【独占速報】つい先週末、参加者全員マサイ族のサッカー大会「マサイワールドカップ2019」が開催されたぞ! 優勝したのは… / マサイ通信:第320回

スパ! まだ出てないよね? 参加者全員マサイ族のサッカー大会「マサイワールドカップ2019」の大会結果、どこもまだ報じてないよね!? もしかして一番!? よっしゃ! 独占じゃん!! おまっとさんでした!

ということで今回は、マサイW杯2019の様子などを、駆け足でお伝えしたいと思っている。だって、うかうかしてたら、サッカーキングとかゲキサカとかスポーツナビとかに先を越されちまうだろ? とっとと行くぞ!

オレたちマサイ族が住むエリアには、4つのサッカーチームが存在する。もちろん全員マサイ族で、オレが所属しているのは「FCレミト(Remito)」だ。ちなみにオレのポジションはMF(ミッドフィルダー)な。

さて。つい先週末の土曜日、ついに4つのチームの頂点を決める大会、いわば「マサイワールドカップ2019」が開かれた。たんなる草サッカーではなく、名誉ある大会だ。だってだって、本当のワールドカップと同じく……

優勝チームにはトロフィーが用意されているぞ。

そして、どんなゲームだったのかはDAZN(ダゾーン)で動画が配信されていないので、

ゴー(羽鳥)の記事用インスタアカウントを参照してくれ。んで、優勝したのは、まさかまさかの……

「FCンチャキタ(nchakita)」だった!

おそらくみんなも「ンチャキタか〜っ!?」って思っただろ? オレは思った。だって、自分のチームが優勝すると信じていたから。でも、勝利の女神が微笑んだのはFCンチャキタだった。おめでとうンチャキタ! 次回は絶対オレたちFCレミトが優勝すっぞ。オ〜レ〜、オレオレオレ〜セリ!!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前の話へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

えっ、えっ、えっ!? 絶対に3回驚くゴールがJ2「ファジアーノ岡山 vs 京都サンガ」で生まれたと話題

えっ、えっ、えっ!? 誰もが絶対に3回驚くゴールがJ2で生まれたことをご存じだろうか。サッカーファンの間ではすでに話題となっているが、あまりにもスゴいのでお伝えしておかねばなるまい。

滅多にお目にかかれない珍ゴールが生まれたのは、2019年9月8日に行われたファジアーノ岡山 vs 京都サンガF.C.の試合でのこと。迎えた前半22分、中盤にいた上田康太選手から前線の仲間隼斗選手へアーリークロスが送られると……えっ、えっ、えっー!?

アーリークロスが相手ゴールキーパーとディフェンスの触れられない絶妙な位置へ来たことで生まれた今回のゴール。分かりやすいよう簡潔に文字で書くと……

仲間選手がドンピシャでヘディングシュート → キーパーと激しく交錯して倒れこむ(えっ)→ シュートはゴールポストを直撃(えっ)→ 跳ね返りが仲間選手の足に絶妙な角度で当たる → ゴール!!(えっー!?)

といった感じで、わずか5秒ほどの間にめまぐるしい展開を見せるのだ。交錯を心配したかと思えば、シュートはポストに阻まれてゴール……との流れは驚き、桃の木、山椒の木!! ピンポン球のように跳ね返って吸い込まれる光景は、もはや奇跡としか言えない。

その様子は、Jリーグ公式チャンネルがYouTubeに公開した動画「【公式】ゴール動画:仲間 隼斗(岡山)23分 ファジアーノ岡山vs京都サンガF.C. 明治安田生命J2リーグ 第31節 2019/9/8」で確認できるので、まだ見ていない人はチェックしてみよう。なお、ファジアーノ岡山は前半28分と後半47分に追加点を奪って3−0で勝利している。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし


Source: ロケットニュース24

サッカー界の王様「イブラヒモビッチ」に惚れ直す動画がこちら / 海外で流行中の「ボトルキャップチャレンジ」で神業披露

現在、海外で大流行している遊びが「ボトルキャップチャレンジ」だ。読んで字のごとく、ボトルのキャップを開けるチャレンジで、SNSでは「#BottleCapChallenge」というハッシュタグでバトン式のリレーとなっている。キャップを開けるなんてカンタン、カンタン!

……と思いきや、蹴りで開けることを求められるので、かなり難易度は高い。つい先日、俳優のケイン・コスギさんが「リポビタンDのキャップを空中回し蹴りで開ける離れ業」をやってのけて話題になったが、今度はサッカー界から王様「ズラタン・イブラヒモビッチ選手」が参戦している。

・イブラ様のボトルキャップチャレンジ

メジャーリーグサッカーのLAギャラクシーに所属しているイブラヒモビッチ選手(元スウェーデン代表)は、現在37歳。しかしながら、驚異的な身体能力は衰えを知らず。アメリカの地でもスゴすぎて笑うしかないビューティフルシュートをぶち込んでいる。

彼は足を高く上げてシュートするだけでなく、アクロバティックなゴールを決めることもしばしば。で、そのルーツはテコンドーにあるのだが、今回の「ボトルキャップチャレンジ」でもイブラヒモビッチ……いや、イブラ様は存分に華麗な足技を披露してくれた。

自身のインスタグラムに公開している動画を再生すると……差し出されたポットボトルに向けて蹴りを一閃! そこからは「神様! ズラタン様! イブラ様!」以外に言葉が出ない。

美しくキャップが外れたらニヤリと笑ってドヤ顔するまでがワンセット。「俺様」的なビッグマウスから彼に憧れる男性ファンは多いが、これは惚れ直すに違いない。また、動画の再生数はわずか30分で100万回オーバー。1時間後には240万回を記録している。さすがイブラ様!

・次はポグバ選手

ちなみにイブラ様は次のチャレンジャーにマンチェスター・ユナイテッド時代に同僚だった「ポール・ポグバ選手(フランス代表)」を指名している。ビッグネームのリレーだけに次は誰が指名されるのか。クリスティアーノ・ロナウド選手やメッシ選手がチャレンジする日も近いかも!

参照元:Instagram @iamzlatanibrahimovic
執筆:原田たかし


Source: ロケットニュース24

【サッカー】マサイ族の戦士「オレの好きなチームはアーセナルとリバプールで、好きな選手はロビン・ファン・ペルシとメスト・エジルだ」 マサイ通信:第264回

スパ! ルカだ。ライオンに1勝したこともあるマサイ族の戦士・ルカだ。ところでみんなは、サッカー好きか? オレは好きだ。大好きだ! ちなみにオレらは「サッカー」じゃなくて「フットボール」と呼んでいる。

そして、オレの好きなチームは、アーセナルとリバプールだ。どっちかというとアーセナルのほうが好きだ。なぜなら、プレイがファンタスティックだからだ。しかしながら、あんまりオレ、プレイを見たことはない。

プレイを観るにはテレビが必要。しかしオレらの村にはテレビがねえ。それ以前に電気がねえ。なので、プレイを観るにはキマナの町のカフェとか、テレビのあるところまで行く必要があるんだが、いかんせん遠い。

しかしながら、オレにはスマホがある。やろうと思えば、スマホでもプレイは観れる……が! 高いだろ。パケ代。そんなのむりむり。絶対むり。

なので、ニュースサイトで試合レポとかを観て楽しむ……って感じだな。いわば活字サッカーだな。ちなみに、よく見るサイトは「TUKO news」だ。基本無料だけど、有料のところもあるので、非常にツライ。

もひとつちなみに、オレの好きなサッカー選手は「ロビン・ファン・ペルシ」さんと、「メスト・エジル」さんだ。知ってるかな? ファンタスティックなプレイが魅力なんだ。応援しているよ! では、オレセリ!!

参考リンク:TUKO news(英語)
Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前の話へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24