給湯器の「88」表示は点検の合図。長期使用製品安全点検制度とは?

ガス給湯器の操作パネルに「88」と表示されることがあるのはご存じでしょうか。東京・世田谷で大家をしているアサクラさんは、貸している部屋でこの表示が出たそう。

そのときにおこなった対応と、ガス給湯器の利用者が知っておくべき点検制度のポイントについてもまとめてもらいました。

給湯器パネルに「88」の表示が!その意味は?

とある平日の昼、入居者さんから携帯電話に連絡が入りました。聞けば、ガス給湯器のパネルにエラーメッセージが出てしまっているとか。早速お部屋にうかがい、表示を確認させていただきました。

ガス給湯器の操作パネル

このようなノーマルな画面表示が、時々「88」に切り替わります。

88エラーの表示

入居者さんのお話では、ふつうにお湯も出て問題なく使えているそうなので、即故障と判断するような状態ではなさそうです。

とはいえ、つい先日、うちの事務所でガス漏れがあったこともあり、ちょっとナーバスになっていた僕は、早速東京ガスに電話して聞いてみることにしました。

「88」の表示が出たら「あんしん点検」を申し込もう

東京ガスの方のお話によると「88」の表示は点検時期を知らせるメッセージなのだそうです。給湯器の使用を開始してから10年が経過すると、表示されるような仕組みになっているとのこと。

設置当時の給湯器

たしかに、この部屋をリノベーションする前から設置されていた給湯器なので、それくらいは経っているなと思い当たります。

同時に聞かれたのは「点検に関するハガキは来なかったですか?」ということ。そう、通常はパネルに「88」が表示される前にハガキが届くのです。いつもは給湯器の製造メーカーからこんなハガキが届いて、入居者さんに点検を受けるようにお願いしていました。

あんしん点検のお知らせのハガキ

ですが、今回のお部屋に関してはハガキが届いた記憶がありません。ひょっとしたら、いろいろな書類にまぎれて失くしてしまったのかも…。

入居者さんには点検時期を過ぎてしまっていたことをお詫びし、東京ガスによる「あんしん点検」を手配させていただきました。当然ながら、ガス給湯器はマンションの持ち物なので、点検費用はうちがお支払いすることになります。

「長期使用製品安全点検制度」について

さて、今までハガキが来たら点検をお願いするということをルーティンのようにこなしてきましたが、そもそも「あんしん点検」がもとづいている「長期使用製品安全点検制度」とはなんぞや?という話。

点検を手配する際に東京ガスの方に聞いた情報や、東京ガスのホームページに掲載されている情報をまとめてみましょう。

ガス機器を長期間使用した場合、経年劣化に伴い故障が生じ、重大な事故につながる恐れがあります。それを受けて2009年に「消費生活用製品安全法」が改正され、「長期使用製品安全点検制度」が設けられたのです。

この点検制度の対象となるのはガス給湯器だけではありません。経済産業省のホームページでは9品目が列挙されています。
・屋内式ガス瞬間湯沸器(都市ガス用、LPガス用)
・屋内式ガスふろがま(都市ガス用、LPガス用)
・石油給湯機
・石油ふろがま
・密閉燃焼式石油温風暖房機
・ビルトイン式電気食器洗機
・浴室用電気乾燥機

恥ずかしながら、食洗器や電気乾燥機が点検対象であるとは知りませんでした。

注意したいのが「利用者が任意で受ける点検」だという点、つまり強制ではないというところ。電話で問い合わせた際も「義務ではない」と説明されました。

「あんしん点検」に立ち会ってみた

しかし、大家からすればマンション設備を安全に使ってもらうのは基本中の基本。義務だろうがなかろうが、点検は欠かさずおこないたいです。せっかくの機会なので、勉強がてら「あんしん点検」に立ち会わせていただくことにしました。

室内の点検口

赤い枠で囲ったところが点検口で、ふだんは見えないように隠してあります。
これを開けて、給湯器の製造年を見ると、

給湯器の製造年

「2009年4月」で、まさに「長期使用製品安全点検制度」が実施された当時に設置されたことが分かります。

給湯器のフタを開けた

給湯器のフタを開けると、

給湯器の内部

へえ、こんなふうになってるんですね。初めて見ました。

給湯器の点検

きちんとガスが燃焼しているか、ガス漏れがないか、排気口の一酸化炭素の濃度に異常はないかなどを東京ガスの方がテキパキと点検していきます。

検査の結果、異常なしということで一安心でした。30分もかからなかったと思います。最後に、リモコンを操作して「88」の表示を消して完了です。

聞いたところでは「88」のエラーメッセージは、この操作をおこなわないかぎり、表示され続けるそうです。ついついおろそかにしがちな点検ですが、このシステムなら忘れたままになってしまうこともないですね。

点検のハガキを失くした僕としては、二重のセーフティネットが張られていて助かったと感じました。今後は見落としのないように、マンション内の給湯器の製造年一覧表を作成することにしようと思います。

点検にかかった金額は「9,020円」

ちなみに、次に「88」が表示されるのは、また10年後。東京ガスのホームページによれば「設計上の標準使用期間を10年と算定」しているそうですから、さすがに次のエラーメッセージより前には新品と交換することになるかと思います。

なお、今回の点検にかかった料金は「9,020円」。

あんしん点検の領収証

ホームページによると内訳は「点検出張料」が2,640円、「点検技術料」が6,380円だそうです。休日対応の場合は休日料金(出張料+技術料で11,330円)となるようなのでご注意ください。

もし異常が見つかり、修理などが必要な場合は別途料金がかかるのは言うまでもありません。

上記の金額は2020年2月に東京ガスに依頼した場合の料金ですので、リンナイやノーリツ、パロマなどの各機器メーカーに依頼した場合は、それぞれ料金が異なることもあります。メーカーによってキャンペーンなどをおこなっているケースもあるようです。余裕があれば、比較検討してみるといいかもしれませんね。

大家としては、点検をしっかり受けていただき、安心してガスを使うことをおすすめいたします。

 

【参考】
※ 東京ガス「長期使用製品安全点検制度
※ 東京ガス「あんしん点検
※ 経済産業省「消費生活用製品安全法改正について

Source: 日刊住まい

給湯器トラブルは冬に頻発しやすい!10年を目安にチェックを

ある日突然、温水が出なくなるトラブルが発生したら、とくに冬は困りますよね。どう対処すれば良いのでしょうか。

日刊Sumaiライターの内野チエさんもガス給湯器のトラブルで突然温水が出なくなり、大慌てした経験があるそうです。そんな内野さんが、給湯器のトラブルが冬に頻発しやすい理由と対処法について、給湯器のプロに取材してきました。

まさかの給湯器トラブルで予想外の出費に!

コントロールパネル

KAORU / PIXTA(ピクスタ)

我が家は築10年を超える一軒家。
ガス式の給湯器を使っていましたが、これまで故障などはまったくなく「ある日突然お湯が出なくなる」なんてトラブルは1ミリも想像していませんでした。

ところが、季節が秋から冬へと変わり、気温がぐっと下がった11月、突然、給湯器が故障してお湯が出なくなってしまったのでした。
その日のうちにガス会社に連絡。業者が機械の故障をチェックしてくれた結果、トラブルの原因は点火装置の劣化ということが判明。
部品の取り寄せには数日かかり、完全復旧までには約1週間かかるとのことでした。

幸い、本体丸ごとの交換ではなく、部品交換で済んだため、かかった費用は約4万円。もしも故障が部分的なものでなくメインの基盤だったら、本体の丸ごと交換が必要になり、10万円~30万円くらいかかったそうです。
とりあえず修理費用だけで済んでほっとひと安心しました。

なぜ給湯器の故障は冬に多いの?

シンク

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

「蛇口をひねれば水が出て、スイッチを入れればお湯が出る」そんな当たり前の住宅設備も、使っていればいつかは故障が起こります。
とくに給湯器関連は、代用がきかないので故障が起こればたちまち困ります。

給湯器のプロであるキンライサーの担当者に尋ねたところ、トラブルは「冬に多い」とのこと。その理由がこちら。
1.冬は水温が低いため、水道水の温度を上げるために給湯器に大きな負荷がかかる。
2.お風呂、キッチンなど、お湯を使う量が増え、使用頻度が高くなる。
3.給湯器の寿命は10年前後。給湯器自体に負荷のかかる冬のシーズンは、故障する確率が高くなる。

上記3つのパターンは、まさにわが家のケースにぴったり重なります。

グラフ

給湯器トラブルによる問い合わせ件数(株式会社キンライサー調べ)

「この冬、給湯器が壊れて~」という話をご近所やママ友としたとき、約10年で修理や取り換えを行ったという家庭がけっこうあることが分かりました。

10年を目安に給湯器の調子をチェックして、早めの予防対策をしておくのがオススメです!

緊急時に役立つ!給湯器のトラブル別対処法

給湯器

U-taka / PIXTA(ピクスタ)

給湯器トラブルには、本体の故障が原因の場合もありますが、自分でできる対処方で解決できる場合もあります。4つのパターン別に、ガス給湯器のトラブル対処方法をキンライサーの担当者に聞きました。

1.水が出ない

水道管の凍結が原因の可能性があります。凍ってしまった部分にタオルや布などをかけて、その上からゆっくりとぬるま湯をかけます。このとき、熱湯はNGです。急な温度変化は水道管を痛めるおそれがあるからです。
水が流れていれば、凍結はしません。凍結予防として、少量の水を流し続け、浴槽に水をためて再利用する方法もあります。

水道の凍結対策

2.水は出るがお湯にならない

給⽔元栓、ガス元栓を全開にしてみてください。また、コンセントから電源プラグを⼀度抜き、10秒後差し込んでみてください。

 

元栓

ツマミが管と並行になっている状態が開栓状態

コンセント

3.温度が安定しない

浴槽の場合は、循環アダプターのフィルターが確実に取り付けられているかを確認してみてください。金属のキャップを外して、ゴミなどが詰まっていないかなども確認しましょう。

フィルターを確認

4.点火しない

ガスメーターが動いているか確認してみましょう。ガスが遮断されているときは、ロックを解除すると点火することがあります。

また、給湯器本体の故障が原因ではないときは、点火装置の異常などが考えられます。給湯器のリモコン(操作パネル)に数字3ケタのエラーコードが表示されていないかチェックしてください。
「111」などが点火不良のエラーコードになります。

給湯器の取扱説明書や、メーカーのヘルプページにエラーコードを打ち込むと、対処法を調べることができます。修理で業者に相談するときも、このエラーコードを伝えると、迅速に対応してもらえます。

エラーコード

冬の給湯器トラブルには、できるだけ遭いたくないものです。

我が家の場合、修理が終わるまでの1週間は毎日近くの銭湯に通っていました。最初は銭湯通いを楽しむ余裕があったものの、だんだんと時間的、経済的な痛手がボディーブローのように大きく効いてきました。
修理が終わってようやく家でお風呂に入れるようになったときは、その尊さと奇跡をしみじみと噛みしめたものです。

給湯器トラブルを避けるためには、普段から給湯器の様子を気にかけて「なんだか調子が変だな」と感じたら早めに近くの業者に相談するのがオススメです! 使用年数が10年を過ぎる頃には、必ず点検してもらうようにしましょう!

Source: 日刊住まい