【金色】インパクトのある名刺が欲しいので「金閣寺に負けないくらいギラギラした名刺」を作ってみた!

今年の春まで社会人経験が一切なかった筆者。この度、ライターをしていくために人生初の名刺を作ることになった。名刺といえば、ビジネスマンの必須アイテムというイメージがある。お仕事をする上で、名刺は相手に自分を覚えてもらうための大切なツールではないだろうか。

だったら一度見ただけで覚えてもらえるような、インパクト大の名刺を作ろうじゃないか。ということで、金閣寺に負けないくらい最ッ高にギラギラな名刺を作ってみたぞ!

・箔仕上げ名刺

インパクト大の名刺と考えたとき、真っ先に思い浮かんだのは純金名刺。しかし、純金名刺は1枚で2万円ぐらいしていた。さすがにコスパが悪すぎる。似たような輝く名刺をもっと安く作れないかなと思っていると、「箔仕上げ名刺」なるものを発見。メタリックな輝きがいい感じだ。

調べてみると、紙の表面をメタリックにするための箔仕上げという加工は、通常の名刺製作代と特殊加工代の他、デザインごとに型代として別途5000円程請求されるところが多かった。だが、「名刺作成のファースト」ではその型代が必要ない分、他より安めに注文できた。

用意されているデザインを利用し、箔仕上げを追加。価格は箔仕上げ加工代も含めて、100枚で4200円。普通の名刺より多少値は張るが、作るのは普通の名刺ではなく、金色に輝く名刺だ。純金名刺1枚の5分の1程度で100枚も作れると考えると、破格に思える。

備考欄に「名刺全面をギラッギラにしたいので、表面全体にゴールドの箔をお願いします」と記載し注文。担当の方と文字の色や位置などに関する簡単なやりとりをメールで行った後は、名刺の到着をワクワクして待つのみ。そして注文から3日後……

来た〜! ギラッギラ名刺のお出ましだ!!

角度によっては文字が見えなくなるぐらいの輝き!

ちょっと角度を変えて写真を撮ろうとすると、謎のオーラみたいなものまで出てきた。凄い。インパクトありすぎ。

この名刺のオーラを身にまとえば、どんな相手をも圧倒できるに違いない。名刺交換バトルで必ず勝利できそうだ。

人生初の名刺にふさわしい、ラグジュアリーな輝き。シンプルな名刺入れから取り出したときの意外性も抜群だ。

これなら、相手の方も一発で覚えてくれること間違いなし。金色に輝く名刺を手にしたことで、社会人として最高のスタートダッシュを決められたのではないだろうか。

・箔仕上げは部分使いも可能

紙をメタリックにする箔仕上げは、筆者のような名刺全面への加工だけではなく、部分使いも可能だ。秘めたる輝きを演出したいという方には、部分的な箔仕上げが合うだろう。全面でも部分使いでも、その輝きはきっと相手に強烈なインパクトを残してくれるはずだ。

ちなみに筆者はまだ、名刺を交換するような機会に恵まれていない。今回作り上げた金色に輝く名刺を活躍させる日が来るのを楽しみにしている。

参照元:名刺作成のファースト
Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24