北欧の椅子専門店「サボファニチャー」で聞いた木材や座面選びの基本

椅子をオーダーするとき、木材の種類や仕上げ方、座面の種類や高さなどをどう決めればいいか、初心者には難しいですよね。北欧の椅子の専門店「サボファニチャー」で素材選びのポイントを教えてもらいました。

家具製作を学んだ店主が営む北欧の椅子の専門店

「サボファニチャー(Sabo Furniture)」は自由が丘駅から歩いて10分ほどのところにある小さなお店。

サボファニチャー店内

25平米ほどの店内には、デンマークの巨匠ハンス・J・ウェグナーの椅子を中心に、美しい北欧の椅子たちがならびます。

サボファニチャー店内

店主の小松義樹さんは北欧で家具製作を学んだ経験をお持ちの方。お店にならぶ椅子たちは、どれも小松さんの目で選び抜かれた椅子ばかりです。

CH25とチェスト

イージーチェア(CH25)と小松さん作のチェスト

商品の傍らには、小松さんが製作した自作の家具もさりげなく置かれています。北欧の椅子というとデザインばかりが注目されがちですが、家具づくりに精通した小松さんは材質や構造についても豊富な知識をお持ちなのが頼もしいのです。

サボファニチャー店内

「サボファニチャー」では、木材や座面をひとつひとつ選んでオーダーします。自分だけの一脚を選ぶための基礎知識を小松さんに聞きました。

北欧でポピュラーなのはビーチ材とオーク材

ひとことで「木」といってもいろいろな種類がありますね。「北欧の椅子でもっとも一般的なのはビーチ材とオーク材ですね。ビーチは日本語でいうとブナ、オークはナラ。どちらもデンマークで伐採された木材になります」

ビーチ材(ソープ仕上げ)

ビーチ材(ソープ仕上げ)

「ビーチ材はもっともポピュラーな木材で、木目もシンプルで美しいです。比較的安価なので、あまり木材にこだわりがないのであればビーチ材を選ぶのがいいかもしれませんね」

オーク材(ソープ仕上げ)

オーク材(ソープ仕上げ)

「オーク材は木目が粗くて、いちばん硬い木材です。長く使いたいとか、傷をつけたくない方はオーク材がいいと思います」どちらも明るい色合いで、いかにも北欧といった雰囲気を感じさせます。

「ビーチ材やオーク材にくらべて、チェリー材やウォールナット材は、いわゆる高級材と言われています。たとえば、うちに展示してあるYチェアはチェリー材です」

Yチェア

CH24(仕様:チェリー材、オイル仕上げ、ナチュラルペーパーコード)

北米で採れる木材なのでデンマークの木材よりも価格が高くなるのだそうです。

チェリー材(オイル仕上げ)

チェリー材(オイル仕上げ)

赤みを帯びた色合いが印象的ですが、木材の色選びもなかなか悩ましいですね。

「フローリングの色に近い色でそろえたり、ダイニングテーブルと同じ木材を選んで合わせるといいですよ。逆に、フローリングやダイニングテーブルとちがう色の木材をあえて選んで椅子の存在感を強調するという考え方もあります」

座面は将来的に張替えることもできますが、フレームの木材は替えがきかないので、本当に気に入った木材で注文しましょう。

あっさり白のソープ仕上げか、深みの出るオイル仕上げか

木材と切り離せないのが表面の仕上げです。北欧の椅子には「ソープ仕上げ」という聞きなれない仕上げ方があります。

ソープ仕上げ(オーク材)

ソープ仕上げ(オーク材)

「北欧では昔から使われている仕上げ方で、ヨーロッパの中でも北欧だけかもしれないですね。ソープを塗り込んでいるぶん若干色が白くなります。塗膜はすごく薄いので手触りで木材を感じていただけます」

次に紹介するオイルにくらべて安価なので、のちのち自分でオイルを塗る方もいるとか。オイル仕上げのほうはというと…

オイル仕上げ(オーク材)

オイル仕上げ(オーク材)

「ソープにくらべて塗膜が厚いので汚れや傷がつきにくく、目立ちづらいです。オイルで塗装すると加工したての木材よりも色が濃くなりますし、使っていくうちに色に深みが出て、味わいが出てきます」

安価な家具では、厚い塗膜がバッチリついてるものも見かけますよね。

「うちの椅子でもラッカー塗装は選べるんです。透明のクリア塗装で、人工的な固い塗膜がつきます。ただ、ウェグナーの椅子を購入される方は、経年変化も楽しみながら椅子を育てていく方が多いので、今のところうちのお店でラッカー塗装を注文された方はいらっしゃらないですね」

北欧の椅子は耐久性も折り紙付きですので、何十年もかけて木材の変化を楽しんでいけるのも魅力なのです。

ペーパーコード、ファブリック、レザー…座面の種類もいろいろ

座面の種類もいろいろあります。

座面3種

奥:ファブリック/手前左:レザー/手前右:ペーパーコード

ペーパーコードで編んである座面は物珍しい印象を受けますが、小松さんによれば「北欧では昔から椅子の座面に使われている素材」なんだそうです。

「Yチェアの人気もあって、他のメーカーでもペーパーコードの座面の椅子を見かけるようになりましたね」

PP68ペーパーコード座面

ペーパーコード

「適度なクッション性もあって座り心地も悪くないのですが、長時間お座りになるなら張地にウレタンのクッションが入っているほうがいいかもしれません」

PP58ファブリック座面

ファブリック

座面にファブリックを選ぶとなると、どんな生地を選ぶかも悩ましいです。お店には生地サンプルも用意されているので、展示品の椅子と合わせながら選びましょう。

ファブリックのサンプル

ほぼ同じかたちで座面のみが異なる椅子(PP58とPP68)をくらべてみるのも面白いですね。

PP68とPP58

写真左・PP68(仕様:オーク材、ソープ仕上げ、ナチュラルペーパーコード)、写真右・PP58(仕様:オーク材、オイル仕上げ、ファブリック座面)

レザーという選択肢もあります。

CH30レザー座面

CH30(仕様:オーク&ウォールナット材、オイル仕上げ、レザー座面)

これはアイボリーのレザーを張ったCH30という椅子。

アイボリーのレザー

アイボリーのレザー

やはりファブリックにはない独特の質感が魅力です。ただ、白系だと汚れが目立ちそうで心配な気がするんですが…

「レザーは経年変化を楽しむことができるんです。フチの部分やお尻のかたちに沿って色が変化していくのを好まれる方が多いですね」

なるほど、木材と同じく椅子を育てていく楽しみですね。汚れや経年変化をあまり見せたくなければ黒のレザーを選ぶといいそうです。

レザーのサンプル

こちらもサンプルで色合いや質感が確認できます。

自分の身長や体型に合った座面高を選ぶことが大切

北欧の椅子が自分の体型に合うか、心配な方もいると思います。

「デンマークで販売されている一般的なサイズ(EUサイズ)とは別に日本サイズ(JPサイズ)というのがあって、座面が2センチ低いんです。女性は日本サイズのほうが座りやすいと思いますね」

CH33に座ったところ

これは身長168センチのアサクラがEUサイズに座ったところ。いちおう足がつきましたが、もう少し身長が低い人はかかとが浮いてしまうかも。

「特にペーパーコードの椅子は注意が必要です。コードを張るという構造上、前身頃に硬い無垢の木が入ってるんです」

「Yチェア」の前身頃

「足の裏がつかないまま座っていると、この木で膝の裏が圧迫されて足が痺れてしまうことがあります。ペーパーコードの椅子を選ぶなら、よりシビアに座面の高さを考えたほうがいいかもしれないですね」

北欧の椅子かどうかにかかわらず、座面高って大事なんですね。「なるべくご自身の身長や体型に合った座面高の椅子を買うことは、うちのお店ではいちばん初めに説明している重要なことなんです」

サボファニチャー店内

今回ご紹介したポイントは基本の基本。

紙幅の都合で紹介できなかった素材や仕上げもありますし、購入後のメンテナンスなど、まだまだ大事なポイントもたくさんあります。ご興味ある方はぜひお店で実際に椅子を試しながら小松さんにいろいろと質問してみてください。

【サボファニチャー(Sabo Furniture)】
東京都目黒区緑が丘2-6-13
営業時間:11:00~19:00 定休日:水曜
電話番号:03-3725-0886

Source: 日刊住まい

家具職人がオーナー。北欧の椅子専門店「サボファニチャー」ってこんなお店

日本でも定番となった北欧インテリア。とりわけ名作と呼ばれる椅子の数々は有名です。北欧の椅子専門店「サボファニチャー」で「初めての一脚をどう選んだらいいのか」聞いてみました。

巨匠ウェグナーの名作椅子の数々がならぶ店内

「サボファニチャー(Sabo Furniture)」は北欧の椅子を専門に扱うお店です。

サボファニチャー外観

店主の小松義樹さんは北欧で家具製作を学んだ経験を活かし、自分が本当に良いと思える椅子だけを取り扱いたいと2014年にこのお店をオープンさせました。わずか25平米の小さな店舗ですが、選び抜かれた美しい椅子がならびます。

サボファニチャー店内

インテリアの世界では定番の北欧デザインですが「気になるけれど自分には敷居が高いかも」という方もいるのではないでしょうか。かく言う僕も、初めて「サボファニチャー」を訪れたときは「北欧デザイン」について何も知りませんでした。

サボファニチャー店内

でも、そんなビギナーも心配ご無用。小松さんが穏やかな口調で基本から丁寧に説明してくれます。

Yチェア

CH24(仕様:チェリー材、オイル仕上げ、ナチュラルペーパーコード)

「初めてお店にいらっしゃった方には、まず「この椅子、ごぞんじですか?」とお声がけさせていただくことが多いですね」というのが「Yチェア」。背もたれを支える「Y」のデザインで、数ある北欧の椅子の中でも1、2を争う知名度を誇ります。

手がけたのは、生涯で500脚もの椅子をデザインしたというデンマークの巨匠、ハンス・J・ウェグナー。家具製作を学んだ小松さんがウェグナーの椅子にこだわるのにはわけがあります。

「家具づくりでは「どうやって耐久性を担保できるようなデザインをするか」がすごく重要です。ウェグナーは椅子の構造を知り尽くした人で、見た目だけではなくて座り心地や耐久性にもすごく重きを置いて椅子をデザインしています。だから、何十年も使い続けることができるんです」

ウェグナーのポートレートと「ザ・チェアー」

PP503(仕様:ヨーロピアンチェリー材、オイル仕上げ、レザー座面)

たしかに、ウェグナーの椅子からはシンプルでムダのない機能美を感じます。

とにかく座って試してくらべてみるのが大事

初心者はどうやって椅子を選んだらいいんですか?

「とりあえず座っていただくのがいちばん重要です。一脚一脚座り心地がちがうので、なるべく多くの椅子に座ってくらべていただいて、どれがいちばん自分の体にしっくりくるかを試してください」

店内に飾られた椅子

人気の「Yチェア」を目当てに来ても、他の椅子を選ぶ方もいらっしゃるとか。

「Yチェアは独特のデザインを気に入られる方が多いんです。でも、「背中の当たりが気になる場合には背もたれが幅広な椅子を選ぶといいですよ」とか、「長時間座る場合には張地の椅子のほうがお尻には優しいと感じるかもしれません」ということも説明するようにしています」

たとえば、インタビュー中に座らせていただいたこの椅子。

CH33に座ったところ

背もたれが背中に優しくフィットして、とてもいい座り心地でした。

CH33

CH33(仕様:オーク材、オイル仕上げ、レザー座面)

「CH33という椅子です。後ろ姿もきれいな椅子で、女性にも人気があります。長時間座るなら、やっぱりウレタンのクッションがおすすめです」サボファニチャーでは、どういった用途でどれくらいの時間座るのかを細かくヒアリングしてくれるので、遠慮せずにどんどん相談しましょう。

素材の組み合わせ次第で印象はガラリと変わる

木材や座面をどう組み合わせたらいいかもビギナーが迷うところ。展示品や素材サンプルを見ながらじっくり選びましょう。

PP68とPP58

左:PP68/右:PP58

「このPP68とPP58も、すごく人気がある椅子です。PP68がペーパーコード、PP58がウレタンクッションで、座面を支える木材の形状は異なりますが、背もたれなどのかたちは同じです。仕様によってガラリと印象が変わります」

こうやってくらべるとちがいがわかりやすいですね。

PP68

PP68(仕様:オーク材、ソープ仕上げ、ナチュラルペーパーコード)

「このPP68は色の薄い木材にペーパーコードを組み合わせて単色に仕上げました。「ザ・北欧」という感じですね」

PP58

PP58(仕様:オーク材、オイル仕上げ、ファブリック座面)

「個人的には座面と木材の色でコントラストをつけるのが好きです。張地にお店のカラーでもあるブリティッシュグリーンを選んでみました」

木材と生地の組み合わせを考えるのも楽しいですね。

「最近は「北欧=明るい木材」という印象をお持ちの方も多いです。たとえばこの「タンバリンハリンダル」という張り地と組み合わせたりすると、モダンで女性らしい椅子になりますよ」

PP58

写真提供:サボファニチャー

生地が変わっただけで、このちがい。小松さんによれば、北欧の椅子だからといって必ずしも北欧のインテリアにこだわる必要はないそうです。

CH88

CH88(仕様:スモークオーク材、オイル仕上げ、ブラックフレーム、ファブリック座面)

このCH88は「ブルックリンスタイルを意識してオーダーした」んだそうです。黒く塗装されたフレームと濃い色の背もたれの組み合わせにブルックリンテイストを感じます。

「北欧の家具は木材の使い方がうまいので和室にも合わせやすいですし、旅館に置いてあったりすることもありますよ。カスタム次第で、どんなお部屋のインテリアにも合わせられます」

僕が選んだ「サファリチェア」は税込みで約10万円!

実は、僕も最近「初めての北欧の椅子」を「サボファニチャー」で手に入れました。ウェグナーよりも一世代前のデザイナー、コーア・クリントによる「サファリチェア」です。

サファリチェア

KK47000(仕様:スモークオーク材、オイル仕上げ、キャンバス)

名前のとおり、もともと屋外で使われることを想定して作られ、分解して運ぶことも可能だという個性的なデザインが、初めてお店を訪れたときから気になっていました。

お値段が「13,1000円」ということで購入に踏み出せないでいたのですが、メーカーの仕様変更に伴い展示品が30%オフのセール価格になったことに背中を押され、妻と相談して思い切って購入しました。

サファリチェア展示価格

税込みだと「100,100円」。キャッシュレス決済による5%還元を含めると95,000円強でしたが、高価な買い物にはちがいありません。北欧の人たちって、こんなふうに家具にお金をかけるのが当たり前なの?なんて素朴な疑問も湧いてきます。

スマホより椅子に10万かけるほうがトク?

小松さんによると、デンマークでは物価は日本の倍くらいなので、10万円の椅子でも半額くらいに感じるのではないか、とのこと。

当然、人件費も高いのでそのぶん椅子の価格も高くなり「日本で作られて日本で売られている家具よりも、どうしても高くなってしまう」んだそうです。人件費の安いアジアで量産された家具と比較すると言わずもがなですね。

サボファニチャー店内

「でも、北欧の椅子がべらぼうに高いとは思わないんです。携帯電話とかいわゆるガジェットと言われるものって、新しいモデルに買い替えると10万円くらいかかりますけど、2年から3年でまた買い替えなければならないですよね。どんなにもっても5年くらいがマックスです。でも、ウェグナーの椅子は何十年経ってもずっと使い続けることができます。はたしてどっちが出す金額に見合ってるのかって思うんです。あくまで個人的な意見ですけどね」

言われてみると、妻が最近買い替えたスマホはサファリチェアよりも高価でした。

スマホとサファリチェア

う~む。今やスマホは僕たちの生活に欠かせないものではありますが、椅子だって毎日座る生活の一部。同じくらいの予算をかけてもおかしくないし、一生ものの椅子が手に入るなら得とすら言えるのかもしれません。

僕もせっかく手に入れた「サファリチェア」を大切にしていきたいと思います。

サボファニチャー店内

みなさんもサボファニチャーで一生ものの一脚を探してみてはいかがでしょうか。

【サボファニチャー(Sabo Furniture)】
東京都目黒区緑が丘2-6-13
営業時間:11:00~19:00 定休日:水曜
電話番号:03-3725-0886

Source: 日刊住まい