【マジかよ】スモークサーモンを再現した「こんにゃく」が売られていたので食べてみた! カロリーはサーモンの半分以下ッッ

今から約1年半前、スーパーで「漬けマグロを再現したこんにゃく」なるものを発見したので食べてみたという内容の記事を書いた。レバ刺し風のこんにゃくはそれなりに有名だが、マグロ風なんて見たことない……と思っていたら、今度は「スモークサーモン風のこんにゃく」を発見したぞ。どんだけあんねん!

サーモンで、しかもスモークだなんて、そんなのこんにゃくで再現できるのだろうか? パッケージには「オリーブ風味で食べる」などという謎の文面もあり、嫌な予感は増すばかり。しかし、見つけてしまったからには試す必要があるだろう。というわけで、実際に食べてみることにした!

・スモークサーモン風こんにゃく

今回発見したのは『オリーブ風味で食べるマンナンスモークサーモン』という商品で、お察しの通り漬けマグロと同じ販売元だ。値段も同様に税抜198円。調べてみると、どうやら数年前から存在しているらしい。

カロリーはマグロよりも低い30キロカロリーで、これはスモークサーモンの半分以下に当たるとのこと。まあ、サーモンの脂身を考えればそうなるよなという感じだが、果たしてどんな味なのか。さっそく袋から出して……。

中身をざるにあけ、

付属のオリーブ風味オイルと胡椒をかけたら……

完成である。

・サーモンっぽい

マグロの時もそうだったけど、見た目イケるやん! パッと見かなりサーモンに近い気がする。こんにゃく特有のツルリン質感が、上からかかっているオイルのおかげで上手い具合にごまかせているのだ。もちろんガン見すればただのこんにゃくなのだが、そこはまあ、お互い大人ですし。

で、さっそく口に入れてみると……ぬお! すんごいスモークの味!! 燻製のあの独特の香りがいっぱいに広がった。こんにゃく自体にも味が付いており、オイルと胡椒だけで十分おいしく食べられそうだ。

が……!

・難しい

これがサーモンかと聞かれれば、まあこんにゃくである。燻製の香りがする味付きこんにゃくとでも言おうか……。モノマネで例えるなら、ハリウッドザコシショウがやる田村正和くらいの雰囲気なのだ。だから、ここに本物を求めてはいけない。あくまでサーモンとは別物と考えるべきだろう。

埋められない食感の差。漬けマグロはまだツルンとしていてもOKな気がするが、さすがにスモークサーモンでツルンは無しではないか。まあ、サラダにして食べるとまた変わってくるのかもしれない。しかし単体の場合、どこまで行っても終着駅はこんにゃくである。

・次に期待

うーむ。漬けマグロの時は「こんにゃくの可能性マジインフィニティ!」と驚いたものだけど、再現する食材にはやはり適不適があるようだ。とは言え、これはこれでウマいので、こんにゃく好きの人はぜひ試してみてほしい。他に発見次第、またお伝えするつもりだ。

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【デカ盛り】コストコの巨大サーモンで超特大寿司を握ってみた → 総重量2kg超えに!

アメリカ発の会員制スーパー・コストコでは、日本のスーパーでお目にかかれないような特大サイズの物がたくさん売られている。名物ともいえる巨大なサーモンのお刺身も、その1つだ。

総重量1kgを超える巨大サーモンだが、その形は1枚のサク。なんだか眺めていると、巨大な寿司ネタに見えてきた……ということで、夢のような超特大寿司にしてみた!

・規格外の巨大寿司

コストコ名物・巨大サーモン。正式名称は「刺身用生アトランティックサーモンフィレ」だ。1パック1kg前後で売られており、価格は重量によって変動があるものの4〜5000円ほど。今回購入したものは、重さ1262g・価格は税込4770円のサーモンだ。

平べったい長方形のお刺身は、寿司ネタにぴったりではないだろうか。しかし、いざお寿司にしようと思うと、サーモンが巨大すぎて必要なご飯の量が分からない。なので、とりあえずサーモンとほぼ同じ重量・1230g(4合)のご飯を用意してみた。

家に寿司酢がなかったため、黒酢を入れてみたらご飯に色がついてしまったのが気になるものの、しゃもじでシャリっぽい形に固めてみたら良い感じになった!

いよいよ、巨大シャリの上に巨大サーモンを乗せてみる。超特大寿司の完成だ〜! ガチで大きい!! 比較用に用意した市販のサーモン寿司を横に並べると、大きさの違いは歴然!

上から見ても、普通サイズのお寿司が豆粒に見えるような規格外の巨大さ。なんて魅惑的なサイズ感!

普通サイズのサーモン寿司を量ってみると、約25gだった。一方、超特大サーモン寿司がはかりの限界(2kg)超えていたため完成形の正確な重さは量れなかったが、ネタだけで1262g・シャリが1230gだったため合計は2492g、約2.5kg。ということは、超特大寿司は普通サイズの100倍あるってことか。凄い〜!

さて、そろそろ超特大寿司をいただきたいと思う。普通サイズの100倍・約2.5kgもある超重量級だが、せっかくなので夢のような超特大寿司を手で持って食べたい!

いざ、持ち上げる! ──と思ったが、そのとき手に伝わった感触で悟ってしまった。

このまま持ち上げてしまうと、超特大寿司が崩壊して地に落ちてしまう、と……。そう、超特大寿司はその大きさ・重量のために、とても脆かったのだ。

かぶりついてみたかったが泣く泣く断念し、切りながらいただいていくことに。でもお寿司をいただくためにナイフとフォークを使わなければならないのも、貴重な体験かもしれない。

切った断面はとても美しかったが、持ち上げて別のお皿に移した瞬間に崩壊してしまった。シャリがネタの重みに耐えられなかったのだ。

しかし、形は崩れてしまったものの、サーモンに程よく脂がのっていて美味しかった。

・意外と一日で食べきれてしまう

今回超特大寿司を作るにあたって、家族から「食べきれないのでは」と反対された。しかし意外なことに、超特大寿司は家族2人で分けてしまうと2食分のおかずにしかならなかった。恐らく、サーモンの脂ののり具合がしつこさを感じない程度だったからだと思われる。

超特大寿司にロマンを感じた方はぜひ、食べてみて欲しい。そしてもし、持ち上げても崩れない超特大寿司を完成させた場合は、筆者に作り方を教えてもらえると嬉しい。手で持って食べたかったなぁ……。

Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【巨大】コストコの「サーモンの蒲焼き」はうなぎの代わりになるのか? 食べてみた結果…

全国6000万人の “うなぎラヴァーズ” を取り巻く環境は厳しい。ご存じの通り、うなぎは2013年に「絶滅危惧IB類」に指定されており、土用の丑の日が近づくたびに「まだ食べてもイイ」「食べるべきではない」……などと、各種メディアで報じられている。

結局のところ、我々はどうするべきなのか? 答えはまだ見つかっていないが、1つだけ言えることは「代わりがあるに越したことはない」ということだ。今回は巨大スーパーマーケット「コストコ」で発見した『サーモンの蒲焼き』を購入、うなぎの代替品になるのか確かめてみたのでご覧いただきたい。

・コストコの鉄板、アトランティックサーモン

コストコの中でも特に人気なのが「食料品コーナー」である。パンやマフィン、肉、野菜、寿司……とそのどれもがジャンボサイズかつお手頃価格であり、休日は身動きできないほどの人であふれ返ることもしばしばだ。

その食料品コーナーの中でも「魚」に関して言えば、コストコが最も注力しているのは「サーモン」であろう。ノルウェー産のアトランティックサーモンは脂の乗りもよく、生でも焼いても猛烈にウマい。冷凍すれば保存もできるので、個人的にもよくお世話になる商品である。

だがしかし、つい先日コストコで発見した「サーモンの蒲焼き」には目を疑わざるを得なかった。いくらコストコのサーモンが激ウマでも、蒲焼きにしてしまうとは大胆にも程がある。というか、そもそも「鮭の蒲焼き」なんて聞いたことがない。

とはいえ世界のCOSTCO様が、やっつけ仕事でサーモンを蒲焼きにするハズがないではないか。これは勝算があるハズ……! さらに言うならば、コストコはうなぎの代替品を独自に開発しているのではあるまいか? だとするならば食べてみるしかあるまい。

・コストコにしては高い

というわけで、購入したサーモンの蒲焼き。お値段は100グラム368円だから、ハッキリ言ってバカ高い。いつも記者が購入する牛肉が100グラム210円程度であることを考えると、加工の手間があったとしても破格と言えるだろう。

それでもうなぎと比べれば格安であることは明らかだ。これでうなぎの代わりになれば何の文句もない。そう思い、1キロ近い超巨大なサーモンの蒲焼きをフライパンで温めて食べてみると……。

うむ、ウマい。

……んが。

うなぎの代わりにはならないかな~。

うなぎとは質が違うものの、脂の乗りという意味ではサーモンの脂肪分もなかなかのものだ。特にハラスの部分はジューシーで、とろけるような食感であった。また身の部分もパサついている感じはせず、そのまま食べてもご飯にのせて食べても十分にウマい。

ただ、うなぎとは違う。

・味は良いが

かなりのウマさであることは間違いないので、逆説的に言えば「蒲焼きにすればなんでもウマくなる説」が浮上するが、それは置いておこう。今回ハッキリしたのは「サーモンの蒲焼きはウマい。だが、うなぎの蒲焼きの代替品とは捉えづらい」ということである。

とか言いながら、仮にうなぎが絶滅した未来、サーモンの蒲焼きがあたり前になる可能性もゼロではないハズ。大切なのは今のうちに代わりを探しておくこと。そして、あたり前と思わずにありがたく食べ物をいただくことである。

参照元:環境省コストコ
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24