【新メニュー】サイゼリヤに『冷製パスタ』が初登場! マニアも絶賛「シェフを呼んでくれ!!」

後に「2020年8月5日」は、サイゼリヤにとって伝説的な1日になるかもしれない。というのも、ウマすぎるのだ。8月5日から一部の店舗限定で販売を開始した2種類の『冷製パスタ』が、どちらも狂おしいほど激ウマなのである。

ミラノ風ドリア、辛味チキン、小エビのサラダ……などなど、サイゼリヤのメニューはどれも基本的にウマい。……が、今回の冷製パスタはそんなレベルじゃねえ! サイゼリヤマニアが「シェフを呼んでくれ!!」と言い出しかねない、超・圧・倒・的なウマさなのだ。

・サイゼリヤ初の冷製パスタ

2020年8月5日からサイゼリヤが東京・千葉・兵庫の一部の店舗で販売を開始した冷製パスタ。ちょっとサイゼリヤに詳しい人ならばお気付きかもしれないが、同店では史上初の「冷製パスタ」となっている(サイゼリヤに確認済み)。

具体的には「パルマ産生ハムとルーコラの冷製パスタ」と「カプレーゼ風冷製パスタ」の2種類で、どちらも価格は税込500円。大盛りはパスタとソースが倍で税込700円だ。

・感動的なウマさ

結論から申し上げよう。どちらの冷製パスタもサイゼリヤ史に残る絶品であり、これが500円で食べられるだなんて、単なる奇跡でしかない。青山あたりのお洒落カフェで食べたら1500円くらいはしても不思議ではなく、そういう意味でコスパも間違いなく最強だ。

だがしかし、記者がどれだけ「激ウマ!」「コスパ最強!!」と申し上げたところで、しょせん味覚は個人的な主観でしかない。どうにかこの感動を裏付けできないか……! そんな悩める記者に声を掛けてきたのが、自称・サイゼリヤを愛し、サイゼリヤに愛された男「サイゼリヤン篠宮」である。

・サイゼリヤン登場

そうか……! サイゼリヤのマニア “サイゼリヤン” がその味を認めるならば、少しは説得力も増すハズ。記者は迷うことなく篠宮に冷製パスタの実食を懇願した。サイゼリヤン篠宮は快くOK! ……と言いたいところだが、何やらややキレているらしい

「こんなことを言うのは心苦しいのですが、超1流のサイゼリヤンとしては冷製パスタには懐疑的です。もちろん、これまでサイゼリヤが冷製パスタに手を出していないことは知っていました。そして、それこそがサイゼリヤを信用できる理由なのです。

他のファミレスと比較した場合、サイゼリヤは極端に新メニューが少ないですよね? それでいいんです。得意分野を徹底的に深掘りしていく姿勢こそがサイゼリヤの強みなのですから。冷製パスタは単にパスタを冷やせばいいワケではありません。果たしてサイゼリヤの良さが活きるメニューなのでしょうか?

……何にキレているのかよくわからなかったが、篠宮がサイゼリヤを愛していることだけはよく伝わってきた。逆に言えば、少々ネガティブな篠宮が認めるならば「冷製パスタは本物」と言えるに違いない。果たして冷製パスタは、サイゼリヤン篠宮さえも認めさせることが出来るのだろうか?

・サイゼリヤンの感想

個人的に2種類の冷製パスタは、どちらの方がウマいということはなく、まさに甲乙つけがたいクオリティだ。「パルマ産生ハムとルーコラの冷製パスタ」は、程よい酸味と生ハムの塩分が絶妙な逸品で、ふわりと香るペコリーノ・ロマーノ(削りチーズ)も最高のアクセントになっている。

一方の「カプレーゼ風冷製パスタ」は、濃厚なモッツァレラチーズと鮮烈なバジルソースが印象的な一皿で、どちらも方向性は違うものの同じくらいウマい。真面目な話、しばらくはサイゼリヤに出かけたら両方とも注文したいくらいのウマさなのだ。

さあ、怒れるサイゼリヤン篠宮は冷製パスタにどんなジャッジをくだすのか……! どちらのパスタともに香りなどをよくよくチェックした篠宮が、ついに冷製パスタを口に運んだ……!!

……。






にっこり♡

「これは……驚きましたね。言う通り、もしかしたらサイゼリヤ史に残る美味しさかもしれません。まさか初めての冷製パスタでここまでのコンディションに仕上げて来るとは……。正直、ここがイタリアなら僕は “シェフを呼んでくれ、挨拶したい” と言っているところです。改めてサイゼリヤが好きになりました」

・迷ったらどちらも頼め

ご覧いただいたように、サイゼリヤの冷製パスタは本気でウマい。残念なのは一部地域のみの販売のため、すべてのみなさんにご賞味いただけないことである。どの店舗で販売されているかについては、サイゼリヤの公式ホームページをご確認いただきたい。

というわけで、感動を禁じ得なかったサイゼリヤの冷製パスタ2種。「どちらにするか迷ったらどちらも頼め」そう言いたいほど圧倒的なウマさであった。幸運にも近所に販売店がある人は、ぜひ1度ご賞味いただきたい。きっとあなたもシェフを呼びたくなる──。

参考リンク:サイゼリヤ「節限定 『冷製パスタ』が新登場!」(PDF)
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【裏メニュー】サイゼリヤの「焼きナポリタン」がトリッキーすぎた / だが激しくウマい

当サイトではかねてからシリーズ「サイゼリヤの裏メニュー」をお届けしているが、そろそろ読者のみなさんも「アーリオ・オーリオ」のポテンシャルの高さに気付いてきた頃だろう。299円とは思えぬコスパの高さは、サイゼリヤでも最上位ランクに位置付けられるハズだ。

これまで「ディアボラ風スパゲティ」「サラダ風スパゲティ」「和風スパゲティ」をご紹介してきたが、今回は第4弾『焼きナポリタン』をお届けする。結論から申し上げると『焼きナポリタン』も激ウマ! ただし、これを焼きナポリタンと呼んでいいものなのかは疑問が残るところだ。

・サイゼリヤン篠宮プレゼンツ

今回もサイゼリヤの裏メニューを教えてくれたのは、サイゼリヤを愛し、サイゼリヤに愛された男 “サイゼリヤン篠宮” である。さすがにもうネタ切れかと思いきや、篠宮いわく「アーリオ・オーリオの可能性は惑星レベル」とのことである。言っていることがよくわからないが、とにかくまだネタはありそうだ。

さて、今回の裏メニューは『焼きナポリタン』である。単純に考えれば、鉄板でアーリオ・オーリオを焼くのかと思いきや、そうではないらしい。さらに言えば、ナポリタンに必要不可欠なケチャップ味をどうするのかも気になるところだ。

「これだから素人はイヤですね……。“焼き” と聞いただけで鉄板を連想するなんて、想像力が乏しいと言わざるを得ません。ケチャップについても同様です。サイゼリヤはもはや宇宙だという事実を忘れないようにしてくださいよ?」

サイゼリヤはもはや宇宙──。一瞬、名言っぽく聞こえてしまうところだが、冷静に考えるととんでもないカマシである。とはいえ『焼きナポリタン』の正体は非常に気になるので、篠宮と一緒に近所のサイゼリヤに出かけることにした。

・フリウ風フリコをオーダー

篠宮が注文したのは、ご存じアーリオ・オーリオ。そしてもう一品は「フリウリ風フリコ」だ。「フリウリ風フリコ」を簡単に説明しておくと、マッシュポテトにチーズをのせて焼いたメニューで、こちらも価格は299円。味わいもアーリオ・オーリオと同じく、非常にシンプルである。

アーリオ・オーリオとフリウリ風フリコ。どちらにもケチャップの気配はなく、さらに言えば “焼き” の要素も見当たらない。しかし、篠宮はアツアツの「フリウリ風フリコ」に、アーリオ・オーリオを迷うことなく突っ込むと、そのまま混ぜ始めたではないか。

「これが焼きじゃないですと? あなたの目は節穴ですか? フリコはオーブンで焼かれていますよね? つまり耐熱皿も焼かれているワケです。その耐熱皿にアーリオ・オーリオを入れたら……当然焼いていることになりませんか?」

・ケチャップ味は……

少々……いや、かなり強引な気もするが、焼きについてはいいだろう。だがしかし、ケチャップ味についてはどうするつもりなのか? そう告げると、ニヤリとした篠宮が取り出したのはまさしくケチャップ。ついに篠宮は掟を破り、調味料を店内に持ち込んでしまったのだろうか?

「失敬な。ケチャップは言えば店員さんがくれるんですよ。ほら、和風スパゲティのときにしょう油を持ってきてくれたでしょ? あれと同じです。テーブルに設置されていないだけで、サイゼリヤはまあまあ調味料が充実しているんです。ね、宇宙でしょ?」

ケチャップを投入し、さらに混ぜ続ける篠宮。いわく、ケチャップは2つがベストだが、濃いめの味付けにしたい人は3つ入れても良いそうだ。正直、見た目はそこまでお上品ではないが、食べてみてビックリ仰天! こ、これは……ウマい!!

・激ウマだった

最大の特徴は食感で、パスタに絡みついたマッシュポテトが “もっさり” とした口当たりを実現している。味わいはマイルドだが、食感はヘビー級。思えばナポリタンとポテトサラダの相性の良さは折り紙付きだから、アーリオ・オーリオとフリコが合わないハズがなかった。

個人的には「焼きナポリタンではない」と感じた次第だが、それでも激ウマであったことは素直に記しておきたい。特にあのもっさりとした食感は他に代わるものがないため、クセになる人も多いのではなかろうか。

とにもかくにも、またもアーリオ・オーリオを使った激ウマメニューが誕生してしまった。ここまで来ると篠宮の言う通り「サイゼリヤはもはや宇宙」なのかもしれない(適当)。

参考リンク:サイゼリヤ
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【裏メニュー】サイゼリヤの「ディアボラ風スパゲティ」が神ウマ! サイゼでこんなウマいもん食ったことねえ!!

まず始めに断言してしまおう。サイゼリヤに通い始めて約25年、私、P.K.サンジュンはいまだかつてこんなにウマいメニューを食べたことがない。「1位に躍り出た」なんて甘っちょろいものではなく、私の中で「圧倒的No.1」にその料理は輝いた。

その名は『ディアボラ風スパゲティ』──。メニューには載っていないので “裏メニュー” ということになるが、この記事を読んだらすぐにサイゼリヤへ直行して欲しい。そして試してみて欲しい。狂おしいほどの激ウマ……いや、もはや “神ウマ” な『ディアボラ風スパゲティ』を……!

・サイゼリヤン登場

この裏メニューを私に教えてくれたのは、当編集部所属の自称日本最高レベルのサイゼリヤラヴァー「サイゼリヤン篠宮」だ。サイゼリヤを愛し、サイゼリヤに愛された男と自負する篠宮が、突然私に「アーリオ・オーリオ」について力説してきたのだ。

アーリオ・オーリオとは、約1年前からサイゼリヤに登場しているパスタのことで、当然私も知っていた。なんと言っても価格は驚異の299円。具は無く、オリーブオイルと塩、ニンニクだけで味付けされた究極のシンプルパスタである。

とはいえ、メニュー表のアーリオ・オーリオを見ても「シンプル過ぎていまいち注文する気がしない」と私は思っていた。同じ299円ならば「ミラノ風ドリア」や「ペペロンチーノ」の方がそそられる人の方が多いのではなかろうか? そのことを篠宮に伝えると……。

「ウフフフ……。これだから素人は……。そうですか……。アーリオ・オーリオのポテンシャルに気付いていませんか……。ウフフフ……。いいでしょう……。サンジュンさん……。僕とサイゼリヤに行きましょう……。ウフフフ……」

篠宮は普段から感情の起伏が読めない男だ。だが心なしか、サイゼリヤトークだけはいつもより熱を帯びている……気がする。篠宮から誘われることも滅多にないので、ここはおとなしく篠宮と一緒にサイゼリヤに出かけることにした。

・アーリオ・オーリオだけを食べてみた

篠宮が注文したのは「アーリオ・オーリオ」と「トッピングディアボラ風ソース」である。少し前までディアボラはメニューに掲載されておらず、店員さんに直接言えば100円で注文できたが、現在ではメニューに載っている。ただし、ガーリックガルムソース付きで149円になっていた。

「ウフフフ……。そうなんですよ……。ディアボラが値上がりしちゃったんですよ……。それでもディアボラのクオリティを考えれば149円でも安いと思いますけどね……。ウフフフ……」

サイゼリヤを愛し、サイゼリヤに愛されていながらこの不気味さ。おそらく、篠宮が日本屈指の “ミステリアス系サイゼリヤン” であることは間違いないだろう。

それはどうでもいいとして、まずはさっそく「アーリオ・オーリオ」だけを食べてみることにした。その味わいはシンプルそのもので、決して悪くはない。というか、ウマい。毎日サイゼリヤで食事をするならば、1日くらいはアーリオ・オーリオを注文してもいい気がする。


ただし、ぶっちゃけ「物足りないな」と感じたこともまた事実。「飽きの来ない美味しさ」といえば聞こえはいいが、パンチ力の無さは否めない。そのことを篠宮に伝えると……。

「ウフフフ……。そうです……。それでいいんです……。ただ、まだアーリオ・オーリオの真の姿に気付いていないようですね……。それではアーリオ・オーリオにディアボラをのせてよく混ぜて食べてみてください……。ウフフフ……」

・衝撃のウマさ

おもむろにアーリオ・オーリオとディアボラを混ぜ始める篠宮。ポイントは「ディアボラが麺に絡むようによく混ぜること」とのことである。さっそく一口食べてみると……。

……。

…………。

………………!

うっまぁぁぁぁああああああああッッッ!!!!

なんだコレは……! さっきまでのシンプルなアーリオ・オーリオが、1ランク2ランク……いや、700ランクくらいレベルアップしてやがる!! ディアボラのウマさは十分に知っているつもりだったが、まさかこんなにウマいなんて……! ディアボラ風スパゲティ最高すぎるだろッ!!

特筆すべきはアーリオ・オーリオとディアボラ、どちらの良さも引き立っているということ。パンチがありつつ無限に食べられてしまいそうな飽きの来なさは、ちょっと他のメニューでは考えられない。マジのマジで、サイゼリヤ史上最高のウマさである!

「ウフフフ……。本来ディアボラは引き立てる側なんですが、アーリオ・オーリオと組み合わせることによって引き立てられる側になるんですね。ディアボラのポテンシャルを最大限に引き出す料理、それがディアボラ風スパゲティなんです。ウフフフ……」

・絶対に試して欲しい

これはスゴイ。本当にスゴイ。そして気付いた「アーリオ・オーリオはアレンジして食べるのが正解なのだ」と──。アーリオ・オーリオはシンプルだけに懐が広く、その可能性は無限大。もしかしたら今後、サイゼリヤの看板メニューは「ミラノ風ドリア」から「アーリオ・オーリオ」になるかもしれない。

とにもかくにも、体に電流が走るほど美味しかったディアボラ風スパゲティ。冒頭で約束した通り、今すぐサイゼリヤに駆け込んで欲しい。マ・ジ・で! いやいや、マ・ジ・で!! 最高にウマいからッ!!

参考リンク:サイゼリヤ
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24