【フードロス対策】結婚式キャンセルで行き場をなくしたギフト販売で厳しい声……消費者にはお得なのか内容を検証してみた

感染症対策で大規模イベントの自粛が求められているが、結婚式も例外ではない。ブライダルアイテムを扱う株式会社PIARY(ピアリー)によると、引き出物として配られる予定だったお菓子のキャンセルが相次ぎ、行き場をなくしたお菓子はおよそ600万個。それらを今回限りのセット商品にして「赤字覚悟の破格値にて、さらに送料無料でお手配」というフードロス対策を打ち出した。

TBSの『Nスタ』でも取り上げられたそうで、筆者もとてもよい取り組みだと思った。1セット購入し、先日ついに商品が届いたのだが、実は気がかりな点がいくつも出てきた。どのような内容だったのか、順を追ってご説明したい。

・筆者が購入したものはこちら

筆者が注文したのは「老舗お菓子屋の高級焼き菓子 マリアージュを楽しむセット コーヒー&紅茶15点おまかせ詰め合わせセット(税込3800円)」で、現在は販売されていない。4月時点では「12点セット」「20点セット」など複数展開されていたが、お菓子は人気のようで次々に品切れになっていった。

内容は「おまかせ」で、「対象商品の中から○点」という目安が写真つきで紹介されていた。結婚式キャンセルはいつあるか分からないので、在庫状況は刻々と変わるだろうし、福袋のようで待っているあいだも楽しく、そのシステムには好感が持てた。

ところが、到着した商品には「お詫び文」が入っており、「セット内容のボリュームが少ない」「届くのが遅い」といった購入者の声を受けているという。口コミを調べたところ大手ショッピングサイトのレビューでは「価格に見合った価値がない」という主旨の書き込みが散見され、SNSではコロナウィルスに便乗した在庫処分ではないか、優良誤認ではないかというような厳しい声もあった。実際にどうだったのか、筆者のケースについて説明していく。

・発送遅延について

筆者の場合、注文したのが4月下旬、到着が5月中旬なので、およそ3週間かかっている。また「発送完了」の連絡の後、実際に配送業者が自宅のチャイムを鳴らすまでちょうど7日間かかっており(自宅は離島などではない)、最近の配送集中があるにせよ、ここまで遅れたことはなかったのでちょっと困惑した。もう1日でも遅れたら、配送事故ではないかと問い合わせをするところだった。

なので、少なくとも商品到着までに時間がかかるという指摘に関しては事実であると思う。ただし、GWも挟んでいたしこの社会情勢なので、筆者的にはそれほど気になるポイントではなかった。「○日発送の予定です」「発送しました」というメールもちゃんとあったので、疑問は残るが連絡は丁寧だったと思う。

・商品のセット内容は……

セット内容は以下の15点。

【高級菓子A】バームクーヘン × 1点
【高級菓子A】ガトーフロマージュ × 1点
【高級菓子A】アーモンドショコラ × 1点
【高級菓子B】ブラウニー × 2点
【高級菓子B】フロランタン × 2点
【プチギフト】オレンジクッキー × 1点
【プチギフト】エディブルフルールクッキー × 3点
ドリップ珈琲 × 2点
ドリップ紅茶 × 2点

高級菓子A・B、プチギフトというのは同社の分類で、単価1000円相当のものが【高級菓子A】とされているようだ。“目玉商品” と言っていいだろう。【高級菓子B】と【プチギフト】の違いはよくわからなかった。

購入サイトで「高級菓子6点 + プチギフト5点 + 珈琲・紅茶各2点」という構成が最初から示され、実際は若干違ったが、価格の不公平はおそらくない。賞味期限は個別の記載はなく、一括して6月下旬になっていた。以下、お菓子の詳細だ。

【高級菓子A】バームクーヘン

【高級菓子A】ガトーフロマージュ

【高級菓子A】アーモンドショコラ

【高級菓子B】ブラウニーとフロランタン

【プチギフト】オレンジクッキーとエディブルフルールクッキー

ドリップ珈琲とドリップ紅茶

・商品はお得なのか

お詫び文にもあった「セット内容のボリュームが少ない」という声。大手ショッピングサイトで星1つなどの低評価がついているのは、ほとんどが同じニュアンスで「期待と違った」「内容にがっかりした」というものだった。

実際のところ、どれくらいお得なのかを単品購入と比較してみた。比較対象は製造元の「オリジナルあい」公式ホームページ。

それによるとバームクーヘン、ガトーフロマージュ、アーモンドショコラはそれぞれ1080円(税込)の商品なので、3点で3000円を超える。

その他の小菓子を合計すると、およそ5700円(税込)相当で、筆者の購入価格3800円は約34%オフということになる。配送料も無料。なので、価格的に損はしていない。

ちょっと気になるのが、ピアリーの公式サイトでセール(記事執筆時点)を行っており、例えば前述のガトーフロマージュは1080円 → 810円と25%オフ。すべての商品を同サイトで扱っているわけではないが、この割引価格を適用するとおよそ5000円相当の商品内容と言えそうだ。割引率は24%オフまで下がってしまう。

・期待とのミスマッチ

普通に買うことを考えると、24%オフは決して悪い数値ではない。しかし、結婚式ギフトは本来、お祝いムードを演出する箱やリボンなど、趣向を凝らしたラッピングをすることが多いだろう。『Nスタ』の商品映像も綺麗にラッピングしたものだった。

お詫び文によると、サービス開始当初はパッケージ済みの商品を送っていたが、それらが完売後は「中身のみ」を発送しているとのこと。筆者に届いたのも中身のみだった。

ギフトは「高級感」や「特別感」込みの価格設定なので、「お菓子そのもの」として見たときには見劣りして割高感が出てしまう。近くで普通に買ったほうが安いよね、となるのは自然な流れ。今回のようにラッピング費用がかかっていないなら、それを還元するくらいのお得感(ボリューム)が求められる。

また「フードロス」と言われると、廃棄されるしかない、商品としての価値を失いそうな食品を食べることで生産者も消費者もWin-Winの関係になることをイメージする。まもなく捨てられそうなのだから、まさに「赤字覚悟の破格値」を期待してしまう。今回のセット内容は、理屈では損ではないのだが、「こんなに!」という驚きは確かに弱い。そこに大きなミスマッチがあったのではないかと思う。

・社会貢献できたのか

今回、筆者としては商品が余って困っている製造業者を助けたいという気持ち半分、そしてお得に商品が手に入れば自分が嬉しいという気持ち半分で購入した。一方だけでもいいのだが、ほとんどの消費者は同じような感覚だと思う。

なので、自分が得をしなくても、寄附のように社会貢献できたなら溜飲を下げることもあると思う。例えば困窮しているいくつかのメーカーの商品を買い上げ、バラエティ豊かな特別セットとして販売するなどすれば、また違ったかもしれない。

しかし、複数展開されていた今回のセットはお菓子も飲料も全て同じメーカーの商品だった。セットにする手間を考えると一社に集約する方が効率的だと言えるが、普通に通信販売で買ったような感覚で、製造業界の助けになったというのが感じにくかった。

ちなみに味は、最高級品とはいかないが、普通に美味しかった。可愛くラッピングされて新郎新婦からもらったら、嬉しく受け取ると思う。

・複数の要因

今回の一件は「商品発送まで長い待ち時間が生じたこと(こんなに待ったのに、という気持ち)」「ギフト商品の特性上、ラッピングがないと見劣りすること」「フードロス対策にも関わらず思いきった値引きでなかったこと」「商品が特定のメーカーだったこと」など複数の要因が重なって、販売者と消費者のミスマッチが生じたように思われる。

実は筆者の商品にはお詫び文とともに、バームクーヘン1点が追加されていた。1080円(セール価格810円)相当の商品なので、ボリューム感はだいぶ増したと思う。なので、善意のフードロス支援と考えれば納得できるものだった。

いち消費者には内情はわからないのだが、捨てられるはずだったお菓子を消費し、製造者の助けになったことを信じたい。なお、対応はケースバイケースだと思われるので、セット内容もお詫び商品も必ずしも他の購入者と同じではないことをご了承願いたい。

参考リンク:株式会社PIARYPIARY楽天市場店株式会社オリジナルあい
Report:冨樫さや
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【実話】ポケモンGOのフレンドから「豚野郎!」と罵倒され続けている話

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! もうキバゴは捕れたかな? お兄さんはまだ1匹も捕れてなくて、レーダーに影すら映った試しがないよ。もしかして俺の機種にだけ実装されてないんじゃないですかー! 早くおいでよキバゴちゃん!!

それはさておき、今回はちょっとした悩み(?)をみんなに聞いて欲しいんだ。というのも、お兄さんはあるフレンドさんからほぼ毎日のように「豚野郎」と罵倒され続けているんだ。そこまでブヒブヒしたビジュアルじゃないのに豚野郎って……全くヒドい話だぜ。

・約160人のフレンド

現在、お兄さんには160人ほどのフレンドがいる。リアルな知り合いが2割、交換で知り合ったフレンドが5割、そして残りの3割がロケニューポケモンGO部の主催した「会えるフレンドを作る会」で知り合ったフレンドさんたちである。

フレンドが160人もいると正直に言ってIDと顔はほぼ一致していない。なんなら、Twitterなどの連絡先とIDが一致していないケースもちょいちょいあり、削除すべきかどうか迷っているフレンドがいることも事実だ。これはポケモンGOに限らず、ある意味でソシャゲの特性なのかもしれない。

・豚野郎問題

さて、問題の「豚野郎」についてだが、そのメッセージはギフトを通じて送られてくる。具体的に言うと、かれこれ半年以上フレンドの「Aさん」が、ほぼ毎日のようにラーメン屋の「豚野郎」のギフトを送り続けてくれているのだ。

最初は特に気にしていなかった。というか、最初はほぼこちらからギフトを開けていなかったように思う。なぜならば、後々判明したことであるが、Aさんは「会えるフレンドを作る会」の参加者であった。ちょうど私のフレンドも一気に増加した時期であり、1日20回の制限内ではAさんに限らず、こちらからギフトを開けられなかったのだ。

それがようやく落ち着いたころ「豚野郎」に気付いた。最初は「お、豚野郎だ」くらいにしか思わず、しばらくしてからも「きっと豚野郎の近所にお勤めの人なんだろうなぁ」としか思わずにいた。会社や家でポケストップを回し続けると、どうしたってギフトの種類は偏ってしまう。

ところが──。

ごく最近、ロケニューポケモンGO部のメンバー「原田」 & 「亀沢」と話をしていると、Aさんが2人ともフレンドになっていることが発覚。つまり、この時点で「イベントに来ていた人」と判明したのである。

・みんなにも「豚野郎」かと思いきや

私はすかさず言った「あの豚野郎の人でしょ?」と。だがしかし2人はキョトン顔──。まずはこちらの「豚野郎」を2人に見せ、震えながらAさんから2人に送られてきたギフトを見せてもらった。すると……。

全ッ然、豚野郎じゃねぇぇぇえええ!

そう、Aさんは「故意に」「あえて」「ピンポイント」でッッ!! ……私に豚野郎のギフトを送り続けていたのである。その意志は強靭そのもので、Aさんから豚野郎以外のギフトが送られてきたことは1度もない。数えてはいないが少なくとも100豚野郎はいただいているハズだ。





・豚野郎以外は送ってこない

思えば、いつもマメなAさんからのギフト(豚野郎)が、2~3日滞った時期があった。この前の正月である。きっとAさんは帰省でもされていて「豚野郎」を仕込めなかったのだろう。あいつには豚野郎しか送らない──。なんと力強い豚認定。もはやAさんにとって私はサンジュンじゃない、ただの「豚野郎」なのだ。

なので、もし今後Aさんとお会いする機会があるならば、私はなるべく豚野郎っぽい仕草を心がけ、豚野郎っぽい立ち振る舞いをし、そして豚野郎っぽい声音(こわね)で発声したいと思う。不意に「ブヒッ」なんて言うとAさんが喜んでくれるかもしれない。

ポケモンGOのギフト機能は、使い方次第で特定のメッセージを届けることが出来る。Aさん、仮に今後のギフトが豚野郎じゃなくなったら寂しいです。なにせ私は100回以上も罵倒され続けてきた、調教済みの豚野郎ですから──。

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

【コラム】「カタログギフト」の口コミの参考にならなさは異常 / 相手も喜んでくれました…って当たり前だろ!

大人になると、お礼やお返しとして贈り物をする機会が増えてくる。何をチョイスすべきか? 非常にセンスが必要になってくる局面であるが、そんな時に便利なのがカタログギフトだ。これなら商品を相手に選んでもらえるし、相手も自分の欲しいものが手に入る。万事解決である。

中でもやはり、グルメ系のカタログはもらっても困らないので使い勝手がいい。花なんかは人によって温度差があるしな。そうと決まったら、さっそくネットで検索だ! と、人気の商品をチェックしていたところ……あることに気付いた。カタログギフトの口コミの参考にならなさは異常である。

・カタログギフトの口コミ

例えばAmazonで「カタログギフト」と入力してみると、様々なジャンルのカタログが表示される。価格帯も様々なので、条件で絞りながら良さそうな商品を選んでいくわけだが、カタログに限らず、こういう時に参考になるのが口コミだ。

もちろん口コミにも質の良し悪しはあるものの、いい評価がたくさん付いている商品はどこか安心感がある。「ベストセラー」なんて表記があろうものなら、気持ちがグラリと傾いてしまうのも無理はない。それはカタログギフトの場合でも同様ではないか。

先日、ちょうど私(あひるねこ)もカタログギフトを選ぶ機会があり、何にするか口コミをザーッと眺めていたのだが……もうこの際ハッキリ言ってしまおう。ほとんど参考にならん! そう、その多くが商品を選ぶのにまったく役に立たない情報なのである。いい加減にしろと言いたい。

・具体例

カタログギフトの口コミにありがちな内容をあえて挙げるとするなら、以下のような感じになる。

☆☆☆☆☆:仲のいい友人にプレゼントしました。私は実際には食べていませんが、とても喜んでくれました! また機会があれば利用しようと思います。オススメです」

うむ、ほぼ参考にならん。そもそも「喜んでくれました」ってなぁ……そんなの当たり前だろ! 「もらっといてなんだけど、ぶっちゃけ微妙っした」なんて言うわけないだろうが!! まともな大人なら、どんなものが来ようが建前上は喜ぶに決まっている。私が知りたいのはそこではないのだよ。

とは言え、贈り物である以上、実際にどんな商品が相手に届くかなど分かるはずもない。「どうでした? アタリ? ハズレ? あり? なし?」と、グイグイ問い詰めたらキモすぎるだろう。よって、送る側に書けることと言えば……。

箱や包装の雰囲気
大きさ

──くらいのものではないか。「自分で自分にカタログギフトを送ってみました♪ 味は値段相応って感じですが、もう少し量があると嬉しいかな? でもお気持ちに感謝です!」とか書いてるヤツがいたら、そいつはちょっとヤバイ気配がするので気を付けろ。

・打開策

やはり、カタログギフトの口コミは参考にはならないということなのだろうか? 相手に届くまで質が分からないとか、よく考えたらギャンブルすぎるな……。う~む、みんな知りたい情報だと思うのだけど。

そこで! 先述した「ヤバイ気配がするヤツ」に私が実際になってみようと思うぞ。つまり、自分で自分にカタログギフトを送って、届いた商品をレビューするのだ。あまりの虚しさに今から心が折れかけているが、カタログ王に俺はなる! というわけで次回、乞うご期待。

執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24