服選びが楽しくなる「ショップ風ディスプレー棚」をDIY

クローゼットの中は、どんなに整頓してもすぐに散らかってしまいがち。そんな悩みを抱えているなら、こんなDIYはいかがでしょうか?

クローゼットを開けたときに、手持ちの服が見やすくて取り出しやすい「ショップ風ディスプレー収納」です。つくり方は簡単で、所要時間はおよそ15分!服選びが楽しくなる、おしゃれなクローゼットが完成します。

“ショップ風収納”なら服が選びやすくてムダも減らせる

クローゼットを開けたところ

クローゼットに引き出しや衣装ケースを用いて収納力アップを目指している方、少なくありません。でも、たくさん収納できるとモノがどんどん増えてしまいます。着ない服までたっぷり詰まったクローゼットでは、手持ちの服を把握しきれずに同じアイテムを買ってしまったり、着たい服が見つからずにイライラすることも…。

そこで、クローゼットを「見せる収納」にしてみましょう。ショップ風のディスプレー収納にすると、服選びも迷わず、ムダ買いも減らせるなど、いいこと尽くしです。

まずは材料をそろえて下準備を

木の板と丸棒

棚受け

材料は以下の3つ。

  • 棚板
  • 棚受け
  • 丸棒

棚板は、安くて加工しやすいSPF材がオススメ。クローゼットの幅に合わせてあらかじめカットしておきましょう。さらに、お好みのカラーで塗装するとおしゃれ度アップ!写真のものは、ダイソーの水性ニス・ウォールナット色を使っています。丸棒は棚板と同じくらいの長さのものを。

棚受けもダイソー。見た目もおしゃれで、丸棒を通すのにちょうどいいデザインです。今回は、棚板を2段取りつけたので、棚板と棚受けは2セットずつ用意しました。

2ステップで即完成!ショップ風ディスプレー

材料と道具がそろったら、あとは取りつけるだけ。早速始めてみましょう!

ステップ1.棚受けを壁に取りつける

ドライバーで棚受けを止める

2段の棚板がちょうどよい高さになるように間隔を調節しながら、棚受けを2セット壁に取りつけます。クローゼットの側面はビスが止めにくいので、L字のドライバーなどを使うと便利です。

 

ステップ2.棚板と丸棒を設置したら完成!

完成

棚受けの上に棚板を置き、下段の棚受けに丸棒を引っかければ完成です。

今回は、同じ大きさの棚を2段、端から端まで渡せる長さのものを用意しましたが、上段は右端から真ん中までの半分サイズ、下段は左端から真ん中までの半分サイズといった具合に、階段状にしてもおしゃれです。

服は“ショップたたみ”でおしゃれに収納

ショップたたみで服をしまう

せっかくクローゼット収納をおしゃれにしたのですから、洋服もショップたたみで収納しましょう。

服をのせすぎると。。。

注意したいのがしまう洋服の量。写真のようにたくさん積み重ねると、あっという間に「ただの棚」になってしまいます。たたんだ洋服の上部に、最低でも8センチのすき間を確保すると、見た目もきれいです。

丸棒にアウターをかける

丸棒にはアウターをかけておけます。ただし、棚受けが壁の下地にしっかり固定されていない場合、かけすぎに注意。子ども用の軽いアウターや、日常使いのアウターをかけておくぐらいがベストです。

クローゼットの中がきれいだと、服を選ぶのも洗濯物をしまうのも、不思議と楽しくなります。安くて簡単にできるクローゼットのリメイク、ぜひ実践してみてください。

※荷重に気をつけながら使いましょう

Source: 日刊住まい

不満解消リノベ!収納、子供室、洗面を家族の成長に合わせて見直す

横浜市戸塚区の中島さんの住まいは、結婚と同時に購入した築22年75.11平米のマンションです。当初は十分な広さだったはずが、子どもたち2人が大きくなるといつしか手狭に…。

そこで中島さんご夫妻は、次女が小学校に入学するタイミングで自宅をリノベーションすることを決意。要望がすべて叶った!と大満足なリノベーションを工事費1,500万円で実現しました。

壁や床を活用した収納でスッキリ

ごく普通の間取りの3LDKだった中島邸。元々は北側の洋室2つをそれぞれ子ども室と夫の書斎、和室を寝室として使っていました。収納が足りず、書斎に荷物をまとめて置いていたり、使っている部屋の広さなどの不公平感が夫婦や子どもたちの間でちょっとしたモヤモヤになっていたそう。

また、妻は家事効率の悪さにも不満が。キッチンはリビングとの距離感から孤独、さらにリビングに常に洗濯物が干してある状態もなんとかしたかったそうです。

そんな中島さんご家族がリノベーションを依頼したのは、リノベーション会社の空間社。3LDKの間取りを2LDKにし、孤立していたキッチンもダイニングへとつながるようになりました。

キッチン収納 リノベーション

キッチンの背面には、ダイニングスペースまで続くバックカウンターと吊り戸棚を設置し、抜群の収納力を実現。

小上がり 畳 収納 リノベーション

リビングの中にある小上がりの畳スペースは、扉を閉めれば客間としても活用できます。さらに畳を外せば下は大容量の収納が。普段あまり使用しない季節物の収納場所として大活躍しているそうです。

2部屋になる子ども部屋

リノベーション 子ども部屋 仕切り ベッド

12歳の長女と7歳の次女の使う子ども部屋は、2部屋に仕切れるように引き戸を設けましたが、基本的には開放して広く使っているそう。

仕切り 子ども部屋 扉 リノベーション

仕切った際を考えて、子ども部屋の入り口は2つ設けています。

小上がり奥が子ども部屋

小上がり奥が子ども部屋

子ども部屋は窓のない部屋だったことから、壁の両側に内窓を設け、部屋を仕切る引き戸上部にはあえて壁を付けないことで風通しをよくしました。風通しもよくなり、明るい子ども部屋に自分のスペースができたお子さんたちはとっても嬉しそうでした。

 

寝室から繋がる広々クローゼット

一方で、中島さんご夫妻の寝室にはご主人の書斎を設けています。

一つの部屋を独り占めしていたときに比べるとずいぶん小さな空間になってしまったけれど、お子さんが巣立った後は子ども部屋をご自身の部屋にされることを計画しているだそう。

クローゼットさらに寝室内のにはWICを設置。入り口が2つあるのはどちらかの荷物が侵食してケンカにならないよう、きっちり分けています。

クローゼット リノベーション

クローゼットには扉はつくらず、ロールスクリーンを採用。中の電気をつけて寝室を暗くすると“行灯風”になるのもご夫妻のお気に入りなんだそうです。

 

朝の渋滞回避!2か所の洗面所

女子多めな中島家。朝は「洗面所待ち」の大渋滞が起こるため、リノベーションの際に洗面所を2か所設置しました。

リノベーション 洗面台 洗面室 脱衣所 収納

写真右がパパ用洗面台

洗濯機とパパ用洗面台を設置したスペースは収納力抜群となっており、手前の棚にはリネン類やシャンプーを。下は扉付きのランドリーボックスになっています。洗濯物を放り込んでも外からは見えない仕様はとっても便利。

 

中島邸の収納スペースの決定方法は「必要な場所に必要な収納があること」をポイントとしました。物の置き場が決まっていることで、キレイに収まり、これ以上物を増やしたくない、と物を選ぶ感覚にも変化があったんだとか。

3LDKから2LDKへと部屋数を減らしても、自分のスペースが増え住み心地が劇的によくなった中島邸。心地よい住まいは、部屋数ではなく十分な収納スペースと自分のスペースの確保がカギになるようです。

※物件価格、工事費、ご家族の年齢等の情報は「リライフプラスvol.32」取材時のものです

設計・施工/空間社
撮影/臼田尚史

Source: 日刊住まい

隠れてる!移動する!アイデア収納が充実した家

賃貸マンションの家賃が高く、「もっと安い部屋に移ろうか」と情報収集している際にリノベーションに興味を持ったという、東京都小平市にお住まいの梅原さんご夫妻。

ご夫妻が好きな玉川上水や小金井公園にもアクセスのよい、築24年61平米の中古マンションを選び、設計はデザインライフ設計室に依頼。インテリアを考えることが好きなご夫妻は”自分たちらしさ”を追求した住まいを工事費1,200万円で手に入れました。

隠す収納でスッキリなリビング

梅原邸の印象はとにかくスッキリ。その理由は、「飾る収納より隠す収納」を望んだことにあります。例えばダイニングから小上がりに続く壁面をフル活用し、壁面収納を設置しています。

収納 壁面 隠す収納

扉付きなのでこまごましたものを入れても安心。さらに、小上がりの段差部分も収納スペースにしています。

小上がり 収納 リノベーション 和室

「子どもが生まれたばかりなので、段差の引き出し収納は特に重宝。赤ちゃんを抱っこしながら紙おむつなどをサッと取り出せるし、容量もあって助かります」と妻。

小上がり 和室 リノベーション

ご家族が何かとここに腰かけて過ごすことが多いという小上がりスペースは、段差の位置にロールスクリーンが仕込んであり個室化することもできるそう。「畳の小上がりは昼寝に便利。出産後、妻の親が手伝いに何日も泊まってくれたときなどに客間として使え、とても重宝しました」とご主人。

リノベーション リビング 

さらに床板は一部取り外しが可能で、壁面のカウンターに向かって腰かけられる便利な仕様になっています。ところどころに居場所があって、ご家族が楽しく過ごされているのが伝わってきます。

移動する収納が便利な書斎

書斎 土間 リノベーション

梅原邸の玄関に繋がる広い土間は2つの収納家具を間仕切り替わりに置くことで、西半分を書斎にしています。

キャスター付き収納 ロールスクリーン リノベーション 動く収納

収納家具はキャスター付きなので、レイアウト変更もスムーズ。さらに、ロールスクリーンの扉にしているのでオシャレかつ、開閉のしやすさも抜群。掃除もしやすいので妻も大助かりです!

ブックシェルフ 本棚 扉 リノベーション

通路と面位置を合わせて設置した書斎の作り付け書棚は、天井までの高さがあり、収納力はお墨付き。スライド式の扉を閉めればスッキリ!な印象なのも安心ですね。

クローゼットやバスルームまである通路

通路 玄関 リノベーション

梅原邸の住まいは、玄関土間からLD方向に2つの通路を設置しています。この通路、いったい何があるのでしょうか?

クローゼット リノベーション 扉

空間中央の通路には、トイレとクローゼットを配置しています。クローゼット扉の内側を姿見になっており、直角に開くとWICのように使えてとっても便利!

洗面室 リノベーション 

もう一つの通路には、洗濯機とバスルーム、洗面所を配置しています。洗面の横にはカウンター収納があり、洗濯にまつわる作業を1か所でこなせます。

前右の引き戸を閉めれば、バスルームの通路は脱衣室として活用でき、冷暖房効率もアップ!更に通路兼脱衣室ということで、バスルームの折り戸の前を昼間は白い引き戸で覆い「いかにも水回り」の印象を和らげています。

スッキリでオープンな梅原邸ですが、クローゼット側の扉を閉じることで、LD方向に視線が入らないように工夫されています。「例えば宅配便の人が来たときなども、プライバシーが保てて助かります」と奥様。目隠しにも、部屋にもなる扉は梅原邸の自慢のようです。

寝室 リノベーション

寝室は、明るい光の中で自然に目覚めたいとのリクエストで、東側に配置しています。寝室の家具はベッドのみというシンプルさですが、上部の未利用空間にもやはり収納スペースを発見!

隠す収納で、スッキリなリビングを実現し、さらに洗面室やバスルームなどを通路と兼用することで、隅々まで無駄のない梅原邸。アイデア豊富な収納スペースはマネしたくなるものばかりですね。

※物件価格、工事費、ご家族の年齢等の情報は「リライフプラスvol.32」取材時のものです

設計・施工/デザインライフ設計室
撮影/山田耕司

Source: 日刊住まい

リノベは「最小寸法」で実現!限りある空間に理想をつめ込む方法

リノベーション住宅の施工実績2万戸という実力派カンパニー・「インテリックス」の滝川智康さんの著者『「中古マンション×最小寸法」でかなえる 最高のリノベーション』を読んで、リノベーションで理想の住まいや暮らしを手に入れるためのポイントをご紹介しています。

第2回目は、リノベーションの際、限られたスペースに理想を全部詰め込むために必要な「最小寸法」という考え方についてです。

靴箱の奥行は45㎝、その “ゆとり” って本当に必要?

マンション

ocsa / PIXTA(ピクスタ)

面積が広ければリノベーションの自由度は増しますが、もちろん物件価格もリノベーション費用も膨らみます。
ですので、限られた空間をフルに生かして、予算内で、無駄のない心地よい住まいをつくるのがリノベーションの醍醐味(かつ悩みのタネ)でしょう。

そこで、滝川さんが大切にしているキーワードは「最小寸法」

これは、人の動きやモノの配置に、最低限必要とされる寸法のことです。

使用上問題はないけれど、これ以上縮めてしまうと使いづらい、機能性を失わないギリギリのサイズ、ということ。

滝川さんが所属するインテリックスでは、2万戸以上のリノベーション住宅を手掛け、測って、測って、測ってきたことで、最小寸法を見出してきたそうです。

クローゼット

kenji / PIXTA(ピクスタ)

例えば、クローゼットの奥行は一般的には60㎝といわれています。

でも、実際に洋服をかけて調べてみると、53㎝で足りてしまうといいます。その差、7㎝。

クローゼット

また、靴箱は40~45㎝が主流ですが、35㎝のものもあります。玄関スペースに生まれるその差、10㎝。

ほかにも、トイレや廊下の幅、床下の配管・ダクトのスペースなどは、「最小寸法」が確保できていれば狭くても問題ない部分。

“普通はこれくらい”を目安にしすぎると、自分たちには過分なスペースをわざわざ設けてしまうことになるのでご注意を。

「最小寸法」が紡ぎだした数cmが「豊かなスペース」をつくる

リビング

Mills / PIXTA(ピクスタ)

1か所から紡ぎだされたのはたった数cmかもしれません。

ですが、家全体で「最小寸法」を使って数cmを積み重ねていけば、それが「豊かなスペース」を生み出すことになります。

「豊かなスペース」とは、広いリビングや玄関、高い天井など、なるべく広く大きくとりたいスペースのこと。

これらを広くとれると、豊かさを感じられて生活の質がアップしていきます。

ユニットバス

花火 / PIXTA(ピクスタ)

例えば、前述したクローゼットの例で紡ぎ出された7cmがあれば、ひと回り大きなユニットバスを入れることができるし、各部屋のクローゼットでその7cmを積み重ねれば開放的なLDKの実現にもつながります。

既存の間取りを見てあきらめていた “土間付き玄関” や “小上がりのある開放的なLDK” なども、「最小寸法」を活用することで叶うかもしれませんね。

予算も空間も有限。削るところと、スペースやお金を投入するところとをしっかり見極めることが大事です。

図面の上を歩いて “開かないドア” を見つける

ドア

GARAGE38 / PIXTA(ピクスタ)

開かないドア。これもよく聞く話です。

ドアはあるけれど、開けると別のドアとぶつかって全開できない、ここに家具を置きたいけど、そうするとこのドアが開けられない、というようなドアの開き勝手に関する失敗はよくあります。

「最小寸法」を活用した空間であれば、各所にギリギリな部分があるはずなので、さらに注意が必要なポイントなのです。

そんな失敗を防ぐために必要なのが、“図面の上を歩く” ということ。

玄関から入って、服を脱ぎながら電気を点け、廊下を歩き、リビングのドアを手前に引いて開ける、というように、日常生活の一連の動作をシュミレーションしながら図面上の家をひたすら歩くのです。

スイッチ

shimi / PIXTA(ピクスタ)

ドアのほかにも、押しにくい位置にあるスイッチ、家具に隠れてしまうコンセント、ベッドを置くと開かないクローゼットの扉など、細かな設計ミスは日常生活にストレスを与えます。

住み始めて気付いた時にはもう手遅れ、とならないよう、妄想力をフル稼働しながら図面の上で生活してみましょう。

 

間取りや広さは数字に縛られないで

マンション

kazukiatuko / PIXTA(ピクスタ)

限られたスペースと予算でどうやって理想の住まいと暮らしを実現させるかが、リノベーションのプランニングをするうえでの重要ポイント。

どの空間も広くてゆったりしていれば言うことなしですし、”開かないドア”問題もそうそう発生しませんが、そうもいかないのが現実。

同じ「60平米の2LDK」だったとしても、よくある新築マンションのそれと、「最小寸法」を活用してリノベーションしたそれとは、住み心地も充実感も大きく違ってくるはず。

ひたすら「最小寸法」を測ってきた滝川さんですが、本書では “3LDK” とか “6帖” といった部屋数や広さを表す数字に縛られないで、とも述べています。

きょうだい

土風 / PIXTA(ピクスタ)

「3LDKだから子どもがふたりいても安心」とか「主寝室はやっぱり6帖」とか、よくある記号のような数字で判断することは、現代の多様化したニーズには適していません。

家具を入れてシミュレーションをしたり、ライフステージに合わせた個室の利用方法を考えたりすることで、“我が家に最適な間取り” が生まれるのです。

妄想力、大事です。

さて、次回は「リノベーションはしたいけど、中古マンション購入はなんとなく不安」という根本的な問題を払拭する、リノベーションのアフター保証について。

リノベーションにもアフター保証があるって知っていましたか?

安心を得るために新築一択で検討していた人も、長期的な不安からリノベーションに二の足を踏んていた人も、必読です。

 

『「中古マンション×最小寸法」でかなえる 最高のリノベーション』

「マンションリノベーション」を検討するすべての人へ。
物件選びから設計、施工まで、
実績2万戸超、業界No.1を誇るプロの技術を公開

Amazone詳細ページへ

Source: 日刊住まい

サーキュレーターも強い味方に。梅雨を乗り切るカンタン湿気対策5つ

じわじわと梅雨の季節が近づいてきましたね。

湿度が上がるため、湿気によるカビの発生も心配されます。

梅雨の湿気対策には様々な方法がありますが、今回は簡単にできる5つのことをご紹介したいと思います。

今すぐ、簡単にできることばかり!参考にして頂けたら嬉しいです。

1.洋服の間を空けておく

クローゼット

カビは高い湿度と空気が動かないことで発生しやすくなると言われています。

すき間なく、ぎゅうぎゅうに吊るした洋服は風通しも悪くなってしまいます。

ですので、ハンガーとハンガーの間をなるべく空けて風通しをよくしておきましょう!

窓がないウォークインクローゼットの場合、定期的にサーキュレーターや扇風機で風の流れを作るだけでも効果的です。

洋服もシワになりにくく、選びやすくなるので一石二鳥。

我が家では保管付きの宅配クリーニングを利用して、クローゼットの中をいつもスッキリ保てるようにしています。

 

2.換気は夕方までに!

換気

梅雨の季節、晴れ間を利用して換気をすることは大切。

しかし、気温の高い昼間から気温の低い夕方になると湿度も高まります。

夕方、窓や玄関を開けることで逆に湿気を家の中に入れてしまうことになってしまうかも!

そこで換気は夕方までに済ませるようにしています。共働きの方は朝の換気がオススメですよ。

 

3.家電を上手に取り入れる

家電

特に湿気の気になる、下駄箱やランドリールームには除湿機やサーキュレーターなどの家電もおすすめ!

除湿機とサーキュレーターがあれば、除湿をして、風の流れを起こすというカビ予防が一気に完了。

上手に家電を取り入れるのも良い方法の1つです。

 

4.部屋干しの注意点

部屋干し

梅雨の季節は部屋干しをする方も多いのではないでしょうか。

でも、湿度が高いから洗濯物がなかなか乾かないですよね。

その際は除湿機やサーキュレーターを利用して、なるべく短時間で洗濯物を乾燥させるようにしています。

湿気対策にもなりますし、何よりも生乾きの状態が続くと菌が発生し嫌なニオイの原因にもなります。

 

5.バスルームの換気扇をONにしておく

バスルーム

気温や湿度が上がるとバスルームにカビが発生しやすくなります。

お風呂上がりには水気をなるべく拭き取り、換気扇をONにしておきましょう!

換気をすることでカビの発生はもちろん、他の部屋に湿気が流れ込むのも防いでくれます。

 

今回は簡単にできる湿気対策を5つご紹介しました。

すぐに取り入れることができるものばかりなので、暮らしのヒントになれば嬉しいです。

Source: 日刊住まい

ウォークスルーできない!? 帰宅時の動線がストレスになる間取りとは

2017年に建てた我が家も、この夏でいよいよ3年目に突入します。

家を建てるにあたっては、いろいろ調べて、想定して、考え尽くしたつもりですが、2年も住んでいると気になることがちょこちょこと出始めました。

今回はその一つ、夫が感じた帰宅時の動線の違和感についてお話しします。

 

ウォークスルーできない土間収納の弊害

小さな土間収納

小さな土間収納。正面の壁にコートを掛ける予定でしたが……

我が家の玄関には1畳半くらいの小さな土間収納が付いています。

正面は壁になっていて、コートなどの上着はここに掛けてリビングに上がる予定でしたが、昨年の冬、夫が「自分の動線と違って使いづらい」と言いだしたのです。

間取りを見てみると、まず玄関から入って、直進して土間収納。コートを掛けたらホールに戻って靴を脱ぎ、リビングに上がるという動線になります。

コートを掛けたら少し戻ってホールへ

コートを掛けたら少し戻ってホールへ

夫は、この行って戻る動きがストレスになっていたようです。

戻るといってもほんのちょっと。数十センチの話です(苦笑)。ちなみに私は全く気にならなかったです。

ただ行き止まりの閉塞感は狭い空間だと小回りが必要になり、さらに増すように思います。

夫は私より体が大きいので、余計にストレスを感じてしまったのかもしれません。

この問題は、ウォークスルーできる土間収納だったら解決したかもしれませんが、30坪程度の面積しかない我が家でそれをやるとリビングの収納が減ってしまう……。

ウォークスルーにすると、リビング収納が減る

ウォークスルーにすると、リビング収納が減る

我が家にとって、ウォークスルーの土間収納はなかなかハードルの高い選択肢になります。

 

行動のクセはなかなか変えられない

回遊性を重視した間取りには行き止まりのない自由な動線ができ、作業効率も良いし、動きもスムーズになりますよね。人気があるのも頷けます。

でも開口部や移動通路が多いと物が置けなくなるので、我が家のような小さい住宅では収納が減り、逆にストレスを抱えそうです。

ただ、それでも行動のクセはなかなか変えられないものなので、物を減らす方向で動線重視の間取りを考えてもよかったかなと思うことがあります。

結局我が家の場合は持ち運びできるおしゃれなコート掛けを購入して、ダイニング横の畳コーナーに置くことになりました。

持ち運びできるので来客時はこのまま寝室

持ち運びできるので来客時はこのまま寝室へ

 

疲れている帰宅時の動線こそ優先的に考えたい

大人も子どもも、帰宅時はだいたい疲れているものです。

だからこそ、玄関周りは「帰宅時にストレスのない動線」を優先的に考えておくと、家族みんながより暮らしやすくなるはすです。

上着を掛ける場所だけでなく、外遊びが大好きなお子さんやランニングが趣味のご家族がいる場合は、玄関からすぐ行けるところにバスルームを作るとか、重たい買い物袋をずっと持ち歩かずに済むように、玄関からすぐキッチンに行けるようにするなど。

人によって異なるこだわりがあると思うので、間取りの検討中は忘れずに考えてみてください。

コートが丸見え。ちょっと生活感が出るのはご愛嬌で

コートが丸見え。ちょっと生活感が出るのはご愛嬌で

いかがでしたか。

「家は3回建てると理想の形になる」とはよく言いますが、もうすぐ3年目を迎える我が家においては、なんとなくその真意がわかる気もします。

決して後悔はないのですが、もう少し検討すべきことがあったのではないかと……(笑)。

そんな筆者の小言も、これからお家を建てられる方の一助になれば幸いです。

Source: 日刊住まい