【急げ】6月30日のキャッシュレス・ポイント還元事業終了までもうすぐ / 大きな買い物をするなら今がラストチャンス!

早いもので2020年もあと少しで半分を折り返す。上半期はコロナ一色。暗いニュースが続いており、いまだに出口は見えてこない。誰も予想しなかった年になっているが、はたして下半期はどうなるのだろうか。

そんななか、いよいよキャッシュレス・ポイント還元制度の終了が近づいてきた。それすなわち、消費税10%の本格的到来──キャッシュレスで大きな買い物をするなら今がラストチャンス!

・終了まで間もなく

2019年10月1日の消費増税にあわせて導入されたキャッシュレス・ポイント還元事業。これは中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元等を支援するもので、消費者にとっては2%から最大5%まで戻ってくるありがた〜いシステムだ。

全消費者が対象だったこともあって、消費増税を実感していなかった人もいるだろう。しかし、6月30日をもって事業終了。もしかしたら新型コロナウイルスの影響で延長……と期待するも、どうやら今のところ予定通りに終わってしまうようだ。

・ラストチャンス

となると、これから消費税10%が重くのしかかってくる。どうせ買うなら7月よりも6月。たとえ少額でも「塵も積もれば山となる」の意識を持っておいて損はない。大きな買い物をするならラストチャンスだ。

それにしてもコロナ禍の今、本当に6月30日で事業終了してしまうとは……。キャッシュレス決済だと接触する機会を減らせるため、キャンペーンを継続するという選択肢はなかったのか……と思わずにはいられない。

・どうなるマイナポイント

なお、7月1日から「マイナポイント」の申し込み手続きが始まるが、マイナンバーカードの普及率を考えるとハードルがグンと高くなる。そもそもマイナンバーカードを所持していない人も少なくないだろう。

対象店舗を見つけ、キャッシュレス決済するだけと簡単だった「キャッシュレス・ポイント還元事業」。ただでさえコロナの影響で消費の落ち込みが大きいなか、どこまで最後の駆け込み需要があるのだろうか。買い物の予定がある人は密を避けつつ、ラストチャンスを活かして賢く買っておこう。

参照元:キャッシュレスマイナポイント
執筆:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【やってみた】日本のクレジットカードで「Alipay」にチャージ → 日本で使えるのか試してみた / そして分かったこと

2019年11月4日、中国のキャッシュレス決済「Alipay」に嬉しい改革があったことが確認された。従来、現地の銀行口座を持つ者のみが登録できたところ、口座なしでもOK! クレジットカードやデビットカードでチャージできるようになったのだ!

私(沢井)も実際にやってみたが、ものの5分でチャージ完了! しかも未使用分は90日後に返金されるという。中国への短期滞在に最適なシステムだが、Alipayが使えるのは中国だけではない。日本でもインバウンド向けに多く導入されているが……私たちも利用できるのだろうか?

・日本でも使いたい → 実名認証してみる

Alipay内のミニアプリ「Tour Pass」を利用することで、現地口座を持たない外国人もAlipayを利用できるようになった。ということは、中国国内に限らずAlipayが導入されているお店ならどこでも使えるのだろうか? 

「Tour Pass」登場前、Alipayを日本で使おうとした人たちの情報を総合すると、中国国外でAlipayを使うには「中国大陸の銀行カードを使って実名認証が必要」であるという。

では、実名認証はどうすれば良いのかというと、「身分証+中国の銀行カード+もろもろの個人情報」の登録が基本である。

ということで従来の方法に従って登録。パスポート&顔写真の登録は認証に時間がかかったものの難なくクリア。だが肝心の銀行カードの登録が……できない! 事前情報ではクレジットカードで登録できると聞いたのだが、私の場合、VISAもJCBも「サポート外」という表示が出るのみで登録不可だった。

もしかしてミニアプリ「Tour Pass」の登場によって事態は変わった? カードの登録はできなかったけど、「Tour Pass」で入金すると作成される上海銀行のプリペイドカードが紐づいており、「上海銀行のキャッシュカード」と表示されている。

中国のこういったサービスはコロコロ変わるものだ。いけるかもと期待を胸に、日本でいちはやくAlipayを導入したローソンに行ってみたところ……

・ローソンで使ってみた

ダメでしたーーーーッ!

ローソンの端末に表示されたのは「お客様の銀行口座はお使いいただけません」という旨のメッセージ。ただエラーの理由は「中国大陸の銀行口座じゃないから」ではなく、「残高不足」「通信障害」「利用額超過」などが考えられると挙がっていた。仕方がないのでPaypayで払った。

・分かったこと → 「Tour Pass」=インバウンド専用Alipayと呼びたい

Alipay内のミニアプリである「Tour Pass」を確認すると、確かに100元入金されている。

しかしAlipay本体の残高は0元のまま。この0元表示から考えるとローソンで出た “残高不足の可能性” の表示も納得がいくものだ。

また「Tour Pass」の残高からAlipay本体にチャージすることもできない。そこから考えられるのは「Tour Pass」を通したAlipay決済ができるのは大陸だけ、つきつめて言えば中国大陸を訪れる外国人専用ということだ。「Tour Pass=中国のインバウンドに特化したAlipay」と呼んでも差し支えないのではないか。

うーん、中国に定住していない私たちも自由に使えたらと期待しただけに残念! しかしこれまで中国のキャッシュレス社会から外国人が締め出されていたことを考えると、やはりこの “改革” は大きい。実際、中国国内でどれだけ使えるのか、またライバルのWechat payが今後どう動くのか要チェックだと言えるだろう。

参照元:Alipay(iOS)
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.
Screenshot:Alipay(iOS)


Source: ロケットニュース24

【遺憾】「キャッシュレスに縁遠いアニメキャラ」という謎のランキングが発表されるも、2位の『両津勘吉』に納得がいかない

ここ日本においても、少しずつではあるが利用者が増えている印象のキャッシュレス決済。使ったことがない人でも『PayPay』や『LINE Pay』の名前くらいは聞いたことがあるだろう。個人的には、現金よりもキャッシュレスで支払う方が今は頻度が高い。

さて、そんなキャッシュレス決済について、GMOあおぞらネット銀行が興味深い調査結果を発表しているぞ。正確には「お金のセンス」に関する調査なのだが、その中に「キャッシュレスに縁遠いアニメキャラ」という謎のランキングが登場するのだ。何やそれ!

しかし……。2位にランクインした『こち亀』の両津勘吉。これには納得がいかん……!!

・キャッシュレス決済についての調査結果

GMOあおぞらネット銀行がビジネスパーソン1000名を対象に実施した今回の調査。お金の貯め方や管理、銀行サービスや口座の使い分けなど、全体的にやはり お堅い項目が目立つ。その途中で、キャッシュレス決済についての質問がいくつも用意されている……のだが。

キャッシュレス決済の頻度や種類といった基本的な項目のあと、突如現れる「キャッシュレス決済を駆使していそうな芸能人は?」という謎の質問。え、急に? という印象を拭えないが、結果を見ると1位はなぜか宮川大輔さんだった。

『PayPay』のCMイメージに引きずられすぎだろ! ホントにビジネスパーソンかよ!! と思いつつ次の項目に目を移すと、今度は「現金払いにこだわりそうなアニメキャラクターは?」というさらに奇妙な質問が飛び出したぞ。いや知らんがな。

・謎のランキング

要は「キャッシュレスに縁遠いアニメキャラ」を聞いているわけだが……う~む。いまいちピンとこないのでアンケート結果を見てしまおう。トップ10は以下の通り。

10位 さくらももこ(ちびまる子ちゃん)
9位 江戸川コナン(名探偵コナン)
7位 モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)
7位 孫悟空(ドラゴンボール)
6位 野比のび太(ドラえもん)
5位 ナミ(ONE PIECE)
4位 ドラえもん(ドラえもん)
3位 磯野波平(サザエさん)
2位 両津勘吉(こちら葛飾区亀有公園前派出所)
1位 フグ田サザエ(サザエさん)

いかがだろうか? 個人的には22世紀から来たのにナメられすぎているドラえもんが少々ツボだが、それより納得いかないのが2位の両津勘吉だ。いやいやいや! 両さんはキャッシュレスに程遠くはないでしょ! 絶対詳しいでしょ!!

・むしろ申し子

中川や麗子に対し、キャッシュレス決済についての詳細な解説を繰り広げる両さん。ほぼすべてのサービスに登録し、その時その時でもっとも得になるよう使い分けていると豪語する両さんに、大原部長が「卑しい男だ」とツッコむところまでがワンセットではないか。

ただまあ両さんなら、もしかすると現行のキャッシュレス決済の問題点を指摘し、それを改善したサービスを自ら生み出し大儲けするも、何やかんやあって失敗して最後に大原部長が「両津のバカはどこだー!」と怒鳴り込んでくるパターンも大いにあり得るが。

話が逸れてしまった。つまり私(あひるねこ)が言いたいのは、両さんの2位は納得がいかないということである。それ以外は特に異論はない。だってサザエさんがキャッシュレス決済を使いこなせたら、財布を忘れて街まで出かけても買い物できちゃうもんね。

参照元:GMOあおぞらネット銀行
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【速報】俺たちの吉野家、キャッシュレス化の波に乗ってついに「iD」を導入! PayPayとLINE Payはいまだ使えず!!

ここ日本でも加速し続けるキャッシュレス化の流れ。『PayPay』『LINE Pay』あたりはだいぶ世間に浸透したように思うが、つい先日もセブンイレブンが『7pay』、ファミリーマートが『ファミペイ』をそれぞれ導入し、勢いはいまだ止まる気配がない。

そして、同じくその波に乗ろうとしているのが大手牛丼チェーンの吉野家である。本日2019年7月4日、吉野家は国内1161店舗において電子マネー『iD』を導入したことを正式に発表したのだ! やったーーーッ! さすが俺たちの吉野家ァァァァァアアア!!

・吉野家、ついに『iD』を導入

NTTドコモが発行する電子マネー『iD』と言えば、『Edy』や『Suica』などの交通系と並ぶ決済サービスの代表格である。ただ、個人的な印象としては『PayPay』や『LINE Pay』よりも一世代前の選手というか、スマホではなくカードでタッチするイメージが強い。

もちろんアプリをインストールすればスマホでの利用は可能であり、全国的にも『iD』が使える場所は非常に多い。とは言え、勢いや話題性という意味では『PayPay』や『LINE Pay』に少々遅れを取っているのが現実だろう。

・吉野家らしさ

ライバルチェーンの松屋はというと、早々にモバイル決済サービスを導入し、キャッシュバックなどのキャンペーンにも余念がない。一方、このタイミングで『iD』導入を発表する吉野家に、そこはかとなく “吉野家っぽさ” を感じたのは私(あひるねこ)だけではないはずだ。

食券機に頼らず、客との触れ合いを今も大事にする吉野家。本当は電子マネー自体使いたくないのだけど、お客様のために『iD』導入に踏み切りました──。そんな複雑な思いがもしかしたらあったのかもしれない。ところが、吉野家のホームページを見てみると……。

めっちゃ電子マネーに対応していた。

主要なブランドはほぼ網羅していた。なんと『Origami Pay』にまで対応していた。……ほとんど使えるやないか。逆になんで今時『PayPay』と『LINE Pay』が使えないんだ。なんでこのタイミングで『iD』なんだ。そういうとこあるよな、吉野家って。

・今後の動向に注目

吉野家は今回の発表で「随時電子マネーの導入を進めてまいります」と説明しているため、今後使用できる決済サービスが増える可能性はある。が、現時点ではまだ『PayPay』も『LINE Pay』も利用できないので注意してくれ。念のため繰り返すが、今日から使えるようになったのは『iD』である。

参照元:吉野家(PDF)
執筆:あひるねこ


Source: ロケットニュース24