【ポケモンGO】交換10000回やったらこうなった! キラポケモンの確率、図鑑の進み具合は?

2018年の夏にキラポケモンが実装されてから、あと数カ月で約2年が経とうとしている。その間、いろんな機能が増えたが、キラポケモンの “沼” から抜け出せないトレーナーは決して少なくないだろう。というのも!

キラになれば ほしのすな を半分に節約できるし、何より図鑑がキラキラ仕様になるから嬉しいのだ。しかも、コンプリート魂もくすぐられるので気がつけばズブズブズブリ……漏れなく当編集部も沼にハマって日課のように交換してきた。そしてついに回数は1万回オーバー! 今回、大きな節目を迎えたことで膨大な試行回数から得られた結果をレポートしたい。

・キラポケモンの確率

1万と聞くと途方もない数字のようだが、果たしてどうなったのか。まずは記念すべき1万回の結果を報告する前にこれまでの確率を振り返ろう。実装から数千回は大体10%でキラになるかな〜なんて思っていたら……

回数を重ねれば重ねるほど確率はじわじわ低下。結果、5000回を交換した頃には6%ちょいくらいまで落ち込んでしまった。しかし、そんなときにあった助け舟がご存じ……

キラフレンドである

そこからはキラ交換で狙い撃ち&100%の保証があることで、安心安全の交換ライフが可能に。とはいっても、簡単にキラフレンドにならないのが辛いところ。通常交換を織り交ぜつつ交換を続けて1万回……この度、1万171回で計算したら……

キラポケモンの数は677匹

つまりは……

6.65%!!

キラ交換を積極的にやっているトレーナーであれば、おそらく7%弱で落ち着くのではないか。逆にキラ交換ができなければ、6%前後といったところだろう。う〜む、なかなか道のりは険しい。

・図鑑のキラ具合

ではでは、図鑑の方はどうだろう。未実装のポケモンも含め、地方ごとにまとめてみた(交換不可は記載せず)のでご覧いただきたい。

カントー地方 → 149 / 151
(残)ガルーラ

ジョウト地方 → 99 / 100
(残)なし

ホウエン地方 → 131 / 135
(残)カクレオン(未実装)、ジーランス

シンオウ地方 → 102 / 105
(残)ロトム(未実装)、フィオネ(未実装)、マナフィ(未実装)、エムリット、アグノム

といったようにカントーからシンオウ地方は、海外限定ポケモンを除けばほとんどキラになっている。ちなみに私一番の難関どころだったのは……

ミカルゲであった。オスとメスまでこだわって図鑑埋めしたいトレーナーにとって、ミカルゲはキラフレンドなしで達成できないだろう。意外なことに、多くのトレーナーが持っている「伝説のポケモン」はキラフレンドになりさえすれば簡単。コンプを目指すならば、まずはミカルゲやテッカニンあたりからキラにしていくのをオススメする。

・海外限定はどれだけキラに?

なお、イッシュ地方に関してはまだまだ先は長そう。海外限定ポケモンも含め、1つずつ地道に埋めていくしかない。

ナゲキやマラカッチあたりはまだいいとして、エジプト・ギリシャ限定のシンボラーはドSとも言える難易度。しかし、やることは1つで、いつか図鑑すべてがキラになる日を夢見てコツコツとやっていくのみ。これでいいのだ。

Report:原田たかし
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

【ポケモンGO】キラポケモンをコンプしたくて交換を9000回やった結果

千里の道も一歩からというように、キラポケモンのコンプも一歩から。2018年の夏、ポケモンGOにキラポケモンが実装されてからというもの、当編集部は交換に交換を重ねてきた。そしてその数はついに9000回に到達!!

一時は下がったキラ確率もキラフレンド機能のおかげで上昇しているが、ちゃんと計算したら何匹がキラになっているのだろう。そして図鑑はどれだけキラキラしているのか──。集計したので以下で結果をご覧あれ〜!

・過去の結果

まずは9000回の結果を報告する前にこれまでの確率を1000回刻みで振り返ろう。1000回から8000回まで、キラ確率とキラポケモンの数はどうだったのかというと……

1000回 → 80匹(8%)

2000回 → 174匹(8.7%)

3000回(3355回時で計算) → 242匹(7.2%)

4000回 → 287匹(7.1%)

5000回 → 335匹(6.7%)

6000回 → 399匹(6.65%)

7000回 → 444匹(6.34%)

8000回 → 512匹(6.4%)

──と、ゆるやか〜な下降線を描き続けていたが、キラフレンドが実装されるとわずかに上昇した。やはり百発百中でキラポケモンにできるのはありがたい。8000回からおよそ4カ月、9000回での確率を見てみると……

9000回 → 596匹(6.6%)

──ほんとちょっとではあるものの、またしても上昇していた。当編集部は普通のトレーナーに比べるとキラ交換をできている方(たぶん)というのもあるが、このまま1万回に到達する頃には7%復帰も難しくなさそうだ。

・図鑑のキラ具合

さて、ここからは9000回も交換したらどれくらい図鑑をキラキラさせられているのかを取り上げていこう。未実装のポケモンも含め、地方ごとにまとめてみた(交換不可は記載せず)。

カントー地方 → 148 / 151
(残)ガルーラ、ラプラス

ジョウト地方 → 99 / 100
(残)なし

ホウエン地方 → 130 / 135
(残)カクレオン(未実装)、ジーランス、レックウザ

シンオウ地方 → 100 / 105
(残)ミカルゲ、ロトム(未実装)、フィオネ(未実装)、マナフィ(未実装)、ユクシー、エムリット、アグノム

といったように順調、順調! んで、イッシュ地方は実装されてから日が浅いため「まだまだこれから」の状況だ。余談だが、ドテッコツ・ガントル・チョボマキ・カブルモは交換でもらうとアメ0個で進化できるから覚えておこう。

・海外限定はどれだけキラに?

この1000回を振り返ると、やはりキラフレンドの恩恵が大きい。というのも、海外限定ポケモンの交換がすこぶる順調にできたのだ。

ヘラクロス、サニーゴ、コータスに加えてマネネ、さらにはイッシュ地方のバオップなど……これらがキラになったのはフレンドなしの環境ではできなかった。おかげでゴールは目前ッス……と思っていた矢先!

エジプト・ギリシャ限定のシンボラーをはじめ、ナゲキやマラカッチあたりの難関ポイントが追加されたことで、またしてもコンプへの道は長くなった。次回は大きな節目である1万回だが、これまで同様へこたれずにやっていきたい。千里の道も一歩から。キラポケモンのコンプも一歩からなのだから。

Report:原田たかし
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

【ポケモンGO】キラポケモンをほぼコンプ! 全キラを目指すために最も重要なポイントは…

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 色違いミュウツーは捕れたかな? お兄さんは27戦目でようやくゲット!! 初日は3回、2日目は10回、3日目は14回やったんだけど、我ながらやりすぎだと思うよ! これでも一応サラリーマンだから社会って複雑だよね!!

それはさておき、キラポケモン実装から1年強が経過したが、ついにお兄さんは辿り着いた……のかもしれない。というのも、キラポケモンを “ほぼコンプ” してしまったんだ。今回は全キラを目指すトレーナーたちに、その道のりとコツをお伝えしよう。

・ほぼコンプ達成

キラポケモンが実装された直後、お兄さんは率直にこう思っていた。「めんどくせえ……!」そして「興味ねえ……!」と。だがしかし、キラった瞬間の快感は何ものにも代えがたく、またキラキラしていく図鑑にも心が満たされた。

当編集部の原田たかしと2人、来る日も来る日も交換を繰り返し、気付けば8000回を超えたことは以前の記事でもご紹介した通りである。そして「キラフレンド」の実装でスパートがかかり、このたび “ほぼコンプ” を達成した次第だ。

ちなみに “コンプ” と言い切れないのは「アグノム」と「エムリット」がキラっていないからである。ご存じの通り、地域限定かつ伝説ポケモン枠のアグノムとエムリットは、ハッキリ言ってどうやってキラらせればいいのかわからない。この2種類は長いスパンでキラを狙うしかないだろう。また、実装されたばかりの「イッシュ地方」のポケモンも手付かずだ。

・キラ交換を使う優先順位

さて、全キラを目指すために「キラフレンド」の有効活用は必須条件である。では実際にキラフレンドになったら、どのポケモンからキラポケモンにしていくべきか? お兄さんなりの見解を以下で述べていきたい。

・ドラフト1位: 地域限定ポケモン

日本で捕れないポケモンは、迷うことなくキラ交換を使用していいハズ。特に日本未登場の「ヘラクロス」「ジーランス」「コータス」「マスキッパ」「イルミーゼ」「パチリス」……などは、相手が見つかったら最優先でキラ交換してもらおう。

迷うのは、イベントで日本に出現したことがある「ガルーラ」「ケンタロス」「バリヤード」「トロピウス」「ペラップ」あたりだが、こちらも状況に応じてキラ交換もアリだ。日本で捕れないポケモンは、それだけでキラ交換を使う価値がある。

・ドラフト2位: 伝説ポケモン

1日1回しかチャレンジできない「特別な交換枠」の伝説ポケモンも、キラ交換で埋めていくのが現実的だ。伝説ポケモンは相手が持っていることが多いので、交換相手も比較的見つけやすいハズ。また「メルタン」も幻のポケモンで1日1回しか交換できないから、場合によってはキラ交換を使ってもイイだろう。

・ドラフト3位: レアポケモン

実は伝説ポケモンより交換相手を探すのが難しいのが「レアポケモン」だ。例えば「フカマル」あたりはまだハードルが高く、伝説ポケモンより交換相手が見つけづらい。当然、第6世代の「テッシード」「ヒトモシ」「ゴビット」「ノモズ」あたりは、キラ交換対象となる。

また、絶対数が少ない「ミカルゲ」や「ヌケニン」もキラ交換を使うべきポケモンだ。難しいのはそれ以外のレアポケモン。例えば「ツチニン」「スガイドス」「タテトプス」などは、イベントで発生した際に死に物狂いで頑張りたいとことだが、それでもダメならキラ交換もアリだろう。ただ、なるべく通常の交換で何とかしたい。

・もっとも重要なこと

ここまで「キラ交換」の優先順位を述べてきたが、何より重要なのは「コミュニケーション能力」と「マメさ」だと思う。色違いポケモンを交換する際「もしハリーセン持ってたら普通に交換してください~」なんてお願いは数えきれないほどしたし、逆にリクエストされれば全力で応じてきた。

仲良し度を上げるために毎日必ずギフトを送り、また弾となるポケモンを捕まえまくる。その結果、キラフレンドも発生し図鑑も埋まっていく。とにかくマメに、そして交換相手に軽いお願いならできるくらいの雰囲気作りが最も重要ではなかろうか。ズバリ、キラコンプは “人間力” が試されるのだ……と思う。

というわけで、お兄さんは今後アグノムとエムリット、そして「イッシュ地方」のポケモンをキラポケモンにしていくぞ。全キラになった図鑑は壮観だから、ぜひみんなもチャレンジしてくれよな! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

【ポケモンGO】交換8000回!! キラポケモンのコンプを目指して交換しまくった結果…

ついにポケモンGOのウルトラボーナスがクルッー! 2019年9月3日から23日までの約3週間、トレーナーにとって忙しい日々となるのは間違いない。なにせ、色違いミュウツーやイッシュ地方のポケモンなどが出るのだから!!

激アツどころか灼アツとも言える詳細は以前の記事でチェックしていただきたいが、このアッツいタイミングでキラポケモンの交換続報を報告しておこう。というのも、交換に交換を重ねた当編集部は8000回の大台を突破したのである! 数字を見ると目まいを起こしそうになるが、果たしてどれだけコンプに近づいたのかというと……!

・1000回区切りの結果をおさらい

結果報告をする前にこれまでポケモンがキラになった確率を振り返っておきたい。1000回から7000回まで、キラポケモンの数と成功率は以下の通り。

1000回 → 80匹(8%)

2000回 → 174匹(8.7%)

3000回(3355回時で計算) → 242匹(7.2%)

4000回 → 287匹(7.1%)

5000回 → 335匹(6.7%)

6000回 → 399匹(6.65%)

7000回 → 444匹(6.34%)

──といったように回数を重ねるごとに緩やかな下降線を描いてきた。だがしかし……8000回の大台に到達した時点でのキラポケモンはというと……

8000回 → 512匹(6.4%)

ちょっと上がった……!

キラフレンドのおかげか、なんとか持ち直すことができた。ではでは、8000回も交換してどれくらい図鑑をキラキラさせられているのか。ドドンと一気に公開していくぞ。

・図鑑のキラ具合

カントー地方 → 146 / 151
(残)ガルーラ、ケンタロス、ラプラス、フリーザー、ミュウ

ジョウト地方 → 96 / 100
(残)ヘラクロス、サニーゴ、ホウオウ、セレビィ

ホウエン地方 → 122 / 135
(残)ツチニン、テッカニン、ヌケニン、コータス、カクレオン(未実装)、ジーランス、レジアイス、レジスチル、ラティアス、ラティオス、レックウザ、ジラーチ、デオキシス

シンオウ地方 → 93 / 102
(残)マネネ(未実装)、ミカルゲ、フカマル、ガバイト、ガブリアス、ロトム(未実装)、ユクシー、エムリット、アグノム

──といったところで、難所以外はほとんどクリアしている。海外限定ポケモン、あとはミカルゲやフカマルあたりが難しそうな気配だ。ちなみにキラにするため、時間を費やしたポケモンは……

・苦労したポケモンと耳寄り情報

伝説のポケモンはもちろんのこと、ドーブルは地味にキツかった。GOスナップショットを撮りまくれば達成は自ずと近づくのだが、何枚撮ってもドーブルが出ないとまるで蜃気楼のよう。人によっては時間を費やすことになるかもしれない。私はメチャクチャかかった。

さて、ここからは交換するにあたり、海外限定ポケモンの攻略方法を1つ。少しばかりハードルが高いかもだが、海外のトレーナーにお願いするとキラフレンドでなくても比較的簡単に海外限定ポケモンのキラ化を目指すことができる。

私たちがカモネギをいくらでも差し出せるように、海外のトレーナーは限定ポケモンをフツーに持っている。そこで古いポケモンと交換してもらうのだ。そう、キラポケモンはボックスに長くいればいるほどキラになりやすいことを思い出そう。

海外のトレーナーに限定ポケモンを出してもらい、こちらは古いポケモン(できたら2016年)を出せば確率は飛躍的にアップするという寸法である。この方法で私は海外限定ポケモンのキラを攻略している。体感では3回に1回キラ……あとほら、キラフレンドになっても会えるトレーナーってなかなかいないしね……。

これにてゴールは目前……と思ったところで9月17日にイッシュ地方のポケモンが実装されるが、これもポケモンGOトレーナーの宿命。1つ1つ着実にやっていくしかあるまい。まずはウルトラボーナスの1週目から! それでは皆さんの健闘を祈る!!

Report:原田たかし
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24