【スロット】約20年ぶりに「アステカ」を打ったら無性に泣けてきた話

“パチンカス” などのネットスラングがあるように、堂々とパチンコやスロットを「大好きです!」とは言いづらいこのご時世。トータルで考えれば勝てる人はほとんどいないのだが、それでも今から約20年前、私、P.K.サンジュンはスロットにドハマりしていた時期がある。

私がつるんでいた連中だけだったのだろうか、当時20歳そこそこの私たちはスロットにただならぬ情熱を燃やしていた。ニューパルサー、サンダーV、花火、大花火……と数ある名機種の中でも、私がハマりにハマりまくっていたのが『アステカ』である。

・ハイリスクハイリターン

今はどうだか知らないが、当時のスロットは「ハイリスクハイリターン」のギャンブルであった。負ける日はガツンとウン万円飛んでいくが、店や機種によっては1日数人が「万枚(まんまい)」を叩き出していたものだ。

「万枚」とは “メダル1万枚” の意味で、1枚20円のメダルが1万枚だから20万円の計算になる。そう、当時のスロットは「1日ウン万円飛ぶリスクと引き換えに、20万円以上を獲得する可能性を秘めたギャンブル」だったのである。

さらに言えば、2万枚、3万枚、4万枚……といった伝説級の勝ちゲームもさして珍しくなく、そうした噂は市を2つくらいまたいで聞こえてきた。私が知る限り、隣町のパチンコ店が樹立した5万5000枚、つまり110万円がエリア内の出玉最高記録である。

……実際にそこまで大勝ちするケースは激レアだが、5000枚(10万円)くらいならそこそこの頻度で出ていたあの時代。トータルすると確実に負け越していたことはさておき、私が無我夢中で打ち続けていた台が『アステカ』であった。

・アステカにハマりまくった

アステカはCT(チャレンジタイム)を搭載した台で、非常にゲーム性が高かったように思う。ビッグが確定しても予告は確率次第で、私はほぼ全ての “リーチ目” を記憶していた。リーチ目がわからないヤツはダサい……。当時スロットに熱狂していた若者たちには、そんな風潮すらあった。

それに加えてアステカには、まあまあ高度な “目押し” が出来ないと抜けない(メダルを多く出せない)台でもあった。余談だが、当時は「スロットは若者、ご高齢の方はパチンコ」的な雰囲気もあり、超シンプルな「ジャグラー」はお年寄り専用機と化していたように思う。

ヒドいときは朝5時から並び始め、閉店の23時まで打ち続けたアステカ。1日最高1万1000枚を叩き出した俺の自己最高記録を作ったアステカ。意外と真面目な話「コイツとは会話ができる」と信じ込んでいたアステカ。つい先日、そのアステカを約20年ぶりに見かけてしまったから正気ではいられない。

・約20年ぶりにアステカと再会

アステカが設置されていたのは、都内某所にあるスロット専門ゲームセンターである。調べてみると、スロット専門ゲームセンターは都内にちょいちょいあり、その名の通り往年のスロットマシンが楽しめるゲームセンターだという。

もちろん換金はできずただ遊ぶだけであるが、この際そんなことは関係ない。私は90分打ち放題コース(1000円)を選択し、久々にアステカと再会した。お前か、アステカ。元気だったか、アステカ。よくぞ生き延びていてくれた……アステカよ

マニアックな表現になって恐縮だが「デカチリ」も「サボテン・白7・白7」の並びも全てが懐かしすぎる。リーチ目もまあまあ記憶しており、ルーレットも当然当時のまま。メダルを入れたその時からニヤニヤが止まらず、そして無性にウルッと来た。

・涙腺が緩んだ

このアステカは人間の歳にしたら90歳くらいだろうか? 99.99%の台は廃棄されているハズだが、20年の時を経てよくぞ俺と再会してくれた。よくぞ俺を待っていてくれた。アステカを打っている間、当時の店で死ぬほどかかっていた倉木麻衣の「Love, Day After Tomorrow」まで脳内再生されちゃ泣くしかない。曖昧に飾った言葉はいらない──。

なお、この記事で「スロットやろうぜ!」と言うつもりは一切ないし、私も再びスロット道に足を踏み入れるつもりは毛頭ない。ただ、タイミングが合えばまたアステカをのんびりプレイしようかなぁ、とは思う。90分で1000円なんて暇つぶしにはもってこいだ。

たかがスロットの1機種にここまでセンチメンタルになれるなんて我ながらクズだが、それでもアステカが大好きだったことは紛れもない事実である。色んな経験をしてヒトはできている。

執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【検証】金運アップの神社はどれくらいご利益ある? 御金神社の「お財布」と「浄化したお金」を使って『スクラッチ』したら当選した

お金が欲しい、しかも楽に。誰もがそんな風に考えたことがあると思う。しかしそれは叶わぬ夢と諦めて、日々汗を流し、労働と引き換えに賃金をもらい生きていく。それが「大人になる」ということなのかもしれない。

だが見方を変えれば、人生は一度きり。やはりビッグドリームを掴めるなら、掴んでみたい! でも、あくまでリスクがないのならば。「お金が欲しい、しかも楽に」というのは、「楽に」が難しいのである。「楽に」を考えてみたが、なかなか答えが浮かばない。 考えが一周したとき、私はふと閃いた。そうだ、神様に頼もうと……!

・金運アップの京都・御金神社

以前にもロケットニュースで紹介している京都の「御金神社」。読み方は「みかねじんじゃ」で、お金にまつわる神社として全国から参拝客が訪れる。鳥居はとても珍しい金色をしており、売っているお守りやおみくじまでも金色と、とにかく金が溢れている。

主にギャンブルや宝くじ、仕事の成功や資産が増えるようにとお願いする人が多く、評判がとても良い。そして「福財布」という有名なお財布があり、お金や宝くじを入れて置くと、お金が舞い込んで来たり宝くじが当選したりするそうなのだ! ネット上には当たったという口コミが多数あり、これは買うしかないと現地へ直行した。

・福財布

御金神社は目立たない場所にある小さい神社だが、私が行った平日の昼間ですら5、6人の参拝客がいた。鳥居をくぐってすぐの左手に、お守りやおみくじが置いてあるスペースがある。「福財布」だけは別の場所にあって、神社の方に声をかけて購入する。

「福財布」を渡されるとき、注意点や取り扱い方法を説明されるのだが、神社の方がすごく丁寧に教えてくれ、この時点でご利益がありそうだと感じた。わざわざ専用の木の板に「福財布」を置いてくださり、受け取ったら千円をその木の板に置く。これで「福財布」の購入が完了。

・お金の浄化

また、御金神社の手水舎は「お金を浄化」することができる。ザルが置いてあるので、まずは浄化したいお金を入れる。そしてひしゃくで水をかけていく。これでお金の浄化は完了。

この浄化したお金でスクラッチを購入だ。「福財布」に浄化したお金を入れ、金運パワーを充電しておく。

・スクラッチ開幕

最寄りの売り場でワンピースのスクラッチを購入し、いよいよ削っていく。買ったのは二千円分で計10枚である。削るお金には清めた5円玉を使い、抜かりはない……! ちなみにスクラッチも、購入後すぐに「福財布」に入れて持ち運んでいたので安心してくれ。

このスクラッチは9カ所を削り、丸い海賊のマークが4個以上出れば当たり確定である。4個以上は1個増えるごとに当選金が上がっていき、もしマークが全カ所にあれば1等で10万円。それでは1枚目!

3カ所……。さすがに一発目からは、当たらないか……。

続けて2枚、3枚、4枚、当たりが出ないまま5枚目へ……。

んんっ!! 2段目の時点で4個の丸い海賊マークが! この時点で当たりは確実。急に熱い展開……。熱い、熱すぎる……!!

これはもう、福財布をスクラッチの下に敷くしかない。浄化した5円をこれから削る部分に乗せ、めちゃくちゃスクラッチに願をかける。

来いっ! 金運パワッッッーーーーーーーー!

あ、あ、あ、当たったぁあ~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!  激熱。激熱すぎるぞ……! 今年は冷夏と話題になっているが、私は灼熱だ。メラメラだ。頼む、もういっちょ来てくれっ! もっと熱くなってくれ!

残り2個は、ドクロマークであった……。仕方ない。だが、喜びの方が勝る。なぜなら当たりは当たりだからだ! 切り替えてどんどん削っていく。

・当たりは計2枚、そして起こった悲劇

結果をいうと5等と6等が1枚ずつ当たった。10枚中2枚が当たっているとは凄すぎだろう。まずは結果をロケットニュース編集部の人たちへ報告。私はドヤ顔で「1万2千円が当たりました」と連絡した。「良かったね!」「凄い!」のチヤホヤにうぬぼれていると、「凄い当選確率だね!」と言われたのが気になり、当たりの金額をよく見てみるとあることに気付いた……。

金額のケタよく見たら、12000円ではなく1200円だった。

私は嬉しさのあまり、興奮しすぎて見間違えていたのである。このあと本当の金額を報告。編集部の人たちから温かい慰めの言葉をかけられ、もやもやしながら1200円を換金した。

・スクラッチ以外でも効果があった

これは後日談だが、先日パチンコに行ってみた。もちろんお金は「福財布」に入れて。そしたら30000発(約10万円)もの大当たりを出したのだ! スクラッチも外れたわけではなく、きちんと当たりが出たし、やはりこれは金運が上がっていることは間違いない。他にも仕事関係で良い話が舞い込んできたり、「福財布」を使ってから立て続けに調子が良いのだ。

少々スピリチュアルだが、信じても信じなくても一緒なら「福財布」の効果を信じてみようと思った。今回の結果で気付いたのが、1人の神様に大金をお願いするのは押し付けすぎなのかもしれないということ。なので全国金運神社巡りをして、一獲千金を着々と狙っていこう密かに計画を進めている……!

Report:mai
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24