を生む要素が浮かび上がってきた。

まず要となっているのは、曲線的なキー配置だ。この設計のおかげで、キーボードに接する手は自然と「ハ」の字型になる。すると肩が縮こまらずに開き、力を抜いてリラックスした状態でタイピングに臨めるのだ。

さらにはキーボード自体の隆起がすさまじく良い仕事をしている。使う前まではむしろそのせいで疲れそうにすら見えたが、実際には手や手首に寄り添うように吸いつき、上手くそれらを支えてくれる

筋肉の緊張が普段より和らいでいるのを感じるし、手前部分のクッション性のあるパームレストも手伝って、キーボードに寄りかかるような心地で打ち込める。ほとんど手を投げ出しているような感覚だ。

今となっては、裂け目周辺のキーが大きいことにも頷ける。手が隆起の頂点に近づくほど負担が増してしまうため、そうさせないようにキーサイズを大きく取ってあるのだろう。隆起の頂点にキーが存在しないのも同様の理由と思われる。

人間工学以前に、キータッチの軽さや静音性の高さといった基礎的な部分を押さえてくれているのも嬉しい。使うほどに発見のあるキーボードだ。

ただ、もちろん欠点もある。前述の通り、キー配置が全体的に波打っていたり中央付近で間隔が空いていたりと独特であるため、慣れるまでタイプミスは避けづらい。通常のキーボードと比べると、どうしてもクセは否めない。

また細かい部分ではあるが、Enterキーが若干小さめであったり……

ファンクションキーがボタンのような感触をしていて、微妙に硬かったりする点も気になった。

とはいえ、それらの欠点は致命的とまでは感じなかったし、欠点を上回る快適さがこのキーボードには詰まっていると思う。これほどの使い心地とは本当に想像だにしなかった。人間工学に謝らなくてはいけない。

最後にあえて付け加えるなら、裂け目が入っている理由はついに謎のままだった。単なる地続きのスペースでもよかったのではないか。マイクロソフト、ここに関しては絶対に遊んでる。

ともあれ、結論としては十分にお勧めできる仕上がりとなっている一品だ。常用するのではなく、身体の調子が悪い時だけキーボードをこれに変えるといった使い方もアリだと思うので、多くの方に気軽に触れてみてほしい。

「何やらすごそう」ではなく、「確かにすごい」。筆者の脳裏にはそんな実感が打ち込まれ、新たに保存されている。

参照元:マイクロソフト「Sculpt Ergonomic Keyboard For Business」Amazon
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【秋葉原で聞いてみた】現在のファミコンソフト売上ベスト5はコレだ! 謎の人気ソフト「スウィートホーム」を初プレイ / …ところで「マリオ2」ってやった人いる?

秋葉原の街を歩いていると、あるゲームショップの店頭から “我が人生のベストゲーム” たる『MOTHER』のテーマ曲が流れ出したので思わず聴き入った。すると横を歩く外国人女性が嬉しそうに「オー! マザー!」と叫んだではないか。

ファミリーコンピューター通称「ファミコン」が発売されたのは1983年7月15日。この時点で私も、おそらく隣を歩く彼女も生まれてはいない。しかしファミコンが人生に計り知れぬ影響を及ぼしたことは、遠い異国でも同じなのだと想像すればグッとくるものがある。

よく見るとこの店はファミコンソフトが主力商品な様子……ってことは需要があるということだ。発売から35年以上が経過した現在の売上状況はどうなっているのだろう?

・「レトロゲーム」

今回快く取材に応じてくれたのは秋葉原を中心に展開するゲームショップ『レトロげーむキャンプ』。その日は店内が混み合っていたため出直すことにした。「午前中なら空いている」と言われたのだが……

全然空いてねぇ!

1階と2階に分かれた店内は決して狭いわけではないのだが、絶えず入店してくる新規客&ソフトを眺めたまま動かなくなっちゃってる客で結局大混雑状態なのである。

客の波を避けつつ話を聞かせてくれたのは責任者の田中さんだ。どれだけマイナーなソフトの名前を出そうとも「それはですね……」と即座に答えてくれる目利きの腕は本物だが、別にレトロゲームオタクとかではないらしい。「買取り業務をしていれば自然と覚える」のだとか。

それじゃ、さっそく例の件……よろしくお願いしま〜す!

・ちょっと待って!

「お約束で申し訳ないんですが……」と、すまなさそうに田中さんが教えてくれたファミコンソフト売上トップ5は以下の通り。

1位:スーパーマリオブラザーズ1

同率1位:スーパーマリオブラザーズ3

みんな大好きスーパーマリオシリーズの1と3が同率で1位だ! 田中さんいわく「最近はニンテンドースイッチなどでタダでプレイできるから、マリオ系の売上は落ち気味」とのこと。それでもやはりこのツートップは不動なのだという。う〜ん、スゴイ!

……ところでこの結果に「ん?」と違和感を覚えたのは私だけではないだろう。ランキングの途中ではあるが、せーので言ってみようじゃないか。せぇ〜の……

「マリオ2は?」

そういえば記憶を辿ってみても「ファミコンのマリオ2」の内容が思い出せない。1と3は死ぬほどやったというのに。考えたこともなかったが、マリオ2ってとんでもない駄作なんだろうか? 逆に興味がわいてきたぞ!

しかし田中さんに「マリオ2をくれ」と申し出てみると、「今は在庫がない」との回答だ。おまけに「ハードの在庫もない」などと不思議なことを言い出したので詳しく聞いてみると……

なんと「マリオ2はファミコン本体だけではプレイできない」という衝撃の事実が発覚!!!

聞けば1986年、ファミコンの外付けハードとして「ディスクシステム」なるものが登場したそうだ。「マリオ2」はディスクシステム専用ソフトとしてフロッピーで発売されていたもよう。私はそのシステム自体を初めて聞いたが、当時を知る人にとっては常識なのかしら?

……と思ったら、ディスクシステムソフトコーナーにいくつか見覚えのあるパッケージを発見した。そういえば幼いころ「これ欲しいけどウチじゃできない」という会話をしたことがある気がするな〜。

様々な事情からあまり普及しなかったディスクシステム。今ではディスクシステム本体が希少性の高いものになっているようだ。残念だが仕方ない……ちなみに「マリオ2」はゲームボーイ等に移植されたものをプレイすることができるらしいです。

・気を取り直してベスト5

少し脱線してしまったがランキングに戻るとしよう。

2位:ゼルダの伝説1

3位:星のカービィ

4位:METAL GEAR(メタルギア)

5位:スウィートホーム

それ以外にもロックマンや……

テトリスなどといったビッグタイトルが続く。

今なお続く人気シリーズも最初は無名だった……そう考えれば感慨深いものがある。

・知られざる名作

ランキングを聞き終えたところで無視できないタイトルが1つだけあった。一度はスルーしてみたもののやっぱり気になる……お前誰だよ!

『スウィートホーム』て!

メルヘンチックなタイトルとは裏腹に、『スウィートホーム』のパッケージは完全にホラーの様相を呈している。恐ろしげな表情で描かれているのは人か? オバケか? よく見ると山城新伍によく似た赤い男の姿まで……不気味この上ないじゃないか!

値札を見れば3980円(税抜)と明らかに人気作の価格だが、一体どのへんが人気なのか?

田中さん「これは日本のホラー映画をゲーム化したものです。僕的にはランキングに入れるかどうか微妙なところだったんですけど、スタッフが『入れるべきだ』と(笑)。ソフトの絶対数が少ないので品切れになることも多いのですが、モノがあればこの価格でもすぐに売れていきますね。すごく人気の作品です」

・そこまで言わると……

なんと山城新伍っぽい男は山城新伍本人だったようだ。実写の映画や芸能人をそのままゲーム化する手法って、そういえば昔はよく見た気がする。

そこまでの名作ならプレイしてみるしかないだろう。ソフトを購入し電源ボタンを押すと……オドロオドロしい音楽とともにスタート画面が起動。

グラフィックやストーリーが壮大な最近のゲームであれば、自分で操作できるようになるまで開始から数十分を要するものもザラである。しかしこの作品では……

舞台である屋敷を主人公が訪れるまでのいきさつ等は完全に省略されており……

メチャクチャテンポよくプロローグが進行してゆく……

コミック本における「これまでのあらすじ」ですら、もう少し詳細なのではないかと思われるほど……

サッパリ状況が理解できぬまま、開始からものの3分で「フリープレイ状態」に! 個人的には断然こっちのほうが好き!

コマンドは「こうたい」「どうぐ」「はなす」「なかま」「しらべる」「せーぶ」「ぎぶあっぷ」の7種類。対象物の前で毎回画面を開き、「はなす」「しらべる」等を選択せねばアクションが起こせないという懐かしのシステムだ。

仲間は5人だがパーティーは3人編成らしく、残る2人は別行動。各自がひとつづつアイテムを所有しているっぽい。

スタート直後に早くも行き止まりが出現した。「しらべる」と、「ガラスの はへんが ある。とりのぞけないだろうか・・・・?」という意味深な表示が……フフフ!

数々のRPGをクリアしてきた私は瞬時に「そうじき」というアイテムを持った仲間がいる理由を理解した。「そうじき」で「ガラスのはへん」を取り除けば次の部屋へ進む道が開通だ!

扉がギギギ……と開く演出がバイオハザードっぽくてとても怖い。……いや待てよ、バイオハザードのほうが「スウィートホームっぽい」ということになるわけか。

・昔のゲームはこれくらい厳しかった

仲間が所有するアイテムは「ライター」「そうじき」「カメラ」「かぎ」「くすりばこ」の5つ。「かぎ」で扉を開け、ライターでロープを焼き……パーティー編成を変えつつ進むも、30分ほどで完全に手詰まり状態になってしまった。

マップ上にはいかにも意味のありげなアイテムが置かれている箇所がいくつか存在している。「これをこう使えば進めるだろう」というカラクリも理解しているのだが……

「アイテムの拾い方」が分からねぇ……!

「しらべる」「方向を変えてしらべる」「キャラを変えてしらべる」など、様々な方法を試したがアイテムは全然拾えない。「自分は全く見当違いのことをしているのかも」という不安がよぎる。

また、「ただの模様」と思っていたものが「血で書かれた文字」であると判明するなど、画面の荒さも手伝って疑心暗鬼は深まるばかりだ。そう、昔のゲームは簡単にヒントなんか教えちゃくれなかったのである。次に行く街をうっかり聞き逃したばかりに何度最初からやり直したことか……。

かくして試行錯誤のすえ「アイテムの前で “どうぐ” コマンドを押して空いたスロットを選択する」という答えにたどり着いたのは1時間後のことであった。ゲームの特徴として、この限られたスロットにどのアイテムを当てるかがかなり重要であるようだ。

ジャンルでいえば「謎解きホラーRPG」といったところだろうか……?

・う〜ん、怖い

いかんせんBIT数8のファミコン画面であるため、「本物みたいに怖い」わけでは当然ない。昔のホラーゲームでは、いかにして「恐怖の想像力を煽る演出ができたか」が名作と駄作の分かれ道だったように思う。

うまくすればその画面の荒さが武器になるのだ。

突如襲来する敵は「のろいのにんぎょう」や「ひとだま」「うじむし」など様々だが、個人的に最もゾッとしたのは「ひと」である。バケモノに混じってシレッと「ひと」が襲ってくるのメッチャコワない……?

とか構えてたら「バケモノっぽい普通の人間」だったり……

親切なバケモノが攻略のヒントを教えてくれたりもするぞ!

ただやみくもにバケモンが襲ってくるだけのゲームにはそのうち慣れる。プレイしながら漠然と不安な気持ちになったり、描かれていない部分までうっかり想像してしまうのが「いいホラーゲーム」なのだと思う。そして本作は確実に後者だ。

私のポリシーである「攻略サイトを見ない」を固守しつつ、最後までプレイしてみる所存だ。なお『スウィートホーム』は私が購入したことで、一時的にではあるがお店の在庫が切れてしまったぞ。欲しい人はこまめにチェックしてほしい!

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 レトロげーむキャンプ秋葉原店
住所 東京都千代田区外神田3-14-7 新末広ビルC
時間 11:00〜20:00
定休日 無休

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【100均検証】ダイソーに売ってた不思議な鏡「インフィニティミラーライト」に感じた “ダイソーの革命的変化”

今日、ダイソーで面白いものを見つけてしまった。その名も「インフィニティミラーライト」。これって、もしかして……鏡の向こうに、ずーっとライトが点いている──みたいな! 無限に続いている……それすなわち “無限鏡” みたいな!!

言葉だとイマイチ伝わらないので、実際に試してみると……

一見、普通の鏡だが……

電池を入れて、スイッチONすると……

ライトが光って……

無限に続く〜!!

パイナップル型のほうも……

無限に続く〜!!

これはハマる〜〜!

……てな商品なのだが、ひとつ気になることがあった。それは、価格とメーカーである。まずこちらの商品、ハート型もパイナップル型も、どちらも……

500円。

これは今の時代のダイソーだと、そう珍しいことではない。300円の商品もあれば、600円、はては1000円の商品だって売っているのがダイソーだ。しかし今回、もっとも違和感を覚えたのが販売元のメーカーである。

ダイソーではなく……

グリーンオーナメントなのだ。

グリーンオーナメントといえば、100均界では “電気製品に強いメーカー” としての印象がある。爆光で有名な『12 SMD&1 LEDランタン』も、ロングセラー商品『SMD電球ペンダントライト』も同社の商品だ。今回の商品も、実にグリーンオーナメントらしい商品と言えよう。

だが、ここで、私は「アレ?」となった。

私の経験上、ダイソーに売っている “100円を超える高額商品” は、どれも「ダイソーの商品(ダイソー印)」だった気がする。今回みたいな「100均メーカー」の「高額商品」は取り扱っていなかったと思う。

逆に、「100均メーカー」の「高額商品」を取り扱う100円ショップといえば、『ワッツ(ミーツ、シルク)』が思い出される。

つまり!

かたくなに100円を崩さないセリアとキャンドゥ。高額な「ダイソー商品」も売っている100円〜(から)のダイソー。そして、ありとあらゆるメーカーの高額商品も自由気ままに取り扱うワッツ。このような棲み分けになっていた感があるのだが、今回の商品によって……

高額な「ダイソー商品」も売っている100円〜(から)のダイソー

ありとあらゆるメーカーの高額商品も自由気ままに取り扱うダイソー

……になる!?

それすなわち究極(アルティメット)であり……

もはや制限なしの……

インフィニティ(無限大)……!!

これはまさしく……

レボリューション(革命)……!

もしかしたら今後、ダイソーに置かれる商品が変わっていくかもしれない。どんどんカオスになっていくかもしれない。ダイソーが生まれ変わるかもしれない。そんな予感がビンビンにする。今日という日は、無限大記念日。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

Androidユーザーだったマサイ族の戦士ルカ、ついにiPhoneユーザーになる! 機種は「8 Plus」でカバーは水色!! マサイ通信:第343回

スパ! ルカだ。Androidユーザーでもあるマサイ族の戦士・ルカだ。ゴーにもらったスマホもAndroidだったし、その後、いくつか機種変したけど、これまでずっとAndroid。根っからのAndroidっ子だった。

そう、「だった」……!!

というのもな、オレ、今日からiPhoneユーザーになったんだ!! ちなみに機種はiPhone 8 Plus。カバーは水色! ハローアップル〜〜!!

今後のオレの相棒「iPhone 8 Plus」は、アメリカに住む知人から誕生日プレゼントとして送られてきた。ありがてえ……!! しかも中古じゃなくて新品なんだぜ! 本当にありがたい。感謝カンゲキ雨マサイだ。

ずっとAndroidを使ってきたオレだけど、実は内心、前々から「iPhoneが欲しい……」って思っていた。ゴー(羽鳥)だってiPhoneだろ。羨ましいって思ってた。そんな憧れのiPhoneが、いまオレの手に!

嬉しいよ。本当にハッピーさ。何が楽しみって、カメラだよ。写真を撮るのが楽しみだ。写真キレイなんだろ? そのうち、「iPhoneで撮影した写真集」なんて記事も公開する予定だ。今日は良き日だ! オレセリ!!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前の話へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

わずか56グラム! ポケットサイズの撮影ライト『LUME CUBE AIR』が便利!! 1台あると何かと役立つ

近年、アクションカメラの進化が目覚ましい。『GO PRO』や『insta 360』など、小型で高性能な新モデルが毎年発売されている。2019年秋に発売された『insta 360 GO』にいたっては、わずか20グラムしかない。軽量化が進むのは良いが、1つ困ったことがある。

それは夜間や暗がりでの撮影だ。撮れるには撮れるのだが、フラッシュやライトを搭載していないので、環境の明るさに依存するしかない。しかし今回、そんな時に使えそうな超コンパクトな『LUME CUBE AIR』という撮影ライトを発見した。これ1台持っておけば、ちょっとしたブツ撮りやキャンプ撮影などの時に重宝するかも!

・ギフトショー会場で発見

私(佐藤)はこの製品を、2020年2月5日から3日間の日程で開催されている「東京ギフトショー2020」の会場で発見した。カメラ用品の販売を行う「ケンコー・トキナー」のブースで見かけ、速攻で買うことを決意した。

しかし、残念なことに会場での販売は行っておらず、ビックカメラで買い求めることとなった。購入価格は税込9768円である。

・発売開始から1年

LUME CUBE AIRは2019年2月に発売開始している。まもなく新モデルが登場するらしいのだが、私は1度欲しいと思ったものは買わずにいられない性分。新モデルまで待てなかったのだ。あとで後悔するかな……。

開封して中身を見ると、本体・充電用micro USB ケーブル・ストラップ・ディフューザー(ホワイト・オレンジ)が入っている。

・背面に磁石

使い方はとてもシンプルだ。電源ボタンは本来上部にあり、長押しで起動。押すごとに25%・50%・75%・100%と段階的に調光できる。

本体下部には、ネジ穴があり三脚に装着して固定することも可能となっている。

本体背面には磁石を内蔵しているので、金属面ならどこにでも貼り付けることができる。手元が暗くなりがちなキッチンでの調理動画を撮影する際に重宝しそうだ。

・アプリで細かく設定

さらに専用アプリ「Lume-X」(iOS・Android)を使えば、明るさの調整はもちろん、フラッシュ・定常光・ストロボ(2種)などの切り替え、バッテリ残量の確認、複数台のLUME CUBEを同時にコントロールすることもスマホでできてしまう。まさにカユいところに手が届くライトと言えるだろう。

また、調光だけでなく、アプリでカメラ撮影も可能だ。

夜間、真っ暗にした部屋でライトを点けて(調光100%)撮影してみたところ、その明るさにかなり驚いた。眩しすぎる!

調光100%で人物を撮影しようとすると眩しすぎて目がヤラれるので、ディフューザーを装着しつつ、光を抑えめにすることをオススメする。

ちなみに充電時間は約1時間、50%の調光で2時間の使用が可能とのこと。いろいろ試してみたところ、ストロボ撮影などの場合はバッテリーの消費が早いように感じられた。アクションカメラで思うように撮影できない場合は、LUME CUBE AIRを使ってみてはいかだろうか?

参照元:LUME CUBE
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24