「扱き」読める?よく言えば「愛のムチ」、今ではパワハラになるヤバい言葉

難読漢字「扱き」

「扱(あつか)う」という使い方で、よく目にする漢字です。しかし、それとはまったく違う意味での読み方です。

昔は「愛のムチ」という言い方もされていましたが、近年はこれが事件になり、ニュースになることも。
さてなんと読むでしょう?

細長いものを、引き抜くように引っ張る意味も

水引細工

「扱く」には、「手に握った細長いものを、引き抜くようにして、手前に強く引く」という意味があります。

たとえば、祝儀袋に使われる水引。かたい紙のひもを、美しい曲線にするために、道具にこすりつけ、きれいなカーブに仕上げます。これは、扱く作業。

時代劇で登場する槍(やり)。握った手のうちで、素早く突き刺したり、手元に引き込むことを「槍を扱く」といいます。
そして、もうひとつの意味が、「厳しくきたえること」。

「先輩の扱きにあう」という言い方、耳にしたことあるのではないでしょうか。
もう、わかっちゃいましたね。

昔はやった「スポ根」ものでは、これに耐える姿に感動!

校庭のローラーかけ

正解は「しごき」です。

昔のテレビドラマやアニメには、「スポ根」ものが大人気でした。根は「根性(こんじょう)」の略。ひたすらスポーツに打ち込み、努力を重ね、やがて栄光をつかむという、お決まりのストーリー。主人公が、愛のムチという名の「扱き」に耐えるシーンに、ファンは応援を送りました。

しかし、現実の世界では、扱きが原因と思われる事件が続発し、ちょっと問題のある言葉に。

もうひとつ「扱」の読み方に関する雑学をご紹介しましょう。

先ほど紹介した、「槍を扱く」は「やりをしごく」と読みます。それ以外に「こく」という読み方も。ですから「扱き」は「しごき」以外に、単体ではあまり使われませんが「こき」と読むことがあります。

「扱き使う」という言い方、耳にしたことあると思います。人を容赦せずに激しく使うことをいう「こき使う」でも使われる漢字です。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「閤」
「閤」読める?太閤秀吉、今太閤…偉そうだけど、低姿勢じゃないと入れないもの

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

Source: 日刊住まい

「橄欖」読める?平和の象徴、ハトがくわえているのはこの木の枝です

読めそうで読めない「橄欖」

漢字が難しすぎて読めない!という人多いと思います。確かに!

でも、読み方を知ったら、絶対に知っている木の名前です。平和の象徴、ハトがくわえているのはこの木の枝です。もうこれでわかってしまったかも!
さてなんと読むでしょう?

旧約聖書にも登場する、大昔から人間との縁がとても深い木

水の上を飛ぶハト

橄欖は、旧約聖書の「ノアの方舟(はこぶね)」に登場します。大洪水のあとに、水が引きはじめ、そろそろ船を降りようと、ノアが放ったハトが、この枝を加えて帰ってきます。このことで、近くに陸地があることを知ります。この逸話から、ハトとともに平和の象徴とされるようになりました。

古代オリンピックでは、勝者にこの葉でつくられた冠が授与されました。その由緒から、現代のオリンピックでもメダルとともに、橄欖の冠が授与されています。

花言葉は「平和」と「知恵」。植えたら利益がありそう!

オリーブオイルとオリーブの実

正解は「オリーブ」です。

モクセイ科の常緑樹です。初夏に、同じモクセイ科のキンモクセイとよく似た小さな白い花をたくさんつけます。その後、9月から11月にかけてグリーンの実をつけます。この実が、オリーブオイルやピクルスとして、私たちの食卓に。

オリーブの木

最近は、シンボルツリーとしても人気です。水はけがよく、日当たりと風通しがいい場所に植えると、すくすくと成長。一年じゅう、濃い緑色の葉を茂らせてくれます。

園芸店でも手軽に入手できる木。一戸建てのシンブルツリーとしてだけでなく、マンションでも鉢植えで楽しむこともできます。

花言葉は「平和」と「知恵」。言い換えれば「家内安全」「学業成就」。家にあるだけでご利益がありそう。ぜひ、インテリアとして楽しんでみてはいかがでしょうか。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「閤」
「閤」読める?太閤秀吉、今太閤…偉そうだけど、低姿勢じゃないと入れないもの

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

Source: 日刊住まい

「上物」読める?不動産広告にある「じょうもの」じゃないほうの読み方

読めそうで読めない「上物」

上物という字を見ると、「並みじゃなくて、上等な品物」を思い浮かべる人、多いと思います。たしかに「じょうもの」の意味は、その通り!

しかし、今回は不動産の取引でよく使われる、もうひとつの読み方を答えてください。さてなんと読むでしょう。

不動産広告でよく目にする「上物あり」とは?

売地

最近は、新築ではなく、中古住宅を購入して、リフォームして暮らすという選択肢も増えています。その場合、住みたい地域を絞って「中古戸建」で検索することに。

しかし、中古住宅があっても、その建物の価値が低い場合、「上物あり」の土地物件として、売りに出されることもあります。

「建物は立っていますが、中古住宅といえるほどの建物ではないので、土地として売ってます!」というような意味です。

買う人にとっては好都合なケースも!

上物あり

正解は「うわもの」です。

「土地の上に建物があります」という意味で、「上物」といわれるようになりました。

「上物あり」=「古家あり」ということです。不動産広告においては、取引する土地の上に古家が立っている場合は、その旨を明示しなければならないと決められています。

もう古い家なので、壊して更地(さらち)にして売る方法もあったはずです。しかし、ひょっとしたらこのまま中古戸建てとして住むかもしれない。それなら、バカにならない解体費用も浮くので、そのまま売ってしまおう判断で、売りに出された土地です。

解体して新しい家を建てる可能性も高いので、解体にかかる費用を多少差し引いて、更地より割安の価格が設定されているのが一般的です。

ですから、買う側にとっては、リフォームして住むとすると、費用的にも安くすんで、お得なケースも。
もし、上物(うわもの)が上物(じょうもの)なら、この作戦は大いにアリです!

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「子生婦」
「子生婦」読める?子孫繫栄を願って結納で用意されるもので、おでんの具にも

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

Source: 日刊住まい

「雪花菜」読める?おかずになるけど野菜じゃない、栄養あるのに廃棄されてるもの

読めそうで読めない「雪花菜」

雪の花の野菜?きれいな名前ですね。確かに、雪が降り積もったようにも見えなくはありませんが、野菜ではありません。

かつては、おかずとして食卓に並ぶことが多かったのですが、今では食用になるのはごくわずかというデータも。フードロスが問題になっています。

栄養価が高いのですが、食品なのか、産業廃棄物なのか議論が大きく分かれているもの。
なんだかわかりますか?

裁判で、食品ではなく産業廃棄物と判断されたことも

裁判で有罪

健康志向で人気の豆乳や豆腐、この製造時に生まれるものです。

しかし、それでも食品としての消費は、まったく追いつかない状況。少々古いデータですが、2011年暮れに日本豆腐協会が発表したレポートによると、豆腐をつくるときに出る雪花菜は約66万トン。そのうち65%が飼料、25%が肥料用に利用。それ以外の大半が産業廃棄物として処理され、食品用に使われるのは1%以下とのこと。

かつては節約料理の頼れる食材だったのが、最近は食品としての認知度はイマイチ。

豆腐工場から雪花菜を購入して、ブタの飼料として販売した業者が、廃棄物処理法違反で検挙されたなどという事件も起こりました。最終的に最高裁まで争われましたが、雪花菜は産業廃棄物に該当すると認定され、有罪が確定。

SDGsの観点からも、今後は注目を浴びるかも!?

雪花菜

正解は「おから」です。

生の雪花菜は水分量が約70%と多く、劣化が早いことがネックになってきました。そのため、裁判所からも産廃扱いされてしまう始末。

しかし、食物繊維や植物性のたんぱく質が豊富なので、最近は乾燥させてパウダー状にした商品が人気です。
大さじ1杯でレタス約1/2個分の植物繊維がとれるというデータもあり、ヨーグルトやコーヒーに入れたり、ケーキやクッキーにしたりする人も増えています。

SDGsの目標12にも、「つくる責任、つかう責任」が明記され、食糧廃棄や廃棄物の削減が盛り込まれています。
時代に取り残されていた雪花菜ですが、今後はますます注目されていきそうです。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「子生婦」
「子生婦」読める?子孫繫栄を願って結納で用意されるもので、おでんの具にも

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

Source: 日刊住まい

「擽る」読める?これをされるとムズムズして、笑っちゃう人が多いです

読めそうで読めない「擽る」

手偏に楽しいの「楽」。そして送り仮名は「る」だと…。「らくる」?そんな言葉ありません。では「こねる」「たぐる」…「てなづける」?みんな違います。

それをされると、楽しいというか、笑いたくなるかも。さてなんと読むでしょう。

意味は、皮膚の敏感な部分を刺激すること

薬と薬袋

「楽」がつく漢字、意外と多くありません。まず思いつくのは草冠がついた「薬(くすり)」ではないでしょうか。それ以外では、木偏に楽の櫟。木の名前を表し、「クヌギ」もしくは「イチイ」と読みます。

漢字が得意な人でも、思いつく漢字というと、あとは、石偏の礫くらい?こちらは、小石を投げること、または、その小石のことで「つぶて」と読みますね。

そして、今回の「擽」。こちらは、皮膚の敏感な部分を軽く刺激すること。それをされた人は、ムズムズして笑いたくなるような感じになります。

「母性本能を擽る」という言い方も!

赤ちゃんをくすぐる

正解は「くすぐる」です。

「わきの下を擽る」「足の裏とこちょこちょ擽る」などという言い方しますね。
言葉で人の気持ちを刺激するときも、この言葉を使います。「プライドを擽る」「母性本能を擽る」といった言い方です。

大人になると、擽られて身もだえするようなことは勘弁。でも、好奇心を擽られる、ワクワクするような出会いや体験は、ずっとしていきたいですね。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「孑孑」
「孑孑」読める?世界中でいちばん人間を殺している生き物の幼虫です

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

Source: 日刊住まい

中古の一戸建てを購入したら、隣人がクレーマー!仲介業者に責任を問えない?

クレーマー
最近は、中古住宅を購入するという選択も増えています。中古の場合、売主は前の所有者。これを不動産会社を介して購入するということが一般的です。

今回は、売主の説明責任と、不動産会社の説明責任に関する問題です。

あなたは、不動産会社Aの仲介により、売主Bの住宅を購入。購入前に子どもも連れて家族で内覧し、環境も申し分ないと思い込み、購入を決めました。しかし、契約を結ぶ前に行われる重要事項説明の「その他買主に説明すべき事項」の欄に、北側隣接地住人より、騒音等による苦情がありました」との記載が!その読み上げも行われました。
あなたは驚き、AとBに対して、具体的な事情を聴きましたが、売主Bからは、「今はとくに問題ない」内との説明があり、Aもその説明に同意しました。
しかし引っ越しの当日、問題の隣人が飛び出してきて、「うるさい」と水をかけられる事態に。このことがあって、あなたは住むのも怖くなってきました。売主や不動産業者には、責任を問えないのでしょうか?

では、さっそく答えを解説していきます。

近隣トラブルは、売主にも、仲介した不動産会社にも説明責任がある!

損害賠償請求

正解…不動産会社と売主に損賠賠償を請求できる可能性が高い

まず、不動産会社Aの義務について。買主に重大な不利益を与えるおそれがあり、契約締結の可否の判断に影響を及ぼすと予測されることは、客観的に説明しなければなりません。これは宅建業法47条1項に「重要事項の不告知・不実告知の禁止」として明記されていることです。

今回の場合、売主の「今はとくに問題ない」という言葉をそのまま受け、客観的に説明できていません。ですから、説明義務違反にもとづいて、あなたは、損害賠償請求をすることができます。

また、売主Bも、今も隣人がクレーマーであることを言わず、「今はとくに問題ない」といったことは、誠実に回答しているとはいえず、信義則上の説明義務違反。やはり損害賠償をすることができると考えるのが妥当です。

ですから、法律的には、「不動産会社と売主に損賠賠償を請求できる可能性が高い」となります。

また、消費者契約法という法律では、不利益事実の不告知による取り消しは可能とされています。このケースでは、それにあたる可能性大。売買契約自体を取り消すという選択肢も考えられます。

中古住宅を購入は、周囲の状況をしっかり調査することが大事!

近隣環境をチェック

このケースでは、関係者が説明義務を果たしていないことが問題です。損害賠償請求をすることで、一定額の賠償金を受け取ったとしても、住み続けるにはストレスがともなうことになります。

また、これほどのことではなくても、実際に住み始めてみると、近くにゴミ屋敷があったとか、風向きによっては、下水のニオイが部屋に入ってくるというような、知っていれば契約しなかったのに…と思うことが少なくありません。

それを防ぐためにも、購入を検討している物件は、何度も足を運び、自分の目や耳で確認することが大切です。時間帯も変え、朝昼夜と異なる時間帯に訪れて確認すれば、リスクはかなり軽減されるはずです。

隣地から枝や根っこが伸びてきたら切っていい?知りたい人はこちらも!

相隣関係の問題
切ってOKなのはどっち?お隣の木の枝と根が、自分の敷地に侵入してきた

画像(図以外)/PIXTA

Source: 日刊住まい

「告天子」読める?カネ返せとお日様に向かって鳴くといわれる、鳥の名前です

読めそうで読めない「告天子」

飛びながらずーっとさえずっている鳥です。高いところでずっとピーチクパーチク鳴いているので、この漢字が当てられています。

その様子から、きっと太陽に「金返せー」と言っているんだろうと、楽しい民話も生まれました。
じつは英語名が、あの有名なファミレスと同じ!さて何と読むでしょう?

英語だとスカイラーク!あのファミレスと同じ名前

ファミレスの店内

全長17㎝。スズメ目(すずめもく)に属する鳥です。昔から人の目に触れることが多かったこともあり、この鳥の名前がついた地名が各地に存在しています。東京都にも、西武線の駅で「~ヶ丘」が。

本来は、草むらなど地面に生息する鳥なので、羽は茶色と黒のまだらが基本。お腹の部分が白いところまでスズメに似ていますが、体はひと回り大きいです。

英語名が「スカイラーク」。ファミレスの老舗「すかいらーく」と同じ!社名の由来を調べたところ、創業の地を社名にしたとのこと。
それが西武線の駅名にもなっている「~ヶ丘」というわけです。

謎が解けたところで、読み方わかりましたか?

飛びながら鳴くのは、お日さまにお金を貸しているから!?

告天子

正解は「ヒバリ」です。

告天子は、晴れた日に空高く舞い上がり、鳴き続けているので「日晴(日晴れ)」と呼ばれ、それが「ヒバリ」になったという説が有力です。「雲雀」とも書きます。

晴れた日に、告天子が太陽に向かって飛びながら鳴いている姿を見て、民話が生まれました。

あれは、お日さまが地上で暮らしていたころにお金を貸して、そのあと利子も払わず天に上がってしまったから!怒った告天子が、「お天道さんに金貸した。利取る、利取る。利子くれ、利子くれ」と、催促しているんだというお話です。

ネットでも鳴き声を聞くことができます。本当にそんな長いセリフを言っているのか、確認してはいかがでしょうか。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「漫ろ」
「漫ろ」読める?観光地をぶらついたり、そわそわしているときに使います

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

Source: 日刊住まい

「長閑」読める?忙しくて余裕がないとき、そんな景色を見るとホッとします

読めそうで読めない「長閑」

「ちょうかん」ではないです。そのままの意味は「長い閑(ひま)」?
旅行やキャンプでコンビニやスーパ―もない、自然に囲まれた土地に行くと、こんな光景が広がっています。

さて、なんと読むでしょう?

この2文字に気持ちがゆったりとしてくる意味が、たくさん込められている

長閑な田園地帯

読み方の前に、長閑の意味を説明しましょう。

よく、「長閑な田園地帯」というような言葉を耳にします。これは、「のんびりとしていて、静かで穏やかな時間が流れる田園地帯」という意味になります。

えっ!?「長閑」という漢字2文字に、「のんびりとしていて、静かで穏やかな時間が流れる」なんていう意味がぎゅっと詰まっているの?ってビックリしませんか?

そういう意味の3文字の言い方です。さて、なんと読むでしょうか?

「長閑」は、俳句の季語にもなっている!

のんびりしているネコ

正解は「のどか」です。

「静かでのんびりとして落ち着いているさま」「天候がおだやなかさま」「うららかなさま」「ゆったりとくつろぐさま」といった意味です。

人やクルマがせわしなく行きかう都会から、自然に囲まれた場所に出かかると「のどかでいいなぁ」などと思うことあると思います。

そういう気分に浸るのは、気温と強い日差しにげんなりしてしまう夏や、寒くて指がかじかんでしまうような冬ではないはず。温かくて、うららかな日差しを浴びているときや、寒かった冬が終わり、ホッとした気分になるとき。

ということで、「長閑」は春の季語になっています。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「桎」
「桎」読める?これを使われると、身動きがとれなくなります

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

Source: 日刊住まい

【注意喚起】グーグルを騙るプレゼントサイトのクイズがテキトーすぎて笑った

とても久しぶりにフィッシングサイトにブチ当たった。ネットで調べものをしていたところ、閲覧していたサイトが突然おかしな感じになって、「おめでとう デバイスユーザー!」と表示されたのだ。なんのことかな? と思ったら、 「あな […]
Source: ロケットニュース24

「螻蛄」読める?虫の名で、一文なしになった状態の代名詞にも

読めそうで読めない「螻蛄」

夏休み、帰省すると田んぼや畑からジージーという虫が鳴く声がします。街中でも公園や河原などで耳にしているかもしれません。漢字は難しいですけど、私たちの暮らしにとっても身近な虫の名前です。
さてなんと読むでしょう?

器用貧乏なことを、この虫の名前を使って表現することも!

マルチな才能

漢字を見ても、見当もつかないという人が多いと思います。ですから、螻蛄について詳しく紹介しましょう。

皆さんよくご存知のコオロギの仲間です。トンネルを掘って土の中で生活しています。

巣穴の中でジージーという鳴き声が反響して、かなり遠くにいてもよく聞こえます。いまでも、「これはミミズが鳴いているんだよ」と言うお年寄りがいますが、昔はそう信じられていたから。じつはこの螻蛄の鳴き声です。

飛べる、木に登れる、泳げる、穴を掘れる、素早く走れる、ぴょんぴょん跳ねることができる、鳴くことができる、などハイスペック!マルチな才能の持ち主。

そこから人間は、どれもそこそこうまくできるけど、極めているというほどではないたとえとして、「螻蛄の七つ芸」とか「螻蛄之才(ろうこのさい)」などという言い方をします。

失礼な話ですが、螻蛄は器用貧乏の代表選手という訳です。

ギャンブルですっからかんになることの代名詞にも!

オケラ

正解は「オケラ」です。

螻蛄は地上で活動しているとき以外は、土の中で暮らしているため、前脚は全体がシャベルのようになっていて、穴を掘るのに適しています。

オケラの前脚

この前脚を、突き出しているような姿勢が、「もうお手上げだ」とバンザイしているように見えることから、ギャンブルなどでお金をすってしまい、すっからかんになることを「オケラになる」というようになったといわれています。

マルチな才能を発揮しているのに、器用貧乏だとか、すっからかんなんて、あまりの言われようですね。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「遖」
「遖」読める?時代劇でお殿様が扇子を持って口グセのように言うアレです!

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

Source: 日刊住まい