【100均検証】反射光をコントロールする「PLフィルター(偏光レンズ)」がキャンドゥに100円で売っていた〜!

お〜っと、これはマニアック! これまでスマホ用のクリップ式「広角レンズ」や「魚眼レンズ」、あるいは「マクロレンズ」なんかは100円ショップによく売られていたが、まさか「PLフィルター(偏光フィルター / 偏光レンズ)」が100円で売られる日が来るなんて……!

100円でPL(偏光)。100円で……!! すごくない? だってだって一眼レフ用のPLフィルターなんて、サイズによるけど5000円くらいするんだよ!? それが100円……おったまげ〜! もちろん即買い。とりあえず水面を撮ってみた!

・PL(偏光)フィルターとは何か

カメラに詳しい人から厳しく突っ込まれそうなので究極レベルの簡単な説明で済ませようと思うが、PL(偏光)フィルターとは、ずばり……反射光をコントロールするレンズのことである。

反射光をコントロールするとは、はたしてどんなことなのか? とりあえず、うちにある水槽をスマホで撮ってみよう。

うん。ライトの光が水面に反射している。しかし……

今回購入したPLフィルター(偏光レンズ)をスマホのカメラレンズに装着して……

クリクリとレンズを回して「乱反射光カット量」を調整すると……

水面の反射がなくなった〜!!

ビフォー・アフターを見れば一目瞭然!

……もう1回いこう。

水面に景色が映りこんでいる。しかし、PLフィルター(偏光レンズ)で撮影すると……

む……!?

水中に沈んだ猫ちゃんが浮かび上がってきた〜\(^O^)/ ……みたいな感じで、これを海とかで撮影したら、めちゃくちゃキレイに撮れるのだ。本当は今回も海とか川とか公園の池とかを撮りたかったのだが、外出自粛な今日このごろ、うちにある「水面」で申し訳ない。

ちなみに水面だけではなく、山とかそういう景色も、光の反射をコントロールすることによって色が鮮やかになるため、この商品のパッケージにも書いてある……

被写体をより鮮明に!」な状態になるわけだ。「景色」を撮るシーンがあったら、ぜひともポッケに忍ばせておきたいアイテムである。

早くコロナがおさまって、海に山に、いろんなところを撮影しに行きたいな〜。今は家でじっくり、その日が来るのを心待ちにしよう。100円のレンズを眺めながら、いつかの海に思いを馳せて。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【検証】iPhone11Pro(2倍望遠レンズ)に18倍のクリップレンズを付けて撮影したら、予想外の画が撮れた!

iPhone史上初となる、3つのレンズを搭載した新モデル「iPhone11 Pro」「Pro Max」。望遠レンズに加えて広角と超広角レンズを備えて、今までにない撮影体験を提供してくれる。

はたして、それで満足か? もっと撮りたくないか? 私(佐藤)は撮りたい! もっともっと撮りたい!! ということで、11 Proの望遠レンズ(2倍)にバズーカ級のクリップレンズを付けて撮影に挑んだところ、予想外の画が撮れた!

・ジョブズだったら?

早いもので11 Proを購入して約2週間が経つ。サブ機として使っているのだが、ようやく使い方にも慣れて来始めたある日のこと、この端末を見ていてふと思った。

これがアップルの現時点での限界なのか?

0.5倍・1倍・2倍の3つのレンズを備えているのは、たしかにすごいことだ。革新的ではある。だが、もっと出来るんじゃないのか?

少し大げさかもしれないが、「もしも私がスティーブ・ジョブズだったら?」、そう考えた時に、ふと閃いた! そうだ、アレがあるッ!!

私が来年2020年開催の東京オリンピックを見据えて購入したアレ! そう、18倍望遠のクリップレンズである!

これがあれば、めちゃくちゃ見えるんじゃないの? ものすげえ遠くが手に届くように見えるんじゃないの!? ジョブズのことを頭に思い描いただけで、こんな閃きが降りてくるとは。やっぱジョブズ、すげえな!

・レンズが多いんじゃ

ということで、さっそく検証開始! 三脚に11 Proをセットして準備完了。

あとは、クリップレンズを装着するだけ。なのだが……、付ける段階になってちょっと困った。どれだよ、望遠レンズは。3つもあったらわかんねえよ。

迷いながらレンズを動かしていたところ、1番上のものが望遠であることがわかった。が! なかなか良い位置にセットできない。なかなか向こう側が見えてこないなあ。なんでだよ……。

・撮れるぞ!

10分ほど格闘を続けた後に、ついに来た!

ピントは合ってないけど、とりあえず撮っておけ。撮影した画像がコレ。

うわ! 近い!! 非常口の表示を撮ろうとしたら、壁の細かな凹凸まで丸見えじゃないか。すげえな。

せっかくだから、人物撮りにも挑戦してみよう。当編集部のディズニーマニア田代に立ってもらって、彼に焦点を合わせようとしたところ! なぜか画面が真っ暗。さっき見えてたのに何で? クリップレンズがズレたと思い、再度位置の調節にかかる。

全然上手くいかねえなあ。たった今見えてたはずなのに。おかしい。……いや、ちょっと待てよ!

これ、カメラが田代を捉えてるんじゃないか? なぜか画面中央だけ真っ黒で、画面の上下には田代の頭と服が見えているもの。

この上下で人物撮りできるんじゃないの? ちょっと田代、シャッター押して! という訳で、私と田代がスイッチして、私の撮影に挑むことにした。

・人物撮りに挑戦

11 Proの画面を見ると、視界は良好とはいえないのだが、たしかに私を捉えているな。

田代「もうちょっと右、ちょっと下。そのまま後ろ」

佐藤「バッチリ頼むよ、いい男に撮ってよ!」

田代「あ、イイ! 今ちょうどイイ! シャッター押します!」

佐藤「頼んだぞ!」

\ カシャ! //////

何も写っていませんでした……

お・し・ま・い

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

東京五輪観戦に使えるか? バズーカ級の「スマホクリップレンズ」の実力をたしかめてみた!

東京オリンピックの観戦チケットの申し込み抽選の結果が発表された。残念ながら私(佐藤)は落選。まだチャンスがあるとはいえ、会場で観戦できる可能性はかなり少なくなった……。当選した人はチケットの購入準備をすると共に、歴史的瞬間をその目に焼き付けて欲しい。

もしも席がフィールドから遠かった場合に、ぜひとも活用して欲しいアイテムがある。それは、スマホ用のクリップレンズだ。しかもバズーカ級にデカいヤツ。これがあれば、かなりダイナミックに観戦できるのではないだろうか。

・観戦用に使えるかも?

あらかじめ断っておきたいのだが、東京オリンピックは写真・動画の撮影に関して規制があるようなので、今回は撮影目的というよりも観戦目的で紹介しておきたいと思う。

さて、この商品は、株式会社カシムラの「スマホ用望遠レンズ 18倍」である。私が家電量販店で見つけたもっともデカいサイズのレンズだ。価格は税別4620円。

付属品は持ち運び用のポーチとクリーニングクロス。それにクリップとキャップ類である。

手に持つとずっしりと重い。レンズの長さは10.5センチもある。いまだかつて、これほどまでにデカいクリップレンズを、私は使ったことがない。これはめちゃめちゃ遠くまで見えるはず!

・SEではムリ……

実際に私が愛用しているiPhone SEに装着して、小型の三脚に立ててみると、レンズが重すぎてスマホが前のめりになってしまう。

大丈夫か? そう思いながら手を離すと……、バタン! と大きな音を立ててぶっ倒れてしまった。やはりSEには、文字通り荷が重かったか……。

・Pixel3と丈夫な三脚

これでは使用感を検証できない。諦めるしかないか……。

いやいや、まだだ! 私にはもう1つ使用している端末「Google Pixel3」がある! そして普段から持ち歩いている、頑丈な折りたたみ三脚がある!! この2つを組み合わせれば、たとえバズーカ級のクリップレンズでも問題ない!!

てってれ~! 片手に余すようなサイズのPixel3と、しっかりとアスファルトに脚を伸ばした強い三脚があれば、戦えるのだ!

・通常のカメラモード、拡大なし

撮影対象に選んだのは、東京都渋谷区の「NTTドコモ代々木ビル」である。高さ約240メートル、新宿駅の方角からでも目につく巨大な建物だ。まずはレンズなし、通常のカメラモード(拡大なし)で撮影してみる。

新宿御苑側から撮ると、時計があることはわかるが、拡大なしで文字盤が読めるか読めないかといったところだ。

・拡大あり

次に、通常カメラモードで最大に拡大して撮影。

最大に拡大して撮影すると、時計は19時10分を指していることがわかる。この状態でレンズを装着するとどうなるのか?

・レンズあり、拡大なし

次はレンズを装着して拡大なし。そうしたところ、先ほどのレンズなし拡大最大と、ほぼ同じくらいの倍率で撮影できることがわかる。

時計の文字盤は先ほどよりもやや鮮明に見えるくらいだ。時間は19時12分頃を指している。

・レンズあり、拡大あり

最後に、レンズありの拡大倍率最大! ここまでデカくなると、ブレが激しくなって被写体を捉えるのが難しくなるのだが、なんとかシャッターを押すことに成功。そこに写っていたのは……

トケイ! デケエ!!

イヤと言うほど文字盤がデカく写っている。これなら、五輪の競技会場でたとえ後ろの方の席になったとしても、競技の様子はスマホとレンズを通して、しっかり見ることができるかもしれない。

しかしながら、いくつか気になることもある。先も述べたように、拡大率が大きくなると、その分、手ぶれの影響を受けやすくなる。三脚を立てていたとしても、風が吹いただけでレンズの向こうの景色がぐらぐらと揺れてしまっていた。また、撮影時にシャッターを押すと、その振動で手ぶれが生じてしまう。使うのには少々コツがいるようだ。

・単眼望遠鏡として

ちなみに、このレンズはスマホに装着するだけではなく、もう1つ使い方がある。それは単眼望遠鏡だ。

望遠鏡として使ってみると、たしかに見える。遠くがよく見えるんだけど。

これなら双眼鏡を買った方がいい気もする……。いずれにしても、チケットが当選した人は、来年までに観戦の準備をしっかり整えて欲しい。ハズレた私はセカンドチャンスを待つことにする……。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24