冷蔵庫収納でやめたこと。掃除や取り出しの手間をカット

ドアポケットや引き出し、卵ケース…。冷蔵庫の中の細かい仕切り、活用しきれていますか? 「ここはこれをしまう場所」と、当たり前に使っている機能や収納も、じつは自分のライフスタイルに合っていなくてストレスを感じていることも少なくありません。

そんなときは一度、“当たり前”を見直してみると、もっと使いやすい冷蔵庫収納が手に入ります。ライフオーガナイザーとして活躍する片づけのプロ・安尾香奈さんが実践した、“冷蔵庫収納でやめたこと”を紹介します。

自動製氷機能をやめたら掃除の手間がなくなった!

冷蔵庫

わが家の冷蔵庫は、自動製氷機能がついています。給水タンクに水を入れると自動で氷がつくれる便利機能です。でも、タンク本体や細かい部品、定期的なフィルターの交換など、手入れに気をつかっていました。

冷蔵庫

とくに冬場は、夏に比べて氷を使う機会が減るので、しっかりメンテナンスをしないと水カビの発生が心配…。実際、いろんなお手入れを試しましたが、掃除が行き届いているのかどうかも自信がなく、キレイになっているのか不安になりながら使用していました。苦手意識が生まれると、メンテナンスもどんどんおっくうに…。

そこで、自動製氷機能をオフにして、昔ながらの製氷皿で使うぶんだけ氷をつくることに。タンクや細かい部品の掃除の手間がなくなり、簡単でしっかり洗えているという安心が見えるようになりました。

冷蔵庫

100円ショップでもいろんなサイズがあり、小さなものから大きなものまで好みで使い分けることもできます。買い替えも気軽にできる値段というのもうれしいポイントです。

卵ケースを外したらワンアクションで取り出しやすく

次にやめたのは、卵を置くトレー。わが家の冷蔵庫は、引き出し式の卵収納なので、その引き出しもなくすことに。その理由は、卵を買ってきて収納するとき、パックから割れないようにひとつひとつ移していくことや、卵を使うたびに引き出しを開けて取り出すことを面倒に感じたからです。

冷蔵庫

卵パックを半分にカットして、二重に重ねます。

冷蔵庫

あとはスペースにそのまま収納するだけ。詰め替える必要もなくなり、しまうのもスムーズ。使うときもワンアクションで取り出しやすくなりました。

冷蔵庫

外した引き出しは、納豆や豆腐など毎日食べる食品を収納するのに有効活用!

冷蔵庫

冷蔵庫の中で迷子になりがちな食品をケースにまとめて、冷蔵庫の上段に収納しています。

冷凍庫や野菜室はブックエンドで使いやすく仕切る

冷蔵庫

ブックエンドは本棚で使うものですが、冷蔵庫内でも大活躍!冷凍庫では、使用頻度の低い氷枕を奥に立てて、手前によく使う食品を収納。冷蔵庫の奥行きをムダなく活用しつつ、取り出しやすくなりました。

冷蔵庫

自立しにくい粉モノを立てて収納するのにも便利。ブックエンドを使って食品を立てて収納すると、開けたときに在庫がひと目で見渡せるので、食品ロスやムダ買いも減ります。

冷蔵庫内の収納は、そのとおりに使わなくてもOK! しまうものや使い方に合わせてマイナーチェンジすると、暮らしのプチストレスがなくなります。“当たり前”と思いがちな収納ルールを見直して、使いやすさを手に入れてください。

Source: 日刊住まい

なんて万能!アルコールスプレーで家じゅう掃除

手指の消毒をはじめ、ダイニングやキッチンの除菌などに使われるアルコールスプレー。最近では常備しているご家庭も多いと思います。

そんなアルコールスプレー、実は家の中のさまざまな場所の掃除にも使えるってご存知でしたか? 整理収納アドバイザーの大木聖美さんに教えてもらいました。

油脂汚れに強いからキッチン周りで使える!

アルコールスプレー

アルコールスプレーは、薬局などで販売されている消毒用エタノールに精製水を1:2の割合で合わせて、スプレーボトルに入れれば作ることができます。

ただ、今はいろいろなメーカーからアルコールスプレーが販売されています。ボトルデザインがシンプルでオシャレなものもたくさんありますし、何より手っ取り早いので市販品でもOKです。

※アルコール含有率が高い商品なので、火元のそばには決して置かないよう収納場所には気をつけましょう。また、ボトルに入れ替える際は、エタノールに対応したものを選ぶように注意を。対応していない場合、ボトルが溶けることがあります

キッチン

エタノールには油を溶かし出す性質があるため、アルコールスプレーはキッチン周りの油汚れに効果があります。

調理後のコンロ周りの汚れに、シュッと吹き掛けて拭き取るだけでお手入れ完了。天板や背面ボードの上、扉などさまざまな場所のお手入れに気軽に使えます。

炊飯器や電子レンジなど調理家電にも使えば、外側がピカピカになりますよ。冷蔵庫なら外側だけでなく内側の清掃にも使えます。除菌効果も加わるので庫内の清掃にはもってこいです。

家電のお手入れの際はアルコールスプレーを直接吹きかけず、一度布などに吹きかけてから拭いた方が安心です。
拭き跡が残らず、二度拭きも必要ないため調理後のお手入れが短時間で済むのも嬉しいですね。

※スプレーを使用する際には、火気に十分気をつけてください。換気もしっかり行うようにしましょう

皮脂汚れにも強いから家族がよく触る場所に効く!

リモコンとアルコールスプレー

皮脂汚れも、アルコールなら簡単に落とすことができます。

家族みんなが触るリモコン類のお手入れにもぴったり! アルコールスプレーを吹きかけた布で優しく拭き取ってみてください。細かな溝は、アルコールスプレーを吹きかけた綿棒を使うと細部の汚れまで拭き取ることができます。

ただし、製品によっては印刷が取れてしまうことがあるので気をつけてください。まずは目立たないところで、試してみましょう。

スイッチプレート

家族みんなが触るスイッチプレートやドアノブについた皮脂汚れにも、アルコールスプレーが使えます。アルコールスプレーを吹きかけた布で拭けば、黒ずみ汚れもサッと落とせますよ。

インターフォンのモニターもいつも押す場所が決まっていませんか? そんなモニター掃除にも使えます。

窓や鏡にも二度拭きなしでサッと使える!

窓掃除

揮発性が高く、拭き跡が残りにくいのがアルコールスプレーの良いところ! わざわざ窓専用の洗剤を買わなくても、これ一本で家中の窓掃除ができます。

泥汚れがひどい場合は、一度硬く絞った雑巾で泥汚れを落としてからアルコールスプレーで掃除をしてください。仕上げ磨きのイメージで使ってみましょう。

我が家では窓の桟の掃除にもアルコールスプレーを使っています。泥汚れをスッキリ拭き取ることができるので気に入っています。

洗面所

鏡の掃除にもアルコールスプレーは適しています。洗面所では意外と飛び散る水分や歯磨き粉、そして鏡面収納の開け閉めでできる皮脂汚れなどに対応できます。
拭き跡が残りくにいから、鏡があっという間にキレイになるのを実感できますよ!

また、蛇口を拭けばピカピカになるのでこちらに使うのもおすすめです。

照明器具の掃除

ガラス全般に使えるので、我が家ではリビングにあるガラステーブルやダイニングライトのガラスの傘の掃除にもアルコールスプレーを使っています。
照明の電球にも使っていて、うっすらついていたホコリが取れて一段階明るくなったように感じますよ。

使う洗剤や収納エリアのシンプル化が図れる!

キッチン

アルコールスプレーを使った掃除を取り入れてから、キッチンに常備していた油汚れ用掃除スプレーや窓ガラス専用洗剤を使わなくなりました。
掃除の工程がとてもシンプルになり、掃除に取り掛かるまでのハードルがグッと下がった気がします。掃除用洗剤を何本も管理する必要もなく、収納エリアのシンプル化にも一役買ってくれています!

マルチに使えるアルコールスプレーですが、使えない素材もあるので注意が必要。油を溶かすのでニスやワックスが塗ってある箇所には使えません。また革製品など変色するものにも使えないので気をつけましょう。

キッチンの引き出しの中やクローゼットケースの中などの拭き取り掃除にも使えるアルコールスプレー。揮発性が高く拭き跡が残りにくいこの手軽さを試してみませんか?

Source: 日刊住まい

大掃除の負担をラクに。事前の知識と計画で備えを

年末年始を快適に過ごしたいなら、早いうちに大掃除の計画を立てましょう。

大掃除に役立つ情報はもちろんのこと、日ごろから心がけておくことで年末の大きな負担をラクにしてくれる掃除にまつわる知恵や習慣もご紹介。参考にして、スマートに大掃除を乗り切ってみませんか。

大掃除を効率的に!時短のために知るべきことは?

大掃除の負担を軽くする。そのためには「計画的に行う」「テクニックを知る」ことが大切。
しっかり備えるための基本を解説していきます。

シンク

今年の大掃除は寒くなる前に!プロ直伝の場所別テクニック

レンジフード・換気扇には、漂白剤溶液を使ったつけ置き掃除がオススメ。以下の手順で掃除をしてみてください。

不用な皿

年末の大掃除がラクになる!今から整理したほうがいい小物7つ

大掃除には備えが大切。事前に小物を整理しておきましょう。

《あわせて読みたい大掃除の記事》
>水垢、金属汚れ、プラスチックの黄ばみを落としてプレ大掃除しよう
>大掃除が急ピッチで進むグッズ+手抜きに見えないピンポイント掃除
>大掃除はピンポイントな場所から。効果絶大!「巾木」掃除のススメ
>「大掃除」は年末にしちゃダメ!今から始める理由とその方法とは?

 

掃除がはかどるグッズを相棒に!試してほしい優等生をオススメ

「使える掃除グッズ」を相棒にすることで、家事がはかどります。
汚れが気持ちいほど落ちるとテンションも上がる!積極的に取り入れてみませんか?

スキージー

無印良品「掃除用品システム・スキージー」が手放せない5つの理由

レンジフード・換気扇には、漂白剤溶液を使ったつけ置き掃除がオススメ。以下の手順で掃除をしてみてください。

すき間掃除グッズ

テレビ裏、洗濯機や冷蔵庫の下がキレイに!「すき間掃除」オススメグッズ3つ

厄介なほこりやゴミがスッキリ取れてモヤモヤも解消!

《あわせて読みたい掃除グッズの記事》
>ほうき掃除は面倒くさがり屋さんにこそオススメ!な理由
>イヤ~な三大排水口掃除が相当ラクになる!100均アイテム3つ
>無印「柄つきスポンジ」をつかったトイレブラシを清潔に保つ掃除術
>そんなトコまで?刷毛(ハケ)が役立つお掃除ポイント7つ

 

結局大切なのは、日ごろの掃除。時短で効率的に汚れ落としを!

そもそも日ごろの掃除ができていれば、大掃除の負担は減るはず。とはいっても、なかなか行き届かないのが実情です。
忙しい人こそ知ってほしい、暮らしを少しラクにしてくれる「掃除の知恵」をお伝えします。

クエン酸パック

頑固な水垢はクエン酸でスッキリ落ちる!お風呂に優しい掃除方法

あなたのやり方、実は間違っているかも。お風呂に優しい掃除方法をまとめてみました。

こより

年末の大掃除をしなくてOK!? 1日1~2時間するだけの「小掃除」って?

大掃除を後回しにしてしまう人にオススメなのが、11月からコツコツと進める「小掃除(こそうじ)」です

《あわせて読みたい「掃除の知恵」の記事》
>洗面台掃除はオーバーフロー穴も重要!丸ごとピカピカになる4つのポイント
>洗濯物のニオイは簡単ケアで解消!タオルがもう臭わない掃除術
>急な来客でもどうにかする!最低限の掃除ポイント3つ
>排水溝の掃除ギライを克服!その3つの方法とは?
>トイレ、ゴミ箱、フローリング掃除を簡単、時短に!目からウロコの掃除術3つ

掃除家電を利用して、賢く時間のやりくりを

頼りになるといわれる掃除家電。その働きぶりはどうなの、と疑問に思う人もいます。
実際に使った人に聞いてみました。

床拭きロボット掃除機

床拭き掃除ロボットが赤ちゃんのヨダレ・手アカ対策にも大活躍

1歳の子育てをするライターが「床拭きロボット掃除機」を使ってよかったと感じたポイントを解説!

ノズルブラシ

マキタ+ダイソーのブラシノズルでちょこっと掃除がしやすくなった!

マキタのコードレス掃除機に足りなかったことを、ダイソーの「すみっこ吸いブラシ」が叶えてくれた!

《あわせて読みたい掃除家電の記事》
>「電気ちりとり」で掃除法が激変!+フロアワイパーでゴミを完全除去
>ルンバの次はコレ!「窓掃除ロボット」に全部お任せでラクラクきれいに

Source: 日刊住まい

キッチン汚れを予防できるアイデア5つ

整理収納コンサルタントという仕事柄、収納は好きなんですが、掃除は嫌いなんです。掃除をしたくないがために整理収納に力を入れている、と言っても過言ではありません。にキッチンは汚れやすいし、細々したものが多くて大変ですよね。

どうやったら掃除を最小限にできるか?といろいろ試して、現在、かなりラクになりました。実際にわが家で実践しているアイデアを5つご紹介したいと思います。

1.余計なモノは置かない

キッチン

以前はキッチンツールを吊るしたり、オイルをおしゃれな容器に詰め替えて置いたりもしていました。確かに便利で見た目も良いのですが、掃除のハードルが上がりまくった過去があります。

キッチンまわりに物を出しておくのは、料理が好きな人・まめな人に限りますね。掃除の面でいうと、物は収納しておくのが一番汚れません。

2.コンロのグリル排気口に「排気口カバー」を投入

グリル排気口カバー

コンロの奥にある排気口って狭くて掃除しにくいですよね。これは予防に限ります!上の写真はtowerの排気口カバーです。

普段はカバーを乗せて汚れが入り込むのを防ぎつつ、魚焼きグリルを使うときは必ず奥に倒します。

これ自体も掃除しやすいので、ストレス激減です。もっと早く買えば良かった、と後悔したくらいのアイテムです。

3.オイルスクリーンをフル活用

オイルスクリーン

コンロ周りが汚れる一番の原因は、油やトマトソースが飛び跳ねること。それならば、元から防げばいいのではと思ってしまいますよね。

これも予防できます!数年前から使ってるのが「オイルスクリーン」です。持ち手がついた金属メッシュなのですが、もし油が跳ねてもこれが受け止めてくれます。
揚げ物だけじゃなく、普段の料理から使うようにしておくとかなり汚れにくくなりますよ。ニトリでは税抜き370円〜購入できます。

4.コンロの隙間は「隙間ガード」でブロック

コンロ隙間ガード

コンロの隙間って、知らない間にいろいろ入り込んでいますよね。そして、狭くて掃除しにくい!これは100円ショップで買える「コンロ隙間ガード」で予防できます。

引っ張りながらコンロの縁をぐるっと一周巻くだけです。この一手間でかなり汚れにくくなるのでオススメです。

5.メンディングテープでパッキンを保護

メンディングテープ

パッキンの保護には、メンディングテープが便利です。メンディングテープとは、見た目は半透明のセロハンテープなんですが、貼ると透明になって存在感が消える不思議なテープ。ホームセンターや100円ショップでも購入できます。

これをキッチンの天板と壁との境目のパッキン部分にしっかり貼り付けて、保護しておきます(写真では、キッチンの隅を箸先で押さえながらテープを貼っています)。
透明なので、テープが貼ってあるなんて気づきませんよね。

これだと、汚れが気になったときに張り替えるだけでOK!楽チンです。キッチンだけじゃなく家中で使えるワザです。

これからは予防の時代!ちょっとした工夫で掃除の時間は大幅に減らせます。

*記事に掲載している商品は2019年9月時点のものです。

Source: 日刊住まい