小僧寿し、「ゴリラカレー」販売開始により完全無欠の夢の国に / 25年ぶりに行ったらメニューがオールスターすぎることになっていた

大阪で過ごした小学生の頃、家庭科で1週間の献立を考える授業があった。先生が「栄養表を見ながら好きなもの選べ」「タンパク質は入れてね」と言うので、寿司、カレー、唐揚げだけでローテーションを作ったところ周りから「アホや」と笑われた。なんで? タンパク質入ってるやん。

誰かが言った。「じゃあ、一生寿司とカレーと唐揚げだけしか食べへんの?」と。一生それだけでも良い。むしろ、ご褒美ではないか。あの頃の自分に伝えたい。25年後の小僧寿しが夢の国になっていることを

・ゴリラカレー発売

当時、小僧寿しは私の得意の寿司屋だった。というか、田舎だったためか手軽な寿司屋が小僧寿ししかなかったのである。しかし、実家近くの小僧寿しが潰れて以来、行く機会もめっきりなくなり気づけば25年。回転寿司チェーンに自分のお金で行けるようになってからはそればかりになってしまった。

そんな小僧寿しがゴーゴーカレー監修の「ゴリラカレー」を販売開始したという。そこで25年ぶりに小僧寿しに行ってみることにしたわけだ。検索してみたところ、現在東京にある小僧寿しは13店舗、大阪に至っては1店舗しか残っていない。

・乗っ取られる小僧寿し

最寄りだった小僧寿し西葛西店は、行ってみると西葛西の駅から少し離れているようだ。もはや電車の音も聞こえない住宅街の中をテクテク進んでいくと……

小僧寿しあった! の・だ・が

半分唐揚げ屋に乗っ取られてるゥゥゥウウウ!?

「元祖からあげの中津家」と店名のように書かれているため、一瞬、店舗が2つ連なっているのかと思ったが店内は1つのようだ。しかし、サイドメニューにしては支配されすぎている。小僧寿しに一体何が起こったのか? 

・夢の国爆誕

そこで店員さんに聞いてみたところ、どうやら中津家は小僧寿しが運営するテイクアウト唐揚げ専門店のようだ。2020年5月1日に国立店がオープンしており、この店では小僧寿しの1メニューとして売られているという。結構人気なんだとか

? ということは……

寿司と……

カレーと……

唐揚げ……

オールスターが揃っている! しかも、寿司は小僧寿し、カレーはゴーゴーカレー監修、唐揚げは中津家と、片手間のサイドメニューではなく、いずれも専門店の一品ではないか。私が待っていたのはこんな店だったのかもしれない。25年前の自分に教えたい。 

・ゴリラカレーを食べてみた

試しに、ゴーゴーカレー監修「ゴリラカレー(税抜き555円)」を購入して食べてみたところ、ドロッとしたルーと癖になる味がバッチリゴーゴーしている。

さらに、寿司屋のためか米もウマく、テイクアウトカレーとしてはかなり高いクオリティーであるように感じた。寿司屋のカレーだからと侮れないレベルである。

なお、西葛西店では、10月27日現在、ゴリラカレーしか提供していないとのことだったが、リリース情報を見ると、唐揚げやロースカツトッピング、全部のせなどもある模様。ほぼカレー屋のラインナップである。ちなみに、未実施の店舗もあるようなので、詳細は小僧寿しホームページの販売店舗一覧をご確認いただけると幸いだ。

さて置き、ゴリラカレーの販売開始により、現在、子供の3種の神器が揃っている小僧寿し(一部店舗は除く)。25年前から大分店舗も減ってしまったが、これを機に復活となるだろうか。とりあえず私は夢みたいなひと時を過ごせたことにお礼を言いたい。ご馳走様でした!

参照元:中津家小僧寿し
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

ミニストップ『ゴーゴーカレーパン』がゴーゴーしすぎて武丸さんも事故るレベル! 真っ黒濃厚なルーが揚げパンと踊(ダンス)っちまってる

薄味と言われる関西の食文化。だが関西出身の私(中澤)でも、濃ければ濃いほど良いと思うものがある。カレーパンの具だ

上品なんて言葉はクソくらえ。揚げパンの強い味に負けないドロドロカレーがカレーパンにはふさわしい。2020年9月8日、そんな私にとって、どストライクなカレーパンがミニストップで販売開始した。その名も『ゴーゴーカレーパン(税込159円)』。名前だけで心がゴーゴーする!

・ゴーゴーカレー監修第2弾

その名の通り、この商品の監修はゴーゴーカレーだ。パッケージにも例のゴリラがいるし、黄色地に赤文字の色使いはパンコーナーの中でも見つけやすいだろう。

そう、以前の記事でご紹介したミニストップとゴーゴーカレーのコラボ商品第2弾の販売が開始したのだ。“コンビニで食べられるゴーゴーカレー” をテーマにミニストップの各商品担当者がゴーゴーカレーを表現したこのラインナップ。第2弾は、ゴーゴードライカレー、ゴーゴーカレーうどん、ゴーゴーカレーチキンカツ、そしてこのゴーゴーカレーパンだ。

・『特攻の拓』で言うなら武丸

ところでゴーゴーカレー監修のカレーパンと言えば、第一パンの「カレーチーズ デニッシュ」がある。あれはデニッシュでカレーを包んだ若干お洒落さの漂うものだったが、今回のゴーゴーカレーパンは……

完全なる揚げパン

やったぜ! カレーパンはやっぱりこうでなきゃ!! パンを油で揚げるという揚げパンのなりふりかまわなさがカレーパンには必要だ。『特攻の拓』で言うなら武丸である。断じて鰐淵ではない。“支配する者”──“統べる者”──“武丸”さんがお帰りになりましたァ!!

・下手したら本家より濃厚なルー

というわけで、私も拓ちゃんよろしく特攻(ぶっこ)むとしよう。い・・・行くっかないよね。気合いブリバリで食べてみたところ……

ドロドロルーが完全にゴーゴーカレーでドエレー “COOOL(クール)” じゃん……? 下手したら本家のカレーより濃厚かつコク深すぎるルーが揚げパンと踊(ダンス)っちまってる。そんなルーの色はカレーパンで見たことがないほど真っ黒。

コミックスの武丸の血かよ

ゴーゴーしすぎて武丸さんも事故るレベル。さすがはミニストップ。その特攻み具合は孤高のカレーパンと言って差し支えないだろう。

・ゴーゴー祭り

なお、現状、ゴーゴーロースカツサンドなど第1弾ラインナップも取り扱われていることを確認した。したがって、第1弾と第2弾が同時に並ぶここ1~2週間の間は、ミニストップはゴーゴー祭りと言える。ゴーゴーカレー好きはミニストップにゴーゴー! “待” ってたぜェ!! この “瞬間(とき)” をよォ!!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

ゴーゴーカレーのまぜめんだと…!! うどんに混ぜるだけで出来上がる「まぜめんの素」がゴーゴーらしさを残しつつウマさも継承

ゴーゴーカレー♪ ゴーゴーカレー♪ Ah〜元気をあ〜げ〜るぅ〜♪ の歌でおなじみ金沢カレーの「ゴーゴーカレー」。歌だけでなく味も中毒性があって、ふとした時につい「ゴーゴー」しちゃいたくなる人は少なくないだろう。

今の時代、レトルトも充実していて自宅でゴーゴーカレーを楽しめるが、どうやらまぜめんでもゴーゴーできるらしい。こういうのも、フラッとドン・キホーテに行ったら「ゴーゴーカレー監修 カレーまぜめんの素」なんて見慣れない商品を発見したのだ! ゴ……ゴーゴーカレーのまぜめんだと……!!

・冬に発売

「ゴーゴーカレー監修 カレーまぜめんの素」は寿がきや から販売されていてゴーゴーカレー監修の商品だ。さらに調べてみたところ、どうやら2020年2月から売られているらしい。あまり見かけないことを考えると、どうしてもカレーの波に押されて商品棚のスペースがない……のかもしれない。

それはおいといて、値段は税抜198円(標準小売価格は220円)で中には1人前2袋(1回分使い切り)が入っていた。麺などを揃える必要があるものの、単品だとレトルトのゴーゴーカレーよりも安く買うことができる。

ちなみに食べ方は超簡単でうどんと混ぜ合わせるだけ。あとは好みに応じて、千切りキャベツやゆで玉子、トンカツなどを添えてアレンジするといいとのことだが、ゴーゴーカレーだけに千切りキャベツはマストだろう。それでは実食!

・ゴーゴースタイルで実食

封を切ると、そこはかとなく海外のカレーのような香りが漂ってきた。あれっ、ゴーゴーカレーってこんな感じだったかなと思うような、ちょっと意外な方面から攻めてきたような気もしたが、とりあえず盛り付けてみる。すると……!!

そこはかとなくゴーゴーイズムを感じる見た目になった! しかし、ゴールはここじゃない。やはり千切りキャベツにマヨをぶち込んでこそゴーゴーカレーだろう。ということで気持ち多めにマヨ投入!!

すると……

これぞ……

ゴーゴーカレー的な見た目に!

今回、イチから作ることなく冷食など、ほぼ出来上がっているものを使用したが、かかった時間は全部で10分ほど。これならば1人暮らしの人でも簡単に作れる上に、ゴーゴーカレーらしさも味わえるワンランク上の食事となりそうだ。あとはウマいかどうか!

・再現度は?

ゴーゴーカレーの特徴といえば、なんといっても濃厚でドロッとした黒いルウ。そしてなんでもまぜめんの素は金沢カレーの特徴である濃厚なルウをイメージし、煮込んだ野菜の甘さとウスターソースを合わせているそうだが……

まぜめんの素は最初こそドロッとしているも、混ぜてしまえばトロリとした感じ。黒い見た目こそゴーゴーカレーらしいが、あくまでまぜめん仕様なのかもしれない。とはいえ、ほんのりゴーゴーカレーの味がするあたりヒジョーによい。辛さは控えめで誰にでも食べやすいように作られていた。

特に良かったのはまぜめんとマヨネーズとの境界線で、ちょっとしたギルティさを感じるあたりはゴーゴーカレーそのもの。キャベツと同時にガッツいて食べるスタイルの人は、ゴーゴーイズムがきっちり継承されていると思うのではないだろうか。

なお、まぜめんの素はうどんだけでなく、素麺、中華麺、パスタなどでもOKらしい。素麺はあまり想像できないが、他の麺でも確かに合いそうな気はする。ゴーゴーカレーの麺を食べたかった人は一度試してみてはいかがだろう。

参考リンク:寿がきや「ゴーゴーカレー監修 カレーまぜめんの素」
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【優勝】ミニストップ『ゴーゴーロースカツサンド』が最強すぎてずっと食べてたいので「いつまで売ってるのか」聞いてみた結果…

手軽に食べられるサンドイッチは時間がない時の強い味方。ただ、私(中澤)はいつも具を選ぶのに時間がかかってしまう。ガッツリしたカツサンドも食べたいけど卵サンドも捨てがたい。かと言って両方は多すぎるし、バラエティーパックみたいなのはボリュームが物足りない……。

なかなか納得できるバランスのサンドイッチが少ないのが実情だ。しかし、この度見つけた見つけてしまった! ミニストップで最強のサンドイッチを!!

・こんなサンドイッチ欲しかった

時は昨日2020年8月25日の深夜にさかのぼる。夕飯を食べていなかった私は近所のミニストップに出かけた。お腹は空いているが、ガッツリいけない時間帯である。そこでサンドイッチ1つを購入することにしたわけだ。

とは言え、こういうタイミングこそサンドイッチ選びは難航するもの。最初は卵サンドと決めていたのだが、実物を目にするとカツもちょっと食べたい。そんな時、目に飛び込んできたのが「ゴーゴーロースカツサンド(税抜き328円)」という商品

カツサンドと卵サンドのセットだと!?

しかも、カツは分厚いし卵サンドは輪切りのちょっとエエやつや

ピンポイントでストライクを取ってきた!! その精度は『おおきく振りかぶって』の三橋君なみではないか。キャッチャーミットにボールが吸い込まれるように即買い。税抜き328円という価格も内容に比べると安いと思う。

・ミニストップとゴーゴーカレーのコラボ商品

そこで調べてみたところ、どうやらこれはゴーゴーカレー監修のミニストップ新商品ラインナップの1つのようだ。リリース情報によると、“コンビニで食べられるゴーゴーカレー” をテーマにミニストップの各商品担当者がゴーゴーカレーを表現したラインナップとのこと。さっそくカツサンドを食べてみたところ……

ブリンッ

──! 噛んだ瞬間、肉が裂ける食感が伝わってくる!! さらに、ゴーゴーカレーの濃厚かつコク深いカレーソースの味もして肉々しいだけではない華やかさだ。ガツンと来るツーシームストレートである

もちろん、卵サンドにもカレーソースが入っているのだが、これも激ウマ。というか、組み合わせの妙で言うとこちらの方が上かもしれない

まろやかさの中からゴーゴーカレー味がどんどん花開き広がっていくのだ。その全てを受け止める懐の深い味は、見事速球系ピッチャーであるゴーゴーロースカツサンドの女房役をこなしている。

セットの内容といい、味といい、このサンドイッチは名バッテリーだ。これが税抜き328円って最強だろ。コンビニサンドイッチ甲子園優勝である

・展開期間

願わくばこのバッテリーをずっと見続けていたい。しかし、本商品は前述した通り、ゴーゴーカレーとミニストップのコラボだ。いつか展開が終了してしまうのだろうか? そこでミニストップに問い合わせてみたところ……

ミニストップ「9月8日に『ゴーゴーカレー監修』の第2弾が発売されるんですが、その頃はまだあります。商品によって期間がちょっと違うんですが、おおむね1カ月というところですかね」

──ゴーゴーロースカツサンドはいつまでですか

ミニストップ「こちらの商品は5週ですね」

──5週と言うと、8月25日発売なので9月21日までですね

ミニストップ「はい。ただ、それはデータ上のことで、ミニストップでは毎週新商品が出るので、よほど売れている商品でなければ新商品の入荷の方が多くなります。そのため、発売から時間が経つと店が入荷しないケースも出てきます。大体2~3週目までは入荷はされているかと思いますが」

──とのこと。なお、第2弾のラインナップは「ゴーゴードライカレー(税抜き420円)」「ゴーゴーカレーうどん(税抜き550円)」「ゴーゴーカレーチキンカツ(税抜き350円)」「ゴーゴーカレーパン(税抜き148円)」の4つで、こちらもおおむね1カ月の展開予定。

正直、「ゴーゴーロースカツサンド」はレギュラー商品にして欲しい。そう思っている私としては、やはり期間限定だったことは非常に残念だが、少なくともあと2~3週間は味わえそうだ。取り扱い期間伸びるくらい買いたい。

参照元:ミニストップ
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

ゴーゴーカレーが事業継承したインドカレーの店「ホットハウス」 東京・秋葉原にオープン! ラッシーのウマさに感動した!!

「金沢カレーの火付け役」を自称するカレー専門店『ゴーゴーカレー』は、同じく金沢の老舗インドカレーのお店『ホットハウス』の事業を2017年に継承した。2018年12月に横浜に関東1号店を出店し、2019年8月18日には秋葉原に東京1号店をオープンしている。

ゴーゴーカレーが事業継承したお店は、一体どんなカレーを提供しているのだろうか? やっぱり店内では、1度聞いたら忘れられない「ゴーゴーカレー♪ ゴーゴーカレー♪」が無限ループしているのだろうか? 気になったので行ってみたところ、ラッシーの美味しさに衝撃を受けた!

・分かりにくい場所

お店はJR秋葉原駅から徒歩約5分。「HULIC & NEW AKIHABARA」ビルの5階にある。路面店ではないので、ちょっとわかりづらい場所にある。

私(佐藤)が訪問したのは、開店2日目。まだお店の認知が低いためか、12時頃に入店すると客は私しかいなかった。ちなみに、しばらくの間(2019年8月19日現在)は閉店時間を1時間繰り上げて、21時までの営業とのことだ。

・メニューは全然違う

店内にはあのハイテンション音楽は流れていない。店の造りもゴーゴーカレーとは違い、本格インド料理を提供する、落ち着いた佇まいだ。同じ金沢発祥のカレーを提供するとはいえ、完全に別事業の別のお店である。メニューを見ると、ゴーゴーカレーやカツカレーはない。

看板メニューは秘伝のチキンテッカ、そして究極のマサラカレーである。

チキンテッカは、ハーフサイズ(3ピース:880円)もあったが、欲張ってレギュラーサイズ(6ピース:1580円)を注文。それに、究極のマサラチキンカレー(1280円)。ナンをチーズナンに変更(+200円)。さらにオリジナルラッシー(480円)を注文した。調子に乗って頼み過ぎたと、後になってから気づいた……。

・秘伝のチキンテッカ

先に出てきたのはチキンテッカ。アツアツの鉄板で、見るからにスパイスの効いたチキンだ。芳しい香りがやたらと食欲をそそる。

1ピース食べてみると、これが驚くほど柔らかい! 自家製ヨーグルトにつけ込んでいるとのことで、肉はジューシーでとっても柔らか。程よく辛く、思わずビールを飲みたくなってしまう。ホットハウス1番の人気に納得。

・究極のマサラチキンカレー

続いてチーズナンとマサラチキンカレー。

じっくりと煮込まれたカレーには、チキンがゴロリ。食べてみると、最初の口当たりは野菜の甘さが効いている。と思ったら、ジワリジワリとスパイスの辛味が口に広がっていく。おお! カレーだけを食べると結構辛いかも。

千切ったチーズナンをカレーに浸して口に放り込む。ナンの甘さとスパイスの辛さが調和して、いくらでも食えそうな気がするぞ! どこかにゴーゴーカレー感があることを少し期待していたのだが、店に入って料理を味わうとどこにもない! ここはホットハウスだ!!

・1番気に入ったのはラッシー

カレーの美味しさもさることながら、私が1番気に入ったのはラッシーだ。

どこのインド料理のお店に行っても、ラッシーは大抵置いてある。それほど珍しい飲み物ではないのだが、ここのラッシーは酸っぱさと甘さのバランスがとても良い。大げさだが、こんなにウマいラッシーを今まで飲んだことがない。できれば、これだけをテイクアウトで買って帰りたいくらいである。

刺激的なカレーと滋味深いラッシー。きっとそのほかにも美味しいメニュ-がいろいろあるに違いない。早くゴーゴーカレーばりに店舗が拡大することに期待したい。

・今回訪問した店舗の情報

店名 ホットハウス 秋葉原本店
住所 東京都千代田区外神田4-4-2 HULIC& New AKIHABARA 5F
営業時間 11:00〜15:00 17:00〜22:00 土日11:00〜22:00(オープンからしばらくは21:00まで)

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

ゴーゴーカレーがパンになってる! 地域限定販売の「カレーチーズ デニッシュ」を食べてみた!!

男は黙ってカツカレー。濃厚でドロッとした黒いルーが特徴のゴーゴーカレーは、どちらかといえば “野郎” が好むカレーだろう。ルーの上にカツ、さらにその上にはソースがかかっており、千切りのキャベツにマヨネーズをぶちこむ……とことん男らしいスタイルは今さら説明するまでもない。ココイチが柔ならゴーゴーカレーは剛だ。

どこか癖になる味がたまらないが、そのゴーゴーカレーが新たなステージに一歩踏み出していたのでお伝えしておかねばなるまい。そう、スーパーのパンコーナーを見回りしていると、ゴーゴーカレー監修のパン「カレーチーズ デニッシュ」が売っていたのである。これは試してみるしか選択肢がない! ゴーゴー!!

・お手頃価格の地区限定商品

と勢いのまま買ってみたはいいものの、いつから売っていたのだろうか。気になったので調べてみたところ、2019年7月1日から関東・中部・関西・四国地区限定で販売開始していた。

値段は98円と安めの設定。本家のカレーが値上げしてハードルが上がった分、パンの方は気軽に味わうことができる。ちなみに同商品は第一パンとコラボしており、金沢カレー協会が認定しているとのことだ。

・開封の儀

さて、開封する前に袋を見ると「ブラックカレーフィリングにチーズを入れてデニッシュ生地で包み、チーズをトッピングしました」と書いてある。チーズを2発ぶちこむあたり、さすがゴーゴーカレー。期待を裏切らない男らしさだ。中身を取り出すと……

デニッシュ生地のパンがコンチャース! どこにでもあるような外見だが、勝負の分かれ道はここからだろう。何しろ、パカッと割ればゴーゴーカレーのDNAが入っているのである。ひとまずナイフでズバンと切ってみる。いでよっ、ゴーゴーカレー!

ウホッ……!!

ちょっと中身が寂しいかなぁ(´・ω・`)

確かに黒いルーはゴーゴーカレーを彷彿(ほうふつ)とさせるし、パンを食べたら “らしい” 味もする。個人的にカレーパンとしてアリ。しかしながら、空洞がなんというかこう……男らしくギッシリ詰めて欲しかったというのも本音だ。うーん、デニッシュ生地でカレーを詰め込むのは想像以上に難しいのだろうか。

・ホテルの朝食でも食べられる

何はともあれ、値段を考えたら安いことに変わりない。地域限定なので全国のゴーゴーカレーファンが食べるのは難しいが、運良く見つけたら手にとってみるといいだろう。なにせ98円である。

ちなみにゴーゴーカレーの監修しているパンには、ノーマルの「カレーパン」もある。こちらは見当たらなかったので、ファンが爆買いしたのかもしれない。あとR&Bホテルチェーンでは、2019年8月1日より無料朝食で焼き立てのゴーゴーカレーパンが食べられる。全国のR&Bチェーン全店舗、全ての宿泊者が楽しめるとのことなので泊まったファンはマストだ。

参考リンク:ゴーゴーカレー監修 カレーパンPR TIMES
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24