飲み物に含まれる糖分を可視化するアプリ「サトウさん」、ついにリリース! コーラやエナドリを調べてみた結果!

2019年7月中旬、リリース前のアプリのデモ動画が大きな話題となった。そのアプリは、市販の飲み物のバーコードを読み取るだけで、その飲み物に含まれる糖分を角砂糖として大まかに可視化してくれるというものだ。

Twitterに投稿された動画は、160万回以上再生され、海外からもアプリのリリースを望む声が届いたそうだ。そのアプリ「サトウさん」がついに登場した! 実際に使ってみたところ、飲み物に含まれる糖分ってこんなに多かったのか! と驚かざる得ない!!

・糖分を可視化

アプリを手掛けたのは、開発者のDaiki Shimizuさん。甘い飲み物が好きという彼は、飲むのを控えるきっかけになればと、飲み物に含まれる糖分を角砂糖の形で可視化することを思いついたそうだ。そうして誕生したのが、このアプリである。

リリースされているiOS版で、その使用方法について説明したいと思う。

インストールして起動すると、中央に「タップ!」の文字。コレをタップすると、アプリの説明が表示される。使用するには、画面下の「はじめる」をタップする。

ホーム画面上には、その日に摂取した角砂糖(飲み物に含まれる糖分の目安)が表示される。画面下の「+」をタップして、飲み物のバーコードを読み取ろう。

初回使用時には、アプリがカメラを使用することを求められるので、これを許可する。すると画面上部の小窓に、カメラからの映像が表示される。

ここに飲み物のバーコードをかざすと、糖分が角砂糖として表示されるのである。

・5つの飲み物で比較

実際にバーコードを読み取ってみよう。用意したのは、5つの商品。コカ・コーラ(500ml)、いろはす(白桃 555ml)、レッドブル(355ml)、モンスターエナジー(355ml)、ブラックコーヒー(390ml)、計5種の飲み物の糖分を確かめてみることにした。

まずはブラックコーヒー。当然ながら糖分ゼロなので、角砂糖として可視化はされないはず。

その予測通りに、コーヒーに含まれる糖分は角砂糖換算で「0コ」だった。

続いてほのかな甘味の感じられる、いろはすのもも。

こちらは角砂糖換算で、「6.7コ」だった。

バーコードの読み取りを終えてホーム画面に戻ると、画面上部から角砂糖が降ってきた!

ちなみに降って来た角砂糖は、スマホを上下左右に動かすと、それに従って転がるぞ。

同様に調べたところ、コカ・コーラは「14.1コ」

モンスターエナジーは「11.5コ」

レッドブルに関しては、計測時の飲み物のデータがなかったので、飲み物の名前・内容量・100ml当たりの炭水化物・ドリンクカラーをそれぞれ入力。

その結果、角砂糖換算で「9.6コ」分と表示された。

・参考にして飲みすぎに気を付けよう

もし仮に、これらを本当に1日で飲んだとしたならば、その糖分は角砂糖換算で「41.9コ」にもなる。

ホーム画面は角砂糖でいっぱいになって、もはやまともに見ることすらできない。

ここまで普段飲まないまでも、こうして可視化されることによって、糖分をどのくらい摂取しているか、大まかにでもわかるはずである。正確な糖分量ではないが、参考にはなるはずなので、ダイエットや糖質制限に役立てると良いだろう。

参照元:Twitter @Daiki ShimizuApp Store「サトウさん」
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24
Screenshot:iOS「サトウさん」


Source: ロケットニュース24

チェリオの「いちごコーラ」がデカすぎる! 思わず手に取ったら販売戦略に見事にひっかかった……

わりと普段は炭酸飲料を飲まず、もっぱらコーヒーばっかり飲んでいる私(佐藤)なのだが、最近コンビニのドリンクコーナーで、ある商品が目に留まった。それは炭酸飲料の「チェリオ」のコーラだ。

それもただのコーラではない。「いちごコーラ」とある。奇抜な味のコーラはもはや珍しいものではない。むしろもっと突飛なアレンジコーラは存在する。私がもっとも気になったのは、味もさることながら、そのデカさだ。

未知の味にもかかわらず、なぜいきなり700ミリリットルボトルを出したのか? 気になって買わざるを得なかったのである。

・新しいテイスト

同社は、1961年にセブンアップ飲料株式会社として、大阪府高槻市に設立。1987年に株式会社チェリオ関西に社名変更し、その4年後にチェリオ東京との合併を経て、現在の「株式会社チェリオコーポレーション」となっている。そんなチェリオから2019年6月末に発売されたのが、いちごコーラだ。ニュースリリースの商品説明にはこうある。

「炭酸飲料の中でも人気の高いコーラをベースに、愛好者の多い果物のいちごをフレーバーとして、チェリオ独自の調合で掛け合わせた新しいテイストの炭酸飲料です」(ニュースリリースより)

たしかに、レモンやライムなどの柑橘系の果物とコーラを掛け合せた商品はあるが、いちごとコーラを掛け合せた商品は珍しいと思う。だが、気になるのは味よりもサイズ! デカい、デカすぎるだろ!!

正直味の想像がつきにくいものを手にするのは勇気がいる。少量なら「ためしに飲んでみよう」と思うのだが、その客が臆するところを無視して、いきなり700ミリリットルを出してしまうとは強気だ。

ところが、チェリオはこのサイズになったことをリリースでこう説明している。

容量と見た目のインパクトから思わずSNSに投稿したくなるパッケージデザイン」「大容量700ミリリットルペットボトルは売り場での存在感が抜群」(ニュースリリースより)

なんと……、私は「デカすぎだろ!」と思いながらも購入してしまった。チェリオの戦略にまんまとひっかかったって訳だ。やるな……。

・芳しき、いちご臭

気になるのはその味だ。見た目から、 “いちご感” は伝わってこない。開封して匂いを嗅いでみると……、想像を超えるいちご臭! 甘い、甘い匂いだ。

グラスに注ぐとしっかりと泡が立つ。意外にも強炭酸、いちごの果実味と強炭酸は合うのか?

いちご臭 + 強炭酸 + コーラ = どんな味?

・味はどうか?

いざ、飲んでみると……。

味の入り口は、やや甘めのコーラ。シュワシュワとした強い炭酸で、清涼感がある。ゴクリと飲んでもまだコーラ。「あ、わりと普通かも?」と、思った瞬間に鼻から抜けるアフターテイストが完全にいちご! これいちごだよ、ストロベリーーーッ!!

う~ん……。これは好みのわかれるところ、好きな人はドハマりしそうな味。一方で、苦手と感じる人もいるかもしれない。ちょっと試すっていうのが難しい量ではあるが、コンビニの棚に並んでいたらきっと目につくはず。まずは手に持って、そのデカさを確かめてみて欲しい。

参照元:ドリームニュース(ニュースリリース)
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【喝】コカコーラのエナジードリンク『コカ・コーラ エナジー』を飲んでみた感想 → 何がしたいんだコラ!

エンナァジイイイィィィッッ! みんなエナってるか? 久しぶりだな。エナジードリンクをこよなく愛する男、エナジーマンだ!! それはそうと、ついに来たぞ! 待ちに待った「コカ・コーラ」のエナジードリンクがついに発売されたんだぜーーー!!

本日2019年7月1日より全国で発売が始まった新商品『コカ・コーラ エナジー』は、「コカ・コーラ」ブランド初となる本格的なエナジードリンクだ。マジモンの黒船がとうとうやって来たって感じか? 相手にとって不足なし! エナドリを愛しエナドリに愛された男、このエナジーマンがお相手しよう。

・エナジーコーラを求めて

日本初登場となる『コカ・コーラ エナジー』をいち早く体にブチ込むため、近くのコンビニ等にエナジーショッピングに出かけた俺。しかし、ここでいきなり出鼻をくじかれることになる。マジかよ、どこにも売ってねぇ……!

一体全体どうなってんだ? コカ・コーラのエナドリ版だぞ? そんなん飲まねぇバカいるかよ! と、珍しくエナジーアンガー状態に陥っていたところ……ん?

あ、あったァァァァァアアアアア! 会社入口にある自販機で売ってたーーーー!! これをエナドリ界隈の専門用語で灯台下暗しと言う。よーし、自販機限定の190ml缶(160円)をゲットしたぜ!

・エナジーチェック

こうして無事入手した『コカ・コーラ エナジー』だが、とにもかくにも、まずはデザインの圧倒的なカッコよさにシビれる憧れるゥ。おなじみのレッドカラーと、中央にドドンと書かれた “ENERGY” の文字が印象的だ。

さらに飲み口周辺もメタリックレッドに加工されており激クール。さすが世界のコカ・コーラ、ルックスの良さはエナドリ界屈指と言えるだろう。イケメンならぬ、イケエナだな。

・色が違う

試しにカップに注いでみると……エナッ!? 何かこれ、いつもより色薄くねぇ? コーラというと黒いイメージがあるが、この『コカ・コーラ エナジー』は、どこか紅茶みたいな色をしているのだ。エナジーショック!

強カフェイン、ガラナエキス、ビタミンB6、ナイアシンが配合されており、気になるカフェイン量は100ml当たり32mgとなっている。これはレッドブルとほぼ同程度の配合量であり、つまりはガチ。我々のようなエナジージャンキーでも、安心してエナれるってなもんである。

・エナジーテイスティング

さっそくグビっと飲んでみたところ……うむ。コーラだな。分かってはいたけどコーラである。それと同時に、遠くの方に薄っすらガラナがいるような気配もするぞ。レッドブルやモンスターエナジーみたいな、いかにもなエナドリ感は希薄だが、いつものコーラともまた違うというか……。まあそんな味だ。

ここで初代エナジーマンにも飲んでもらったところ、以下のような反応があった。

「うむ……コーラだな。いや、ラムネっぽいコーラって感じか? それともコーラのお菓子? いずれにせよコーラだ。デザインが超カッコイイし、俺は全然嫌いではないぞ。むしろウマい」 

なるほど。では初代よ、これとレッドブルだったらどっちがウマいと思う?

レッドブルだな

これといつものコカ・コーラだったら、どっちがウマいと思う?

いつものコカ・コーラだな

何やそれッッ!

・エナジーレポート

だが、これが真実である。たしかにこの『コカ・コーラ エナジー』は画期的な商品だ。しかし、エナドリとしての魅力は、レッドブルやモンスターエナジーなどにはあと一歩及ばない。成分的にも割と普通と言わざるを得ないだろう。

味については、初代も言うように間違いなくウマい部類である。が、通常のコカ・コーラがあまりにも完成されすぎているため、比べるとどうしても差が生じてしまう。結果、エナドリとしてもコーラとしても、やや中途半端になっているというのが正直なところだ。

・結論

よってこの『コカ・コーラ エナジー』を飲んだ俺の感想としては、何がしたいんだコラ! の一言に尽きる。コーラだけにな。そもそもコカ・コーラは、カフェインが入ってなくても “十分エナジーチャージできるくらいエナ” なので、無理してエナドリ化する必要もないのではないか。そう、そのままのキミでいいんだよ。

参考リンク:コカ・コーラ エナジー
Report:エナジーマン(あひるねこ)
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「エナジー検証」


Source: ロケットニュース24