【ポケモンGO】キラフレンドになったけど「コロナのせいで声かけづらい問題」を考える

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! イベントが無くて暇しているかな? お兄さんはエネコとヒメグマの色違いを狙ってるんだけど、そう簡単には出ないよね。ドンメルやアメタマあたりは無感情でタップしてるから、早いところ色違いを実装して欲しいよ!

それはさておき、ここ数カ月間で世界を取り巻く環境は大きく変化した。ポケモンGOをプレイする環境も「おうち仕様コミュデイ」を筆頭に、大きく様変わりしている。そんな中、みんながヤキモキしているのが『キラフレンドになったけど声かけづらい問題』ではなかろうか?

・神機能「キラフレンド」

2019年に実装されて以来「キラフレンド機能」は、多くのトレーナーにとってテンションぶち上がりの神システムとなった。それもそのハズ、狙ったポケモンを確定でキラポケモンに出来るのだ、こんなにありがたい機能はなかなかない。

それまでは「とりあえずギフトをもらえる or 送れればOK」だったフレンドが、以降は「実際に会える」ことが超重要となった。キラフレンドになってるのに連絡が取れないフレンドのもったいなさったら……ねえ? いっそ解除しているトレーナーも中にはいらっしゃるハズだ。

・おうちポケ活推奨期間

さて、ここ数カ月間 “おうちポケ活” が推奨されていたポケモンGOは、おこう・コミュデイ・トレーナーバトル、さらにはリモートレイドパスなどなど、様々な面で変化が。おかげでコロナ以前と比べると、外に出なくても楽しめる仕様となっていることは確かだろう。

一方、よく考えると実は禁止された事項は1つもない。せいぜいイベントが中止になるか、コミュデイでルアーモジュールの効果が長くならなかったくらいである。ポケモンGOはこれまで通り「最終的にはトレーナーの判断」に全てが委ねられているのだ。

つまりこの数カ月間、外でプレイしようと思えばプレイ出来たし、実際「今までとほとんどプレイスタイルが変わっていない」という人がいる可能性もある。あくまで “おうちポケ活” は推奨であって強制ではないからだ。

……が!

仮に野性的プレイスタイルのトレーナーがいたとしても「キラフレンド」だけは従来通りとはいかなかったハズ。自分1人ならどうでもいいことも、誰かを巻き込む & 誰かに知られるのは気が引けるに違いない。まして “おうちポケ活” を順守していたトレーナーは尚更だろう。

・そろそろいいのでは?

とはいえ、個人的には、そろそろ声くらいかけてもいい気がする。東京アラートも解除され、社会が日常に戻りつつある今、実際に出勤を始めたトレーナーも多いハズ。もちろん、以前のように全日出勤ではないかもしれないが、ついでにキラ交換できる環境ならば放置しておく必要もあるまい。

キラ交換だけのためにわざわざ外出する & 外出してもらうのは野暮でも “ついでに” ならばどうだろうか? 「もう出勤されてますか?」「もし出勤されているようなら」という枕詞付きでキラフレンドにコンタクトを取るくらいならば別にイイ……と個人的には思う。

さらに奥の手として「非対面」という選択肢もある。過去に検証したところ、交換は100メートルくらい離れていても可能だから「マスクはつけてるけど話をしたくない」という人は非対面を視野に入れてもいいハズだ。

仰々しく書いてきたが、結局のところ「お互い同意の上ならそろそろいいんじゃね?」というのが個人的な見解である。なかなか自分からは言い出しづらい問題ではあるが、あなたはどう思うだろうか? ……でも、そろそろ声かけるくらいいいんじゃね?

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

【保存版】ポケモンGOで「キラフレンド」と優先的に交換すべきポケモン

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日もおうちポケ活しているかな? お兄さんは色違いグレッグル0匹でフィニッシュさ。色合いがイイから絶対に欲しかったんだけど、なぜか捕れたのは色違いヒノアラシだったよね。色違いヒノアラシ……君に罪は無いんだけど……すまん。

それはさておき、キラフレンド機能が実装されておよそ1年になるが「キラフレンドとは何を交換すべきですか?」という質問をいただくことがある。そこで今回はお兄さんなりに『キラフレンドと優先的に交換すべきポケモン』をランク付けしてみたのでご紹介しよう。

・キラ交換する目的

2020年4月現在、お兄さんは618種類ものポケモンがキラっている。そういう意味で「キラポケモン」及び「キラ図鑑」に関しては、No.1でこそないものの、かなりの達成度と言っていいだろう。ホント、自慢じゃないス。

さて、お兄さん的にキラフレンドとキラ交換する目的はただ1つだけ、ズバリ「キラポケモンにすること」だ。中には高個体値狙いでキラ交換するケースも無くはないが、今回のランク付けは「キラポケモンになればOK」ということを大前提としている。

というわけで、さっそく以下で『キラフレンドと優先的に交換すべきポケモン』を優先度の高い順にお届けしたい。

・ランクS: ぜひ交換してもらおう「地域限定系ポケモン」

図鑑をキラポケモンで埋めていく場合、最終的に手こずるのが「地域限定系ポケモン」だ。日本国内ではほとんど流通せず、とにかく持っているトレーナーの絶対数が少ない。ケンタロス、バリヤード、ガルーラなど、日本で出現したことがあるポケモンでも、キラっていないならばキラ交換する価値は十分にある。

マラカッチやシンボラー、ナゲキなど最近追加された地域限定系のポケモンは当然として、パチリス、マスキッパ、ヘラクロス、コータス、イルミーゼなども相手が「交換してもいいヨ」と言うならば感謝の気持ちを込めて交換してもらおう。しつこいようだが、手こずるのは地域限定系ポケモンだ。

・ランクA: 基本はコレ「伝説のポケモン」

多くの人が持ってはいるが「1日1回」の縛りがあるおかげで、なかなかキラらないのが「伝説のポケモン」だ。キラフレンド実装前、毎日コツコツ伝説のポケモンを交換していたが、それはそれは気が遠くなる作業であった。はい、2度とやりたくありません。

そういう意味でキラっていない伝説のポケモンは、じゃんじゃんキラ交換してOK。むしろキラフレンド機能は「伝説のポケモンをキラらせるためにある機能」ともいえる。何を交換するか迷ったら、とりあえずキラってない伝説のポケモンを交換すればいいだろう。

・ランクB: 地味だけどキラ案件「絶対数が少ないレアポケモン」

ポケモンGOの世界には、ある意味「地域限定系ポケモン」や「伝説のポケモン」より希少なポケモンが存在する。具体的にはミカルゲやヌケニン、コロモリなどの「絶対数が少ないレアポケモン」だ。

どんなガチ勢でもミカルゲは2匹までしか自力で捕れないし、ヌケニンとコロモリも1カ月間だけリワードの大発見で登場しただけ。全キラを目指すうえで、これらの「絶対数が少ないポケモン」も文句なしにキラ案件である。

・ランクC: 基本は数を撃ちたいけど「たまにしか出ないポケモン」

ランクS~Bまでは迷うことなくキラ交換を使ってイイ。逆に言うとそれ以外のポケモンは、数を撃ってキラポケモンを目指したいところだ。どれだけキラフレンドがたくさんいても、全てのポケモンをキラ交換でキラポケモンにすることは現実的ではない。キラ化の基本はあくまで「数撃つ作戦」である。

……んが、例えばデリバードやミルタンク、キリンリキ、ツチニン……などなど、タイミングを逃すと入手困難なポケモンがいることも事実。そうしたポケモンはキラ交換を使ってもいいだろう。地味なところではパラスあたり、またリオルやリーシャンなども場合によってはキラ交換を使ってもイイ。

ランクCの項で述べたように、全キラを目指す基本は「数撃つ作戦」を日々粛々とこなすことである。キラ交換は本当に貴重だから、まずは1日1回しか交換できない「伝説のポケモン」をベースにし、相手がOKしてくれるなら「地域限定系ポケモン」を交換、さらに「絶対数が少ないレアポケモン」も視野に入れてみよう。

これは余談になるが、全ポケモンのうち “もっともキラ交換が難しいポケモン” は「地域限定 + 伝説ポケモン」の条件を満たす「アグノム」と「エムリット」となる。実際にお兄さんもアグノムだけはキラの見通しさえ立っていないから、本当に難易度が高い。逆に言うと「ユクシー」もそれだけの価値があることを覚えておくべし。

ちなみにお兄さんは「色違いポケモンのキラ交換」には、さして意味を見出していない。色違いポケモンの全キラを目指している超ガチ勢なら別として、色違いポケモンは普通に交換すればヨロシ。あくまでキラ交換は「キラポケモンになることがゴール」だと考えている。

というわけで、キラフレンドと何を交換しようか迷っている人はぜひ参考にしていただきたい。図鑑がキラキラしてくると、気分もアゲアゲだぞ☆ それではトレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

【ポケモンGO】キラポケモンをコンプしたくて交換を9000回やった結果

千里の道も一歩からというように、キラポケモンのコンプも一歩から。2018年の夏、ポケモンGOにキラポケモンが実装されてからというもの、当編集部は交換に交換を重ねてきた。そしてその数はついに9000回に到達!!

一時は下がったキラ確率もキラフレンド機能のおかげで上昇しているが、ちゃんと計算したら何匹がキラになっているのだろう。そして図鑑はどれだけキラキラしているのか──。集計したので以下で結果をご覧あれ〜!

・過去の結果

まずは9000回の結果を報告する前にこれまでの確率を1000回刻みで振り返ろう。1000回から8000回まで、キラ確率とキラポケモンの数はどうだったのかというと……

1000回 → 80匹(8%)

2000回 → 174匹(8.7%)

3000回(3355回時で計算) → 242匹(7.2%)

4000回 → 287匹(7.1%)

5000回 → 335匹(6.7%)

6000回 → 399匹(6.65%)

7000回 → 444匹(6.34%)

8000回 → 512匹(6.4%)

──と、ゆるやか〜な下降線を描き続けていたが、キラフレンドが実装されるとわずかに上昇した。やはり百発百中でキラポケモンにできるのはありがたい。8000回からおよそ4カ月、9000回での確率を見てみると……

9000回 → 596匹(6.6%)

──ほんとちょっとではあるものの、またしても上昇していた。当編集部は普通のトレーナーに比べるとキラ交換をできている方(たぶん)というのもあるが、このまま1万回に到達する頃には7%復帰も難しくなさそうだ。

・図鑑のキラ具合

さて、ここからは9000回も交換したらどれくらい図鑑をキラキラさせられているのかを取り上げていこう。未実装のポケモンも含め、地方ごとにまとめてみた(交換不可は記載せず)。

カントー地方 → 148 / 151
(残)ガルーラ、ラプラス

ジョウト地方 → 99 / 100
(残)なし

ホウエン地方 → 130 / 135
(残)カクレオン(未実装)、ジーランス、レックウザ

シンオウ地方 → 100 / 105
(残)ミカルゲ、ロトム(未実装)、フィオネ(未実装)、マナフィ(未実装)、ユクシー、エムリット、アグノム

といったように順調、順調! んで、イッシュ地方は実装されてから日が浅いため「まだまだこれから」の状況だ。余談だが、ドテッコツ・ガントル・チョボマキ・カブルモは交換でもらうとアメ0個で進化できるから覚えておこう。

・海外限定はどれだけキラに?

この1000回を振り返ると、やはりキラフレンドの恩恵が大きい。というのも、海外限定ポケモンの交換がすこぶる順調にできたのだ。

ヘラクロス、サニーゴ、コータスに加えてマネネ、さらにはイッシュ地方のバオップなど……これらがキラになったのはフレンドなしの環境ではできなかった。おかげでゴールは目前ッス……と思っていた矢先!

エジプト・ギリシャ限定のシンボラーをはじめ、ナゲキやマラカッチあたりの難関ポイントが追加されたことで、またしてもコンプへの道は長くなった。次回は大きな節目である1万回だが、これまで同様へこたれずにやっていきたい。千里の道も一歩から。キラポケモンのコンプも一歩からなのだから。

Report:原田たかし
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

【ポケモンGO】キラポケモンをほぼコンプ! 全キラを目指すために最も重要なポイントは…

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 色違いミュウツーは捕れたかな? お兄さんは27戦目でようやくゲット!! 初日は3回、2日目は10回、3日目は14回やったんだけど、我ながらやりすぎだと思うよ! これでも一応サラリーマンだから社会って複雑だよね!!

それはさておき、キラポケモン実装から1年強が経過したが、ついにお兄さんは辿り着いた……のかもしれない。というのも、キラポケモンを “ほぼコンプ” してしまったんだ。今回は全キラを目指すトレーナーたちに、その道のりとコツをお伝えしよう。

・ほぼコンプ達成

キラポケモンが実装された直後、お兄さんは率直にこう思っていた。「めんどくせえ……!」そして「興味ねえ……!」と。だがしかし、キラった瞬間の快感は何ものにも代えがたく、またキラキラしていく図鑑にも心が満たされた。

当編集部の原田たかしと2人、来る日も来る日も交換を繰り返し、気付けば8000回を超えたことは以前の記事でもご紹介した通りである。そして「キラフレンド」の実装でスパートがかかり、このたび “ほぼコンプ” を達成した次第だ。

ちなみに “コンプ” と言い切れないのは「アグノム」と「エムリット」がキラっていないからである。ご存じの通り、地域限定かつ伝説ポケモン枠のアグノムとエムリットは、ハッキリ言ってどうやってキラらせればいいのかわからない。この2種類は長いスパンでキラを狙うしかないだろう。また、実装されたばかりの「イッシュ地方」のポケモンも手付かずだ。

・キラ交換を使う優先順位

さて、全キラを目指すために「キラフレンド」の有効活用は必須条件である。では実際にキラフレンドになったら、どのポケモンからキラポケモンにしていくべきか? お兄さんなりの見解を以下で述べていきたい。

・ドラフト1位: 地域限定ポケモン

日本で捕れないポケモンは、迷うことなくキラ交換を使用していいハズ。特に日本未登場の「ヘラクロス」「ジーランス」「コータス」「マスキッパ」「イルミーゼ」「パチリス」……などは、相手が見つかったら最優先でキラ交換してもらおう。

迷うのは、イベントで日本に出現したことがある「ガルーラ」「ケンタロス」「バリヤード」「トロピウス」「ペラップ」あたりだが、こちらも状況に応じてキラ交換もアリだ。日本で捕れないポケモンは、それだけでキラ交換を使う価値がある。

・ドラフト2位: 伝説ポケモン

1日1回しかチャレンジできない「特別な交換枠」の伝説ポケモンも、キラ交換で埋めていくのが現実的だ。伝説ポケモンは相手が持っていることが多いので、交換相手も比較的見つけやすいハズ。また「メルタン」も幻のポケモンで1日1回しか交換できないから、場合によってはキラ交換を使ってもイイだろう。

・ドラフト3位: レアポケモン

実は伝説ポケモンより交換相手を探すのが難しいのが「レアポケモン」だ。例えば「フカマル」あたりはまだハードルが高く、伝説ポケモンより交換相手が見つけづらい。当然、第6世代の「テッシード」「ヒトモシ」「ゴビット」「ノモズ」あたりは、キラ交換対象となる。

また、絶対数が少ない「ミカルゲ」や「ヌケニン」もキラ交換を使うべきポケモンだ。難しいのはそれ以外のレアポケモン。例えば「ツチニン」「スガイドス」「タテトプス」などは、イベントで発生した際に死に物狂いで頑張りたいとことだが、それでもダメならキラ交換もアリだろう。ただ、なるべく通常の交換で何とかしたい。

・もっとも重要なこと

ここまで「キラ交換」の優先順位を述べてきたが、何より重要なのは「コミュニケーション能力」と「マメさ」だと思う。色違いポケモンを交換する際「もしハリーセン持ってたら普通に交換してください~」なんてお願いは数えきれないほどしたし、逆にリクエストされれば全力で応じてきた。

仲良し度を上げるために毎日必ずギフトを送り、また弾となるポケモンを捕まえまくる。その結果、キラフレンドも発生し図鑑も埋まっていく。とにかくマメに、そして交換相手に軽いお願いならできるくらいの雰囲気作りが最も重要ではなかろうか。ズバリ、キラコンプは “人間力” が試されるのだ……と思う。

というわけで、お兄さんは今後アグノムとエムリット、そして「イッシュ地方」のポケモンをキラポケモンにしていくぞ。全キラになった図鑑は壮観だから、ぜひみんなもチャレンジしてくれよな! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24