既存活用リノベ。普通のシステムキッチンが家具みたいに美しく

室内窓のあるLDK

ふたりともインテリア好きで、いつか家を買ってリノベーションしたいと思っていた、というAさん夫妻。

妻の仕事内容が変わるのを機に、かねてより計画していたマンション購入を決意し、妻の高校の同級生だったエムデザインの藤原さんに相談。

夫がランニング中に見つけたという世田谷区のリノベ済みマンションの一室を購入し、大好きな家具が映える空間をつくり上げました。

上品な空間になじむ家具調キッチン

家具のようなキッチン

夫妻ともにインテリア好きで凝り性だというAさん夫妻。シンプルで品のある、落ち着いた空間をイメージしながらプランニングを進めていきました。

もともとリノベーション済みで売り出されていた物件のため、キッチンは新品でした。

そこで、カウンターの腰壁と扉側に同じ板を張って、設備っぽさを感じさせないデザインにカスタマイズ。圧迫感のあった吊り戸棚ははずして、スッキリとさせています。

グレイッシュなキッチン

キッチンに張った板は、バランスよく見えるように厚みを上手に処理。真鍮の取っ手と相まって、家具のような印象に仕上げています。

コンパクトサイズですが、ふたりで立っても問題ない広さは確保されており、週末にはふたりで料理をすることも。

大容量パントリー

キッチンの背面にはキッチンと同じくらいの幅がある大容量のパントリーを設置しました。

もともとほぼ同じ大きさのパントリーがありましたが、壁の位置をずらしてさらに広くしています。

可動棚のパントリー

パントリー内の二面に付いている可動棚は既存を活用。ストックや調理器具などを置いていますが、まだまだスペースには余裕があります。

ガラス張りの建具

廊下とキッチンの間の建具はガラス張りに。妻がアンティーク関係の仕事をしていたときに見たフランスの家をイメージしたそう。

玄関から入ってきたときに解放感があり、部屋を広く見せてくれる効果も。

キッチンから見たリビングダイニング

リビングダイニングはふたり暮らしにちょうどいいミニマムな広さです。

隣接する寝室との間には室内窓を設置。室内窓を含め、建具や窓枠などにはカラーワークスの塗料のなかでもよりグレイッシュな色をセレクトし、同じ色にすることで統一感を出しました。

シンプルな個室はグレイッシュな塗装をアクセントに

シンプルな寝室

リビングに隣接する寝室はシンプルなインテリアに。チェストは妻がひとり暮らしのときにオーダーしたものですが、塗装した建具とほぼ同じ色なので空間にスッとなじみます。

クロゼットはルーバー扉

奥行きの深いウォークインクロゼットを新設し、二面にハンガーパイプを取り付けました。クローゼットを含め、収納の建具はすべてルーバー扉で統一しています。

室内窓越しのLDK

寝室の室内窓からはキッチン、ダイニングが見渡せます。開閉できる折り戸をチョイスし、開放的な空間に。

多目的に使える洋室

また、廊下沿いには仕事部屋や客間として使っている洋室があります。

扉だけを替えて既存利用したクロゼットの奥の壁面には、ブックシェルフを造作。窓側は板を渡してテーブルにしました。

オリジナルのこだわりと既存設備を上手にミックス

視界が抜ける廊下

玄関に入るとガラス入りの建具が目に飛び込んできて、広々とした印象を受けます。

廊下の床は、妻が勤める会社でカーペットのレクチャーを受けて惚れ込んだという堀田カーペットの商品を取り入れました。

黒いフレームの建具と相まって大人っぽい印象になりました。左側の扉はシューズクロゼット。

シューズクロゼット

もともとウォークインタイプの大きなシューズクロゼットが付いていたので、棚などはそのまま利用。

パントリーを広げた分、少しサイズが小さくなりましたが、2人分の靴をしまうには十分の広さがあります。

広がりを感じる廊下

こちらは洋室前の廊下からLDK方向を見たところ。ガラスの先まで視線が抜けるので、窮屈になりがちな廊下にも開放感を感じられます。

右手前のドアは洋室で、左側の引き戸はトイレ。

ツートーンのトイレ

トイレはタイル貼りの床と上下2色に塗り分けた壁でシックな雰囲気に。便器は状態が良かったので既存のものを利用しています。

デザイン性の高い洗面台

既存の洗面台は入口の横にあって使いにくそうだったため、洗濯機が置いてあった場所に移動し、空間を広く使えるようにしました。

洗面台は好みのイメージを伝えて藤原さんから提案してもらった、T-formのペデスタルシンクに。

洗面室の収納

洗面室のドアの横には奥行きが浅めの棚を造作しています。リネンや日用品ストックなどがたっぷり収納でき、引き戸でスッキリ隠してしまうことも可能です。

インテリア選びは「職業柄色々なインテリアを見ているからやりたいことが多すぎて」という妻中心に、そして素材や塗料はふたりで相談して決めていったというAさん夫妻。

高級感のある塗装や床のダークな無垢材など、あとから変えられないものに優先的に予算を費やし、好みの空間に仕上げていきました。

「今後はこの空間に似合うものを少しずつ揃えていきたい」と話してくれました。

設計・施工 エムデザイン
撮影 山田耕司
※情報はリライフプラスvol.33当時のものです

Source: 日刊住まい

パワフルキッチンと完璧収納で時短。家事効率を優先したリノベ

ニッチ付きキッチン

東京・目黒区内の賃貸マンションに住んでいた坂東さん夫妻は、長男の出産を機に住み替えを検討していました。当初は戸建てを探していましたが、条件に合うものがなかなか見つからないなか第二子の妊娠が発覚し、急遽戸建てからリノベーションへと方針転換。

妻の会社の先輩がリノベーションを依頼していた縁でリノベーション会社・空間社に連絡を取り、物件探しが始まりました。希望通していた目黒区内のマンションを購入し、工事費1130万円(税・設計料込み)をかけて「こうだったらいいな」を叶えた効率最優先の住まいをつくり上げました。

多忙な日常を支えるパワフルキッチン

明るいLDK

既存の間取りは細切れでしたが、「家族がいちばん長い時間を過ごすリビングダイニングを開放的に」と希望して間取りを大胆に変更。

LDKはバルコニーに面した窓からたっぷりの日差しが入る、明るくて広々とした空間になりました。桜並木に面しているため、春は至近距離でお花見ができるのだそう。また、存在感のあるキッチンはリビング側の腰壁をモルタルにして、ニッチを設けています。

フローリングは全室幅広のシベリアンウォールナットで統一していて、少し節のある自然な風合いが無垢材らしく、おおらかな空間を演出しています。

窓際のダイニング

キッチンのすぐ横にはダイニングテーブルを配置。距離が近いので配膳がしやすく、家族とのコミュニケーションが取りやすいそう。

作業台が広いキッチン

キッチンからはリビングダイニングを一望できるので、家族を見守りながら料理ができます。ハンズフリー水栓やワンタッチのオート調理機能を搭載したガスコンロ、広い作業スペースなど便利な設備と機能を備えたキッチンが、夫妻の忙しい毎日を力強くサポート。

タイルデザインのフロアタイル

キャビネットはIKEAのもので、扉や引き出しの面材をグレーのメラミン化粧板で造作して、LDKの雰囲気に合わせました。メンテナンス性を考慮してキッチンの床はタイルのようなデザインのフロアタイルに。カウンターのモルタルとも好相性です。

キッチンバックカウンター収納

そしてバックカウンターの中は収納ケースを活用してスッキリ整頓。ラベリングをしているのでどこに何があるのか一目瞭然です。

子ども室は引き戸を開ければLDKとひとつづきに

LDK隣接の子ども部屋

6畳の和室があったリビングの一角は4畳半の子ども室に。サイズダウンした分、リビングを広げています。また、引き戸を開放すればリビングとつなげて使うことも。キッチンのモルタル壁とのマッチングを考えて、扉には明るいグレーをチョイスしています。

4畳半の子ども室

押し入れをそのまま子ども用のクローゼットに転用し、奥行きのある収納を確保しました。

LDKとフラットにつながる子ども室

お子さまがまだ小さい現在はおもちゃや絵本の収納場所として使っていますが、将来的にはベッドや机を置いて、兄弟でシェアする予定。

引き戸が開放できる子ども室

子ども室とLDKの床をフラットにつなげたおかげで、引き戸を開放すればひとつながりの空間かのように感じられます。

書斎を兼ねたウォークインクローゼット

子ども室から廊下を挟んで向かいには、ウォークインクローゼットがあります。もともと4畳ほどの納戸があった場所ですが、半分をキッチンに、半分をウォークインクロゼットにしています。収納の一部にカウンターを組み込み、プチ書斎としても活用。

内装はナチュラルな白×木で統一

モルタル土間

玄関ドアを開けるとモルタルの土間があり、シベリアンウォールナットの廊下がLDKまで続きます。既存のシューズボックスは背が低かったので、天井まで拡大。市販のユニットを組み立て、面とハンドルを取り替えて雰囲気を合わせました。

白で統一した寝室

廊下沿いにある寝室は、内装もファブリックも白で統一して清潔感のある印象に。二面採光のおかげで明るい空間です。

内装一新のトイレ

トイレはブラスとブラックのペーパーホルダーとタオルバーをアクセントに。

トイレのサイン

ドアにはサインを取り付けて遊び心をプラスしています。

夫婦のこだわりを込めたサニタリー

サニタリーには夫妻のこだわりがたっぷり詰まっています。洗面台の下にランドリーバスケットを置きたい、洗濯機の上にハンガーで洗濯物を干したいなど、使い方を具体的にイメージしながらプランニングをしたそう。

ミラーキャビネットの中にはアクセサリー置き場もあり、「帰宅したら、ここですぐにアクセサリーを外します」と妻。

広いキッチンや家事効率を上げてくれる適所適量の収納、モルタルや無垢材の素材感など、「こうだったらいいな」をすべて実現できたという坂東邸。住みやすく効率的な新居で、チームワークを生かしながら子育てと仕事を両立しているようです。

設計・施工 空間社
撮影 山田耕司
※情報は「リライフプラスvol.33」掲載時のものです。

Source: 日刊住まい

ヨーグルト容器で「漂白や油の処理」をぐんとラクにするワザ

朝食にプレーンヨーグルトを食べている、という人は多いと思います。食べ終わったあとの空容器はどうしていますか?

手ごろな大きさで防水性に優れているヨーグルトの容器は、「捨ててしまったらもったいない」とライターのshiga asakoさん。日頃から実践しているという活用術を紹介してもらいます。

いろいろ使えるヨーグルト容器をいつもストック!

ヨーグルトの空き容器

毎朝、ヨーグルトを食べている筆者宅では、空の容器がたまりがち(内容量400g程度)。以前はゴミとして捨てていましたが、つくりがしっかりしているので「何かに使えそう」となんとなくストックするようになり、今ではさまざまな用途に活用中。空になったら必ずとっておくようにしています。

キッチンでの活用法1:台拭きの漂白

漂白時に活用

まずは、わが家でいちばん頻度の高い活用法をご紹介。容器にキッチン用の塩素系漂白剤と規定量の水を入れて台拭きを浸し、漂白するのに使っています。

塩素系漂白剤は金属やメラミン素材のものには使えず、漂白するときの容器が悩みどころ。成分が強いこともあり、調理にも使う容器だと気になるので、使い捨てにできるものであれば安心だなと思っていました。ヨーグルトの容器なら水もれも起きずぴったり。

コンパクトなサイズながら深さがあるので、浸すのに不便はなく、キッチンの片隅に置いておいても邪魔にならないのが良いところ。漂白が済んだら、気兼ねなく容器ごとポイッと捨てられます。

キッチンでの活用法2:油の処分

油の処分時に使用

キッチンでは、油の処分にもヨーグルト容器が活躍。新聞紙(1ページ分)を4等分にカットしてくしゃくしゃにしたものを容器のなかへ。そこに料理のあとに残った油を冷ましてから入れて、容器ごと捨てています。

くしゃっとする新聞紙は小さめにすると、油がよく吸収されます。市販の油の凝固剤を使うほどではない、少量の油の処分におすすめです。(各自治体の廃油回収方法を確認のうえ、処理してください)

トイレでの活用法:掃除ブラシの漂白

トイレの掃除に活用

ヨーグルト容器はトイレでも活用しています。漂白剤を加えた水を容器の半分くらいまで入れて(水位が高いとあふれるので注意)、トイレの掃除用ブラシをつけ置き。

月1回くらいの頻度で、夜、寝る前にセットして、翌朝、便器内でブラシの水分をよく切ってブラシホルダーに戻します。容器内の水は便器に捨てて、容器はそのままゴミ箱へ。やはり、惜しみなく使い捨てできるのが便利です。

空き容器はキッチンの引き出しにストック

ちなみに普段、容器をどのように保管しているかというと…。上の写真はわが家のキッチンの引き出し内部。取り出しやすい手前側に、ヨーグルトの容器と味噌の容器を重ねてスタンバイしています。今ではここのストックがなくなると不安になるほど、わが家ではなくてならない存在に。

ヨーグルトなどの紙容器は、丈夫なうえに使い捨てできるので、ちょっとした家事をラクにしてくれます。空の容器があったら、捨てずに活用してみませんか。

Source: 日刊住まい

狭いキッチンが使いやすくなる!見直したいのはココでした

狭いキッチンなので料理の時間が楽しくない、もっと広くて便利なキッチンだったらよかったのに…。そんなふうに不満を抱えている方、いませんか?

インテリアブログを主宰するワトコさんのご自宅も、「リビングとつながるカウンターキッチンで、キッチン部分が狭いことが悩み」だったそう。工夫を重ねてお気に入りのキッチンを手に入れたワトコさんに、狭いキッチンを使いやすくする10のポイントを教えてもらいました。

狭さ克服のコツは収納の工夫にあり

ポイント1:食器棚は小さく、背の低いものを

食器棚

もともとの広さはリフォームでもしない限り変えることはできないので、少しでも広く感じられるような家具を使うのがポイント。圧迫感を感じさせないように背の低いもの、壁の色に溶け込むカラー、そして小ぶりのものがおすすめです。

 

ポイント2:食器はお気に入りだけに絞る

小さい食器棚を使うので必然的にそうなるのですが、所持する食器も厳選する必要があります。欲しい食器があればまずしまう場所があるか考えて、なければ古いものを処分。収納スペースをつくることができたら購入する癖をつけ、食器棚から食器があふれないように気をつけます。

 

ポイント3:置く場所を工夫する

食器棚

食器棚の中を、ムダな空きを残さないように、うまく収納するための工夫も必要です。100均のカゴや木材などを使って保管スペースを確保。迷路のようになりますが、食器棚の中で定位置を決めてしまうと良いです。

ポイント4:場所をとらない水切りカゴを使う

食器かご

以前は、ステンレス製の水切りカゴを使っていましたが、それだとシンクの1/3ぐらいが塞がれていました。洗った食器はたくさん置けますが、やっぱり見た目が狭くなってしまいます。

思いきってスリムなカゴに変えてみたところ、広々感じられて作業もしやすくなりました。

使わないときは片付けられるアイテムを選ぶ

ポイント5:トレイで食器を乾かす

珪藻土のトレイ

水切りカゴをスリムなものに変えたことで、少し不便を感じることもあります。というわけで、洗いものを乾かすために、珪藻土の小さなトレーを併用することにしました。

普段は壁に立てかけておいて、食器を洗うときだけ出せるので無駄なスペースを使いません。

 

ポイント6:折り畳み式で場所をとらないレンジガード

オイルガード

炒め物をするときのオイルガードは、「使うときだけレンジガード」というアイテムを使っています。必要がないときは折りたたんで立てかけておくのでスペースをとらず、コンロまわりもすっきり広々。食器用洗剤で洗えるところも気に入っています。

 

ポイント7:生ゴミを入れる三角コーナーは不要

キッチンマルチスタンド

三角コーナーといわれる野菜くずや生ゴミを入れるカゴは使うのをやめました。その代わり、100均・キャンドゥで購入した「キッチンマルチスタンド」にビニール袋をかけてゴミ入れに。使わないときはたたんでしまっておけるので便利です。

ポイント8:ゴミ箱もできるだけ収納する

狭いキッチンでは、ゴミ箱の置き場も悩むところ。わが家では、ビン・缶・ペットボトルのゴミ箱は、コンロ下の引き出し内に収納しています。ゴミを引き出しの中に入れるため、使い終わって洗ったあと、完璧に乾かしてからゴミ箱に入れるように。乾きにくい缶は、キッチンの窓辺など少しでも日の当たるところに置いておくと、半日くらいで乾きます。

冷蔵庫で保管できるものは冷蔵庫へ

ポイント9:ステンレスマグの定位置は冷蔵庫内

ステンレスマグ

冷たいお茶や水などを飲むために使うステンレスマグ。食器棚の中はスペースが限られているため、わが家では冷蔵庫を定位置に。おかげで、いつでも冷えた状態で使うことができます。

 

ポイント10:お米は野菜室で管理

かさばって置き場に困りがちなお米は、密閉容器に入れ、野菜室で保管。冷蔵庫保存が可能なものは、庫内に片付けてしまうようにしています。

狭いキッチンでも工夫をすれば、思ったよりも広々使うことができます。便利アイテムや収納アイデアを駆使して狭さを克服!お気に入りのキッチンに近づけてみませんか?

Source: 日刊住まい

バス&寝室の非日常感がすごい!アジアンリゾートみたいな家

調布市にあるKさん夫妻の家は都内近郊の駅から徒歩数分。共働きなので駅近を優先した結果、敷地は約62平米と狭小になりました。この家はダイビング好きな夫妻の好みを取り入れて、しっとりとしたアジアンリゾートの空気を漂わせています。 キッチンはLDと緩やかにつながっていて一体感を保ちつつ、小さくても集中して作業がはかどる工夫が満載です。

今までで最も狭いけど いちばん快適なキッチン

「さほど広さは望まず、機能的かつ趣味を反映させた家を希望しました」と夫。

夫妻はスキューバダイビングが趣味で、何度も訪れているタイのリゾートホテルの雰囲気を家に思い描いたそうです。設計を依頼したのはMDS一級建築士事務所の森清敏と川村奈津子さんです。

「タイのホテルの写真を見せていただきイメージを共有しました。帰りたいと思える家であること、緩やかにつながる内部空間、などの要望も伺いました」(森さん)。
そこから導き出された形は、奥から手前に徐々に小さくなる家型を連ねた外観の2階建て。内部の意匠にも家型をそのまま反映させています。子どもが描くような家型の仕切りは、海辺のコテージを連想させるようです。また床には段差をつけたことで小さな空間の中に多様な風景が展開し、豊かな表情を与えています。
メインの生活空間は2階。ダイニングとキッチンはひとつながりの空間で、複数の家型で緩やかに仕切られ空間の奥行きを感じさせます。

外に見せてもOK ! のオープン収納で作業が快適

キッチンは人が立つと窮屈さを感じるくらい小さな空間ですが、間口をフル活用して壁には上下段のオープン棚もつけるなど、使い勝手のいい工夫がいっぱいです。鍋やフライパンの類は、正面の壁を活用した3段の造作棚に収納。「オープンな収納を望んでいました。サッと取り出しやすく、片付けもラク」と妻も満足しているよう。
縦長のスリット窓からは風景が眺められるので外の気配を感じ、また外からは窓から内部の気配が感じられ暮らしの温かさが伝わってくるようです。

ワークトップはL字型にして広さを確保しました。何かと汚れがちな加熱機器回りを、ダイニングから視界に入らない側面に配しています。ワークトップのコーナー部に、家電などモノを置きやすいのもL字型のメリットですね。

「体の向きを変えるだけで移動が少なく、さらにテーブル背後のカウンターの活用で、皿の受け渡しもラクです。今まで住んだ家で最も狭いキッチンですが(笑)、使い心地は格別です」と妻。

レンジフードはオリジナルで製作し、ここでも家型デザインをモチーフに。家の中に家がいくつ ? などと数えるのも楽しそう !

冷蔵庫も家型ボ ックスにすっぽりと覆われ、生活感を抑えるのに成功しました。

ワイングラスの収納棚も冷蔵庫の裏側を活用した家型デザインです。 内部に仕込んだ照明が、バーのような大人っぽい雰囲気を醸し出しています。

キッチンとダイニングの間に設置したカウンターの下部を食器棚に活用しました。「調理中にも取り出しやすい位置で助かって います」。

アジアンフードはK家の人気メニューです。この日のランチは、野菜たっぷりのタイ風カレーとサラダ、ローストしたカボチャとヘルシーなメニューです。

ダイニングには、窓際に造り付けベンチを設置。横に手を伸ばせばワイングラスがすぐ取り出せる工夫で、ゲストのもてなしにもぴったりです。

豊かな素材使いで 非日常の雰囲気を

リビングは床と同じウォールナットのフローリング材を壁や天井に張った意外性のあるデザイン。印象的な空間に仕上がりました。特に天井は張るのに手間がかかり、面も広いため、職人さん泣かせだったとか。

しかし仕上がりを見ると、切妻状の天井部の収まりなどは思わず見入ってしまうほどの精緻さ。「天井の美しさを重視して、照明はダウンライトなどをつけず、必要最小限としました。夜は自然に眠くなり、朝は自然に目が覚めるんですよ」

ソファ側から見たリビングルームです。正面の造作TVボードはベンチ兼用。中に客用の寝具などが収められています。写真の右側は、建物とのすき間を活用したテラスになっています。プライバシーを確保しつつ、採光や外の気配を取り込んでいます。

自然石の質感がリゾート感をプラス

ふたり暮らしだからこそできる平面構成、それもK邸の持ち味です。特に反映されているのが、寝室と水回り、クロゼットをワンフロアでまとめた1階です。バスルーム正面の壁は外構などでよく目にする石貼りで、隣り合う寝室の端まで贅沢に施しています。非日常のテイストを取り入れてホテルライクなつくりと、ガラスの仕切りで視線が途切れることがないため、開放感とリラクゼーション効果を同時に味わえます。

浴室隣の寝室。室内の一部に自然の石を用いたいとの夫妻の希望をかなえました。自然石ならではの質感が独特の雰囲気を演出しています。バスル ームと寝室は一部スリット状のガラスで仕切り、双方をシースルーの仕上がりに。

ガラス壁でつながる寝室とバスルームです。「バスルーム側のガラスは透明感をキープするため、毎晩入浴後の拭き取り掃除をがんばっています」と夫。

洗面コーナーには奥行きの浅い棚板を設置し、コロンなどのボトル類の定位置にしました。木製のカウンターは内装の雰囲気にもよく馴染んでいます。

バスルームは、玄関ホールから続く廊下の突き当たり。家に入った瞬間、贅沢な石貼りの仕様が視界に入るのも魅力的ですね。
階段はスケルトンなので、2階からの自然光が階下にまで届きます。廊下の左側には大容量のウォークインクロゼットを造作しました。

屋根型の連なるデザインで、奥行き感を演出した外観です。限られた敷地のなかで、駐車場の確保と出入りしやすい玄関の配置などに腐心したそうです。念願をかなえ、南国のリゾートホテルライクな暮らしを手に入れたK夫妻の小さくて豊かな家を拝見しました。

撮影/川辺明伸
設計/MDS一級建築士事務所
プロデュース/ザ・ハウス
※情報は「住まいの設計2017年5-6月号」掲載時のものです

Source: 日刊住まい

モダンさと温かみを併せ持つ北欧風キッチンのある家

ダイニング

東京・江戸川区にあるMさんの家の敷地は、もともとは隣接する妻の実家の庭の一部でした。娘夫婦が家づくりを考えていると知り、両親がうちの庭先に建てたらどうかと申し出てくれたといいます。両親の家の南側は魅力ある立地で、川と両岸を含めた豊かな緑地帯がすぐ目の前に広がっています。

全体から細部に至るまで 数々の夢を盛り込んだ家

ダイニング親子

横長の腰高窓から明るい光が差し込むダイニングで、ランチタイムが始まります。Mさん一家は共働きの夫妻、4歳の長男、 8か月の長女の4人家族です。現在、育休中の妻は学生時代には住居学を専攻し、百貨店でインテリア関係の仕事に就いているという、いわばインテリアのプロです。それだけに、知識も情報も豊富で、家づくりに際してかなえたい夢がたくさんあったといいます。

全体だけでなく、細部にも様々な要望が盛り込まれています。例えば、ホールとLDKを仕切る木枠のパーティションはお気に入りのカフェ、2階の十字窓はファブリックショップのイメー ジを生かしたものだそう。

キッチンはタイルから棚まで 好きなものに囲まれて

親子キッチン

キッチンにも妻のこだわりが満載です。Mさんの家のキッチンは対面式で、ダイニングとの間をカウンターで適度に仕切ったセミオープンスタイルです。「アイランドキッチンみたいに常に丸見えよりは少し閉じた部分も欲しいけど、カウンター越しに家族の様子が見え るようにしたかった」と妻。

手元はカウンターでほどよく隠し、生活感を感じさせない工夫をしています。木のカウンターは北欧風のインテリアとも馴染みがいいですね。

キッチンタイルベージュ

キッチンのベージュのタイルはアドヴァンのもの

キッチン棚

ショールームを何軒も回って吟味した壁面のタイルはコンロ側と背面カウンター側で色を替える一方、壁には家を新築中に見つけたというアアルト・デ ザインの棚を設置しました。

キッチンパントリー

連続するパントリーを経由して奥に抜けられ、キッチンを中心に回遊できるので、動線もスムーズ。冷蔵庫や家電も奥のパントリーに収まっているので、表からは雑多なものが見えず、妻の理想のインテリアを保っています。

カウンター収納

キッチンの背面に造り付けた作業台兼食器棚です。通路幅を確保するため奥行きは浅いですが、食器の出し入れがしやすそう。

食洗機

妻のたっての希望で、ミーレの60cm幅の大容量の食洗機をビルトイン。大量の食器や鍋類も一気に洗えて便利だそう。

玄関ホールまで及ぶ2階からの光

玄関ホール

ホールの壁に用いたのは、夫がどこかに使いたいと熱望した大谷石です。妻好みの北欧デザインとケンカしないか心配でしたが「夫婦の折り合いはすべて建築家の東端桐子さんがうまく調整してくれました」

階段子ども

玄関からホールの見通し。モルタルの土間や外灯のような照明と相まって、空間全体に外部空間のような大らかさが生まれました。

洗面所

人造大理石のカウンターに大きなシンクを組み合わせた洗面室。横使いのボーダータイルが美しいですね。

洗面所床

洗面室の床は繊細な模様入りのタイルは平田タイルの製品。当初はホールと同じモルタルの予定でしたが、少し表情を変えてやさしい雰囲気を出したいと妻が選んだといいます。

トイレ

トイレの壁面は緑がかったグレー。同じグレーでも場所によって微妙に色合いを替えているのも、妻のこだわりです。

実家の庭だった敷地に 借景を生かして建てる

裏の川

すぐ裏手を川が流れ、向こう岸には桜並木が続く緑道があるだけでなく手前にも細長い余地があり、区が管理する多様な樹木が植わっています。建築家の東端桐子さんは実家の日当たりをできるだけ損なわず、かつ恵まれたこの借景を生かすべく、川に面した南側ぎりぎりに高さを抑えた建物を配置しました。

ルーフバルコニー

寝室の西側にあるルーフバルコニー。ここからも緑が存分に眺めらます。手前は敷地内の既存の桜が植えられています。

寝室

正面窓がルーフバルコニーに面した2階の主寝室。右手の壁の塗装は夫妻によるDIYで、英国FARROW &BALL社の塗料を使用しています。

和室引き戸

ほの暗く、こもれる部屋が欲しいという夫の願いをかなえた和室です。子どもの遊び場やゲストルームとしても使えます。こちらの濃紺の壁も自塗装しました。

ルーバー引き戸

和室の入り口をリビング側から見たところ。 木製ルーバーの羽根は可動式で風を通し、空間をつなぐこともできます。

「いつかこんな家を建てたいと、ずっと心に残っていました」と妻は家づくりを振り返ります。妻が結婚前に旅したヘルシンキで見学したという、フィンランドの巨匠アルヴァ・アアルトの自邸が住まいの理想のイメージでした。

明るくモダンながら木の温かみも感じられる空間は、確かに北欧デザインに通じるものがあります。

プロデュース/OZONE 家 design
設計/東端桐子(ストレート デザイン ラボラトリー)
撮影/桑田瑞穂
※情報は「住まいの設計2017年5.6月号」掲載時のものです。

Source: 日刊住まい

たった数分!日々の「小掃除」で家じゅうのキレイをキープ

年末に大掃除をした水回りや窓のサッシ。このキレイな状態がずっと続けばいいのに…と思うことはありませんか?

「定期的な小掃除で、キレイはキープできます!」と話すのは、インテリアブログを主宰するワトコさん。キレイな状態を保つための簡単なお掃除習慣を紹介します。

排水口の詰まり予防はお湯を一気に流すだけ

オキシクリーンで洗面所掃除

わが家では、市販の排水口用洗剤はほとんど使うことがありません。そのかわり、定期的に洗面ボウルにぬるま湯をためて一気に流すという、詰まり予防を実施しています。流すだけなので、掃除が苦手な方にも忙しい方にもおすすめ。
たまに、お湯を60度に設定し、オキシクリーン(酸素系漂白剤)を入れることで、嫌なニオイも防ぐことが可能です。

蛇口のすき間はデンタルフロスが便利

デンタルフロスで洗面所掃除

汚れがつきがちな蛇口のすき間。ここはやっかいで、掃除のたびに格闘する場所だったりします。使い古した歯ブラシを使う方も多いと思いますが、ストックも難しいので掃除をしたいときに必ずあるとは限りません。

そこで、試してみたのがデンタルフロス。蛇口にフロスをぐるっと巻きつけて左右を順番にひっぱり汚れをかき出します。なかなかとれない頑固な汚れがついているときは、歯磨き粉を使うと、きれいになります。

「ウタマロクリーナー」&軍手でツヤを出す

軍手とウタマロで洗面所掃除

洗面所の水栓や鏡、キッチンのステンレス部分などは、「ウタマロクリーナー」と軍手があれば掃除が楽。クリーナーを吹きつけて、軍手をはめた手でこするだけでOK。それほど力を入れなくてもツヤが出るので、定期的に行ってピカピカを保ちましょう。

窓や浴室扉のレールは歯ブラシか専用ブラシで

サッシブラシ

ホコリやゴミがたまりやすい窓や浴室扉のレールは、ブラシで掃除するのが楽チンです。家にある古歯ブラシや刷毛などでもいいですが、100均で売っているサッシブラシも使いやすくておすすめです。

入浴後にスキージーを使って浴室のカビ予防!

スキージー

浴室掃除で面倒なのが黒カビ。それなら、そもそものカビの発生を防ぐのがいちばんです。

毎日の入浴やシャワーなど最後にバスルームを使う人が、壁の水分をスキージーなどでササっと落として出る、そして就寝時まで窓を開けるか、朝まで換気扇を回すことで、黒カビの発生をかなり防ぐことができます。

入浴ついでにパパッと小掃除

洗面器をこする

お風呂掃除は個人的には好きな家事ではありません。毎日のタスクに組み込みたくないので、入浴時に少しずつ気になったところを掃除しています。

短時間でサッとできるように、掃除道具は浴室の中に置いています。見た目がいまいちだと入浴中に気になってしまうので、デザインのいいものを選ぶのがポイント。おすすめは、浴室の床洗い用ブラシ「PlaTawa for Bathバス床洗い」(テラモト)。使い勝手もよく、見た目もおしゃれで気に入っています。

先端が斜めになっているのが特徴で、浴室の角など細かいところから洗面器などの小物まで、汚れをラクにかきだせます。シリコン製なので水切れもよく、防カビ剤配合なのもうれしいポイント。

洗面所にもキッチンペーパーを常備しておく

キッチンペーパーで洗面所掃除

水回りのきれいをキープするためには、「気づいたときにサッと拭く」このひと手間が大事。そのためには、すぐ手が届くところに簡単に使える掃除道具を置いておくのが秘訣。軍手や古歯ブラシ、デンタルフロスなども紹介しましたが、洗面所にもキッチンペーパーを常備しておくと便利です。

メンディングテープでホコリを予防

わが家には洗面台と壁、隣につけたDIY棚の間に小さなすき間があります。ここに透明のメンディングテープを貼って、汚れを予防。すき間に水が入らず、サッと拭くだけでホコリもとれてきれいになります。

浴室扉のくぼみ部分や電気のスイッチカバーの上部、キッチン台と壁の間のゴムパッキンなどに貼っておくのもおすすめ。汚れてきたら取り換えるだけでOK。

毎日のちょっとしたひと手間で、家じゅうのキレイは保てます。大掃除ならぬ、毎日の「小掃除」、習慣にしてみませんか?

Source: 日刊住まい

月1回の「キッチン丸洗い」で、新築みたいなキレイをキープ

調理後にきちんと掃除をしているつもりでも、油汚れなどが意外な場所についてることも多いキッチン。毎日使用していると、どうしても新築時のようなツルツル、ピカピカのキッチンではなくなってきますよね。

だからこそ、月1回の「キッチン丸洗い」がおすすめ。SNSで家づくりやお掃除術などを発信しているbeachmamaさんに、その方法を教えてもらいました。

月1回「キッチン丸洗い」をする理由

キッチン丸洗い

キッチンは日々の調理や洗い物で、油がはねたり水垢汚れもついています。ワークトップやキッチンパネルなどの、キッチン全体の汚れを月に一度スッキリ落としてリセットすることが「キッチン丸洗い」の目的です。

丸洗い後は汚れが落ちてキレイになるだけでなく、全体のくすみが取れて明くなり、モチベーションもアップします。

丸洗いする前に頑固な汚れは落としておく

それではさっそく使う洗剤や流れなどをご説明していきます。

キッチン丸洗い

IHクッキングヒーターなどについた焦げ付きなどは、専用のクリーナーや重曹を使ってお掃除しておきましょう。重曹を使う時は少量を汚れにかけて、水をつけたラップでこするだけでも綺麗になります。

わが家では中性洗剤の住居クリーナー「万能jrくん」を使うことも多いです。水垢や焦げ付きなどの汚れをキレイにしてくれるので、あると便利です。

キッチン丸洗いの手順

ウタマロクリーナーを吹きかける

キッチン丸洗い

わが家ではお掃除の必須アイテムである中性洗剤の「ウタマロクリーナー」を使っています。

全体を丁寧に洗う

キッチン丸洗い

キッチン全体に洗剤を吹きかけたら、スポンジで全体を丁寧に洗っていきます。シンクはもちろん、ワークトップ、普段は掃除をしない立ち上がり部分なども、水垢がついていたり油はねがあったりしますので丁寧に洗ってあげましょう。

キッチン丸洗い

IHも同じように洗っていきますが、こちらは隙間から本体内部に洗剤などが入り込まないように気をつけながら洗います。タオルなどに洗剤をつけて、汚れを拭き取る形でも大丈夫です。

キッチン丸洗い

キッチンパネルは油汚れでベタベタしてる場合も多いので、念入りに掃除しましょう。ウタマロクリーナーの泡は弾力があり、泡がたれてこないので掃除もしやすいです。

泡を拭き取る

わが家ではペーパータオルで、最初に泡を集めてから再度水拭きをしています。コンパクトな水切りスキージーなどを使用しても良いと思います。

キッチン丸洗い

泡をある程度取り除いてから、一度ペーパータオルを洗って、丁寧にキッチン全体を水拭きしていきます。これを数回繰り返します。

仕上げの除菌スプレー

キッチン丸洗い

最後に乾いたペーパーに除菌スプレーを吹き付けて、全体を仕上げ拭きすれば丸洗い完了です。新築時のような、ツルツル、ピカピカのキッチンになっているはずです。

キッチン丸洗い

月に1度キッチン全体を丁寧に洗うことをルーティーンにすると、毎日気持ち良くキッチンを使えます。ぜひトライしてみてくださいね。

※掃除の際は十分な換気を。洗剤の取り扱いには気をつけましょう
※システムキッチンやIHクッキングヒーターのお手入れ法については取り扱い説明書をよく読んでから行ってください

Source: 日刊住まい

メリハリある予算配分でキッチンに熱量を注いだリノベ

コの字型の大きなキッチン

古いものが大好きで、リノベに興味津々だった妻に対して、夫は賃貸派だったというM邸。

とはいえ、以前住んでいた賃貸の部屋を「画一的で面白くない」と感じていた夫は、様々なリノベ事例を見るうちに心が動かされ、妻の熱意に押されて中古マンション購入+リノベーションを決意。

物件探しからワンストップで依頼できる会社を探していたところ、雑誌で知ったnu(エヌ・ユー)リノベーションの完成見学会に参加して、依頼をすることに。

都内にある築33年の大規模マンションの一室を購入し、予算内に収まるよう調整を重ねながら理想の住まいを手に入れました。

躯体現しでラフに仕上げたLDK

カーテンなしの明るいLDK

それぞれの職場へのアクセスのよさ、敷地内の豊富な緑、そして貫禄あるシンボルツリーに惹かれてマンション購入を決意したMさん夫妻。

古いものや経年変化で味が出るものが好きで、リノベへの熱量が高かったという妻は、ピンタレストなどを駆使してイメージを膨らませ、自ら20~30枚もの絵を描いて担当デザイナーにリノベのイメージを伝えました。

そんな妻が細部にまでこだわったLDKは、コの字型キッチンが主役の明るい空間。16階という高さのうえ、隣の棟と距離があり、カーテンなしでも気兼ねなく暮らせます。

グリーンを置いたリラックススペース

リビングには大小さまざまなグリーンが配置され、リラックスできるスペースに。以前は個室だった部分の壁を取り払い、リビングに取り込みました。

躯体現しのクールな天井には、京都にアトリエを持つ、照明や生活金物の工房「千」の真鍮の照明を。

キッチンには妻のこだわりが満載

躯体現しの天井

料理好きの妻がこだわった大きなコの字型キッチンは、家族団らんの中心に。キッチン天板とテーブルの高さを揃えたいという希望から、リビングの床を10cmアップ。

妻がサイズを測って絵を描き、細かくオーダーしたという徹底したこだわりが形になりました。

ラフな空間にマッチするキッチン

IH調理器と食洗器、水栓は既存のキッチンに付いていたものをリユース。収納はすべてオープンなので、どこに何があるかひと目で分かって便利なのだそう。

また、キッチン腰壁に張った化粧板は、妻いちばんのお気に入り。アメリカのカフェの写真からイメージしてオーダーしたもので、2色のオイルをランダムに塗ってラフな印象に仕上げています。

ダクトレールに吊るしたドライフラワーや存在感あるチェストが、躯体現しのクールな空間にマッチしています。

優先順位をつけてコストコントロール

拡張したモルタルの玄関土間

玄関は廊下だった部分を取り込み、広々としたモルタルの土間に。下駄箱代わりのロッカーは、実はオフィス用。中古のオフィス家具を扱うオンラインストアで購入したもので、隣に並べたアンティークのチェストともよく似合っています。

そして、玄関を入った先にはLDKに続く廊下があります。妻はキッチン天板の高さやデザインを決める際に、玄関や廊下からの見え方にもこだわったのだそう。

キッチンスペースの奥には、背の低い壁を交互に立ててゆるく仕切ったふたつの子ども室があります。ウォークインクローゼットを設置する予定でしたが、コストの関係で先送りに。いずれ自分たちで手を加えることを楽しみにしているそう。

現在、右の部屋はプレイスペースとして、左の部屋は多目的室として使っています。

使い勝手のいい洗面化粧台は既存のものをそのまま利用。以前の持ち主が3年前に水回りをリフォームしていたため、洗面台とバスルームは設備だけでなく建具や床材、クロスまで既存利用できるほどきれいな状態でした。

水回りを既存利用してコストカットする分、妻こだわりのキッチンに予算を投入して、予算をコントロールしています。

夫が予算管理をしながら、妻はキッチン中心に徹底的にこだわりを伝えるという二人三脚で、無事予算内で理想の空間を実現できたMさん夫妻。「リノベは何事も優先順位をつけるのが大事。今回予算が足りなかった箇所は手をつけずに、2回目のリノベに楽しみを取っておこうと思います」と話してくれました。

設計・施工 nu(エヌ・ユー)リノベーション
撮影/水谷綾子
※物件価格、工事費、ご家族の年齢等の情報は「リライフプラスvol.30」取材時のものです

Source: 日刊住まい

キッチンを円筒の中に?実は大勢で楽しむのに最高でした

キッチン外から

都心のアパートで暮らしていた小川さん夫妻が新居を構えたのは、郊外ののどかな住宅地。約90坪の敷地に建つ、外とのつながりを大切にしたおおらかな住まいです。

小川邸はいたるところにこだわりが見られますが、その中でも印象的なのが丸い壁に囲われたキッチン。ホームパーティーが大好きなご夫妻は、「白ワインの似合うキッチン」をテーマに設計を依頼したといいます。
生活の中心ともなるキッチンは、一人でじっくり、ときには大勢でにぎやかにと、多彩な楽しみ方ができる場所となりました。

レストランの厨房のように大勢で立てるキッチン

小川さん夫妻は、昔から友人を招いて食事やお酒を楽しむことが大好きで、「ウィスキーの会」などテーマを決めたホームパーティーを定期的に催していました。

しかし、「以前暮らしていたアパートのオープンキッチンは食事中に洗い物が目に入って気になるし、ニオイもこもりやすくて。日当たりが良すぎるのも落ち着きませんでした」と妻。

LD

そこでニコ設計室の西久保毅人さんが提案したのが、キッチンを丸い壁で緩やかに区切るプランでした。リビングダイニングの吹き抜けを貫く円筒形の壁の中にキッチンを収め、ところどころに窓をしつらえています。

中央に置かれた大きなテーブルは作業台になり、レストランの厨房のように大勢で料理を楽しむこともできます。

キッチン内部

ちなみにこのテーブルの天板は、祖母から譲り受けたものとのこと。機能性だけでなく、大切な家族への思いも感じられるキッチンです。

さて、テーマの「白ワインの似合うキッチン」ですが、どのように形にしたかというと…、

こもれるキッチン

壁と天井をダークグレーに塗り、床も一段下げてシックな雰囲気に。

オリジナルのキッチンは温もりある木を採用し、正面の壁にタイルを貼って味わい深い空間に仕上げました。明るいダイニングとは対照的に落ち着きのあるしっとりとした空気が流れています。

パントリー

大容量のパントリーも設けているので、つねに空間をすっきりと保てるのもポイントです。

天板

キッチンの壁に開けた横長の窓のようなスリットもユニーク。リビングのソファに座ったときに、ちょうどキッチンに立つ人の顔が見える位置なのだそう。
コーヒーを手渡したり、会話したり、子どもの様子をうかがったりすることができます。

料理

「夜中にジャムを煮たり、黙々とサヤインゲンの筋取りをしたりするのが好き」と妻。集中できるキッチンでは、作業もはかどりそう。

テラスなど、外部空間を取り込んだ開放的な暮らし

夫妻の理想は、テラスでビール、庭でバーベキューなど外部を取り込んだ開放的な暮らし。西久保さんは、広い敷地に住居とガレージのある離れを配置して渡り廊下でつなぎ、随所にテラスやピロティなどの屋外空間を点在させました。

テラス

渡り廊下上部は気持ちのよいテラス。手前に離れがありますが、その離れの屋根で道路からの視線が遮られ、日なたぼっこやプール、物干しに活躍しています。

さらに、リビングは地面より1.4m高く、テラスは1.5階と、スキップフロア構造で高さを緩やかに変えているので、室内外のつながりが立体的で、室内のどこにいても庭やテラスを近くに感じることができます。

リビング

リビングダイニングだけでなく、丸い壁で囲ったキッチンとその上部の子ども部屋からも庭を眺められるのもうれしいですね。

外部空間

子ども室(現在は書斎)へはブリッジのような通路を渡って行くことも可能。高低差に富む構成が暮らしに変化を生んでいます。

バスルームや書斎にもこだわりを詰め込んで

2階に配したバスルームもこだわりの場所。
「入浴時間以外も豊かな空間にしたい」と、テラスと同じデッキの床でフラットにつなぎ、開放的なガラス張りで屋外の延長のように仕上げました。
そしてバスタブは庭を眺められるよう、角度をつけて配置。
バスルームは、住まいで最も日当たりのいい場所に設置しました。

バスルーム

洗面室は、洗面ボウルとモルタルのカウンターが実験室のような雰囲気。ミラーの折り戸を開くとバスルームとつながり、長男が赤ちゃんのときは湯冷めしないようここで受け渡していたそうです。

キッチン上部の子ども部屋は、現在は書斎として活用。書棚は壁の骨組みで本来隠れる部分でしたが、施工中に見た夫妻が「このまま書棚にしたい」と希望しました。

書斎

偶然にも文庫本がぴったり収まるサイズでした。長男はまだ1歳なので、しばらくは書斎として活用できそうですね。

さらに、自動車レースやアウトドアなど、多趣味なご夫妻。ガレージの壁に自転車を収納したり、ボルダリング用の壁をつくったりと遊び心も忘れてはいません。暮らしも趣味も満喫できる住まいを、Oさん夫妻は目いっぱい楽しんでいます。

設計/西久保毅人(ニコ設計室)
撮影/中村風詩人

※ご家族の年齢等の情報は「住まいの設計2017年5月号」掲載時のものです。

Source: 日刊住まい