【コスパいいコンビニ】最もお買い得な「サラダチキン」はどれ? ローソン、セブン、ファミマで比較した結果 → 予想外の混戦状態に! この2社でめちゃくちゃ迷う…

2013年にコンビニに登場したサラダチキンは、いまや完全に定番商品。サラダチキンを置いていないコンビニの方が少数派なくらいだ!

サラダチキンの原材料は鶏の胸肉と調味料と大変シンプルだ。そんなシンプルなサラダチキンでも店やブランドによってコストパフォーマンスが異なるのだろうか。気になったのでローソン、セブン、ファミマ3社のサラダチキンの「価格×量」のコスパを比較してみた!

・サラダチキンのコスパを比べたい

ということで購入したのは、ローソン、セブンイレブンのサラダチキン・プレーン味。そしてファミリーマート『淡路島藻塩の国産鶏サラダチキン』だ。現在、ファミマのサラダチキンには「プレーン」という展開はなかったため、最も近い「藻塩味」で比較することにした。


さてパッケージを見てみると3社とも内容量が記載されている。この数字を元に計算すればいいのではあるが、一応、実物の重さも計ってみたところ……

・ローソン『サラダチキン(プレーン)』の場合


価格:220円(税抜、以下同じ)
表示量:115g
実際の重さ:122g

カロリー:126kcal(100gあたり、以下同じ)

・セブンイレブン『サラダチキン(プレーン)糖質ゼロ』の場合


価格:198円
表示量:110g
実際の重さ:100g
カロリー:114kcal

・ファミリーマート『淡路島藻塩の国産鶏サラダチキン』の場合


価格:239円
表示量:110g
実際の重さ:106g
カロリー:111kcal

エッッッ!
えええええええええーッ!?
表示量と実際の重さ、結構違うんじゃない!?

表示量はあくまで目安であり、5g前後の多少のズレはあるだろうと思っていたが、セブンの10gも少ないにはちょっとガックリ……逆にローソンの120g超は好感がある!

そこで価格と量からコストパフォーマンスを比較すると

【表示量バージョン】

ローソン:1.91円 /g
セブン:1.80円 /g
ファミマ:2.17円 /g

【実際の重さバージョン】

ローソン:1.80円 /g
セブン:1.98円 /g
ファミマ:2.25円 /g

……となった。いずれの場合も、ファミマがお高めなことに変わりはないが、ローソンとセブンが微妙な結果。表示量を信じるならセブンがコスパ圧倒的でカロリーも高くなく、サラダチキンとしてニーズに合っていそうではある。

ああ、手にとった瞬間重さがわかるような能力があれば、このモヤモヤも一瞬で解決するのに!!

・味の違いはこれ!

さて、そんな3社サラダチキンの特徴をサックリまとめると

ローソン
「味がよく染み込みとても柔らか。ちぎってサラダにかけるならコレ」

セブン「燻製のような食感。肉の繊維がしっかりしており “肉食べてる” 感が強い」

ファミマ「2社の中間。プリッとしながらもそこそこの柔らかさあり」

といったところだ。特にセブンの特徴が際立っている。セブンはサラダチキンでも素材の食感や味を生かしていたのだった。

こちらもどうぞ★ → 『コスパいいコンビニ』シリーズ

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

たった45秒のはごろもフーズ『シーチキンチキン』のCMに私が感動してしまった理由

缶詰の王者・シーチキン。パンに合わせてもご飯に合わせてもイケて、おまけに酒のつまみにも最適。そんなはごろもフーズ『シーチキン』とプリマハム『サラダチキン』のコラボ商品が発売されていることをご存知だろうか。その名も『シーチキンチキン』である

2019年8月19日に発売された本商品。本日9月26日に、YouTubeチャンネルにてWEBCMが公開されている。たった45秒のこのCMにはニワトリとマグロしか出てこない。だがしかし、軽い気持ちで流し見していた私は思わず感動してしまった。凄い……。

・88周年記念製品

今年、共に創立88周年を迎えた「はごろもフーズ」と「プリマハム」。そのことを記念して発売されたのが『シーチキンチキン』だ。

WEBCMでは、マグロとニワトリの88年間におよぶ「チキン」の称号を賭けたバトルが描かれている。ちなみに、ニワトリ役の声優は神谷明さんでマグロ役は古川登志夫さん。共に、ひと声で誰か分かるレベルの声優界を代表する超大御所である。

・無駄遣い

しかし、動画を再生してみた時、私は愕然とした。おいおい正気かよ……!

超大御所の2人が、「コケー!」と「うおぉぉぉぉ!(マグロの声)」しか話さないのである。あまりの無駄遣いっぷりに困惑を隠せなかった。

このCMはこの2人である必要があるのか? そんな悔しさにも似た想いが全身を駆け巡る。っていうか、マグロ鳴かねえだろ。そこでふと気づいた。

・マグロになりきる古川登志夫

そうだ。マグロの鳴き声なんて知らない。本来なら声はいらないのだ。にもかかわらず、古川登志夫さんは声優として完璧にマグロになりきっている。その迫力たるや、瞬間的な最大速度は時速80キロに達するというマグロそのものではないか。

一方、神谷明さんもニワトリになりきっている。その凶兆を告げるような鳴き声はとても人間のものとは思えない。これは、マグロとニワトリの一騎打ちであると同時に声優2人の一騎打ちでもあるのだ

そんな壮絶なバトルに気づけば鳥肌が立っていた。いまだかつて、ここまでマグロとニワトリになりきった人達がいただろうか? プロの真髄を見た気分である。声優って凄い……。

参照元:シーチキンチキン
執筆:中澤星児


Source: ロケットニュース24

セブンの「サラダチキン」と「たまごサラダ」で作る『簡単ホットサンド』がめちゃくちゃ美味しい!

家で食べるのはもちろん、お弁当にしたりキャンプで作ったりと、幅広いシーンで楽しめるホットサンド。直火式のホットサンドメーカーで作ると美味しいが、今は電気式の物も増えてきたので、ますます簡単に作れるようになった。

そして、レシピも様々なものが考案されている。和風のテイストもあれば、お菓子をサンドするものまで。それらの多種多様なレシピの中で、1番いいのは「簡単に美味しく作れるもの」ではないだろうか? そんな思いから研究を重ねた私は、究極のレシピを編み出した

・セブンの商品だけで作れる

近くて便利なコンビニといえば、セブンイレブン。今から紹介するレシピは、このセブンイレブンで全ての材料が揃うのだ。スーパーに行くのは面倒くさいという人でも、セブンイレブンさえ近くにあれば、めちゃくちゃ美味しいホットサンドが作れてしまう。それでは、レシピの紹介へ入っていこう。

【材料(ホットサンド1つ分)】

・食パン 2枚
・サラダチキン スモーク 1 / 2パック
・たまごサラダ 1 / 2パック
・マヨネーズ 適量

・作り方

1. まずはサラダチキンの厚さを1 / 2にカットする。厚すぎると挟みにくいので注意しよう。

2. パンの上にサラダチキンをのせて、マヨネーズを適量かける。

3. その上から、たまごサラダを塗るように乗せていく。これも乗せすぎると挟みにくくなるので、1 / 2パックくらいがちょうど良い。

4. 今までのパンにもう1枚のパンを乗せる。この時に乗せる方のパンを凹ませておくと、具が潰れずにはみ出ださない。

5. ホットサンドメーカーにマヨネーズを塗る。こうすると油の代わりにもなるし、パンにも味がしっかりとつく。

6. あとは火加減に注意しつつ、様子を見て両面とも焼いていく。

完成〜 / / / /

・ただならぬ美味しさ

お洒落で美味しそうな見た目のホットサンド。まずは視覚から美味しさを刺激してくる。そして口へ運べば、とてもジューシー! サラダチキンにマヨネーズが加わって、肉の味わいがすごく増した。めちゃくちゃ美味しい。

その上、味わうごとにスモークの香りが広がっていく。さらにたまごサラダはマイルドな味で、ホットサンド全体を上品にまとめてくれた。ジャンクさがありつつも、安っぽさのない味。完璧だ……。

なお、私が以前にサラダチキンのみで作った時には、こんな美味しさは生まれなかった。今回のレシピで重要なのは、たまごサラダとマヨネーズ。それらが、サラダチキンにとんでもなくコクを与えていた。同時に、野暮ったくならず、食べていく程に味の深みが増す。まさに、止まらない美味さを作り出すのだ。

このホットサンド、自宅で作るのもいいが、キャンプやアウトドアの際にもオススメ。セブンイレブンがあれば材料は揃うし、ホットサンドで挟むだけという手軽さだから、作る場所を選ばない。是非一度お試しあれ!

参考リンク:セブンイレブン
Report:mai
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24