【格闘グルメ】プロレス界の仕事人「佐野巧真」の焼肉屋が悶絶必至のウマさ! 宿敵ライガー選手との最後の戦いにかける思いも語ってくれたぞ!!

プロレスラーが腕を振るう飲食店に突撃する「格闘グルメ」のコーナー。今回は伝説のジュニア戦士・佐野巧真さんが京都市内にオープンした「焼肉巧真」を紹介しよう。

レジェンドレスラーが放つ渾身の一撃、それは希少部位を惜しげもなく使った激ウマステーキ。その美味しさに迫るとともに、永遠のライバルでもあるライガー選手との秘蔵エピソードも特別に語ってもらったぞ! 全プロレスファン、必見!!

・マット界の実力者

京都市西京区。阪急電鉄の上桂駅から徒歩8分ほどの場所にある「焼肉巧真」が今回の目的地だ。

外観は普通の焼肉屋だが、店内に足を踏み入れるとプロレス関係の写真やポスターがズラリ。なぜなら……。

そう、ここはプロレスラー・佐野巧真さんのお店なのだ!

佐野さんは1984年に新日本プロレスでデビュー。華麗な空中殺法を武器に一時代を築き、IWGPジュニアのベルトも獲得。その後はUWFインターナショナル、ノアなどの団体にも活躍の場を移しながらトップレスラーとして戦ってこられた。

かねてから飲食業にもチャレンジしたいという夢があったそうで、レスラー業と並行しながら東京の焼肉店で修行を積み、昨年12月に「焼肉巧真」をオープン。

修行先で学んだ味をベースにしながらも、タレの味付けなどは京都の人の好みに合うよう微妙に変えてあるのだとか。そんな佐野さん渾身の焼肉を、さっそくいただいてみよう。

・ウマさ一閃、リブ芯ステーキ!

「一番自信のあるメニューを下さい」とお願いして出てきたのが、地元・京都産亀岡牛の特撰リブ芯ステーキ(2980円)である。リブ芯とは高級部位として知られるリブロースのうち、最も中央に位置する部分のこと。キメの細かい霜降り肉で、見た目は宝石のように美しい。

そんな希少部位にもかかわらず、ステーキは豪快な厚切りカットで提供される。佐野さんよ、これを2980円で出して大丈夫なのか……。

ガスロースターで表面をサッと炙り、ミディアムレアくらいの焼き加減で。われながら良い感じで焼けた。薄く塩味が付けてあるので、まずはそのまま一切れ食べてみることに。

オフゥ……

思わず変な吐息が漏れてしまったが、別に佐野さんの得意技であるソバットを腹部に食らったわけではない。これはウマい!

赤身の肉汁と霜降りの脂が、口のなかでほどけて最適なバランスで混じりあう。そして驚くほど後味が軽やかである。

この霜降りなのにクドくない上質な脂の味は、亀岡牛の特徴でもあるのだとか。添えてあるワサビを少しだけ乗せて食べると、肉の味が引き立ってなお良しだ。

併せて注文したカルビうどん(980円)や白菜キムチ(400円)も文句なしのクオリティ。特に自家製のキムチは少し甘味のある優しい味付けが絶妙で、ていねいな仕事ぶりが伝わってくる逸品である。延々とつまんでいたい……。

・「負けたくない」が死闘を生んだ

焼肉屋の店主として良い仕事しすぎな佐野さんだが、実はレスラーとしても現役。お店の経営で忙しいため試合出場は限定的ながら、今も時間が許すときはリングに上がっている。

そんなレスラーとしての佐野さんを語るうえで欠かすことのできない人物がいる。佐野さんと同日にデビューし、ジュニアの象徴として知られる獣神サンダー・ライガー選手だ。

若手時代、2人はIWGPジュニアのタイトルを巡って激しい抗争を繰り広げた。トペ・スイシーダや雪崩式バックドロップなど危険な技を躊躇なく繰り出す2人の戦いは、プロレス史に残る名勝負としてオールドファンの語り草となっている。

なぜ限界を超えた死闘は生まれたのか。なぜ試合がスイングするのか。その理由を尋ねた。

「同期デビューで、お互いに負けたくないと強く意識していました。僕はライガー選手の見ていないところで密かに個人練習したりしていましたし、彼も同じだったと思います。そういったライバル意識が、持っている能力を試合で最大限に引き出したのかもしれません」

またリング外では、こんなエピソードも記憶に残っているという。

「合宿に出かけたとき、先輩の前田日明さんに『お前ら相撲とれ!』って急に言われて。ライガー選手と相撲を取ることになったんですよ。10番勝負だったんですけど、僕が負け越してしまって……。そのときのことは、今でも悔しいです」

これはデビューすらしていない新弟子時代の話なのだとか。30年以上も前、それも練習で取った相撲の勝ち負けを未だ忘れられずにいるとは……。いかに佐野さんがライガー選手を強く意識していたか、その一端を見たような気がした。

・「イッテンヨン」を見逃すな!

ライガー選手は、来年1月に行われる新日本プロレス東京ドーム大会での引退を表明している。そして引退試合のメンバーには、佐野さんの名前も。ライガー選手との最後の試合について、その思いを語ってくれた。

「引退試合のメンバーに呼んでもらえて、素直に嬉しい。若いころのような動きは出来ないかもしれないけど、気持ちだけは若手時代と同じで挑みたい。少しでも良い試合をできるようにコンディションを整えておかないと」

試合は2日間にわたって組まれており、4日の試合では対戦相手として、5日の試合ではタッグパートナーとして試合が予定されている(カード詳細は公式HPを参照)。

最後に聞いてみた。同じコーナーに立つライガー選手と、対角線上に立つライガー選手。どちらが佐野さんにとって燃える存在なのかと。

「うーん……やっぱり対角線に立って戦うのが楽しいですかね?」

ライバルは、いつまでたってもライバルなのかもしれない。

・今回紹介したお店の情報

店名 焼肉巧真
住所 京都市西京区山田庄田町3-63
時間 17:00~23:00(LO / 22:30)
休日 水曜日、第1・3木曜日

参考リンク:新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 14
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「格闘グルメ


Source: ロケットニュース24

【ダイエット】吉野家「ライザップ牛サラダ」のトッピングが “キムチ一択” な理由

日本全国8000万人のダイエッターのみなさん、こんにちは。今日もカロリーや糖質を気にしていますか? 私、P.K.サンジュンは「昼だけ普通に食べるザップ」なるダイエット企画を敢行中なのですが、ガチで週5回は食べているのが吉野家の『ライザップ牛サラダ』です。

ライザップ牛サラダの素晴らしさについては後述しますが、2019年7月12日からそのライザップ牛サラダに「5種類のトッピング」が可能となりました。ただし、数々のダイエット企画に挑戦してきた私から言わせると「トッピングするならキムチ一択」と言わざるを得ません。

・ほぼ毎日食べている

ダイエット企画「昼だけ普通に食べるザップ」を開始してから2カ月が経過しましたが、ここ1カ月ほど平日の夕食は『ライザップ牛サラダ』ばかり。近所の吉野家の店員さんに「ライザップ デスカ?」と先制攻撃されるくらいのリアル愛好者です。

ライザップ牛サラダは本当に優秀です。300グラムあるので腹持ちも良く、たんぱく質は30グラムが摂取でき、糖質は12.2グラムで済みますから文句はありません。味も激ウマとは言いませんが、素っ気なくもそれなりにパンチがあるところが気に入っています。

コンビニで商品を組み合わせればライザップ牛サラダより糖質を抑えることも可能ですが、面倒じゃないところも含めて私はライザップ牛サラダ推し。これで税込540円なので、しばらくはライザップ牛サラダ生活が続くことでしょう。

・5種類のトッピングメニュー

さて、その『ライザップ牛サラダ』に5種類のトッピングができるようになったのは、つい最近のこと。まずは以下でトッピング可能なメニューをご覧ください。

1. 牛肉増し(110円)※ライザップ牛サラダに入っている牛肉の半分の量
2. 納豆(90円)
3. チーズ(110円)
4. キムチ(110円)
5. 野菜増し(90円)

さて、あなたがまあまあ本格的なダイエッターだとしましょう。上記の中で何をトッピングしますか? どれもこれも悪くはありませんが、私から言わせれば「あえて言うならキムチ」となります。以下でその理由をご覧ください。

・あえて言うならキムチ

まず「牛肉増し」ですが、私は「人間の体が1度の食事で摂取できるたんぱく質は20グラム説」を信じています。つまり、元々のライザップ牛サラダに含まれている30グラムのたんぱく質で事足りているということ。「納豆」も同じ理由でトッピング候補から外れます。

お次の「チーズ」は決して悪くはないのですが、私から言わせれば「良くもない」といった感じでしょうか。タンパク質含有量が多い「カッテージチーズ」ならば話は別ですが、一般的なチーズは脂質が高いため、ダイエット向きの食材とは言えません。

そして「キムチ」ですが、これはアリです。なぜならライザップ牛サラダにはない「カプサイシン」を追加することができるから。唐辛子などに多く含まれるカプサイシンは、脂肪を燃焼させると言われていますので、そういう意味でキムチは新たな栄養が追加可能なのです。

ただし「カプサイシンはかなりの量を摂らないと意味がない説」もありますので、トッピング程度のキムチで効果があるのかは疑問が残るところ。なので先述のように「あえて言うならキムチ」となるワケです。

なお「野菜増し」を外したのは、キムチが野菜を兼ねているからで、せっかくならカプサイシンが含まれているキムチの方がいい、という判断です。

・基本的にはそのままで十分

ちなみに、どうせトッピングが可能になるなら、元々のライザップ牛サラダに含まれている「」「ブロッコリー」「鶏肉」あたりを熱望します。これが可能になるなら、かなりガチ系のダイエッターも『ライザップ牛サラダ』を食事に取り入れるのではないでしょうか?

というわけで、結論から言うと「ライザップ牛サラダはそのままでOK。もしトッピングするならキムチ一択」となります。ただし、これはあくまで栄養価的な視線なので、長くダイエットを続けるため、味変的に各種トッピングを追加するのは効果的と言えるでしょう。

参考リンク:吉野家「ライザップ牛サラダ」
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

盛岡で食べた「納豆キムチラーメン」は納豆界で最強にウマい食べ物かもしれない / 7月10日は納豆の日

本日7月10日は「納豆の日」だ。なんでも、「なっ(7)とう(10)」の語呂合わせから、関西納豆工業共同組合が関西における納豆の消費拡大のため、昭和56年に関西地域限定の記念日として定めたそうな。そして平成4年、全国納豆共同組合連合会が改めて7月10日を「納豆の日」と決めたことで全国的な記念日になったらしい。

身近な上にリーズナブルで健康にもいい納豆。白米はもちろん、カレーやオムレツなど、実は他の料理とも相性がいいが、岩手県盛岡市で目を疑うような納豆メニューを発見した。まさかまさかそのまさか……「納豆キムチラーメン」がそうである! 納豆とキムチにラーメンまで組み合わせるって、正気ですか!?

岩手県といえば「わんこそば」「盛岡冷麺」「盛岡じゃじゃ麺」で知られている。現に駅を降りたらお店がズラリ。ちょっと歩けば三大麺の看板が並んでいて、すぐに堪能できる環境が整っていた。いやぁ、盛岡に来た! そう実感していたところ……んんんっ?

視界に飛び込んできたのが「柳家」だった。というのもラーメン、つけ麺、担々麺、漆黒醤油、さらにはキムチ納豆ラーメンも取り扱っていて他店と少し違う雰囲気を醸し出していたのだ。店舗ごとによってメニューは異なるようだが、キムチ納豆ラーメンは不動の看板メニューと書いてある。

これは混ぜるなキケンってやつだろ……と食べる前から失礼な予想をしてしまったが、どうやらめちゃくちゃ人気らしい。ちなみに同店は盛岡市内に11店舗(仙台に1店舗)。駅チカの建物にも入っているあたり、ソウルフード的な感じさえする。サッカーの試合ができるくらい拡大しているとなれば、それすなわち人気の証。よしっ、食べてみるか!!

・いざ実食

というわけで、柳家大通り2号店にやってきた(本店は営業時間外だったため)。

歓楽街にあるためか、開店時間は18時というスタイル。まだ明るさが残るなか、開店10分前から並んでみた。さすがに夕方の一発目からキムチ納豆ラーメンを食べる人はいないのか、客は自分だけ。

そして店頭には「キムチ納豆タベテ元気ニ」と書いてある貼り紙がぺたり。うわぁ、ホントに推しまくっていて看板メニューなんだぁ……と不安とドキドキが入り混じっていたところで、開店準備を終えた店員さんがドアを開けてくれた。

・マジで納豆入り

いざ入店し、券売機の前に立つとエッジの効いたラインアップがずらり。「レッドホットキムチ納豆」など辛さが調整できるだけでなく、4種のチーズキムチ納豆ラーメンや中華そば、煮干し中華、タンメンあたりも置いていた。もはやキムチ納豆ラーメンが可愛く見えてしまうなか、今回は人気ナンバー1の並(950円)を注文することに。

どれくらいウマいのかな? 結構臭いのかな? 固形の納豆をそのままぶち込んでいるのかな……? 期待と特大の不安に襲われていると、例のラーメンがやってきた。おいおい、これは……

納豆の匂いがかなりする(^q^)

見たところ、固形の納豆は入っていないが誰しもハッキリ気づくくらい納豆である。すりつぶしているにしてもブツとしての納豆が見当たらないので、味噌やスープでやりくりしているのだろうか。まぁ、納豆が100%インしていることは誰が嗅いでも明らかだ。そして味はというと、正直……

めちゃくちゃウマい!!!!

決して納豆の主張が強すぎることなく、一杯の中に旨味が閉じ込められている。ズズッとスープを飲めば、納豆の酸味とキムチの辛味が絶妙のバランスを保っていてウマい。てっきりトガった一杯だと予想していたが、なんちゅう優しい味をするのだろう。中太でモチモチ麺との相性も良く、箸とレンゲが止まらない、止められない!!

しかも、シャキシャキした もやし など、野菜が盛りだくさん乗っているため罪悪感どころか健康になっている感じさえするラーメンだ。量も申し分ないため、一杯で満足できる人は多そう。もしかしたらもしかすると、「納豆キムチラーメン」は納豆界で最強にウマい食べ物かもしれない。

・納豆好きなら

この日、盛岡駅から繁華街まで散策したが、ラーメンにも種類はいろいろ。柳家の「納豆キムチラーメン」は数ある選択肢の中から人気を獲得しているのも納得の味だったので、衝撃のネーミングにビビらず食べることをオススメする。もちろん三大麺もいいが、納豆好きならマストだ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 柳家 大通2号店
住所 岩手県盛岡市大通2−4−6
時間 日曜〜木曜 18:00〜翌03:00 / 金曜、土曜、祝日前日 18:00〜翌05:00
休日 なし

参照元:なるほど統計学園
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24