【衝撃】ドトールのクリスマスケーキがヤバイ! まさかの「ミルクレープ」ホール売りで一部ファン歓喜!!

いきなりぶっちゃけますと、普段カフェに入ることなんてほとんどないんですよ。それより居酒屋でホッピーでも飲ませんかいというのが正直なところでして。ミルクと砂糖はいいから “ナカ(焼酎)” をくれ、“ナカ” をと。しかし、そ […]
Source: ロケットニュース24

クリスマスディスプレイのコツ5つ。センス不要、守るだけで自然に決まる

センスのよいクリスマスのディスプレイ

今年もクリスマスが近づいてきました。おうちで過ごす時間が長くなった今年は、インテリアをクリスマス仕様に変えて、おうちでめいっぱい楽しみたいですよね。でも、コーディネートが上手にできないとお悩みの方も多いのでは?

そこで今回は、インテリアブログを主宰するワトコさんに、クリスマスディスプレイをセンスよく、簡単につくる5つのコツを教えてもらいました。

1.季節のディスプレイは小さなスペースでOK

季節のディスプレイは小さなコーナーでOK

ディスプレイが苦手という方、お部屋全体での飾り付けを考えていませんか?季節のディスプレイはセンスよくまとめれば部屋の一部でも十分素敵に映えます。

小さなスペースで良いので、普段目に付きやすい場所にディスプレイコーナーを設けましょう。

おすすめの場所

  • リビングの棚の上
  • 壁面の飾り棚
  • TVボードの隅
  • 玄関(靴箱の上)

2.基調とするカラーを決める

基調となるカラーを決めたクリスマスディスプレイ

よくある失敗として、オーナメントをたくさん買ってきてはみたものの、うまくマッチしないということがあります。統一感を出すためにもまず必要なのはカラー設定。

赤・白・緑の王道クリスマスカラーにするのか、モノトーンカラーでまとめるのか。選ぶカラーによってまったく違った雰囲気をつくることができるので、理想のイメージを思い浮かべながらカラーを設定してください。

たくさん選びすぎるとごちゃごちゃしてしまうので、多くても3色までに絞りましょう。

2020年のおすすめ配色

  • 赤・白・緑のクリスマスカラー
  • ピンク・ゴールド・ホワイトのガーリーカラー
  • ピンク・シルバーのシャーベットカラー
  • 白・ゴールドの北欧カラー

3.サンタ?トナカイ?主役を決める

クリスマスディスプレイの主役を決める

テーマカラーに合わせて主役のオーナメントを選びます。もちろん複数あっても良いのですが、いちばん目立たせたいと思うアイテムを選びます。あとはそのアイテムに合わせて小物を揃えていくだけ。この方法だと自然と素材やテイストが揃うのでおすすめです。

購入場所はニトリやイケア・フランフランがおすすめ

主役のアイテムにプラスして、ツリー・ボールオーナメント・キャンドルなどがあるとクリスマスらしくまとまります。クリスマス時期になると様々な店舗でオーナメントの販売が始まりますが、インテリアに馴染むカラーのクリスマス雑貨が多いのはニトリ・イケア・フランフランです。

4.壁を使って立体感を出す

壁を使ってクリスマスディスプレイの立体感を出す

飾る場所に壁があるなら、壁面を使って立体感を出すことが可能です。ポスターやウッドボード、ガーランドを使うと良いですよ。バランスを見てオーナメントなど小物を足していきましょう。

背面を使ってウッドボードやポスターなど高さのあるアイテムを使う時は、一番高いところが頂点となるような三角形に配置するとバランスが取りやすいです。

5.ディズプレイには余白を残す

余白を残したクリスマスディスプレイ

空間を全て埋めようとすると雑多な印象になってしまいます。ある程度余白を残し、ディスプレイに余裕を持たせた方がきれいにまとまりやすいです。

とはいえ、初めからその辺を計算して飾り付けるのは難しいですよね。まずは思う通りに飾り付けをして、完成したら少し遠くからチェック。うるさいと思うところは引き算していくとバランスよく仕上げやすいです。

難しく感じていた季節のディスプレイも、手順に沿っていけば意外と簡単。季節のコーナーが目に入るところにあると気持ちが明るくなります。雑貨選びと飾り方のコツを身につけて、素敵なクリスマスディスプレイをつくってみてください。

●教えてくれた人/ワトコさん
WEBライターとしてインテリアや収納に関する執筆を行う。「ワトコさんのDIYでカフェインテリア」で、インテリアにまつわる情報を発信中

Source: 日刊住まい

ハロウィンもクリスマスも!かさばるイベントグッズ収納の解決術

ハロウィンの飾り付け

この季節から1月にかけては、ハロウィン・クリスマス・お正月とイベントが盛りだくさん!イベントグッズを出したり片付けたりと忙しい時期です。出し入れが、結構面倒なことに…。

「イベントグッズは年に一度しか使わないのにスペースを取るので、収納に困っている人が多いモノの1つ。ただ詰め込むだけの収納にしていると、だんだんと飾るのが億劫になってしまいます」
そう話すのは、整理収納アドバイザーの藤野ことさん。せっかくのイベントを余裕をもって楽しめる、グッズの収納術を教えてもらいました。

1イベントのグッズを小分けして収納。来年使いやすく

イケアのジッパーつき袋に小物を収納
イベントグッズは1つ1つが細かいモノが多く、割れものもあるので取り扱いに注意しなければなりません。
ですから、イベントグッズをまとめるときは、ざっくり収納ではなく、種類別に小分けに収納しておくことをおすすめします。クリスマスツリーのオーナメントを例にすると、写真のようにクーゲル(玉のこと)、ベル…といったように分けるのです。

小分けにするならジッパー袋が便利です。わが家で使っているのは、サイズが豊富なIKEAの「イースタード(ISTAD)」。値段が299円(税込)とコスパも抜群。見た目もおしゃれで、飾るときも片付けるときも楽しい気分になります。もちろんジップロックや100均のジッパー袋でも構いません。

壊れやすいモノは、ぶつかっても割れにくい柔らかい素材の収納ボックスに入れておくと安心です。無印良品の「やわらかポリエチレンケース」や3COINS(スリコ)の「PP収納ボックス」などが適しています。心配な場合は緩衝材を入れたり、1つ1つを新聞紙で包んだりして、さらに安全度を高めておくといいでしょう。

もともとのケースに収納

ここまでは入れ替える話をしましたが、ピッタリ収まるので、もともと入っていたケースのまま保管するのもありです。

フタつきボックスや紙袋でイベントごとにまとめる

フタつきボックスに収納
イベントグッズは、イベントごとにまとめて収納しています。大切なのは、1つにまとまるサイズのフタつきの収納ボックスを選ぶこと。イベントによってグッズの量も違うので、サイズ展開が豊富な収納ボックスでそろえると見た目がスッキリします。

フタつきの収納ボックスにイベントグッズをまとめて収納しておけば、ホコリが入り込まず、スタッキングもしやすくなります。スタッキングしなくてもよければ、厚手の紙袋にまとめておくだけでも十分です。
収納ボックスや紙袋にはイベント名を書いてラベリングしておきます。すぐに見つけられるので取り出すときに迷いません。

イベントグッズの収納場所はどこがいい?

クロゼットの最上段や納戸の奥にまとめて収納
イベントグッズは年に一度しか使わないモノなので、出し入れしにくい場所に収納しても問題ありません。むしろ手に取りやすい場所に収納するのはもったいないです。

適しているのは、クロゼットの最上段や納戸の奥。イベントグッズとして1か所にすべてまとめて収納できるスペースを確保すれば、どこにしまったのか忘れることがありません。

せっかく張り切ってイベントグッズをそろえても、出し入れが面倒でなかなか飾り付けする気になれないのはもったいないですよね。
一気に収納を見直すのではなく、秋から冬にかけてイベントが終わるたびに見直してみてください。きちんと定位置を確保して、取り出すのも片付けるのもラクになれば、次シーズンからはイベントの飾り付けは手間をかけずに、余裕をもって楽しめるようになるはずです。

●教えてくれた人/藤野ことさん
整理収納アドバイザー、住宅収納スペシャリスト。クリンネスト2級。家事は「素早くラクに」がモットー。動線を短くして時短家事となる仕組みづくりを考えている。無印や100均などのグッズを使った収納アイデアを考えるのが得意

Source: 日刊住まい

シンクロ率、止まりません!! エヴァンゲリオンのオリジナルアニメ「使徒、博多襲来」が想像以上にスゴかった inキャナルシティ博多

2019年も残すところあとわずか。クリスマスが近いこともあって全国各地でイルミネーション全開となっているが、福岡県の「キャナルシティ博多」ではシャレオツな仕掛けが施されている。そう、シーズンに合わせたアクアパノラマである。

噴水とイルミネーションが織りなす幻想的な世界……1人で行くと息ができなくなるような場所ではあるが、なんでもショーが無料な上にエヴァンゲリオンのオリジナルアニメも流れているらしい。ふむ……いっちょ行ってみるか!

・3種類のショー

ということでやってきましたキャナルシティ博多。それにしても……

イルミネーションがクソほどまぶしいなァ。こうもギラついているとはね……うっ、この時点で息が……。

逃げちゃダメだ……と自分に言い聞かせるも、活動限界まで時間は待ってくれないので駆け足でショーの行われるサンプラザステージへ向かう。

ちなみにショーは3種類。クリスマスパノラマ、イルミネーションショー、そして『エヴァンゲリオン 使徒、博多襲来』だ。

実を言うと、今回の目的であるエヴァのオリジナルアニメは2019年6月より上演されている。幅65m×高さ20mの大画面と噴水、照明、劇場レベルの音響効果で描かれるそうだが、実際に体験したらこれが想像以上にスゴかった。

・驚がくのシンクロ率

──と、本題へいくその前に『エヴァンゲリオン 使徒、博多襲来』のあらすじを簡単にご覧いただこう。

玄界灘沖に確認された謎の未確認移動物体(使徒)が「シン福岡市」のネルフ福岡支部を襲う。非常事態宣言のもと使徒迎撃へと出撃する4体の汎用ヒト型決戦兵器「エヴァンゲリオン」。

しかしながら、想定以上に強力な使徒の力の前に容易には殲滅することができない。そこで、葛城ミサトがとった作戦は3体のエヴァによる連係攻撃。はたして碇シンジをはじめとするエヴァンゲリオンのパイロットたちは使徒を倒せるのか?

──公式サイトに書いてあるのをまんまコピペしたが、要するに福岡を守るためにエヴァが使徒に立ち向かうといったもの。エヴァシリーズを見たことある人であれば、それとなく分かるものではないだろうか。

まだ見ていない人もいるからここで詳細をお伝えするのは控えておくが、映像が映し出されると迫力がとにかくハンパない。施設の壁を使った3Dプロジェクションマッピングだけでも圧倒されてしまうのに……

それに噴水、照明演出、爆音などが加わるとまるで映画館……いや、それ以上に豪華な場所で見ているかのようで特別な気持ちになる。油断しようものなら……

バシュッーーーン!!

なんて、子どもたちが悲鳴を上げるほどの噴水が勢いよく発射されるし、疾走感あるシーンが次々と繰り出される。それがエヴァおなじみのBGMとともに展開されたら……たまりませんなぁ〜!

その後も止まらないシンクロ率。お決まりではあるが、「初号機暴走」も目の当たりにすると鳥肌までも止まらない。また、映像のところどころにニクいセリフやシーンもちりばめられているし、10分弱という上演時間で内容がビシッとまとまっているから素晴らしかった。もし博多を訪れたならば見ておくべし!

・見るなら今がアツい

キャナルシティ博多でしか見られないオリジナルアニメ『エヴァンゲリオン 使徒、博多襲来』。12月25日までの上演時間は18:30、19:30、20:30の3回。その先のスケジュールや詳しい時間はキャナルシティ博多の公式HPで随時更新されるので、そちらで確認して欲しい。

エヴァだけ見るのもいいが、前述したようにクリスマスパノラマ、イルミネーションショーも上演されている(12月12日現在)。順番に映像が流れてトータル所要時間はおよそ45分。これから冷える時期だが、せっかくなので全部堪能していくのもいいかも。

参考リンク:キャナルシティ博多
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

ダイソーの「クリスマスツリー」が超コスパ良い!! 2000円あれば豪華に作れるっ…!

2019年も12月となり、今年も大イベントがやってきた。そう、クリスマスだ! そして、クリスマスを象徴するものといえば「クリスマスツリー」。

ただ、「クリスマスツリー」は意外と値段が高い。ちょっとの時期しか置かないのに、高い値段を出すのは何だかもったいなく感じてしまうもの。そこで今回は、値段が高くて迷っている人にオススメの安すぎる「クリスマスツリー」を紹介しよう!

・ダイソーのクリスマスツリー

知らない人からすると驚きだろうが、今回紹介するのは100円ショップでお馴染みダイソーの「クリスマスツリー」。これは棚やテーブルに置くような小さいものではなく、床に置くことができる大きめのサイズのもの。

さすがに値段は100円では無いものの、90センチで税抜300円、120センチで税抜500円。他で買ったら、90センチの「クリスマスツリー」なら大体2000円から1万円ほどする。120センチだと、1万円を超える物も珍しくない。

相場からすると破格なダイソーの「クリスマスツリー」。商品名は『クリスマスヌードツリー』と言い、その名の通り裸のツリーなので装飾などのセット類は無いのが特徴だ。

しかし!!  ダイソーでは「クリスマスツリー」の装飾を単体で販売しているから、自分で好きな物を選び、組み合わせて作ることができる。

装飾の種類だって豊富。オーナメントやライトはひと通り揃っており、同じ形でも色違いで何種類かある。可愛らしいデザインから大人っぽい物まであるので、こだわって自分の理想とする「クリスマスツリー」を作ることが出来るのだ。

・約2000円のオリジナルクリスマスツリー

私は120センチの「クリスマスツリー」1つと、てっぺんの星1つ、ツリーに巻くタイプの飾りが2つ、ライトが3つ、その他の飾り6個を購入。300円のライトが1つ含まれていたので、ツリーと飾り類で合計1900円(税抜)となった

装飾まで買ったにもかかわらず、相場よりもまだまだ安い。なら相場のものと比べてどうなのか? 完成した1900円の「クリスマスツリー」の出来栄えは……

100均で買った「クリスマスツリー」には全然見えないッッッ!

ツリーにも装飾にも、安っぽさはない。むしろ、12点もの飾りはボリューミーでキラキラしまくり。近くで見ても葉はスカスカなんてことないし、モロそうな部分もない。とても500円とは思えない見た目で、ゴージャスな「クリスマスツリー」となった!

ちなみに、ツリーの大きさと自分を比較してみると……163センチある私のお腹付近が、ツリーのてっぺんの星の位置。街中にあるような「クリスマスツリー」に比べたらコンパクトに感じるが、リビングに置いておくのにはちょうどいい大きさだと思う。

・装飾類はバランスを考えて購入すべし

さて、ここからは作ってみて分かった注意点や、装飾を選ぶポイントについて話していく。今回は12種類の装飾品を購入したが、これはツリーに対して十分すぎるほどの装飾だった。

セットで売られているツリーであれば、バランスよく装飾品がついてくる。しかし今回のように自分で全ての装飾品を選ぶ場合は、どれくらい買えばちょうど良いのかが分からない。

好みがあるのであくまで参考程度にしてほしいが、シンプルに飾りたい場合はてっぺんの星1個、ツリーに巻くタイプの飾りが1つ、ライトが1、2個、その他の飾りは4つくらいあれば足りる感じた。

ボリューミーな飾りつけにしたい場合なら、今回ぐらいあってもいいとは思う。ただ多すぎるとゴチャついてしまうので、あまり装飾を買いすぎない方が良い。

なお、個人的にかなり気に入っている装飾品はライト。今回使用した3つのうち、100円のライト2種類は豆電球タイプで、「クリスマスツリー」によく使われるもの。300円のライトはスノーボールライトといって、白くて丸いライトが10個連なっている。こちらはなんと光り方が8パターンも選べるのだ。

どちらも乾電池式で、乾電池部分はツリーの内部などに潜り込ませて置けるから、配線などで見栄えが悪くなることがない。ちなみに、ライトと乾電池は別売りなので注意。

・安く買いたい人にはオススメ

「クリスマスツリー」は、年中置くものではない。だからこそ見られる時期は、わくわくした気持ちで過ごさせてくれる。これまで、値段がネックになって購入をためらっていた人はダイソーの「クリスマスツリー」がオススメだ!

また、これだけ安ければ外用として使ってしまうのもアリだろうし、よりオリジナルを求めるならばDIYなどしてアレンジするのも良さそう。クリスマスまでもう残りわずか。悩んでいる人はダイソーへ行ってみてはいかがだろうか。

Report:mai
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【ガチ】ディズニーマニアが選ぶディズニークリスマスの注目ポイントTOP3「イケメンすぎるグーフィー」「夢と魔法が1番輝く夜」など

ディズニーの夢と魔法が一番輝く季節、それがクリスマス。

11月8日から東京ディズニーリゾートでは、クリスマスイベントが開催された。個人的にはクリスマスはディズニーの本気が見られる季節だと思っており、毎年ハロウィンが終わったあたりからディズニーのクリスマスを思い浮かべてはワクワクソワソワしている。

そんな大きな期待を抱いて、今年のディズニークリスマスを一足先に体験してきたのだが、やはり最高ですな、キラキラ輝くクリスマスの世界は! これから東京ディズニーランド・シーに行きたいという人のためにおすすめポイントを3つほど全力で選んだので、ぜひ参考にしてみてほしい。

・No.3:みんなを笑顔にする “トナカイプルートのかぶりもの”

ディズニークリスマスは猛烈に可愛いグッズがたくさん発売され、ディズニーファンのお財布にとってはある意味大変な時期でもある。そういった魅力的なグッズが多数発売されるなかで、今年特におすすめしたいのがプルートのファンキャップ(かぶりもの)!

このグッズはトナカイに扮したプルートをモチーフにしており、クリスマスらしいキュートなビジュアルに仕上がっている。そしてプルートの肉球を押すと、プルートの耳がピーンと立ち上がるという楽しすぎるギミックまでつけられているのだ。

これをかぶっていれば、着用している自分だけでなく周りの人たちも笑顔にできるので、最高にクリスマスなアイテムと言えよう!

・No.2:キレキレのグーフィーに会えるショー “イッツ・クリスマスタイム!”

東京ディズニーシーで行われるショー『イッツ・クリスマスタイム!』をおすすめする理由は2つある。

まずひとつめは、歌とダンスのライブパフォーマンスのクオリティーがメチャメチャ高いからだ。このショーでは『All I Want for Christmas Is You』『We Wish You the Merriest』といったクリスマスの名曲が美声シンガーたちによって歌い上げられるなか、タップダンスやラインダンスなど様々なダンスが披露され、超一流のエンターテイメントが楽しめる。

そして個人的にこのショーの最大の魅力だと思っているのが、キレッキレッに踊るグーフィー! グーフィーといえばマイペースでおっとりしたキャラクターだと思われがちだが、実はやるときはやる男なのだ。

そのセクシーさが『イッツ・クリスマスタイム!』で前面に出ており、ダイナミックかつ軽快なダンスで観客を沸かせるグーフィーはマジのマジでくそカッコイイ!! 一度見たら、きっと「グーフィー」ではなく「グーフィー様~!」と呼びたくなってしまうことだろう。

・No.1:永遠を願ってしまう “ディズニークリスマスの夜”

ディズニークリスマスの魅力が最も感じられるのは、パークが一番輝く夜なのかもしれない。

クリスマスイルミネーションによって照らされるディズニーの世界は、冬の寒さを吹き飛ばすほどに温かく、明日への希望と元気が湧いてくるほどにキラキラ輝いている。なにも特別なことはしなくていい。ただそこにいるだけで自然と笑みがこぼれてくる。

そんな素敵なきらめきが満ちあふれたディズニークリスマスの夜、ぜひ体験してみてほしい。「このときが永遠に続きますように」と願ってしまうほどクリスマスの幸せが詰まった魔法の時間が、きっとそこにはある。

・クリスマスの一番の楽しみ方

東京ディズニーリゾートがクリスマスにその輝きを増すのは、もちろん園内を彩るイルミネーションのおかげもあるだろう。しかし本当の輝きは、園内にいる人たちの想いから発せられている気がする。

大切な人とこれからも一緒にいられますように。用意したクリスマスプレゼントがあの人に笑顔を届けますように。ここにいるみんながずっと幸せでいられますように。

園内にあふれるそんな願いの数々が、クリスマスの夜を優しく美しく照らしているのかもしれない。なんでもいい。ひとつ願いを抱いて、パークに行ってみてほしい。

その願いを心から願えたとき、そしてその場にキラキラ漂う他の人たちの願いに触れられたとき、なによりも温かいクリスマスの輝きがあなたを包み込んでくれるはずだ。

Report:田代大一朗
Photos:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24