【閲覧注意】誰も知らない『サマーウォーズ』の秘密 / プロレスマニアに聞いた「陣内理一は何者か?」「遺影の表情が変わる理由」がヤバイ

夏が待ち遠しいこの季節。2019年7月19日の金曜ロードショーに細田守監督の『サマーウォーズ』が登場だ。ネット上の仮想世界「OZ」の混乱が現実世界を飲み込み加速していくこの物語は、同時に人の絆を描くひと夏の青春ストーリー

私(中澤)は、見る度にじんわり胸が温かくなるのだが、1つだけどうしても気になってしまうことがある。それは「陣内理一(じんのうちりいち)は何者か?」ということだ

そこで、プロレスマニアに聞いてみたところ衝撃の正体が判明した! ネタバレを含む内容のため、『サマーウォーズ』を見たことがない人や今夜の放送を心待ちにしている人は閲覧注意!!

・陣内理一とは

武家の血筋の大家族・陣内家。物語はこの陣内家の人々を中心に進む。陣内家のまとめ役・陣内栄(じんのうち さかえ)をはじめ、アメリカ帰りでミステリアスな陣内侘助(じんのうちわびすけ)やヤンキー気質のおまわりさん陣内翔太など、ひとクセもふたクセもあるキャラのオンパレードだ。

そんな中、ひと際謎に包まれている人物が陣内理一である。陸上自衛隊に所属していることだけが明かされる理一。飄々としたキャラで登場当初は影が薄いのだが、物語の後半で自衛隊の通信車両を松本駐屯地から持ち出すというとても普通の隊員にはできないようなことをやってのける

そして、主人公の少年・小磯健二が「理一さんって自衛隊のどこ所属なんですか?」と聞いたところ、理一は笑みを浮かべながらこう答えるのだ。「ちょっと言えないとこ」と

ミステリアスを全面に出している侘助よりも、大人なミステリーを感じずにはいられない。一体、理一は何者なのか

・理一の正体

きっと視聴者の多くが気になることだろう。そこで、ロケットニュース24編集長のGO羽鳥(プロレスマニア)と先輩記者P.K.サンジュン(プロレスマニア)に聞いてみたところ……

GO羽鳥小原道由だ

──おはら……なんて

GO羽鳥「おはらみちよし……DA!」

──誰ですか?

P.K.サンジュン「小原道由は同世代の中で最も早くヤングライオン杯で優勝を決めた実力者です。ただ帰国後は王道コースではなく、反選手会同盟・TEAM2000・犬軍団と、ヒールとしてレスラー人生を送りました。

国士舘大学柔道部出身の小原は “小原最強説” “道場最強説” が噂されていましたが、残念ながら2度出場したPRIDEでは思ったような結果を出すことは出来ませんでした」

──小原道由がどんな人かは分かったんですが、なぜ理一が小原なんでしょうか

GO羽鳥「それについて知るためには物語の背景に目を向ける必要がある」

──と言いますと?

GO羽鳥「まず、『サマーウォーズ』は、OZを乗っ取った謎の人工知能・ラブマシーンとの闘いの物語にして、大家族の絆を描いたものだ。闘争と団体の絆……これはプロレスを描いたものに違いない。

次に、陣内家の家系図を見ると、ボスである陣内栄の下に、万理子、万助、万作の3人がいて、万作の子供は頼彦、邦彦、克彦の3兄弟。これが何を意味するか分かるか?」

──わかりません。

P.K.サンジュン「長州力がいなくなった後の新日本プロレスの縮図ですね。武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也の闘魂三銃士の下から、金本浩二、小島聡、天山の3人が成長してきました。

その証拠に、『サマーウォーズ』物語後半では陣内栄が死去し、家族が一つ成長する様子が描かれています。この符合は見逃せない

GO羽鳥「アメリカ留学して家族の中でも異端児のような存在の侘助は西村修だろうな

P.K.サンジュン「新日で “異端児” と言えば西村修! 長州力に猛反発したことも、藤波辰爾率いる “無我” に参加したことも異端児のフレーズがピッタリです。

そんな西村はアメリカで武者修行しており、「フロリダ州タンパでの海外生活がレスラー人生を変えた」と公言しています」

──まさに侘助ですね。

GO羽鳥「そうだ! そして、その時代、金本、小島、天山、西村の同期と言えば……」

GO羽鳥・P.K.サンジュン「小原道由!!」

──なるほど。王道の主役ではないのに最強説が唱えられる辺り、理一の雰囲気に通じるものがあるような気がしてきました。

・遺影の表情が変わる理由

GO羽鳥「し・か・も・だ。『サマーウォーズ』が、長州が抜けた時の新日を描いたものであるとするなら、ある1つの秘密が解き明かされる。エンディング後、原発に人工衛星が落ちる以上の衝撃の展開が待っているんだ……」

P.K.サンジュン「実は、長州は新日を抜けた後、2年くらいでまた新日に戻ってきます。これを『サマーウォーズ』に当てはめて考えると……」

GO羽鳥・P.K.サンジュン陣内栄はエンディング後に生き返っている!」

ラストシーンで栄の遺影が笑うのは戻って来ることを示唆しているんDAッ!!」

──マ、マジっすかァァァアアア! 理一が小原道由であるだけでなく、まさか物語中で死去する家族の長・陣内栄がエンディング後に生き返っていたなんて……!

後半ほとんど何を言ってるか分からなかったが、『サマーウォーズ』がプロレスマニアも熱くなる作品であることだけはビンビンに伝わってきた。今後もロケットニュース24編集部では、名作に隠された謎を追い続けていきたい。

執筆・イラスト:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「プロレスマニアに聞いてみた


Source: ロケットニュース24