ゴーゴーカレーが事業継承したインドカレーの店「ホットハウス」 東京・秋葉原にオープン! ラッシーのウマさに感動した!!

「金沢カレーの火付け役」を自称するカレー専門店『ゴーゴーカレー』は、同じく金沢の老舗インドカレーのお店『ホットハウス』の事業を2017年に継承した。2018年12月に横浜に関東1号店を出店し、2019年8月18日には秋葉原に東京1号店をオープンしている。

ゴーゴーカレーが事業継承したお店は、一体どんなカレーを提供しているのだろうか? やっぱり店内では、1度聞いたら忘れられない「ゴーゴーカレー♪ ゴーゴーカレー♪」が無限ループしているのだろうか? 気になったので行ってみたところ、ラッシーの美味しさに衝撃を受けた!

・分かりにくい場所

お店はJR秋葉原駅から徒歩約5分。「HULIC & NEW AKIHABARA」ビルの5階にある。路面店ではないので、ちょっとわかりづらい場所にある。

私(佐藤)が訪問したのは、開店2日目。まだお店の認知が低いためか、12時頃に入店すると客は私しかいなかった。ちなみに、しばらくの間(2019年8月19日現在)は閉店時間を1時間繰り上げて、21時までの営業とのことだ。

・メニューは全然違う

店内にはあのハイテンション音楽は流れていない。店の造りもゴーゴーカレーとは違い、本格インド料理を提供する、落ち着いた佇まいだ。同じ金沢発祥のカレーを提供するとはいえ、完全に別事業の別のお店である。メニューを見ると、ゴーゴーカレーやカツカレーはない。

看板メニューは秘伝のチキンテッカ、そして究極のマサラカレーである。

チキンテッカは、ハーフサイズ(3ピース:880円)もあったが、欲張ってレギュラーサイズ(6ピース:1580円)を注文。それに、究極のマサラチキンカレー(1280円)。ナンをチーズナンに変更(+200円)。さらにオリジナルラッシー(480円)を注文した。調子に乗って頼み過ぎたと、後になってから気づいた……。

・秘伝のチキンテッカ

先に出てきたのはチキンテッカ。アツアツの鉄板で、見るからにスパイスの効いたチキンだ。芳しい香りがやたらと食欲をそそる。

1ピース食べてみると、これが驚くほど柔らかい! 自家製ヨーグルトにつけ込んでいるとのことで、肉はジューシーでとっても柔らか。程よく辛く、思わずビールを飲みたくなってしまう。ホットハウス1番の人気に納得。

・究極のマサラチキンカレー

続いてチーズナンとマサラチキンカレー。

じっくりと煮込まれたカレーには、チキンがゴロリ。食べてみると、最初の口当たりは野菜の甘さが効いている。と思ったら、ジワリジワリとスパイスの辛味が口に広がっていく。おお! カレーだけを食べると結構辛いかも。

千切ったチーズナンをカレーに浸して口に放り込む。ナンの甘さとスパイスの辛さが調和して、いくらでも食えそうな気がするぞ! どこかにゴーゴーカレー感があることを少し期待していたのだが、店に入って料理を味わうとどこにもない! ここはホットハウスだ!!

・1番気に入ったのはラッシー

カレーの美味しさもさることながら、私が1番気に入ったのはラッシーだ。

どこのインド料理のお店に行っても、ラッシーは大抵置いてある。それほど珍しい飲み物ではないのだが、ここのラッシーは酸っぱさと甘さのバランスがとても良い。大げさだが、こんなにウマいラッシーを今まで飲んだことがない。できれば、これだけをテイクアウトで買って帰りたいくらいである。

刺激的なカレーと滋味深いラッシー。きっとそのほかにも美味しいメニュ-がいろいろあるに違いない。早くゴーゴーカレーばりに店舗が拡大することに期待したい。

・今回訪問した店舗の情報

店名 ホットハウス 秋葉原本店
住所 東京都千代田区外神田4-4-2 HULIC& New AKIHABARA 5F
営業時間 11:00〜15:00 17:00〜22:00 土日11:00〜22:00(オープンからしばらくは21:00まで)

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

ゴーゴーカレーがパンになってる! 地域限定販売の「カレーチーズ デニッシュ」を食べてみた!!

男は黙ってカツカレー。濃厚でドロッとした黒いルーが特徴のゴーゴーカレーは、どちらかといえば “野郎” が好むカレーだろう。ルーの上にカツ、さらにその上にはソースがかかっており、千切りのキャベツにマヨネーズをぶちこむ……とことん男らしいスタイルは今さら説明するまでもない。ココイチが柔ならゴーゴーカレーは剛だ。

どこか癖になる味がたまらないが、そのゴーゴーカレーが新たなステージに一歩踏み出していたのでお伝えしておかねばなるまい。そう、スーパーのパンコーナーを見回りしていると、ゴーゴーカレー監修のパン「カレーチーズ デニッシュ」が売っていたのである。これは試してみるしか選択肢がない! ゴーゴー!!

・お手頃価格の地区限定商品

と勢いのまま買ってみたはいいものの、いつから売っていたのだろうか。気になったので調べてみたところ、2019年7月1日から関東・中部・関西・四国地区限定で販売開始していた。

値段は98円と安めの設定。本家のカレーが値上げしてハードルが上がった分、パンの方は気軽に味わうことができる。ちなみに同商品は第一パンとコラボしており、金沢カレー協会が認定しているとのことだ。

・開封の儀

さて、開封する前に袋を見ると「ブラックカレーフィリングにチーズを入れてデニッシュ生地で包み、チーズをトッピングしました」と書いてある。チーズを2発ぶちこむあたり、さすがゴーゴーカレー。期待を裏切らない男らしさだ。中身を取り出すと……

デニッシュ生地のパンがコンチャース! どこにでもあるような外見だが、勝負の分かれ道はここからだろう。何しろ、パカッと割ればゴーゴーカレーのDNAが入っているのである。ひとまずナイフでズバンと切ってみる。いでよっ、ゴーゴーカレー!

ウホッ……!!

ちょっと中身が寂しいかなぁ(´・ω・`)

確かに黒いルーはゴーゴーカレーを彷彿(ほうふつ)とさせるし、パンを食べたら “らしい” 味もする。個人的にカレーパンとしてアリ。しかしながら、空洞がなんというかこう……男らしくギッシリ詰めて欲しかったというのも本音だ。うーん、デニッシュ生地でカレーを詰め込むのは想像以上に難しいのだろうか。

・ホテルの朝食でも食べられる

何はともあれ、値段を考えたら安いことに変わりない。地域限定なので全国のゴーゴーカレーファンが食べるのは難しいが、運良く見つけたら手にとってみるといいだろう。なにせ98円である。

ちなみにゴーゴーカレーの監修しているパンには、ノーマルの「カレーパン」もある。こちらは見当たらなかったので、ファンが爆買いしたのかもしれない。あとR&Bホテルチェーンでは、2019年8月1日より無料朝食で焼き立てのゴーゴーカレーパンが食べられる。全国のR&Bチェーン全店舗、全ての宿泊者が楽しめるとのことなので泊まったファンはマストだ。

参考リンク:ゴーゴーカレー監修 カレーパンPR TIMES
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24