「吊るす収納×最短動線」こそ最強のキッチン時短テク!

朝ごはんに晩ごはん、毎日料理にかけるのはかなりの長時間。だからこそ、手早く料理を終わらせたいと思う方は多いのではないでしょうか?

「料理の時短は、収納を工夫することでも可能です」と話すのは、整理収納アドバイザーの藤野ことさん。キッチンの“吊るす収納”で時短を実現させるコツを教えてもらいました。

コンロそばにはよく使うキッチンツールを吊るす

コンロ脇の吊り下げフック

レンジフードの横には、調理中に一番よく使うキッチンツール(私は“1軍選手”と呼んでいます)を吊るしています。使っているのはネットで注文した吊り下げフック。

吊るしているのは、コンロで使うモノだけです。こうしておけば、ほかの場所まで取りにいく必要がありません。時間にして、ほんの数秒。けれども調理中に何度も同じことをしているうちに、数分の時短になります。

そこそこ使う“2軍選手”は、コンロ横の引き出しに収納しています。毎日使うわけではないので、「引き出しを開ける」というアクションがあってもOK。よく使うモノほど使う場所に近い収納=“最短動線”にするのがポイントです。

レンジ横にはレンジ用のフタを吊るす

レンジ用フタを吊り下げ

電子レンジで加熱調理するときは、ラップではなく繰り返し使えるシリコンのフタを使っています。左横のレンジにボウルやお皿をセットしたら、フタを上に乗せるだけ。いちいちラップをかける手間もフタを探す手間も省けて便利。ラップの節約にもなります。

吊るすのに使っているのは、100均の吸盤フックと無印良品の「ひっかけるワイヤークリップ」です。このように穴がないモノでも、フックとクリップを組み合わせれば吊るすことができます。

シンクまわりにはシンクで使うモノを吊るす

シンクまわりで使う小物を吊り下げ

吊るしているのは、計量カップ、ピーラー、スライサー、水筒用の乾燥スティック、まな板。どれもシンクまわりで使っているモノです。

実は以前使っていたのはヒノキのまな板。切りやすくてお気に入りでしたが、置き場所に困っていました。買い換えるタイミングで、吊るせるまな板に。おかげで邪魔にならず快適です。

まな板をきっかけに、キッチンツールを選ぶ基準として、吊るせるかどうかも重視するようになりました。

“吊るす収納”は落下にも要注意!

とても便利な吊るす収納ですが、注意点もあります。

吸盤フックやマグネットフックで吊るす場合、落下の危険があるので注意が必要です。実際に何度か落下してしまったことがあります。なので、ワレモノや刃物類は吊るしていません。

耐荷重に気をつけながら、コンロ横で使っているような吊り下げフックを利用することをおすすめします。

“吊るす収納”でキッチン仕事がスムーズに

キッチンの調理台に何も置いていないと掃除がしやすいと聞き、実践してみたことがあります。けれども、調理道具や調味料の出し入れが面倒で長続きしませんでした。

そこで考えたのが「吊るす収納」。吊るすことで出し入れの手間がなくなりました。調理台に余計なモノが置かれていないので、掃除も大変ではありません。

吊るす収納の効果は料理の時短だけにとどまらず、キッチン仕事全般がスムーズにこなせるようになります。その便利さを、ぜひ実感してみてください。

 

Source: 日刊住まい

キッチン仕事が楽しくなる!オシャレな調味料入れ4選

キッチンに立つ時間は、1日の家事の割合からすると多いものです。特に料理は毎日のことなので、ときには面倒に感じがち。

「そのモチベーションを上げるためにも、キッチングッズはお気に入りをそろえるのがおすすめです」。インテリアブログを主宰するワトコさんに、便利かつオシャレで気分も上がる!調味料入れを厳選してもらいました。

ダイソーの調味料ケースはシンプルだけど使いやすい

調味料ケース

オシャレな収納をつくるためには、同じアイテムを数個そろえるのもひとつの手。ダイソーやセリアなどの100円ショップなら、手軽に複数買いできるのでおすすめです。

まず紹介したいお気に入りは、ダイソーのSKシリーズ(SKダブルシーズニングケース)。スタイリッシュなフォルムは他ではなかなか見かけません。パチッと音をたててフタが閉まることや、2種類のスパイスを1本で管理できるところも気に入っています。

キッチンポットと組み合わせるのも〇

調味料ケース

この調味料入れと同じシリーズで、「キッチンポット」という商品があります。サイズはスリム・ワイドの2種類。

たとえば、大容量タイプの調味料を買うと、詰め替えるときに入りきらないことも。ワイドサイズのキッチンポットなら容量が大きいので、たっぷり詰め替えられます。

調味料ケース

シリーズ物でそろえるとスッキリ見せやすいので、ぜひ活用してみましょう。

並べてもかわいいニトリのガラスキャニスター

ニトリ木蓋

木のフタがナチュラルでかわいいニトリの「木蓋ガラスキャニスター」。外から何が入っているか分かるので、乾物などを収納するのにも役立ちます。わが家ではふりかけや韓国のダシ、片栗粉を保存するのに使っています。

ゴムパッキンもついていてしっかり閉まるため、コーヒーや砂糖を入れて見せる収納にしてもよさそうです。ニトリの商品は価格もリーズナブルなものが多いので、100均と同じく数をそろえやすいのもうれしいところ。

機能性もデザインも優秀!iwakiの調味料入れ

イワキ醤油差し

液体調味料の収納にはiwakiの「密閉醤油差し」がおすすめです。100均のボトルなどと比べると少し価格が高くはなりますが、そのぶんしっかりと保存できます。耐熱で密閉なので、利用の幅も広がります。私は「料理酢・酢・みりん」をこのガラスボトルに入れて冷蔵庫に保管。いいものを使うと不思議と気持ちも引き締まります。

手前に写っているのは密閉型ではありませんが、「フタ付醤油差し」です。こちらは毎日の食卓に出す濃い口しょうゆなどを入れて使っています。

フランフランのオイルボトルは見せ収納でもかわいい

フランフランオイルボトル

フランフランで購入したオイル&ビネガーボトルには「サラダ油・オリーブオイル・ごま油」を入れてコンロ横に置いています。

このボトルは大きさが2種類あります。基本的には大きなボトルを使っていますが、ごま油は小さなサイズのものを購入するため、ボトルも小さいものにしています。コンロ下の引き出しに片づけてもいいのですが、使う頻度が高いため、手の届くところを定位置としました。

モノの定位置を決めるとき、「片づけてスッキリ」と「ストレスなく使う」で迷ったら、後者を選ぶようにしています。ストレスなく使うことを前提に片づいて見える工夫をした方が、気持ちにもゆとりが生まれると思います。

料理をするたびに手にする調味料は、毎日のように目にするもの。自分好みのオシャレなものをそろえて、キッチンで過ごす時間を楽しいものにしてみませんか。

Source: 日刊住まい

米研ぎ以外にも大活躍!「3WAY水切りボール」が手放せない理由

米を研ぐ時は、どんな道具を使っていますか?

住宅ライターの永井理恵子さんが米研ぎ用に使っているのは藤井器物製作所の「3WAY水切りボール」。
使い始めて1年と少しですが、今では米研ぎに限らず1日に何度も出番があり、調理時になくてはならない存在になっているそう。

永井さんに「3WAY水切りボール」が手放せない理由を教えてもらいましょう。

ザルとボウルを兼ねたスグレモノ!

3WAY水切りボール

側面には穴。底面には傾斜。普通のボウルとは一線を画す風貌のこの「3WAY水切りボール」を見つけたのは、米を研ぐためのザルを探していたときのこと。
調べてみると、金属加工の街として世界的に知られる新潟県燕市にある藤井器物製作所の製品でした。

当初は竹製の米研ぎザルを探していたのですが「物は試し」と購入。2018年7月のことです。

3WAY水切りボール

外側はツヤツヤですが、内側はつや消し加工されています。ボウルの底に傾斜がついているのは、ボウルを斜めに傾けて置くため。

3WAY水切りボール

穴が空いているほうに傾ければ、穴から水が流れ出て、

3WAY水切りボール

穴が空いていないほうに傾ければ、水を貯めることができます。

3WAY水切りボール

5合くらいまで研げますが、今回、ボウルの中に入れたのは2合です。水をジャバーっと入れて穴が空いているほうに傾ければ、

3WAY水切りボール

水が抜けた状態になり、気持ちよく米を研げます。研ぎ終えたら反対に傾けて、

3WAY水切りボール

水を注げば、浸水できます。

我が家では、毎日土鍋で米を炊いています。土鍋は浸水さえしておけば、着火後30分以内に炊飯が完了するスピーディさと炊き上がったご飯の美味しさが魅力です。
愛用しているのは、火力調整をしなくていい長谷園の「かまどさん」という土鍋。長時間の浸水は土鍋によくないようなので、我が家ではこのボウルで浸水しているのです。

青菜を茹でるときや流水解凍にも便利!

ホウレンソウ

Rhetorica / PIXTA(ピクスタ)

もちろん、米を研ぐ用途以外にも使えます!

重宝してるのは、青菜と冷水に取る必要がある乾麺を茹でるとき。
あらかじめシンクの中にボウルを置いて、茹で上がったら鍋の中身をザバーッとボウルに移し、即座に穴が空いている方に傾ければお湯が抜けます。
水を勢いよく流し入れつつ、反対側に傾ければ冷たい水が溜まり、茹で上がった青菜や麺を冷水に取る作業が終わります。

青菜なら、もう一度、穴が空いているほうに傾ければ水切り完了。
茹で上がった麺なら、溜まっている水で洗って表面のヌメリを落とせます。また、終始、麺がボウルの外にツルッと流れ落ちる心配がないのもいいのです。

食材が、シンクの水気に直接触れないのもポイントです。

冷凍肉

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

また、冷凍の肉や魚の解凍は、パッケージごとボウルにinして水を注げばOK。

玉ねぎを水にさらすときや、レンコンやゴボウなどのアク抜きは、水が貯まるように傾けて行い、終えたら反対側から水を抜けばいいだけ。一定量を超えた水は穴からチョロチョロと自然に流れていきます。

難点を強いて挙げるなら、3つだけ

パスタ

kari / PIXTA(ピクスタ)

まず、水を切って土鍋に米を移すとき、内側に米が残り取りづらいことがプチストレス。
ある程度手でかき集めて移した後、もう一度ボールに水を入れて揺すって穴から水を流し、米粒をひとまとめにしてから手で移していますが、この作業がちょっと面倒。

パスタの湯切りにも便利ですが、底面の傾斜を使って傾けるだけでは茹で汁がボールの中に残ってしまうため、そのままソースと絡めると味が薄まってしまいます(経験済み…涙)。
水切りするときはボールを持ち上げ、麺が溢れない程度に大きく傾け、しっかり最後まで切るようにしてくださいね!

そして、直径23.5cm、深さ12.5cmと少々大ぶりであることも難点(といっても家庭用のボールとしてはごく標準的なサイズではあると思います)。

でも、大ぶりだからこそ米を研ぐとき、中で手をしっかり動かせるので作業しやすいです。また、ザルとしてもボウルとしても機能するため洗い物が1つ減ります。

私が感じている3つの難点をカバーして余りあるほど使い勝手がいい「3WAY水切りボール」。
頑丈で、今のところ凹みもなし。この先、長い間連れ添える予感がしています。

Source: 日刊住まい