日本一「駅ホーム」から近いホテルに泊まったら窓の外が予想外過ぎて絶句した / 福岡県『田川伊田駅舎ホテル』

どうやら日本一「駅ホーム」から近いホテルが誕生したらしい──そんな情報を頼りに訪れたのは、福岡県の中央部に位置する田川市。好奇心を刺激するユニークホテルの誕生に胸は高鳴り、とくに用事は無かったがダッシュで宿泊予約を済ませた。

ホテルの名前は「田川伊田駅舎ホテル」。つまり、駅舎の中に宿泊施設があるのだ。駅から徒歩0分……どころか、駅舎内だから徒歩0秒とも言えるだろう。鉄道ファン必見の宿は要チェックなのだが、部屋の窓を開けた瞬間、思わず絶句する事態に……!

・田川伊田駅舎ホテル

2018年から駅舎の改修工事が始まったという田川伊田駅。全面開業より一足先の2019年9月にオープンしたのが「田川伊田駅舎ホテル」だ。2人~4人部屋(1名利用可)まであるゲストハウスで、大人1泊2200円から。記者が利用した日は3300円だったぞ。

チェックインは15時から可能で、22時過ぎに駅に到着。ホテルがあるのは駅2階だ。改修中とはいえ、昭和感の漂うノスタルジックな駅構内である。エレベーターでも行けるが、階段を利用して2階へ!

・寝台駅舎「浪漫号」

2階廊下の突き当りまで行くと、寝台列車「浪漫号」と書かれた場所がある。そう、ここが田川伊田駅舎ホテルだ。すぐ隣には線路。どうやら水族館的な距離感で、電車や駅ホームを眺めることができる模様。こ、これはテンションが上がります……!

さっそく受付でチェックインを済ませてカギを受け取り、スタッフの方に施設内を案内してもらった。寝台列車風のレトロな内装はナイス。タイムスリップ気分を味わいながら、共用エリア(キッチン・シャワー・トイレ)の説明を受けた後……

いよいよ、マイルームへ。

・客室11の悲劇

なんとラッキーなことに、記者が泊まる「客室11」は通常4人部屋なのだが、この日は他に予約者がいなかったため、1人で利用してOKとのこと。マジで最高かよ! よし、それでは、窓を全開にして電車が来るのをのんびり待とう。そう思って窓を開けたら……

…………

おいこっちロータリー側じゃねえかァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアーッ!!

景色退屈過ぎィィィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイーッ!!

・予約時にリクエストした方が良さそう

窓を開けたら、まさかの駅前ロータリー。あまりにも衝撃的で、思わずスタッフの方に「こっちって、電車来ませんよね」と確認してしまった。もちろん返事は「はい」の一言。仕方ない……が、目の前で電車を楽しみたい方は、予約時に部屋を指定した方がいいだろう。

その後、スタッフの方に半泣きで「もし空いている部屋があれば、電車が来る時に見学させてもらえませんか?」と懇願。たまたま部屋が空いていたのと、電車が来るタイミングがもうすぐたっため、チラッと見せてもらえることに……! 本当にありがとうございます!!


そして数分後……

感動……

この部屋に……

泊まりたかった……

・アメニティグッズは充実

さてさて、満足したのでふたたびマイルームへ。今さらだが、アメニティグッズはかなり充実していた。大小タオルはもちろん、館内着にスリッパ、浴室用ボディタオルに歯ブラシ、ヘアブラシなどなど……手ぶらで訪れてもOKと言えるレベル。枕元にコンセントもあるからスマホ充電も可能だ。


共用キッチンで夜食用のカップラーメンを食べてからシャワーを浴びて布団へ。ベッドマットレスは少し硬いが、寝返りが打てるほどの広さはある。清潔感もあるし快適だ。遠くの方から聞こえる「ガタンゴトン」の音色が眠気を誘い、気がついたら朝までグッスリ寝ていた。


・発車時刻に合わせてチェックアウト

チェックアウトは10時。階段を降りたらすぐ改札だから、電車の発車時刻ギリギリまで休めるのが良い。くり返しになるが、駅ホームの目の前に泊まりたい方は予約時に確認が必要だ。駅舎内のゲストハウス、興味のある方はぜひ覚えておいてくれ。

・今回ご紹介した宿泊先の詳細データ

名称 田川伊田駅舎ホテル
住所 福岡県田川市大字伊田2621-1
時間 チェックイン15:00~23:00 / チェックアウト~10:00

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【東京】「1泊1000円台」の激安ゲストハウスを利用してみた! しかもホテルの下は居酒屋だぞ~ / TRACE GUEST HOUSE

旅をするにおいて、何を重要視するかは人それぞれだろう。景色を楽しみたい人、食を楽しみたい人、はたまた買い物を楽しみたい人と様ざまであるに違いない。記者の場合は、とにかく色いろなものを見て回りたいし、そのためにお金をかけたい。ただし、食費は削りたくない。

となれば、自ずと “宿代” を安くすませる必要に迫られる。先日、東京に出かける機会があり、この時も目を皿のようにして安い宿を探した結果……! 1泊1300円という、激安な宿を発見してしまった。しかも宿の下の階には居酒屋が併設されているという。なにそれ、最高やん~!! 

・アクセスも悪くない

大都会東京で、まさか1000円台の宿泊施設があるとは。記者は思わず予約サイトを2度見してしまったが、仕方があるまい。そんな素敵な価格設定をしてくれているのは、『TRACE GUEST HOUSE』というゲストハウスだ。

もちろん時期等によって価格の変動があるとは思うが、記者が利用した際は上記したように1300円だった。アクセスも悪くはなく、都営浅草線の東日本橋駅から徒歩で約5分。これはなにかのワナではないかと、おそるおそる足を運んだのだが、とても一般的なゲストハウスだった。

・静かで清潔

チェックインをすませ、指定されたベッドへGO。女性専用フロアがあり、安心だ。よくあるゲストハウスやカプセルホテル同様、一部屋にベッドがズラリと並んでいる。静かで清潔な雰囲気だ。

ベッドの枕もとにはコンセントの差込口もあり、言うことなしだ。シャワールームやトイレも奇麗。共有のパウダースペースには、ドライヤーやアイロンも完備されていて、ありがたいことこの上ない。これで1300円って……安すぎない? 

・ホテルの下は居酒屋

個人的に嬉しかったのは、ゲストハウスの下の階が居酒屋だったこと。しかも酎ハイが280円~と、そこそこ安い。少々酔っぱらっても、エレベーターを使って上の階に上がるだけ。これ以上、心置きなく飲むことができる空間は、そうそうないだろう。

この日、ぐっすりと眠ることができたことは言うまでもない。安くて便利で、美味しいものまで食べられるのだから、大満足だ。東京にも、こんなところがあったのかと驚きである。ちなみに館内はWi-Fi完備。仕事の出張で急遽泊まるところが必要になったという人や、終電を逃した人などにもオススメだぞ。

・今回ご紹介した施設の詳細データ

施設名 TRACE GUEST HOUSE
住所 東京都中央区東日本橋2-25-4
時間 チェックインは原則16:00〜23:00(L/O16:00)

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【最安値で選ぶ京都旅】「1泊1800円」のゲストハウスに泊まってみたら…かなりの充実度に驚いた!

旅先の宿泊は悩みどころの1つだ。特に観光地は宿泊施設が多いだけに、悩むことも多くなりがち。お金をかけた方がいいのか? 安く抑えた方がいいのか? 旅の目的によって求める点は大きく違ってくるが、安くて困る人はいないはず。

ただし、「激安の宿泊施設」と言われると……どうだろう? 安いというイメージだけで考えれば、ボロボロで欠陥のある施設を想像してしまう人も多いかと思う。では現実はどうなのか、その実態を調査してみたぞ!

・安い宿といえば「ゲストハウス」

日本人にはあまり馴染みがないかもしれないが、「ゲストハウス」は基本的に安い。その代わりトイレやシャワー、キッチンは共有スペースとして使われたり、ベットも相部屋であることが多い。

そんな中、私が見つけた京都の『ワンモアハート』は、まるでビジネスホテルのような「ゲストハウス」であった。個人で1部屋を利用でき、部屋内にトイレもシャワーも完備。1泊1800円と激安価格だったにもかかわらずだ。

なによりすごいのは、そのゲストハウスが京都で最安値(調査時)だったこと。正直なところ、当初は「値段を考えたら共有スペースがほとんどで、ベットも相部屋だろう」と覚悟をしていたので、実際に利用してとても驚いた。

余談だが、私は4年ほど前に京都で他の「ゲストハウス」に泊まったことがあった。値段は今回の倍くらいで、2段ベットが2つある1部屋4人での相部屋。しかも、私以外は全員外国人で、室内には知らない言葉が飛び交っていた。当時18歳であった私はかなり不安を覚えたものの、「ゲストハウス」では珍しいことではない。

・「1泊1800円」の部屋

さて、ゲストハウスに到着すると、まず受付にてスリッパ、歯ブラシ、お茶(パック)をアメニティとしてもらった。簡易的なものではあるが、個人的には歯ブラシがアメニティにあれば充分なので普通に良い。

そして室内にはドライヤー、鏡、電子ケトル、コップ、テレビ、エアコン、冷蔵庫が完備されている。部屋自体は小さいものの、1人なら窮屈なこともない。ゲストハウス全体に無料Wi-Fiがあるので、パソコンでの仕事もできる。他にも無料でズボンプレッサーやアイロン、USBケーブルなどなど、無料の貸し出しも豊富であった。

風呂トイレはユニットバスで、思ったよりも広く、そして清潔感がある! シャンプー、リンス、ボディソープ、洗顔兼ハンドソープになる石鹸が置いてあり、タオルもバスタオルが3枚と充実した備品だ。またバスローブは有料で貸し出しがあるとのことだった。

1800円でこの部屋を提供してくれるなんて、満点以上。また、泊まっていても最安値ということを感じさせない。部屋も防音になっていることで、他の部屋の音も気にならなかった。他の宿泊施設に比べ何かが劣っているような要素はまるでない。

なお、『ワンモアハート』は京都市内だけで何軒もある。なので価格や設備等は、選んだ部屋や宿泊のタイミング等によって変わることを留意してほしい。

・驚きのサービス精神

今回の宿泊で良い点を挙げるとキリがないのだが、中でも1番有り難いと思ったのがチェックインだ。実はチェックインの日、重たい荷物を背負いながらヒールで山道を歩き、午前中で足が限界を迎えてしまった。チェックインは16時だったのだが、14時には「ゲストハウス」についてしまい、待たせてもらおうと思って受付に行くと……

「もうチェックインして部屋に入ってもらって大丈夫ですよ~」

と受付のお兄さん。えっ!! 2時間も前だし電話もいれてないのにっ!?  と驚きと喜びを噛みしめ、有り難くチェックインさせてもらった。チェックインは「当日16時から」と予約メールにあったので、まさか2時間も前倒しさせてもらえるとは思わなかった……!

さらに荷物の預かりも、宿泊当日からチェックアウト当日まで無料。チェックイン前でも荷物を預けることができたという。私はチェックアウト後に荷物を預けて、夜まで身軽に旅行を楽しませてもらった。そしてチェックアウト後でも受付前の共有スペースを利用して良いとのことだったので、預けた荷物を受け取ったあと数時間ほど共有スペースで休憩してから帰った。

・高コスパな「1泊1800円」

あと有料ではあるがレンタルサイクルや、ポケットWi-Fiの貸し出しも行っていた。どれも1日当たり500円から1000円で、宿泊者のことをよく理解してくれているサービスと値段であった。

そして今回泊まった『ワンモアハート』も、利用者のほとんどは外国人だった。だからといって困ることはなく、案内も日本語と英語両方で書かれていた。ちなみに立地は京都市内で、最寄りの駅からは徒歩10分くらい。アクセスも良くて文句の付けどころはなかった。

最安値で選んだ宿泊施設だったが、むしろコスパが良すぎてびっくりな結果だった。泊まらないと分からない部分もあるが、最安値でも問題はなく、むしろ値段に対して良すぎる場所も存在する。旅行を検討中の人は、このことを是非参考にしてほしい!

・今回ご紹介した施設の詳細データ

店名 ワンモアハート 二条城(※宿泊料金は予約時期等によって変動します)
住所 京都市中京区聚楽廻東町6-1

参考リンク:ワンモアハート
Report:mai
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24