リビングにあると小掃除がはかどるグッズ4点。あと回しはもうナシ

リビングは家族が過ごす時間がいちばん長い場所。それだけに汚れやすい場所でもあります。リラックスして過ごせるように、いつもきれいにしておくためにはどうしたらいい?

掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさんオススメのグッズで、掃除をあと回しをすることなく、ピカピカ空間を目指しましょう

リビング掃除にオススメのグッズ4点

ササッと拭き掃除ができる「フローリングワイパー」

リビングの汚れで気になるのは、床の汚れや家具などの手垢やホコリ…。気になったときに、サッと掃除ができるように、手軽に使える道具をそろえておきましょう。

フローリングワイパーで壁を掃除
まず1つ目は、フローリングワイパー。おすすめは、花王の「クイックルワイパー」です。掃除機だけでは、どうしてもザラザラしがちな床のプラス掃除に、あると重宝します。

フローリングワイパーは、軽くて持ちやすいものの方が、壁や天井を拭いていても疲れにくいです。

フローリングワイパーですき間掃除
床と接着するヘッドは薄い方が隙間に入りやすくて便利。また、汚れを吸着しやすいように面の構造が工夫されているかどうかもポイント。面が平らだと、ゴミがシートの端にだけ集まってしまうので、吸着面の全面でゴミを拾えるように、面が凸凹になっていたり、中央で汚れがキャッチできる構造のものを選びましょう。

ペーパーをはさむ部分も外れにくいものを。雑巾やクロスなどをはさんで床掃除したい場合は、シートタイプではなく専用のワイパーがおすすめです。

ワイパーは使い勝手が悪いと使用頻度が下がってしまうので、なるべく試せるのであれば、見本を手に取って使いやすさをチェックしましょう。

履いているだけで床がクリーンに「お掃除スリッパ」

お掃除スリッパ
お掃除スリッパがあれば、床の汚れが気になったときにすぐに落とせます。キッチンの水はねもサッと拭き取れるのでフローリングが傷むのを防げます。

着脱が簡単にできるもの、風通りがよくて暑くならないものだとオールシーズン使えます。

取り付けタイプのお掃除スリッパ

普通のスリッパにモップを取り付けるタイプもおすすめ。来客のときなどは取り外せるのも便利です。

これ1本で家じゅうピカピカ「中性の万能クリーナー」

中性の万能洗剤で拭き掃除

中性の万能クリーナーは、水洗いできる場所ならどこでも使えます。リビングで気になる、壁や床、テーブル、いす、電気カバーなどのホコリや手垢汚れには、これで十分。手肌に優しいので、素手でサッとお掃除できるのもポイント。キッチン・お風呂・トイレなどにも使い回せるので、1本あると重宝します。

手が届きにくいところの掃除に便利「伸縮するモップ」

伸縮タイプのモップでカーテンレールの上を掃除
カーテンレールの上やテレビの裏など、なかなか手が届かない場所には、伸縮タイプのモップが重宝。

エアコンの上部のホコリを掃除

エアコンの上部のホコリも、ごっそり取れます。

ふだんの床掃除だけでは、なかなかキレイにならないと感じたときは、モップでホコリ取りをすると、部屋が汚れにくくなります。

掃除はあと回しにすればするほど、汚れ落としが大変。気がついたときにこまめに掃除できるように、使いやすい道具を用意しておきましょう。

Source: 日刊住まい

家事が超絶ラクになる便利グッズ集。一度知ったら手放せない

炊事・洗濯・掃除。毎日行う家事は、ちょっと面倒だなと思うこと、ありますよね。でも、後回しにすればするほど、どんどんおっくうに…。

そんな面倒な家事を少しでもラクにしてくれる便利グッズを、ライフオーガナイザーで整理収納のプロ・田川瑞枝さんに紹介してもらいました。

その1:洗い物が劇的にラクになるホイル

くっつきにくいホイル
毎日の食事の支度。準備から片づけまで、かなりの時間と労力がかかります。

なかでも、後片づけが一番手間。やりたくない家事、嫌いな家事にあげる人も多いようです。とくに「食洗機に入らないフライパンなどを洗うのが大変」という声も聞かれます。

そこで、洗う手間を少しでも減らせるグッズを使ってみましょう。フライパンに敷いて使う「くっつきにくいホイル」。これ1枚で洗う手間が激減します。

ホイルを敷いて調理

目玉焼きもきれいに焼ける
こちらはセリアで購入したもの。アルミ箔にシリコン樹脂がコーティングされていて、フライパンなどの調理道具に敷いて、いつものように調理するだけ。卵もくっつくことなく焼けました。油を使わなくてもいいので、ヘルシーです。

後片づけはホイルを捨てるだけ
後片付けは、ホイルを丸めてポイッと捨てるだけ。フライパンをゴシゴシこすらなくてもいいので、洗剤も水道代も労力も半減します。

その2:生乾きのモヤモヤを解決してくれるタオル

無印の薄手タオル

無印の薄手タオル

洗濯の悩みで多いのが、生乾きと乾きが遅いという問題。室内干しでも外干しでも、なんとなく湿った感じだとニオイもつきますよね。

そもそも、乾きが遅いのには、素材の厚みが関係してきます。たとえばタオル。リッチなタオルは風合いはいいのですが、厚みがあるので乾く時間もかかります。そこで、速く乾燥する素材を選ぶことをオススメします。

左が無印。右が普通のタオル

こちらは、無印良品の薄手のタオル。かさばらずに早く乾くのがポイントです。市販のフェイスタオルと比べてみました。畳んだときの厚みは、無印の方が薄いです。でも、使用感は特に問題ありません。

わが家では、こちらのバスタオルを愛用しています。以前は、市販のバスタオルを使っていました。洗い替え用に2枚用意し、1日かけて乾かしていましたが、今は、朝洗ってもその日のうちに乾くので1枚で充分。ストック分の収納スペースが空きました。乾燥時間も短いので生乾きのニオイもなし。ストレスもフリーに!

その3:面倒な掃除機かけはコロコロワイパーで手軽に!

これ1本で家じゅうを掃除

 

毎日掃除機をかけるのが大変、音がうるさいので夜中は掃除ができない…など、意外にも掃除機かけに悩んでいる人も多いようです。フローリングワイパーも便利ですが、じゅうたんやラグなどには使えないので、場所ごとに道具を取り替えなくてはならないのも不便です。

コロコロフロアクリン

コロコロフロアクリン

そこで、おすすめしたいのが、これ1本で家中掃除ができるニトムズの「コロコロ フロアクリン」。

コロコロというと粘着力が高く、じゅうたんや畳にしか使えないイメージでしたが、これは弱粘着と強粘着が交互になったW粘着タイプなので、フローリングやビニール床もそのままコロコロと掃除ができるのです。

ペットの毛や髪の毛などはもちろん、フローリングワイパーではなかなか取れなかった食べこぼしなどの固まり状の汚れも取り除けます。

カーペットを掃除

玄関のタイルを掃除
わが家では、カーペット、フローリング、ビニール床と掃除して、最後は玄関のタイルで終了。拭き掃除した後のように砂などの小さなゴミもキレイに取れます。掃除機のように重たくないので、力のない方にもオススメです。

家事が面倒だな…と思うなら、面倒なポイントを見つけて、取り除いてみましょう。それには、道具を少し工夫するのもひとつです。ほんのちょっとした差でも、毎日使っているとその便利さを実感できます。ぜひ試してみてください。

Source: 日刊住まい