コロナビールの「缶を最大10缶まで連結できるアイディア」がスゴい → ネット民「ライトセーバー感」「戦えそう」

コロナビールが生み出した新しい缶のデザインが世界中で話題だ。「Fit Packs」という名前のこちら、見た目は普通の350ml缶なのだが、実は上下にネジの切り込み的な構造が備えられている。

この構造によって、最大で10缶まで縦に連結可能というシロモノ。生み出された目的は、6缶パックなどに使われるプラスチックを削減して環境に配慮すること。マジで頭のいいアイディア……なんだけど、どうしても別の用途が思い浮かぶんだよなぁ。

・連結させて振り回したくなる

「Fit Packs」は「カンヌライオンズ2019」という広告関連の創造性を競うフェスティバルにエントリーされたもの。この分野におけるオスカーみたいなものだそうで、Mexico News DailyによるとFit Packsもその優秀さを認められて受賞にいたっているとか。

日本ではあまり見かけないが、実は海外の缶入り飲料は、特に6缶セットがプラスチック製の網状のものでパックされて売られるのが一般的。でもFit Packsならそのプラスチックを無くすことができるというわけである。

・ネット民の反応

とまあ、普通にごく真面目な方向でナイスなこちら。しかし考えてみて欲しい。缶が連結……もとい、合体するのである。しかも縦に。カッコイイじゃねぇか!(武器的な意味で)

そんな感想を抱く人も結構いるようで、このアイディアに対するネット民の反応はこんな感じ。

「戦えるな」
「両手に持ってたら最強」
「ライトセーバー感」
「武器に使われそう」
「ダース・モール」
「ライトセーバー」
「絶対繋げて遊ぶ奴沢山出るな」
「つよそう」
「ビームサーベル」

連結したコロナビールは別に光っていないのだが、ライトセーバーやビームサーベルを思い浮かべる方がそこそこ。言いたいことはわかる。こんなのあったら、両手に10缶ずつ持って振り回したくなる欲求に勝てる自信がない。

なお、Fit Packsのプロジェクトについて解説する公式動画によると、この缶の設計はオープンソースとなっているそう。他のメーカーもどんどん取り入れていって欲しいと、コロナのブランドディレクター自ら述べている。

もしこれがストロングゼロとか、モンスターエナジーの缶に実装されたら、ネット上ではしばらくお祭り騒ぎになるだろうなぁ。あと、空き缶での工作とかもはかどりそう。実装まだですか?

参照元:VimeoCannes LionsMexico News DailyAmazon(英語)
執筆:江川資具


Source: ロケットニュース24