いちごと餡子とソフトクリームで全てを塗りつぶすコメダ「小倉ノワール」 / ソフトクリームと善きB級スイーツ感の帰還

美味さはもちろん、とぐろを巻くチョコがナニかに似ているということで、一部のSNSでも大人気だったコメダとゴディバのコラボ。そちらは当初の予定通り終了しはじめたもよう(店舗次第)。

チョコが終わって帰ってきたのが、いつものコメダのソフトクリーム。そして、いつものコメダ度100%なシロノワールだ。ソフトクリームの帰還と共に、2017年11月以来の復刻となる「小倉ノワール」の販売が2020年2月20日から開始された。ということで、さっそく食べてきたぞ!

・帰ってきたコメダ

ゴディバコラボは、見た目こそいつものどことなく脳筋感があるコメダスタイルだったが、チョコの味はやはりゴディバだった。個人的にはとても美味しかったのだが、ソフトクリーム派にとってはしばしの辛い別れの日々だったことだろう。

およそ2週間ぶりとなるソフトクリーム付き「小倉ノワール」はノーマルが750円~770円。ミニサイズだと550円~570円だ。値段や取扱の有無は、店舗によって異なるぞ。

外見で真っ先に目につくのは輝く純白のソフトクリーム。デニッシュにこれでもかと乗せられている。そして豪快にぶっかけられたいちごソースと、柔らかいいちご。派手でよろしい。

・あんこがいっぱい

デニッシュを開いてみると、これでもかというほどにガッツリと あんこ が詰め込まれている。甘くてうまいものに、別の甘くてうまいものを大量にブチ込んでいく安心の脳筋スタイルだ。

溶けだすいちごソースとソフトクリームがデニッシュに染み込み、あんこと混ざっていく魅惑の化学反応がここに。

なお、上に乗っているいちごは、まるでジャムに入っているような感じでトロトロだ。

ソフトクリームにあんこにいちごソースにということで、コテコテの激甘な感じをイメージするかもしれないが、これがなかなかにいい具合になっている。ソフトクリームもあんこも単体では甘さが控えめなので、全部合わさるとちょうどいい感じ

コメダのシロノワールは時折このバランスがぶっ壊れていて、甘ったるすぎる場合があるのも事実。しかし、今回の「小倉ノワール」は安心して通常サイズを頼んで大丈夫だろう。

公式HPによると、販売予定は3月下旬までとのこと。チョコレート漬けで体がソフトクリームを欲していたコメダニストの皆さん、ソフトクリーム帰還祝いは「小倉ノワール」でどうぞ。

参照元:コメダ珈琲
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【2020年福袋特集】『コメダ珈琲』の福袋5000円がボリューム満点でお腹いっぱいです

メニュー写真と比べて実物がボリューミー過ぎて “逆写真詐欺” 疑惑もあがった『コメダ珈琲』。なんだったら、そうしたメニューを余すことなく楽しんでもらうための “裏サービス”も存在するほど確信犯的に量が多い。

そんな『コメダ珈琲』は福袋も満足度が高いのだが、今年も昨年に引き続き 5000円と7000円 の2種類が用意された。どちらも少々値段が張るものの、『コメダ』のことだから「5000円でも十分お得だろう」と思ったら全くその通りでした。

『コメダ珈琲店』福袋(5000円)の中身

・トートバッグ
・ブランケット
・エコバッグ
・お正月限定デザインドリップコーヒー(5杯分)
・コメ宝くじ付き 新春スナックチケット 3枚綴り
・コメ黒 (粉100g)
・コーヒーチケット1冊 ※綴り枚数は店舗によって異なる

2019年の5000円福袋の内容が10点だったのに対し2020年は7点。数こそは減ったが、そのラインナップを見ると「今年はグッズの “質” に重点を置いてきたな」というのが一目でわかる。

まず可愛いチェック柄の「トートバッグ」が、福袋についてくるそれのレベルではない。かなりしっかりとした作りで、中身を空っぽにして置いてみても自立するほどだ。

中を覗いてみると『コメダ珈琲』のロゴがあしらわれた裏地が確認でき、しかもポケット付き! ちなみに7000円タイプの福袋だと「トートバッグ」の柄が異なり、そちらも良き。

さらに福袋の中で目を引いたのが「ブランケット」。

広げてみると、約110cm × 55cm の大きさで、ボタンも付いているから羽織ることもできる。特に女性には喜ばれそうなアイテムだ。

さらに「トートバッグ」と同じ柄の「エコバッグ」も!

実用的なモノが多く入っている印象だが、ここでやっとコーヒー関連の商品をご紹介。「お正月限定デザインドリップコーヒー」が5杯分。

さらに「宝くじ付き 新春スナックチケット」が3枚綴りで入っている。何かと話題になる「ミックスサンド」や「ミニシロノワール」も食べられます。

ちなみに宝くじは当選すると、7000円分のポイントがチャージされたプリペイドカードなどがもらえる。これだけ色々と入っているのに、「夢」まで見させてくれるのか……って、福袋の中身はまだあるぞ!

コメダプレミアムブレンドのコーヒー(粉)が100g!

そして、そして! コーヒーと引き換えができるチケットも1冊 入っている。(※綴り枚数は店舗によって異なる)

うっぷ……。お腹いっぱい 胸いっぱい 幸せだよ『コメダ珈琲』さん……。

参考リンク:コメダの福袋2020
Report:ショーン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【コメダ新作】するどい辛さがウマい「カリーコロッケバーガー」と、メロン感が生々しいシロノワール「北海道メロン」

2019年7月16日から、全国のコメダ珈琲にて季節のシロノワール「北海道メロン」と、新宿中村屋とコラボした「カリーコロッケバーガー」の販売が開始された。

シロノワール「アップルカスタード」が出てからまだ1月程度で新作とは、なんだかスパンが短い気がする。そして脈絡もなく同日にカリーコロッケをぶち込む雑さがコメダらしい。なんにせよウマそうなのでさっそく食べてきたぞ!

・カリーコロッケバーガー

まずは「カリーコロッケバーガー(税込460円)」からいこう。こちら新宿中村屋とのタイアップ第2弾で、一応9月下旬ごろまでを予定した期間限定商品とのこと。

注文の際に、カットするか否かと、味付けにマヨネーズとからしマヨネーズの選択を迫られた。この辺はそれぞれ好みの方を選ぼう。

バーガーの構造はシンプルで、刻んだキャベツにコロッケ、そしてカレーソースのみ。パンが結構デカいのと、刻みキャベツが思いのほかガッツリ入っていてボリューム感がある。

味の特徴としては、カレーのスパイス感がけっこう強い。まずはフルーティな甘みを感じるのだが、やや遅れてチクチクと刺すような感じの辛さがあるタイプ。

カラッと揚がったコロッケと、ザクザクと歯ごたえのあるキャベツが良い感じの食感を演出してくれていて実にウマい。そしてそこはかとない昭和な後味

昭和な後味とはいささか抽象的すぎる気もするが、しかし昭和なのである。硬いカスタードプリンとか、ケチャップ感が強いナポリタンとかと同類の雰囲気をまとった風味。「カレー」じゃなくて「カリー」なのがなんとなくわかる味とでも言おうか。

・北海道メロン

お次はシロノワール「北海道メロン」にいってみよう。価格は通常版が税込み750円で、ミニサイズは550円。デニッシュにソフトクリーム、そしてフルーツいう組み合わせはいつも通りだが、味の構成はちょっといつもと違っていた。

コメダのシロノワールはだいたい「甘み」と「酸味」で攻めてくることが多いが、今回はひたすらメロン一色で甘い。しかもそのメロン味が、妙に生々しい。

一瞬メロンの切り身が無加工で入っているのかと錯覚したが、そういうわけではない。外側のメロンクリームと、デニッシュの間のメロンソースのみで、リアルなメロンみを出すことに成功しているようだ。

メロンの部位の中でも、外側に近いエリアの果肉ではなく、種のそばの水分多めな部位っぽい味。メロン風味を通り越してメロン臭さすら感じるレベル。メロン好きにはたまらないと思われる。

1つ注意点をあげるとすれば、ノーマルサイズを頼むとちょっといつもよりくどいかもしれないということだろうか。これは、何の躊躇もなく、ひたすら甘いメロン味なためである。

・新商品2品とも一緒に

なお、今回筆者はレビューの都合上「カリーコロッケバーガー」と「北海道メロン」のミニサイズを同時に頂いたわけだが、この組み合わせがナイスだったことを最後にお伝えしておこうと思う。

先にお伝えしたとおり、「カリーコロッケバーガー」はそこそこパンチの効いたスパイシーさを有している。それに対して「北海道メロン」はとにかく甘い。

もうお分かりだろう。両方一緒に注文して食べると、実に程よい感じになるのだ。お値段的には税込みで1010円とややお高いが、たまにはいいのでは? 新商品2つ、同時にいっちゃいなよ。妙に満たされた気分になるから

参考リンク:コメダ珈琲
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24