【コメダ新作】エスプレッソの苦味が利いた「大人ノワール」は一瞬で大量にイケてしまう魔のスイーツ

2019年9月4日から、コメダ珈琲店の季節のシロノワールに「大人ノワール」が帰ってきた。こちら、去年の秋にも発売されていたものの復刻である。いかにも秋っぽい、落ち着いた雰囲気なシロノワールのうちの1つ。

見た目は茶色7割に白3割と、華やかさこそ無いが、味の病み付き度は半端無い。シロノワールの大半は甘みが強く、ノーマルサイズを1人で食べると後半が辛かったりする。しかし「大人ノワール」は、ともすれば無限に食べられそうなアブない一品だ!

・落ち着いた見た目と魅せる香り

これまでのシロノワールは、赤だの緑だのをまとっており、どことなくガチャガチャしたデコられ具合がそこはかとなくあった。そこにきて「大人ノワール」の潔さ。茶色いデニッシュに茶色いコーヒーシロップをぶっかけて、茶色いココア味のフィアンティーヌをふり掛けた、THE茶色なコーデ。

ソフトクリームこそ白いままだが、見た目からして普段とは雰囲気が違う。そして、香りも違う。普段は正直言って、食べるまでは素材の香りはそこまで目立たない。しかし「大人ノワール」は、テーブルに運ばれてきた段階で、香ばしいコーヒーの香りを纏(まと)っている。

香りの元は、たっぷりかかっているエスプレッソ風味なコーヒーシロップ。これが上からもたっぷりぶっかけられているだけでなく、デニッシュとデニッシュの間にもしっかりと染み込ませてあるのだ。

・テクい苦味

ホカホカなデニッシュのサクサクな表面と、やや苦めなコーヒーシロップがジュワッと染み込んでやわらかくなっている中身。食感を他で例えるなら、カリカリに焼いたトーストに、ハチミツなりバターなりを塗りたくって食べた時の、サクサクとジュワッが共存する状態に近い。

そして時間の経過と共に、デニッシュの熱でとろけていくソフトクリームが染み込んでいき、しっとり感が増していくシロノワールマジックはいつもの通り。ただし、ぶっかけられてるコーヒーシロップの苦味の按配が中々にテクい。

この苦味のおかげで甘みが常にリセットされるため、甘いと苦いで永遠に食べられる。時にはノーマルサイズの最後の一切れが、飽和した甘さで辛いときもあるシロノワールシリーズ。だが「大人ノワール」は、くどさと無縁。

これは復刻するのもうなづけますわ……コーヒーならぶっちゃけ季節とか関係なさそうだし、いっそ常設メニューにして欲しいレベル。値段はノーマルサイズが750円で、ミニサイズが550円(一部店舗では販売価格が異なる)。販売予定は9月下旬までと短めなので、みんな急いでコメダにGO! 

参考リンク:コメダ珈琲店
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【コメダ新作】するどい辛さがウマい「カリーコロッケバーガー」と、メロン感が生々しいシロノワール「北海道メロン」

2019年7月16日から、全国のコメダ珈琲にて季節のシロノワール「北海道メロン」と、新宿中村屋とコラボした「カリーコロッケバーガー」の販売が開始された。

シロノワール「アップルカスタード」が出てからまだ1月程度で新作とは、なんだかスパンが短い気がする。そして脈絡もなく同日にカリーコロッケをぶち込む雑さがコメダらしい。なんにせよウマそうなのでさっそく食べてきたぞ!

・カリーコロッケバーガー

まずは「カリーコロッケバーガー(税込460円)」からいこう。こちら新宿中村屋とのタイアップ第2弾で、一応9月下旬ごろまでを予定した期間限定商品とのこと。

注文の際に、カットするか否かと、味付けにマヨネーズとからしマヨネーズの選択を迫られた。この辺はそれぞれ好みの方を選ぼう。

バーガーの構造はシンプルで、刻んだキャベツにコロッケ、そしてカレーソースのみ。パンが結構デカいのと、刻みキャベツが思いのほかガッツリ入っていてボリューム感がある。

味の特徴としては、カレーのスパイス感がけっこう強い。まずはフルーティな甘みを感じるのだが、やや遅れてチクチクと刺すような感じの辛さがあるタイプ。

カラッと揚がったコロッケと、ザクザクと歯ごたえのあるキャベツが良い感じの食感を演出してくれていて実にウマい。そしてそこはかとない昭和な後味

昭和な後味とはいささか抽象的すぎる気もするが、しかし昭和なのである。硬いカスタードプリンとか、ケチャップ感が強いナポリタンとかと同類の雰囲気をまとった風味。「カレー」じゃなくて「カリー」なのがなんとなくわかる味とでも言おうか。

・北海道メロン

お次はシロノワール「北海道メロン」にいってみよう。価格は通常版が税込み750円で、ミニサイズは550円。デニッシュにソフトクリーム、そしてフルーツいう組み合わせはいつも通りだが、味の構成はちょっといつもと違っていた。

コメダのシロノワールはだいたい「甘み」と「酸味」で攻めてくることが多いが、今回はひたすらメロン一色で甘い。しかもそのメロン味が、妙に生々しい。

一瞬メロンの切り身が無加工で入っているのかと錯覚したが、そういうわけではない。外側のメロンクリームと、デニッシュの間のメロンソースのみで、リアルなメロンみを出すことに成功しているようだ。

メロンの部位の中でも、外側に近いエリアの果肉ではなく、種のそばの水分多めな部位っぽい味。メロン風味を通り越してメロン臭さすら感じるレベル。メロン好きにはたまらないと思われる。

1つ注意点をあげるとすれば、ノーマルサイズを頼むとちょっといつもよりくどいかもしれないということだろうか。これは、何の躊躇もなく、ひたすら甘いメロン味なためである。

・新商品2品とも一緒に

なお、今回筆者はレビューの都合上「カリーコロッケバーガー」と「北海道メロン」のミニサイズを同時に頂いたわけだが、この組み合わせがナイスだったことを最後にお伝えしておこうと思う。

先にお伝えしたとおり、「カリーコロッケバーガー」はそこそこパンチの効いたスパイシーさを有している。それに対して「北海道メロン」はとにかく甘い。

もうお分かりだろう。両方一緒に注文して食べると、実に程よい感じになるのだ。お値段的には税込みで1010円とややお高いが、たまにはいいのでは? 新商品2つ、同時にいっちゃいなよ。妙に満たされた気分になるから

参考リンク:コメダ珈琲
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24