【コストコ】コスパ最強モバイルバッテリー「CYGNETT」が復活してた! ポケモンGOトレーナーにはマジでオススメ!!

たまーに、本当にたまに「スマホばっかりの世の中はおかしいと思う」「みんなスマホスマホって異常だよ」なんて意見を耳にする。言いたいことはわからなくはないが、それでも記者は心の中でこう思ってしまう。「でも使うんですけどね」と──。

今回はそんな記者並みにスマホ依存症の諸君に、とっておきのモバイルバッテリーをご紹介しよう。これまで多くのモバイルバッテリーを利用してきたが、コストコのそれはおそらくコスパ最強レベル。特にポケモンGOトレーナーには自信をもってオススメしたい。

・旧型との出会い

コストコでそのモバイルバッテリーに出会ったのは、昨年2018年のこと。株式会社ユニークという聞きなれない会社が製造元の「CYGNETTモバイルバッテリー2個セット」を安さのあまりに購入したのがきっかけであった。

確か、当時の価格は2個セットで3000円くらい。つまり1個1500円だ。6000mAhというそれなりの容量に加え、薄さと軽さ、そしてデジタル表示を兼ね備えたモバイルバッテリーは「使い勝手が素晴らしい」の一言。「次コストコ行ったらもう1セット買う!」と心に決めていた。

だがしかし、ある時を境に「CYGNETTモバイルバッテリー2個セット」は店頭から忽然と姿を消した。記者の中ではすっかり「幻のコスパ最強モバイルバッテリー」となっていたのだが、つい先日久しぶりにコストコを訪れると……あるではないか。容量や形はやや変わっているが、紛れもなく「CYGNETTモバイルバッテリー2個セット」である!

・華麗に復活

容量は5000 mAh、価格は2個セットで3000円だから、コスパ的には悪くなっている……と思いきや、ボディはさらなる軽量化に成功していた。個人的には5000mAhあれば十分なので、アンペア数の縮小はそこまで気にならない。むしろ、後ろポケットに入れても気にならない薄さと軽さはこれまで以上に快適だ。

さらには残数がデジタル表示されるため、使い勝手がこの上なくイイ。このタイプを1度使ってしまうと「緑・オレンジ・赤」などで残数が表示されるモバイルバッテリーは使えなくなるから、ある意味で注意が必要だ。

・ポケモンGOトレーナーにオススメ

記者の場合はバッテリーの消費が著しい「ポケモンGO」のお供に欠かせない存在になっていて「20%だった充電が100%になって、まだ40%くらい残ってる」という感じである。あくまでスマホ自体のバッテリーに依存するが、コミュニティ・デイくらいのポケ活には1台あれば十分だ。

とにもかくにも、コストコで販売している「CYGNETTモバイルバッテリー2個セット」は、個人的 “コスパ最強モバイルバッテリー” である。友人とシェアしても良し、2個を独占してもまた良しだ。コストコに行かれる方、そしてポケモンGOトレーナーはぜひチェックしていただきたい。

参考リンク:コストコ株式会社ユニーク
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【コスパ鬼最強】1流ホテルの「サーロインステーキ食べ放題」が3900円! → 完全に神案件でした

肉……。ニクニクニクニクニクニクゥゥゥゥウウウウッッッ! やあ、みんな!! お肉大好きっ子、ロケットニュース24のP.K.サンジュンですよ!! 世の中はイヤなこともあるけど、9割くらいはウマい肉を食べれば解決するよね! マジで肉のパワーって偉大だよ!!

とはいえ、私のような小市民が毎日のようにウマい肉を食べ続けたら、一瞬で財政が破綻してしまう。どこかに美味しい肉をリーズナブルに食いまくれる店はないのか……! 今回はそんな無茶な願いが叶ってしまう超有能な「食べ放題」をご紹介しよう。ズバリ、必見だ。

・期間限定のステーキ食べ放題

全ての小市民たちに捧げる食べ放題のお店は、実はホテルの中にあった。御茶ノ水駅より徒歩5分、神田明神の並びに位置する『ホテル東京ガーデンパレス』内の「レストラン オーロラ」こそが、我々が追い求め続けたゴールなのかもしれない。

というのも、オーロラの「サーロインステーキ食べ放題」が2019年10月18日まで復活しているからだ。冷静に考えて欲しい。「ホテルのシェフが焼いてくれるサーロインステーキ」がダメダメなことなんてあり得るだろうか? 食べる前からウマいことが確定している。

・まさかの3900円

しかもお値段は驚異の3900円──。これが4900円なら悩む。2900円なら怪しい。だがしかし「3900円」からは本物のニオイがぷんぷんと漂ってくる。制限時間は90分と縛りはあるが、90分もあれば十分だ。私は迷うことなくホテル東京ガーデンパレスに直行した。

ちなみに「ステーキ食べ放題」はディナータイムのみの開催となっている。アルコール込みの飲み放題付きは4980円で、ソフトドリンクバーのみの追加は4400円。また食べ放題にはスープ・サラダ・ライスが付いているが、ライスは注文しなくてもOKだ。

・通常は1枚2450円

さて、ステーキ食べ放題を注文した後、席でメニュー表を見ていると、そこには「オーストラリア産牛サーロインステーキ(160g)」の文字が。価格は2450円。店員さんに確認してみたところコイツが食べ放題になるらしい。つまり2枚食べれば元が取れるというワケだ。余裕……ッ! 大勝利待ったなしである。

そして目の前にやってきたステーキは、ホテルらしい格式高いサーロインステーキだ。鉄板ではなく白い皿に盛り付けられているあたりが、いかにもそれらしいではないか。ソースはしょう油とトマトがあり、好きな方を自分でかけて食べるスタイル。さっそくいただくと……。

うんまッ!

ああ、おいしいサーロインステーキ。柔らかさは申し分なく、程よい脂肪分も最高だ。オーストラリア産のせいなのか、サーロインステーキの割には脂のくどさがなく、むしろ赤身の旨味が強い。逆にいいんでしょうか? これ無限に食べられちゃうヤツですけど……?

・ウマい肉、しかもいっぱい食える肉

というわけで、1皿目を瞬殺して早くも2皿目をオーダー。注文からほどなくしてステーキが運ばれてくるので、タイムロスは感じない。実に良心的だ。また1皿目にはフライドポテトが付いているが、2皿目以降は肉だけが運ばれてくる。良心的過ぎて、むしろ罪悪感を覚えるレベルといえよう。

だが、俺は食い続ける。

「きっとこの食べ放題にはアラブの石油王が出資しているんだ」と自分に言い聞かせ、ひたすら食べ続けた。先述の肉質はもちろんのこと、ソースで味を変えられるのも嬉しいポイント。そうだ、もしかしたら本当にこの食べ放題は「アラブの石油王の慈善事業」なのかもしれない。

・神案件だった

結局、この日は4皿で終了。単純に計算すると5900円も得したことになる。実はこの日、3歳の娘と2人で出かけており、娘が残したお子様ランチを平らげたため満腹になってしまった。だが通常モードなら少なくとも6皿は余裕だし、店員さんによると13皿食べた猛者もいるという。それもわかる納得のウマさであった。

というわけで「激ウマで・食べやすく・リーズナブル」の3拍子が揃った東京ガーデンパレスの「サーロインステーキ食べ放題」はマジで神案件だ。10月18日までの開催なので、今すぐ予約の電話を入れるべし! 土日も料金が変わらないとか、やはり「石油王の慈善事業」なのだろうか?

参考リンク:東京ガーデンパレス
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【最安値で選ぶ京都旅】「1泊1800円」のゲストハウスに泊まってみたら…かなりの充実度に驚いた!

旅先の宿泊は悩みどころの1つだ。特に観光地は宿泊施設が多いだけに、悩むことも多くなりがち。お金をかけた方がいいのか? 安く抑えた方がいいのか? 旅の目的によって求める点は大きく違ってくるが、安くて困る人はいないはず。

ただし、「激安の宿泊施設」と言われると……どうだろう? 安いというイメージだけで考えれば、ボロボロで欠陥のある施設を想像してしまう人も多いかと思う。では現実はどうなのか、その実態を調査してみたぞ!

・安い宿といえば「ゲストハウス」

日本人にはあまり馴染みがないかもしれないが、「ゲストハウス」は基本的に安い。その代わりトイレやシャワー、キッチンは共有スペースとして使われたり、ベットも相部屋であることが多い。

そんな中、私が見つけた京都の『ワンモアハート』は、まるでビジネスホテルのような「ゲストハウス」であった。個人で1部屋を利用でき、部屋内にトイレもシャワーも完備。1泊1800円と激安価格だったにもかかわらずだ。

なによりすごいのは、そのゲストハウスが京都で最安値(調査時)だったこと。正直なところ、当初は「値段を考えたら共有スペースがほとんどで、ベットも相部屋だろう」と覚悟をしていたので、実際に利用してとても驚いた。

余談だが、私は4年ほど前に京都で他の「ゲストハウス」に泊まったことがあった。値段は今回の倍くらいで、2段ベットが2つある1部屋4人での相部屋。しかも、私以外は全員外国人で、室内には知らない言葉が飛び交っていた。当時18歳であった私はかなり不安を覚えたものの、「ゲストハウス」では珍しいことではない。

・「1泊1800円」の部屋

さて、ゲストハウスに到着すると、まず受付にてスリッパ、歯ブラシ、お茶(パック)をアメニティとしてもらった。簡易的なものではあるが、個人的には歯ブラシがアメニティにあれば充分なので普通に良い。

そして室内にはドライヤー、鏡、電子ケトル、コップ、テレビ、エアコン、冷蔵庫が完備されている。部屋自体は小さいものの、1人なら窮屈なこともない。ゲストハウス全体に無料Wi-Fiがあるので、パソコンでの仕事もできる。他にも無料でズボンプレッサーやアイロン、USBケーブルなどなど、無料の貸し出しも豊富であった。

風呂トイレはユニットバスで、思ったよりも広く、そして清潔感がある! シャンプー、リンス、ボディソープ、洗顔兼ハンドソープになる石鹸が置いてあり、タオルもバスタオルが3枚と充実した備品だ。またバスローブは有料で貸し出しがあるとのことだった。

1800円でこの部屋を提供してくれるなんて、満点以上。また、泊まっていても最安値ということを感じさせない。部屋も防音になっていることで、他の部屋の音も気にならなかった。他の宿泊施設に比べ何かが劣っているような要素はまるでない。

なお、『ワンモアハート』は京都市内だけで何軒もある。なので価格や設備等は、選んだ部屋や宿泊のタイミング等によって変わることを留意してほしい。

・驚きのサービス精神

今回の宿泊で良い点を挙げるとキリがないのだが、中でも1番有り難いと思ったのがチェックインだ。実はチェックインの日、重たい荷物を背負いながらヒールで山道を歩き、午前中で足が限界を迎えてしまった。チェックインは16時だったのだが、14時には「ゲストハウス」についてしまい、待たせてもらおうと思って受付に行くと……

「もうチェックインして部屋に入ってもらって大丈夫ですよ~」

と受付のお兄さん。えっ!! 2時間も前だし電話もいれてないのにっ!?  と驚きと喜びを噛みしめ、有り難くチェックインさせてもらった。チェックインは「当日16時から」と予約メールにあったので、まさか2時間も前倒しさせてもらえるとは思わなかった……!

さらに荷物の預かりも、宿泊当日からチェックアウト当日まで無料。チェックイン前でも荷物を預けることができたという。私はチェックアウト後に荷物を預けて、夜まで身軽に旅行を楽しませてもらった。そしてチェックアウト後でも受付前の共有スペースを利用して良いとのことだったので、預けた荷物を受け取ったあと数時間ほど共有スペースで休憩してから帰った。

・高コスパな「1泊1800円」

あと有料ではあるがレンタルサイクルや、ポケットWi-Fiの貸し出しも行っていた。どれも1日当たり500円から1000円で、宿泊者のことをよく理解してくれているサービスと値段であった。

そして今回泊まった『ワンモアハート』も、利用者のほとんどは外国人だった。だからといって困ることはなく、案内も日本語と英語両方で書かれていた。ちなみに立地は京都市内で、最寄りの駅からは徒歩10分くらい。アクセスも良くて文句の付けどころはなかった。

最安値で選んだ宿泊施設だったが、むしろコスパが良すぎてびっくりな結果だった。泊まらないと分からない部分もあるが、最安値でも問題はなく、むしろ値段に対して良すぎる場所も存在する。旅行を検討中の人は、このことを是非参考にしてほしい!

・今回ご紹介した施設の詳細データ

店名 ワンモアハート 二条城(※宿泊料金は予約時期等によって変動します)
住所 京都市中京区聚楽廻東町6-1

参考リンク:ワンモアハート
Report:mai
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【コスパ最強】745円でタピオカドリンクを飲みまくる裏ワザ

おっさん的にはやや恥ずかしい気持ちもあるが、ぶっちゃけ「タピオカドリンク」は超ウマい。流行りものの宿命なのか、タピオカドリンクをネガティブに評する声も多いが、カロリー的な問題さえなければ1日5杯くらいは飲みたいほどタピオカドリンクが好きだ。

「カロリー的に」と書いたが、実はタピオカドリンクを1日5杯飲めない理由がもう1つある。それは価格だ。タピオカドリンクはそれなりにいい値段がするため、1日5杯も飲み続けたら私の経済が破綻してしまう。どうにかしてタピオカドリンクを安く飲む方法はないものだろうか……?

・いいお値段

日本全国のタピオカドリンクの値段はわからないが、例えば東京新宿の専門店ならば600円以上はザラだろう。大きさや追加のタピオカで値段はぐんぐん積み上がり、最終的に800~900円するものも珍しくない。それはイイ、美味しいんだから値段が高くたって別にいいじゃないか。

問題はおっさん(P.K.サンジュン)の経済力がタピオカドリンクに付いていけていないことである。ランチは500円の中華弁当か、クーポンありきのバーガーキングで済ませている身としてはタピオカドリンクの800円はキツい。しかもできれば1日5杯は飲みたいのだ。

そんな時だった──。

なんと、たったの745円でタピオカドリンクを鬼のように飲みまくる裏ワザを思い付いてしまったのである。しかも結論から言ってしまうが、私はこの裏ワザで8杯のタピオカドリンクを飲み干した。つまり、1杯あたり約93円……! こんなにコスパ良くタピオカドリンクを飲む方法はそう多くあるまい。

それでは以下で、私がどんな裏ワザを使ったのか一気にご覧いただこう。タピオカを飲みまくりたい全ての人たちよ……刮目せよ!

温野菜へ行く。

タピオカドリンクありのソフトドリンク飲み放題を注文する。

2時間ひたすら飲み続ける!

……以上である。そう、しゃぶしゃぶ温野菜の「ソフトドリンク飲み放題」は通常390円なのだが、プラス300円でタピオカドリンクも飲み放題になるのだ。つまり、合計金額は690円で税込745円。これが「745円でタピオカドリンクを飲みまくる裏ワザ」である。

・意外過ぎる事実

衝撃的だったのが「温野菜はドリンク飲み放題の注文だけでもOK」という事実だ。いつもならばしゃぶしゃぶの食べ放題プラスαでドリンクの飲み放題も付けるが、なんとドリンク飲み放題の注文だけでもイケるとは……! 念のため担当者に確認したところ、

「温野菜では飲み放題の注文の条件を設けておりませんのでアリです」

……とのことであった。温野菜公式もOKと言うならば、これぞまさしく使える裏ワザといえよう。タピオカ難民たちに希望の光が差し込んだ歴史的な快挙と言っても大げさではあるまい。

なお、温野菜のタピオカドリンクは「黒蜜きなこ」と「ラズベリー」の2種類。種類が少ないことはやや残念だが、特に黒蜜きなこは牛角アイスを彷彿とさせる味わいでガンウマであった。少なくとも私のように8杯飲めば “タピオカ欲” は満たされるハズだ。

というわけで、結果的に驚くべき裏ワザとなった745円でタピオカドリンクを飲みまくる方法。超おいしそうなしゃぶしゃぶを横目に、死ぬほど侘しい気持ちになることと、こんな生活を続けたら糖尿病まっしぐらなこと以外は欠点が見当たらない。タピオカ難民たちよ、心を強く持って温野菜へGOだ!

参考リンク:しゃぶしゃぶ温野菜
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24