ゴキブリはもちろん卵にまで効果が!毒エサ剤の正しい設置ワザ

これから暖かくなるにつれて高くなるゴキブリとの遭遇率。対策グッズもいろいろありますが、なかでも毒エサ剤は、ゴキブリはもちろん、メスのもつ卵にまで効果があり、その設置の手軽さからも人気です。

できれば目にしたくないゴキブリ…。今回は、毒エサ剤をより効果的に使うための秘策を、掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさんに教えてもらいました。

毒エサ剤の種類はいろいろ。適材適所に

ゴキブリ用毒餌剤いろいろ

毒エサ剤は大きく分けると2つ、室内用と屋外用があります。室内用タイプにも、丸いもののほか、冷蔵庫や洗濯機の下などに設置できるすき間用や、部屋のコーナーにフィットする三角形のものなどいろいろ。置く場所に合ったものを選ぶといいでしょう。

屋外用は固定テープ付き

屋外用は、薬剤が水に溶けにくい仕様で、風で飛ばされないように固定テープがついています。効果を持続させるためには、直接、雨がかからない軒下などに設置するのがおすすめです。

最初は全部屋に置いてゴキブリの侵入経路を探る!

窓の大きいタイプは中が見えやすい

初めて置くときは、全部屋に設置しましょう。中のエサが食べられたかどうかをチェックして、どこに出現しやすいか把握します。

中を確認するためには、窓の大きいタイプがおすすめ。さらにしっとりタイプのエサの方が食べた跡が見えやすいです。その点からいうと、一番最初に設置するには、アース製薬の「ブラックキャップ」(写真左)がいいと思います。

すき間にも設置

次に設置するときは、食べられた形跡が多かった部屋や場所に、重点的に設置します。すき間用や三角タイプなど、場所に合わせて好きな形状のものを設置しましょう。すき間用は目立たなくておすすめです。

わが家はキッチンと洗面所、洗面所近くの洋服部屋に置いたものが、エサが多く食べられていました。そこには重点的に置き、食べられていなかった部屋にも一つは設置するようにしています。

玄関にも設置
ゴキブリは、室外からも侵入するので、玄関先やよく開ける窓の下にも設置。玄関から侵入する姿を目撃したので、玄関の中にも、外にも置いています。

屋外のものは、雨風の影響を受けやすいので、定期的に薬剤がなくなっていないか中を確認しましょう。半年効果があるという商品を使ったときも、雨があたったからか、2~3か月で薬剤がなくなってしまった経験があります。

設置前にナンバリングして忘れずに交換を

日付と番号を書いておく

交換は、説明書通りでOK。1年と書いてあれば、1年後に交換します。ただエサの周りにホコリがたくさんついてしまうと効果が落ちてしまいます。そのときは予定期間より短くても新しいものに交換した方がベター。回収忘れがないように、設置する前に、日付と番号を振っておくと便利です。

あらかじめ侵入経路を塞いでおくとより効果的!

毒エサ剤を設置する以外にも、やっておくといいことがあります。

ゴキブリは、エアコンの室外機の下や鉢の下、倉庫の下など雨がかからない場所を好むので、外回りの枯れ葉を取り除くなどゴミがたまらないように、ゴキブリが隠れる場所がないようにします。エアコンの排水ホース先もネットで塞いでいます。

排水管のすき間をふさぐ

また、キッチンの流しや洗面所などの排水管の隙間をテープで塞いで、侵入できないようにしています。毒エサ剤を室内と屋外に設置するようにしたら、ゴキブリとの遭遇率は下がりました。さらに侵入経路を塞いだりしておくと効果はアップします。

ただ設置しはじめたら、年に一度くらいのペースで死骸が家の隅から見つかるように…。毒エサ剤を回収するときなど、死骸がないかチェックしながら定期的に掃除しましょう。

※毒エサ剤を使用するときは、パッケージなどに書かれた説明をよく読んだうえでご使用ください。とくに子どもやペットが手に触れないように注意してください。

Source: 日刊住まい

ゴキブリの侵入経路、見落としがちな排水口を100均グッズで対策

害虫の繁殖は夏が盛んと言われています。
梅雨に入った途端、都内でも害虫を見かけるようになりました。
ここでは、ゴキブリが潜んでいそうな場所やその侵入対策について。

入居3年目の自宅マンションにゴキブリが2回侵入した苦い経験をもつ、我が家の対策アイデアもあわせてご紹介。

ゴキブリは自宅のここで遭遇!好環境にさせないためのルール

ゴキブリは食品以外に髪の毛やホコリ、水、油などあらゆるものを摂取します。
ゴキブリにとってエサの宝庫となるキッチンは、特に清潔さを保っていたい場所。

ここでは、自身の周りでゴキブリ発見した家の事例と殺虫剤メーカーの情報を元に、ゴキブリが潜んでいる場所とその対策をまとめました。

キッチン

キッチン

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

ガス台の裏や下

油や食べ物のクズが落ちやすい場所。調理後は簡単に拭き掃除する習慣を作りましょう。

冷蔵庫裏

ガス台同様ホコリやゴミが溜まります。
「暗くて暖かい場所」というゴキブリが好む環境なので、冷蔵庫の設置する箇所を工夫し、掃除機のノズルや床拭きワイパーが入る程度の空間を確保しましょう。

リサイクルに出す前の空き缶、瓶、ペットボトル

日本酒の空き瓶や清涼飲料水の空ボトル内。リサイクル前の空容器は、水ですすぐ事をおすすめします。

常備野菜のストック

じゃがいもや玉ねぎなど常温保存の野菜の中。特に夏はストック習慣を見直し、使う分だけ買うことが賢明です。

リビング

テレビ台

kouchan / PIXTA(ピクスタ)

テレビやパソコン周辺

冷蔵庫同様、テレビやパソコン設置個所の裏にはホコリが溜まりやすく暗いため、注意が必要です。日頃からホコリ取りを心がけましょう。

ベランダ、窓、玄関

ゴキブリは外から侵入します。換気や洗濯物の出し入れの際、短時間でも網戸を閉め、窓の開けっ放しをなるべく回避しましょう。

意外と知られていない侵入ルート

前項のようにゴキブリを発見するスポットは、日頃の掃除や心がけで、かなり侵入を防げます。

しかし、思わぬ場所からやってくる外部侵入をご存じでしょうか。
代表的なのが下記の場所です。

  • シンクの流し排水口
  • 洗濯機置き場の排水口
  • 低層階のトイレや風呂の排水口
  • プロペラ式の旧型の換気扇
  • エアコンの排水ホース
  • 玄関

ここで、これらの場所からゴキブリが侵入するルートを防ぐアイデアを3つご紹介。

100均グッズを使って侵入想定ルートの出入口を塞ぐ

エアコン排水ホース

おすすめなのが、セリアで見つけた害虫の侵入を防ぐ排水キャップ。

防虫キャップ

キャップを蛇腹状のホースにねじ込むだけで簡単に取り付けられます。

ホース

適応サイズは排水ホースの直径が14mmまたは16mmです。

排水

ホースの先に口径サイズが書かれています

排水

ホース口径14mm装着画像。16mmの場合は深く入れ込みます

外部侵入のゴキブリは大型の成虫がほとんどなので、この口径なら穴へ入ることができず、効果も期待できます。

洗濯機排水口

洗濯機の排水口には、100均でも販売されている園芸用ネットを利用して、ゴキブリの侵入を防ぎます。

我が家の洗濯機排水口キャップの隙間はタテ28mmとゴキブリが侵入する可能性のある大きさ。

ホース

排水口の隙間を埋めるためにプランターの下などに敷く「園芸用ネット」を用意。

園芸ネット

園芸ネット穴

網目空間はわずか3mm!

排水口のフタをあけ、排水部を覆うサイズにハサミでカットし、キャップと排水口の間に挟むだけ。

排水口

排水口

フタを閉めるので排水部を覆うサイズにカット

この園芸ネットはバスルームの排水口にも活用できますよ。

玄関ドア

春に花粉対策として玄関のドアに貼った隙間テープ。

玄関テープ

masaya / PIXTA(ピクスタ)

梅雨以降、小さなクモを時々室内で見かけますが、今季は一度も見かけていないません。
隙間テープはゴキブリだけでなく、クモなどの小さい虫の侵入防止にも一役買っています。

ちょっとした工夫でゴキブリの侵入対策は手軽にできます。夏本番の前の対策がおすすめです。

*記事に掲載している商品は2019年7月時点のものです。

Source: 日刊住まい

お掃除泡スプレーがG対策として有効だとネット上で話題でも活用しないほうがいい理由

全国的に梅雨を迎え、日本全土が蒸し暑くなってきた。そろそろ本格的な夏が到来する。……ということは家の中でGが暴れまわる時期がやってきたということだ。おぞましい。

以前からネット上では、カビキラーやマジックリンなど、お掃除泡スプレーがG対策に有効だと話題だ。ご存知の方も多いだろう。もちろん筆者もこの方法で何回もGを倒してきた。泡スプレーが効果的過ぎて、最近では殺虫スプレーをほとんど活用しなくなったくらいだ。

ところがこの件に関して、お掃除泡スプレー各企業からの公式見解をあまり見かけない。なぜだろうか? 気になった筆者は企業の広報担当者に話を聞いてみた。

・お掃除泡スプレーの威力は本物

大前提として、なぜお掃除泡スプレーが有効なのかご説明したい。

まずGに対抗する有効な手段としてハエ叩きや殺虫スプレーがある。ハエ叩きは物理的な攻撃で仕留める最強の武器だが、いかんせん潰れゆくGを目の当たりにせねばならず、その感触も手に伝わる。勇者並みの勇気がないと活用不可能。勇者しか使えないエクスカリバーと例えたい。

一方、殺虫スプレーはお手軽で有効だが、瞬殺できないためにお互いが苦しむ。人間はヤツらが昇天するまで噴霧し続け、ヤツらは生き延びるがために必死で逃げ回る。虫特有の、死ぬ直前のガタガタした動きに気持ち悪さと罪悪感が人間側に芽生え、少しでも気を抜くとGは半死半生で物陰に逃げおおせてしまう。

最近では殺虫スプレーの有効成分に耐性を持った「耐性G」が出現し、噴霧しても楽々逃げおおせてしまう猛者もいる。憎たらしいことにGは進化し続けているのだ。

そこで話題なのが、お掃除泡スプレーだ。本来は台所や風呂場のお掃除用品として効果を発揮するこの製品、なんとG対策でも活用できる。使い方は簡単だ。Gが出現したら、狙いを定めて引き金を引くだけ。泡が直撃したら、Gは呼吸できなくなって死ぬのだ。

なぜGが昇天してしまうのか。筆者は専門家ではないので分かりかねるが、おおむね「泡スプレーに含まれる界面活性剤によってGが呼吸できなくなって死に至る」というのが一般的な見解。この真偽はともかく、現に何匹ものGが昇天している。お掃除泡スプレーの威力は本物ということだ。

・広報担当者の歯切れが悪いまっとうな理由

ところが気になることがある。これだけネット上で有効なG対策として紹介されているのに、販売元からの声がほとんど聞こえてこない。気になった筆者は広報担当者に電話で話を聞いた。勝手に「さぞ好意的な反応が聞けるのではないか?」と思っていたが、実際は違った。

――G対策として有効だとネット上で話題ですが、ご存じでしょうか?

「ネット上でそういった声が上がっていることは確認しております」

――G対策グッズよりお掃除泡スプレーの方が効果的とも言われているが、それについてはどう思われます?

「本製品は防虫用ではございませんので……掃除用品として活用いただきたいです」

なんとも歯切れが悪い。なぜなのか。

――G対策として活用する場合、使用上の注意点はありますか?

「そういった活用は推奨しておりません。たとえばリビングで使用された場合、じゅうたんに付着すると色を漂白してしまったり、木目に付着するとシミになったり、家財に影響を与えることがございます。必ず製品の裏面に記載されました、弊社が推奨する方法でご使用ください」

なんとも至極まっとうな理由だ。お掃除泡スプレーは本来、カビや油汚れを洗浄するもの。その液体はかなり強力なので、私たちの大切な家財に付着した場合、企業として責任が取れない。だからネット上でそんな声を確認しても、素直に喜べないのだ。

お掃除泡スプレーは界面活性剤を含むので「副産物」としてG対策に有効だが、できれば、賢明な読者はハエ叩きや殺虫スプレーを活用しよう。最近では冷蔵庫の下や食器棚の裏に隠れるGを “まとめてワンプッシュ” で退治する殺虫剤も登場した。こちらも死に身もだえするGと対峙しなければならないが、大切な衣服や家具が傷んでしまうよりマシである。

もうすぐGが暗躍する本格的な夏が到来する。救いを求めてネット検索した結果、お掃除泡スプレーの魅惑的な威力を目にすることもあるだろう。しかしリターンが大きければ大きいほど、リスクも大きくなる。どうしてもお掃除泡スプレーでGを倒す場合は、自己責任で引き金を引こう。

Report:いのうえゆきひろ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

ゴキブリ遭遇率0%も夢じゃない。試してわかった有効なゴキブリ対策選

ゴキブリは見た目も、衛生的にも、絶対に遭遇したくないもの。
梅雨時期から動きが活発になるので、対策をするなら今がベストです。

家にゴキブリが出ないという人は、どんな対策をしているのでしょうか?
日刊Sumaiライターたちが試して有効だったという、ゴキブリ対策を3つ紹介します!

生活ルールを徹底して22年間でゴキブリ遭遇率0%!

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

ゴキブリはすき間が多い木造の家に侵入しやすく、築年数が長いほどゴキブリの遭遇率が高まります。

しかし、木造の住まいなのに、22年間一度もゴキブリが発生しなかったという家がありました。

心がけたことは、以下の4つ。

  1. キッチンの排水口は毎晩掃除する
  2. 食べ物を出しっぱなしにしない
  3. 浴室の排水口にはネットを張る
  4. 玄関でアロマを使う

行ったのは特別なゴキブリ対策ではなく、暮らしの中で当たり前のようにしている習慣を徹底しただけでした。

それが結果的にゴキブリのエサや侵入経路を絶つことにつながったようです。

家の中もキレイになって一石二鳥ですね!

なぜゴキブリは家に入ってくるの?知られざる習性

キッチン

kai / PIXTA

敵をやっつけるには、まず相手のことをよく知ることが大切です。

ゴキブリ対策には、その習性に詳しくなることが近道なのかもしれません。

横浜市健康福祉局のサイトには「ゴキブリ駆除のポイント」が紹介されています。

サイトによると、ゴキブリが好む環境は暖かく湿り気がある暗いところ。

しかも、紙やダンボールまで食べるのだそうです。

ガスレンジ周りや冷蔵庫の下などは格好の住みかですが、寝室や物置も例外ではありません。

また、たった5ミリの隙間があれば侵入が可能なのだとか。

窓や網戸の隙間はもちろん、お風呂や洗面所の排水口、エアコンの排気口も通り抜けることができます。

特に雨の日は、外から家の中に侵入しようとする可能性が高まるそうですよ。その意外な理由とは?

ハッカ油スプレーがゴキブリにも有効って知ってた?

ハッカ油

ファイン / PIXTA

ここ数年、ハッカ油を使った手作り虫除けスプレーが大流行しています。
体にスプレーを吹きかけると蚊やブヨにさされにくくなり、市販の虫除けスプレーと同じくらい効果的と評判です。

そんなハッカ油スプレー、ゴキブリにも効果てきめんなのだそうですよ。
体に振りかけるのではなく、ゴキブリが侵入しそうな窓やドア、ゴキブリが好みそうなシンク、ゴミ箱などに振りかけて使います。

スプレーの回数は1日1回が目安。
スプレーの代わりに、効果が長持ちする簡単手作りハッカアロマのつくり方も紹介しています。

Source: 日刊住まい

22年間ゴキブリが一度も発生しない、我が家のシンプルな習慣4つ

22年前の5月、夫婦共有名義で建てた木造の我が家は、今まで一度もゴキブリが発生したことがありません。

10年ほど前に一度だけ、窓の外から「ブーンッ!」と大きな音を立てて飛んで入ってきたことがありますが、家の中では一度も遭遇したことがないのです。

そのことを友人に話すと「そんなの聞いたことがない。なんか特別なことやってるの?」と言われたので、「あ、そうか。22年もの間ゴキブリがいないというのは普通じゃないんだ」と気づきました。

そこで、ゴキブリが発生しない理由を考えてみると、いくつか思い当たったので、今回はそのコツをご紹介します。

誰でもできる簡単なものばかりですので、ゴキブリに困っている方は参考にしてみてください。

1.キッチンの排水口は毎晩掃除する

排水口

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

築22年の我が家のキッチンは、ごくありふれた普通のキッチンです。

夜、夕ごはんの後片付けが終わって、排水口のゴミ受けにたまったゴミを捨てるとき、ついでに排水口の掃除を必ずするようにしています。

面倒くさいと思われがちですが、100円ショップで売っている5個入りの小さなスポンジを、排水口の掃除専用にしてシンクに常備しておくと、いつでも手が伸びてそのうち習慣になりますよ。

重曹

scabetty / PIXTA(ピクスタ)

そして、週に一度は50℃ほどのお湯と重曹で排水口の大掃除。

ゴキブリは、どんな小さな隙間からでも入ってきます。

壁や網戸のすき間以外にも、排水口を伝って入ってくることもありますので、こまめに掃除をしておくと入ってこられないようです。

 

2.食べ物を出しっぱなしにしない

揚げ油

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

スパゲティの麺、小麦粉、マカロニなど、一度封を開けた食品はすべて冷蔵庫へ入れてしまいます。

また、キッチンに出しておくと便利なコショウや塩、スパイスといった調味料も、調理が終わったら毎回コンロの横にある引き出しへすべて片付けます。

また、何度か揚げ物で使った油を再利用しようと置いておくとニオイが強くなりますよね。

ニオイはゴキブリを呼んでしまうので、もったいないですが一度揚げ物に使った油は捨てるようにしています。

 

3.浴室の排水口にはネットを張る

排水口

kouchan / PIXTA(ピクスタ)

お風呂にある2つの排水口にもキッチンと同じようにネットを貼っておくと、お風呂という狭い空間でゴキブリと戦わなくて済みますよ。

湯船の排水口には、ホームセンターで見つけた湯船の排水溝用の小さな網をセットしています。

本当は、飼っている愛犬をお風呂に入れたときに、毛が排水口に流れていくのを防ぐために買ったのですが、ゴキブリを防ぐのにも一役買っているようです。

 

4.玄関でアロマを使う

アロマ

bee / PIXTA(ピクスタ)

愛犬と散歩に行くときには、自分で作った虫よけのアロマスプレーを愛犬にふりかけてから家を出ます。

そのアロマの香り成分がいつまでも玄関に残っているため、これも偶然ですがゴキブリ避けになっているようです。

アロマオイルは、ミント、ベチバー、ラベンダー、ユーカリなどをブレンドして使っています。

 

まとめ

普段なにげなく行動していたことが、22年間一度もゴキブリが発生しないことにつながっているとは思いもしませんでした。

もう習慣になっていることばかりですので、この習慣を続けていれば、これからも我が家はゴキブリと縁がなさそうです。

どれかひとつでもやってみようかなと思うものがあれば、ぜひ取り入れてみてくださいね。

Source: 日刊住まい

【100均検証】パッケージの文章が恐ろしすぎて即買いした「エアコン排水ホース用防虫キャップ」

その文章を読んだ0.01秒後には、私は商品をカゴの中に入れていた。即買いも即買い、借金してでも即買いしなければならないという気持ちにさえなっていた。きっとみんなも恐怖のあまり、即買いすることだろう。

何のことかって、セリアで買った「エアコン排水ホース用防虫キャップ」のパッケージ文章である。エアコンホースから室内へ侵入する虫を防ぐ商品なのだが、あまりにもパケに書かれていた文章が強烈すぎたのである。

もったいぶっても仕方ないので、まずはその文言を発表したい。なお、デフォルメされたゴキブリのイラストでさえも恐怖のあまり泡吹くレベルのゴキブリ嫌いな人であっても、我慢して読んだほうが良いと思う。

それでは、いくぞ……!

ゴキブリのイラストも出てくるので注意

「知っていますか? ゴキブリは暗く、狭い湿気の多い場所を好み、排水ホースから室内へ侵入してきます。」

ヤダーーーーーーッ!!

絶対にヤダーーーーーーーッ!!!

なんとなく知ってた! なんとなく! うっすら! でもこう、ゴシック太文字の、さらに赤文字で「知っていますか?」と迫力満点で来られたら目を背けるわけにはいかないっ! すぐそこに迫った危機! そのくらいの恐怖感!! 防ぐ! 絶対! となると即買い……!!

そして……

確認……!

たぐりよせると……!

いかにも来そう!

しかし今の私には……ある!!

鉄壁の防御壁……!

差し込む!

よしっ!

こんなに狭い穴、さすがのヤツらでも侵入できまい。忍者であっても、ルパンであっても、プリズン・ブレイクのマイケル・スコフィールドであっても、このキャップから忍び込むのは不可能であろう。フフフ……。

これから梅雨がやってくる。ジメジメ&ムシムシとした、ヤツらにとって最高の季節がやってくる。なんだかモーレツに怖くなってきたので、ゴキキャップ的な地雷系のアレも私は配備しておくつもりだ。侵入は絶対、許さない!!

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証


Source: ロケットニュース24