ニトリのキッチングッズ3選。ミニサイズが意外なほど使いやすい

毎日の食事づくりに欠かせないキッチングッズ。使い勝手や機能性も大事ですが、意外にもどのぐらいのサイズのものを使うか?も、作業のしやすさのポイントになります。よく使うフライパンやまな板こそ、サイズ選びが重要。

今回は、ライフオーガナイザーで整理収納のプロ・田川瑞枝さんがニトリで見つけた、“ミニサイズ”のキッチングッズを紹介してもらいます。

お弁当作りに欠かせない!「グリルプレート」

毎日の食事作りに使っているフライパン。家族の人数分作るには、大きめサイズの方がいろんなメニューに対応できて便利です。ただ、お弁当に入れる一切れの鮭やソーセージを焼くのには大きすぎます。

ニトリのグリルプレート

そこで、一人分に便利な調理グッズを見つけました。「魚焼きグリル対応 グリルプレート ハンドル付き 小」(15×12㎝)です。814円(税込み)。

取っ手をつけたところ

取っ手を取り外したところ

魚焼きグリルにも使える

ハンドルが外せるタイプなので、グリルの入り口幅21㎝以上、奥行28㎝以上、網の上からグリル入り口の高さ5㎝以上の魚焼きグリルなら、前後に2個入ります。

IHコンロでも使用可能

ガス火でもIHでも使用できます。オーブンや食洗機も使えますが、電子レンジでの使用はできません。

フライパンや卵焼き器と大きさを比べる

 

どのくらい小さいか比べるために、わが家の一番小さいサイズのフライパンと卵焼き器に重ねてみました。フライパンだと少量の調理には大きすぎるのが一目瞭然!ハンドルを外せば、収納場所を取らずにしまえます。

カットも盛り付けも1枚でOK!「サービングプレート」

 

サービングプレート

大きなまな板を出すほどでもないけれど、少量の食材を切りたいときってありますよね。そんなときにおすすめなのが「サービングプレート アカシア」。サイズは幅20×奥行10×高さ0.8cm。199円(税込み)。

プレートの上でチーズをカット

まるでままごとセットのサイズ感ですが、チーズをカットするときなどとっても便利。

そのままお皿がわりにも

サービングプレートなのでそのままお皿代わりにも使えます。たとえば平日の昼に一人でランチなら、これで十分。洗い物も少なくてすみます。

ミニサイズなので洗うのも楽

グリルパンとサービングプレート

グリルパンもサービングプレートも、小さいので洗うのがとても楽。作業スペースの邪魔にならないのも嬉しいですね。

配膳もあとかたづけも楽!「木製トレー」

木製トレー

家族との食事のときに便利なのが「すべりにくい木製トレー・ヤナギM」。1180円(税込み)。わが家では、食事のときにはランチョンマットを敷いていましたが、いちいち準備して配膳してという作業が手間でした。

木製トレーでテーブルセッティング

このトレーをマット代わりに使ったところ、配膳と後片づけがとても楽に!一人分をあらかじめセットしておけば、家族にテーブルまで運んでもらえます。こんなふうに1人分ずつトレーにまとめると、カフェ風でオシャレな雰囲気の食卓になります。サイズは幅36×奥行28×高さ1cmとランチョンマット並の大きさなので、食器も十分収まります。

傾けてもお皿がすべらない

木製トレーのパッケージ

表面がウレタン塗装で加工されているので食器が滑りにくく、少し傾けたくらいではビクともしません。
持ちやすいサイズなので子どもにもお手伝いをおまかせできそうです。

後片付けも自分の分は自分でシンクまで運んでもらえばいいので、家事の負担がグッと減ります。

トレーを棚に収納

4枚重ねても薄いので、収納するのも場所を取りません。

家事の手間を楽にするのは「道具のサイズ感」。あまり気にしない方も多いかもしれませんが、ほどよい大きさで扱いやすいものは、作業が効率よくはかどります。ぜひ試してみてください。

Source: 日刊住まい

スポンジ、保存容器…セリアでリピ買いするキッチンアイテム7つ

可愛い雑貨や収納グッズなど、人気商品の多い100円ショップのセリア。

SNSで家づくりやお掃除術などの情報を発信しているbeachmamaさんも、セリアで何度もリピートしている商品が多いそう。今回はその中から、お気に入りのキッチンアイテムを厳選して紹介してもらいます。

スポンジ・掃除グッズ

水キレの良いキッチンスポンジ

水キレの良いキッチンスポンジ

食器洗い用のスポンジは今までいろいろな商品を試してきましたが、100円ショップで購入できるものの中ではこの「水キレの良いキッチンスポンジ」が1番使いやすいです。
弾力があり、しっかり乾燥させやすいだけでなく、耐久性の高さもとても優秀。手の中にぴったりフィットするサイズ感も使いやすさのポイントです。
シンプル好きには嬉しい真っ白デザインで、清潔感もあります。

ミニキッチンスポンジ

ミニキッチンスポンジ

食器を洗うには少し小さめのつくりのスポンジです。メラミンスポンジ以外の、ミニサイズのスポンジはなかなか見かけないので、デリケートな素材のお掃除の時にもあると便利です。
わが家ではこのスポンジを半分にカットして、使い捨てスポンジとして使用。キッチンシンクやグリルなどのお掃除に使って、汚れたらそのままゴミ箱に捨てています。
キッチン以外に洗面台やトイレ掃除などにも使えるので、用意しておくといろいろな場面で使えますよ。

ステンレススポンジトング

トング

水筒などを洗う時に、スポンジを取り付けて洗うことができるトングです。
水筒用のスポンジは清潔に保管しておくことが難しく、収納場所にも困るアイテムでしたが、この商品はステンレスで耐久性も高いので長く使えます。シンプルなデザインなので、使わない時は場所を取らずに収納できるのも嬉しい点です。

キッチンダスター

ダスター

布巾などは煮沸消毒などが面倒なので、わが家は台拭きとしてこちらのダスターを愛用しています。何度か繰り返し洗って使うこともできますが、コスパが良いので使い捨てもしやすい商品です。
台拭き以外にもお掃除や床掃除などにも使っています。モノトーンのシンプルなデザインでお気に入りです。

調理中の便利グッズ

クッキングスタンド

クッキングスタンド

蓋やおたまなどを置くスタンドとして使えるクッキングスタンド。キッチンのワークトップを使用中の調理器具などで汚すことがありません。

クッキングスタンド

調理器具を立てかけるための溝は3段階に分かれてるので、いろいろな蓋のサイズを置くことができます。土鍋の蓋も置くことができますよ。
蓋と一緒におたまや菜箸なども置けるため、調理中のストレスがグッと減りました。

プルアウトボックス

プルアウトボックス

蓋などの開け閉めが必要ない収納用のプルアウトボックス。キッチンで頻繁に使用するビニール袋やゴム手袋などを入れています。調理の途中で手が汚れている時でも、片手でサッと取り出せるので使いやすいです。
収納スペースに揃えて並べることで統一感も出て、すっきりとした印象になります。

保存容器

とにかく洗いやすい保存容器

保存容器

今まで使用していた保存容器は蓋の溝に汚れがたまってしまい、水切れも悪く使いにくかったのですが、この保存容器はそんな悩みもしっかり解決してくれます。
蓋の溝がなくフラットなので、水や洗い残しがたまることがなく、乾燥もしやすいです。
以前はどの店舗でも売り切れでしたが、最近はブームが落ち着いたのか定番商品として店頭に並んでいます。

セリアの商品はモノトーンやグレーなどの落ち着いたカラー展開の物が多いので、ゴチャゴチャしやすいキッチンでもすっきりと使うことができます。
キッチンは毎日立つ場所なので、なるべくお気に入りのアイテムを使って心地よく作業したいですよね。便利なアイテムがあれば家事効率もアップするかもしれませんので、セリアに立ち寄った時はチェックしてみてくださいね。

Source: 日刊住まい

水切りカゴをやめたらストレスが減った!ニトリ「水切り吸水マット」で代用

毎日の食器洗い、ストレスなくできていますか。

筆者は、毎日の食器洗いにプチストレスを抱えていました。

その原因は水切りカゴです。今回は、そんな水切りカゴのプチストレスを解決したお話をご紹介します。

水切りカゴの何がストレス?

そもそも水切りカゴのどんなところにストレスを感じているのか、自分なりに分析してみました。

1.サイズ感が物足りない

我が家で使っている水切りカゴは、シンクの中にセットできるタイプのものです。

そのため、サイズは小さめで食事の後に洗った食器は置ききれず、すぐにキャパオーバーしてしまいます。

2.カゴの隙間からお箸やスプーンが落ちる

水切りカゴに入れたお箸やスプーンが、カゴの隙間からシンクへ落ちてしまうことが度々ありました。

落ちたらもう一度洗い直すので、二度手間になっていまいます。

3.カゴの下の汚れを見落としやすい

1日の終わりにシンク全体をサッとスポンジで拭き掃除をしていますが、水切りカゴ下のスペースは死角になるので汚れを見落とすことがあります。

水切りカゴをどかしたときに、食べカスなどを発見するとちょっと残念な気持ちになります。

4.シンクが狭くなる

水切りカゴを置いている分、シンクのスペースはどうしても狭くなります。

大きな鍋やフライパンなどを洗うときは水切りカゴが邪魔になったり、作業のしづらさを感じることもよくありました。

ニトリ「水切り吸水マット2点セット」を水切りカゴ代わりに

いっそのこと水切りカゴをなくしてしまいたい!と思っていたときに発見したのが、ニトリの「水切り吸水マット2点セット」です。

購入の決め手は、使わないときはコンパクトに収納できること、手軽さ、お値段です。

筆者が購入したのは、マットが380×500mmのSサイズで、税込799円です。

吸水マットとプレートホルダーがセットになったものですが、それぞれが合体していないので、マットを水洗いするのもホルダーを洗って乾かすのも苦ではありません。

食器を洗う時にはこれをシンク横に敷いて、水切りカゴの代用品として使っています。

 

ニトリ「水切り吸水マット2点セット」の優れた点とは?

前項でも触れた通り、筆者が購入したのはSサイズですが、以前使っていた水切りカゴより多くの食器を置くことができます。

大きめのお皿も平たいものであればプレートに立たせることができます。

もちろん、お箸やスプーンがシンクに落ちるストレスもありません!

食器に付いた水分の吸水性がよく、乾きやすいのも嬉しいポイントです。

狭くてプチストレスだったシンクも広々使えるようになり、作業もしやすくなりました。

使用後はこのように換気扇の下に干して乾かしています。収納の際もコンパクトになるので、場所を取りません。

 

ニトリ「水切り吸水マット2点セット」を使用する上での注意点

この水切り吸水マットを使ってみて、キッチンがよりスッキリとストレスなく使えるようになりました。

その反面ちょっと注意が必要な点もあります。

それは、洗った食器を長時間置きっぱなしにしてしまいやすくなることです。

濡れた食器を長時間置きっぱなしにすると、マットがジメジメした状態になり、菌が発生してカビや嫌な臭いの原因になりそうです。

1日の終わりにはキッチンをリセットする習慣づけのためにも、その日のうちに食器を拭き、片付け、マットとホルダーは早めにしっかり乾かすようにしましょう。

*記事に掲載している商品は2019年8月時点のものです。

Source: 日刊住まい