「WANDS再始動」について昔のガチファンはどう思っているのか聞いてみた結果…

まさかのWANDS再始動──。この一報を聞いてビビッと来たのは、おそらく40代以上の方であろう。WANDSとは1990年代に一世を風靡した超人気ロックバンドのことで、解散せずにそのまま活動を続けていたら、おそらく今頃はB’z級の大御所になっていたハズだ。

そのWANDSが再始動するとは、当時を知る者として胸アツ以外の何物でもない……と言いたいところだが。少々複雑なWANDS再始動の経緯と合わせ、当時のガチファンにも話を聞いてみたのでご覧いただきたい。

・人気絶頂時に突然の解散

出す曲、出す曲が大ヒット。1990年代、ミリオンセラーを連発していた超人気ロックバンド、WANDS。WANDSを知らない若い人でも、アニメ版「スラムダンク」のエンディングテーマ「世界が終わるまでは……」くらいはご存じのことであろう。

当時はメディアにもほとんど出演せず、ある意味で謎に包まれていたWANDSだが、人気絶頂時、突然ボーカルの上杉昇(うえすぎ しょう)とギターの柴崎浩(しばさき ひろし)が脱退を表明し、WANDSは活動停止に追い込まれた。

その直後、ボーカルに和久二郎(わく じろう)を迎えてWANDSは再始動を試みるが「上杉昇 = WANDS」のイメージは強く、これといったヒット曲を出せずに新生WANDSは解体(解散)。そして今回再始動するWANDSは第5期にあたり、ボーカルは上原大史(うえはら たいし)が務める。

・当時のファンに話を聞いた

WANDSがメガヒット曲を連発していたのは、ちょうど私(P.K.サンジュン)が中学生の頃。当時、WANDSが好きすぎてバンダナまで巻いていた同級生の加藤くん(仮名)に連絡を取り、今回のWANDS再始動について話を聞いてみることにした。

──ねえ、WANDSが再始動するって聞いた?

「ネットニュースで見たよ。でもやっぱり上杉さんじゃないんだね。やっぱり俺的には上杉さんあってのWANDSだから、微妙というか別物というか……よくわからん」

──まあ、そうだよね。上杉さんの真似して赤いバンダナ巻いてたもんね。

「その話はやめろ。でもさ、ギターは柴崎さんなんだね。ちょっと意外だった。当時、上杉さんは柴崎さんのことを超信頼してたみたいだし、実際に2人でWANDSを抜けてal.ni.co(アルニコ)を結成してるしね」

──そうそう。俺がWANDSで1番好きなアルバム「PIECE OF MY SOUL」でも柴崎さんは結構作曲もしてるんだよね。

「サンジュンはあのアルバム聞きまくってたよね。俺も2人が抜けてからWANDSは聞かなくなっちゃったし、al.ni.coも追ってないんだよ。ほら、当時は情報もそんなになくてさ、2人がバンド始めたってのもだいぶ経ってから知ったもんね」

──確かに当時は情報が少なかったからなー。

「あとさ、いま思えば上杉さんと柴崎さんは完全に干されたワケじゃん? ビーイングはB’zだZARDだ大黒摩季だってヒットメーカーが超いたからね。そういう意味でも柴崎さんが復帰してるのは意外かな」

──確かに。当時は今よりも業界のしきたりが厳しそうだしね。で、第5期WANDSを率直にどう思う?

「さっきも言ったけど、上杉さんのいないWANDSはWANDSじゃないから別物かなー。ライブ行きたいとかは思わないかな。たださ、新ボーカルの上原くんの動画見たけど、かなり声は似てるよね。だいぶ寄せてる感じはする」

──俺も思った。声の方向性というか、声質はかなり近いと思う。野太さは上杉さんの方が上だけど。たぶん声だけ聴いたら上杉さんだって思う人もいると思うよ。

「そうそう。だから当時のWANDSを大切にしてくれてる感じはしたよね。まあ、だからいいんじゃない? あとさ、WANDSは名曲がいっぱいあるからさ、これを機にあまり知られていない曲が世の中に出るといいかな」

──「MILLION MILES AWAY」とかな。

「Secret Nightとかな。まあ、WANDSの過去の名曲も多少は注目されるだろうから、生暖かい気持ちで新生WANDSを見守るよ。でもやっぱりいつか上杉さんのいるWANDSが観たいね。俺が死ぬ前に1度でイイから」

──激しくわかる。

文中で触れたように、新ボーカル「上原大史」の声はかなり上杉昇に似ている。「上杉さんのいないWANDSなんて認めねえ!」という人も多いとは思うが、1度動画で上原大史の声を確認したら「ほう、やるな」と漏らすのではなかろうか。

とにもかくにも、40代以上のおっさん、おばさんたちにとっては胸が熱くなるWANDSの話題。この機会に昔のWANDSのアルバムを聴き直すも良し、新生WANDSを応援するも良しである。俺はとりあえず「MILLION MILES AWAY」を聴きます。

参照元:YouTubeWANDSオフィシャルサイト
Report:P.K.サンジュン


Source: ロケットニュース24

【ポケモンGO】レジギガスイベントで「3レジ」をガチらざるを得ない理由

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 色違いデスマスは捕れたかな? お兄さんは鬼ほどリサーチをこなしまくってるんだけど、まだ色違いは捕れてないよ。すでにデスマスのアメが1500個を超えてるからね! 色違いの神様は本当にドSだよ!!

それはさておき、2019年11月2日(土曜日)から4日(月曜日)までの3日間、ポケモンGO初の課金イベント『巨大ポケモンの謎を解け!』が開催される。目玉は当然、初登場となる『レジギガス』……と言いたいところだが、場合によってはかなりハードな3日間となりそうだ。

・参加券が必要

まずはスペシャルリサーチストーリーイベント『巨大ポケモンの謎を解け!』の概要を説明しておこう。冒頭でもお伝えした通り、ポケモンGO初の課金イベントとなる本イベントには参加券が必要だ。参加券はアイテムショップにて発売中(980円)で、ポケコインでの購入は不可能となっている。

チケットを購入したら、あとは11月2日(土曜日)の11時~19時までにログインすればOK。限定リサーチを進めると、参加者には以下のような特典がある。

・「ギガインパクト」を覚えたレジギガスといち早く出会える
・『巨大ポケモンの謎を解け!』のメダルを受け取れる
・レイドパス最大10枚(一度に2枚以上の所持は不可)
・「イッシュのいし」「シンオウのいし」「限定ポーズ」の報酬

レジギガスに関しては11月から始まる「EXレイドバトル」に登場するとのことなので、特に焦る必要はないのかもしれない。また最大10枚までレイドパスが手に入ることを考えれば、980円という価格設定はなかなか良心的ではなかろうか。「イッシュのいし」を含め、元は取れる……と思う。

・メインは3レジの色違い

また期間中『巨大ポケモンの謎を解け!』に参加してもしなくても、11月2日の早朝5時から11月5日の早朝5時(日本時間)まで、以下のイベント及びボーナスが発生する。

・伝説レイドバトルに「レジロック」「レジアイス」「レジスチル」が登場
・イシツブテ、コイル、ウリムー、ココドラ、タマザラシがいつのより多く出現
・プテラ、ツボツボ、ニューラ、エアームド、ユキワラシ、ダンバルがいつもより多くタマゴからかえる
運が良ければ色違いのエアームド、レジロック、レジアイス、レジスチルに会える
・タマゴをかえすのに必要な距離が1 / 2

注目はもちろん「レジロック」「レジアイス」「レジスチル」の通称 “3レジ” の色違いだ。先述のようにレジギガスに関しては焦る必要はないが、こと3レジの色違いに関しては初日からフルスロットルで伝説レイドをこなして行く必要があるだろう。

・ハードモード確定か

例えば、この夏に開催された「ライコウ・デイ」などのレイドデイは、3時間ほとんどのジムに対象のポケモンが出現した。つまり、数をこなす環境は整っており対象のポケモンも1種類なことから、色違いゲットは比較的容易だったハズだ。

だがしかし、今回仮に伝説レイドが “いつも通りの出現率” だとしたら、かなりの苦行になることは間違いない。3種類がそれぞれ10回捕れたとしても、合計30回の伝説レイド……。これはジムが多い、新宿や秋葉原でも1日でこなせるギリギリの範囲ではなかろうか。

さらに言うならば、3レジの色違いに関しては「交換で手に入る可能性が低い」と思った方がイイ。個体値的な魅力があまりない3レジは「色違いが捕れたら終了」とするトレーナーが多いハズ。おそらくお兄さんも、色違いレジアイスが捕れた時点でレジアイスのジムには見向きもしない……と思う。

全ては伝説レイドの発生頻度に依存するが、3レジの色違いに関しては「自力案件」だとあらかじめ覚悟しておこう。ズバリ1日での攻略は困難だと推測されるので、3日間かけての長期的なプランニングをオススメしたい。つっても3日間フルで参加するのもなかなか厳しいと思うけどね!

とにもかくにも、上記の理由で「3レジの色違いはガチらざるを得ない案件」だ。対策ポケモンについても近日中にお知らせするから、バッチリ準備しておくべし。それではトレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24