シェアハウスのとんでもない間取り。大きな窓があるのに開けちゃダメ!?

掃き出し窓が開かない部屋で暮らす住人

ひと口に「シェアハウス」といっても、その成り立ちは様々です。最初からシェアハウスを目的として建築するケースもありますが、住宅だった建物をリフォームしたケース、テナントビルをコンバージョン(用途変更)したケースなど、いくつかのケースがあります。
なかには収益率を高めようと部屋数を増やし、通常の賃貸住宅では考えられない、おかしな仕様や間取りになっている場合もあるようです。

不動産コラムニストの吉井希宥美さんが住んでいたシェアハウスは、元の間取りが4LDKという大きめの一戸建て。シェアハウスにするにあたり、個室を仕切るなどして13の個室がつくられた建物です。「窓」に魅力を感じてそのシェアハウスを選びましたが、その「窓」のせいで大変な目に遭ったといいます。詳しく語ってもらいました。

角部屋で窓が2か所ある部屋を内見せずに契約

初めてのシェアハウス生活に私が求めたものは「開放感」です。とはいえシェアハウスの場合、広い個室は稀ですし、あったとしても家賃が高額になるのは目に見えています。そこで私は「窓」にこだわりました。

決め手になったのは、角部屋で窓が2か所あることでした。南側は掃き出し窓で、バルコニーに出られます。西側にも小さい窓があり、2か所開放すれば、4畳の小さな部屋でも風が通って快適そうだと思いました。引っ越し前から育てていて、腰くらいの高さになった鉢植えのオリーブも、2鉢持ってこられそうです。

入居者の入れ替えが激しい時期だったので、ほどんどの部屋が見学できませんでしたが、管理会社の担当者からは「窓が2か所あるので、開けると気持ちいいですよ」と言われました。また、早く部屋を決めなくては…という焦りもあり、すぐに申し込み、契約することに。

2週間後に入居するまでは、そよ風が植物の葉をさらさらとなでつけ、その柔らかな音が耳に心地いい、そんな快適な暮らしを想像していました。

掃き出し窓の真ん中に壁があるから開けちゃダメ!?

しかし、その夢は絶たれました。入居前日に、管理会社の担当者から電話があり「掃き出し窓が、開かないことが分かったんです」と平謝り。私が入居する予定の部屋は、元々8畳だった部屋を2つに分けて4畳ずつの個室にしているため、引き違いの掃き出し窓の真ん中に壁を設けてあるのだとか。

片側の窓は隣の部屋のものなので、セキュリティ的に開けることができないというのです。ショックでしたが、他の部屋を探す時間もないので、オリーブの木を持ち込むことは諦め、泣く泣くそこに住むことにしました。

入居後は、通風の大切さを嫌というほど学びました。西側の窓は開けられますが、洗濯物を干すことはできません。必然的に室内に干すことになり、夏はものすごい湿気です。洗濯物だけでなく、布団も常に湿っています。

「外出時にエアコンの暖房をつけておくとカラッと乾く」とシェアメイトから聞いてやってみましたが、サウナのようなミストが部屋中に漂い、余計に気持ちが悪くなるだけでした。

窓は天窓だけ。シェアメイトの部屋はより過酷な環境だった

シェアメイトとは、共用部であるキッチンなどではよく話をしますが、お互いの部屋に入って話すということはまずありません。部屋が狭いので、2人以上部屋に入ることが不快だということが、おもな理由です。

就職のために東北から出てきた20代のBさんの部屋は、シェアハウスの中で一番リーズナブル。私の部屋は4畳でしたが、それよりも狭いと本人から聞いていました。部屋の募集広告には「メゾネット仕様で開放的!天窓があり明るい」と書いてあったそうです。入社日の関係で、私と同様、部屋の内見をせずに入居したため、広告のキャッチコピーと部屋のイメージがかなり異なり、不満がたくさんあるようです。

ある日、Bさんの部屋のインターネットがつながらなくなり、入居者の中でネットに強いと思われるCさんと私がルーターを修理しにBさんの部屋に入ることに。Bさんの部屋の狭さは想像以上だったので、驚きました。部屋にはベッドしか置けません。人が立っていられる空間がほとんどなく、ドアの脇にはロフトに上るためのはしごがあります。

募集広告には「メゾネット」と書いてあったようですが、どう見ても「ロフト」です。ロフトは天井が低いので、立ち上がることができません。小さな天窓が付いていますが、はめ殺し窓のため、開けることは不可能です。Bさんの部屋にある窓はその1か所だけでした。当然真っ暗で、なかなか過酷な環境です。

私の部屋は、開けられない掃き出し窓のおかげで明るさだけはバッチリ確保されているので、余計にそう感じたのかもしれません。あまりに暗いので、物置をリフォームして部屋にしたのではないか、と思ってしまったほどです。同時に、私の部屋を見たらBさんはショックを受けて退去してしまうかもしれない、と不安になってしまいました。

ですが、シェアハウスでは他の人の個室には入らない、という暗黙のルールがあるため、他のシェアメイトによると、その後もBさんは楽しくシェアハウス生活を送り続けているそうです。

●体験した人/吉井希宥美さん
宅地建物取引士、AFP、家族信託コーディネーター®、相続実務士を所持する不動産コラムニスト。不動産取引や相続相談を行いながら、執筆を手掛ける。

イラスト/押本達希

Source: 日刊住まい

シェアハウスのルール、守った人が負け!?水回りはオンナの戦場だった

脱衣場でゆっくりと髪を乾かすBさん

他人同士が共同生活をするシェアハウス。トイレや浴室、洗面室など、水回りスペースが共有だとトラブルが起きやすいようです。13の個室がある女性限定のシェアハウスで暮らした経験を持つ不動産コラムニストの吉井希宥美さんが、水回りスペースのトラブルや不可解な習慣について語ります。

入居者13人に対して洗濯機が3台。なかなか洗濯ができない

私が暮らしていたシェアハウスでは、入居者13人に対して洗濯機が3台。騒音クレームが起こらないよう、夜11時~朝6時までは洗濯機を使ってはいけない、というルールがありました。そのため、当然順番待ちが発生します。

浴室は1階に1か所しかありません。その脱衣場に洗濯機が置かれています。脱衣場に鍵はなく、入浴するときは「入浴中」という札をドアノブに掛けておくルールになっています。ですので「入浴中」の札がかかっていると洗濯機を使えないうえ、洗い上がっている洗濯物を取り出すこともできません。

入居してすぐの頃はそのルールに慣れておらず、なかなか夜に洗濯機を使うことができませんでした。帰宅後、洗濯機が使えるかチェックするために真っ先に脱衣場に行くのですが、たいてい脱衣場に札がかかっているのです。ドアの隙間から明かりがもれているのを確認するたび、肩を落として自分の部屋に戻るしかありません。そのため仕方なく朝の出勤前に洗濯をすることに。

「入浴中」の札をかけて自分の予定通りに過ごすBさん

ある日、シェアメイトのA子さんから、その時間に脱衣場を占領しているのはBさんだということを知らされました。自分のスケジュール通りに食事、入浴、洗濯をしたいために、誰もいないのに「入浴中」の札をかけ、脱衣場の照明を点けておくのだそうです。

Bさんの仕事は「早番」「遅番」があり、その頃の帰宅時間は他のシェアメイトよりも1時間ほど早かったようです。Bさんは帰宅するとすぐに脱衣場の照明を点けてバスタブにお湯を張り、洗濯機を回し、その間キッチンで夕食をつくります。

食事が終わったらお風呂に入り、ドライヤーでゆったりと髪を乾かして終了。やっと脱衣場と浴室の電気を消し、洗濯物を持って脱衣場から出てくるのだとか。これには開いた口がふさがりませんでした。

Bさんの目に余る行為は、正義感の強いAさんによって管理会社に告げられたようです。またその後、仕事が「遅番」勤務になったこともあり、そうした行為はなくなりました。でも、札がかかっているとつい1㎝ほどドアを開けて人の気配があるかどうか確認する変な習慣がついてしまいました。

さわやかで品があるのにトイレのドアは開け放し

トイレについても不可解なことがありました。引っ越しの荷物を搬入しているとき、廊下ですれ違ったDさんはさわやかで品があり、このシェアハウスを選んで良かったと思いました。トイレに行くところだったようです。

私の部屋はトイレの向かい側。数回に分けて荷物を部屋に入れるため、ドアを開けたままにしようすると、トイレのドアがよく見えます。廊下の幅がとても狭いのです。

先ほどすれ違ったDさんがトイレから出てくると、トイレのドアがこちらのドアにぶつかりそうになりました。当然閉まるものだと思い、部屋から出ようとすると、なんとDさんはトイレのドアを閉めずに自分の部屋のほうへ歩いていきました。

トイレのドアの開き具合はほぼ90度。力加減を間違って閉まらなかったというレベルではありません。危うくトイレのドアに衝突しそうになりました。びっくりしたのと同時に、開け放して出ていくDさんの行動が理解できませんでした。

トレイのドアは閉めないのがスタンダード!?

ですが、トイレのドアを開けて出ていくのは、Dさんだけではありませんでした。トイレは1階と2階、各フロアに1か所ずつありますが、いつもどちらのトイレもドアが開いているのです。どうやら他の人もドアを開けっぱなしにしているようです。

そのため、部屋から出るときは、自分の部屋のドアがトイレのドアにぶつからないように数㎝ドアを開け、ドア同士がぶつからないか確認してから部屋を出て、トイレのニオイを吸い込まないよう息を止めて通り過ぎる習慣がついてしまいました。

浴室やトイレなどの共用部は、週に1回、業者さんが掃除に来てくれる程度。ドアを開放すれば、当然ニオイや汚れも気になるはずなのに、彼女たちが気にならないのが不思議でたまりませんでした。でも、理由を彼女たちに聞く勇気はありませんでした。コロナ対策の換気の一環かどうかは、未だ不明です。

●体験した人/吉井希宥美さん
宅地建物取引士、AFP、家族信託コーディネーター®、相続実務士を所持する不動産コラムニスト。不動産取引や相続相談を行いながら、執筆を手掛ける

イラスト/押本達希

Source: 日刊住まい

わずか4畳の部屋が…シェアハウスを寿退去するCAのため、住人が一致団結した話

室内に大量のブランドものがある部屋

シェアハウスのオープンと同時に入居したCさんは当時35歳。職業はCAです。シェアハウスに10年間住み続けていて、「お局様」的ポジションでした(もちろん面と向かっては言いません)。そんなCさんが、退去することに。

理由は「結婚」です。今までも結婚を理由に退去する人が多かったので、このシェアハウスに住むと結婚できるというジンクスができた、と管理会社の人がうれしそうに話してくれました。

シェアメイト総出で引っ越しを手伝ったのですが、とても大変だったそうです。同居していたという不動産コラムニスト・吉井希宥美さんが、その理由を語ります。

仲が良くても引っ越すことは内緒

シェアハウスの人間関係は、場所によって大きく異なるようですが、私が住んでいたシェアハウスでは、顔を合わせれば雑談をし、グループラインもつくり、仲がいいほうだったと思います。

でも、引っ越しの際グループラインで「引っ越します」と連絡が来るのはレア。入居者同士の雑談で引っ越しする人が分かる場合もありますが、ほとんどの場合、管理会社から前日に「明日、引っ越しがあるので、業者の男性が室内に入ります」と連絡が来て初めて引っ越しが発覚することがほとんどです。

管理会社のサイトでCさんが引っ越すことが発覚

シェアハウスは4LDKの一般住宅を8LDKにリフォームして貸し出されています。私の部屋は角部屋で窓が2方向にありますが、窓が開きません。

8畳の部屋の真ん中に壁を設けているので、引き違いサッシを開けるとバルコニー伝いで隣の部屋に入れてしまうので、防犯上、サッシが開かないようにシーリングで固めてあるのです。当然通気性が悪く、夏は蒸し風呂状態に。

そんな事情もあり、ある日「ほかの部屋に移ろうかな」と、管理会社のウェブサイトを見てみると、あのお局様の部屋が「募集中」となっています。入居10年のCさんが引っ越しするのはショッキングなうえ、寂しく感じました。

Cさんの引っ越しは、私だけでなくほかの人も感づいたようで、シェアハウス中大騒ぎに。全員参加で臨時集会(?)がキッチンで開催され、Cさんから引っ越しの理由を事情聴取しました。結果、10歳年下の彼とのスピード婚が理由だと判明しました。

プレゼントはいらない、と遠慮するCさんのために、お祝いの気持ちを込めて引っ越し準備のお手伝いを全員ですることになりました。シェアメイト全員で何かをするのは、シェアハウスの運営が始まってから初めてのことだそうです。

4畳の部屋には大量のビニール袋が

翌週から、シェアメイト全員がCさんの引っ越し準備を手伝い始めました。CさんはCAなので、勤務時間が不規則。なかなかまとまった時間が取れません。

そこで、Cさんがビニール袋に不要なものを入れて部屋に置いておき、ある程度たまったら手が空いている人がシェアハウス専用のゴミ置き場に運ぶ、というオペレーションに。これを数日間繰り返しました。

一見簡単そうですが、とにかくビニール袋の数が多いのです。足の踏み場がないくらいうず高くビニール袋が積み上げられ、今にも雪崩れてきそう。部屋は4畳しかないので、7人で手伝うのは大げさだと思っていましたが、「7人いてよかった」と全員が感じていたようです。

ビニール袋の中身はブランド物だった

ビニール袋の中身はというと、ブランド物のバッグ、洋服、靴。誰もが知っている高級ブランドのロゴがビニール袋から透けて見えています。ブランド物が入ったビニール袋だけで、20袋以上はありました。

リサイクルショップに出したらいい値段で買い取ってもらえそうなものもたくさんありましたが、Cさんは「面倒だから」と、無造作にビニール袋に入れていました。

ゴミ置き場は2日で満杯になり、敷地の外にはみ出し始めた3日目に、近所の人からクレームが入りました。文句を言いに来た70代前後の女性も、よく見るとビニール袋の中身がブランドものだと分かり、驚いた様子でした。

その後、Cさんは無事に引っ越しを終え、退去が完了しました。しばらくしてCさんから、家電がないのでレンタルしている、という内容のメッセージがグループラインに届きました。

ご主人は実家暮らしだったようで2人とも家電を持っていなかったそうです。お金がないのでレンタルにしたと書いてありましたが、あのブランド物を売れば余裕で家電を買えたのに、とふと思ってしまいました。

●体験した人/吉井希宥美さん
宅地建物取引士、AFP、家族信託コーディネーター®、相続実務士を所持する不動産コラムニスト。不動産取引や相続相談を行いながら、執筆を手掛ける

イラスト/押本達希

Source: 日刊住まい

シェアハウス体験記:冷蔵庫を鍋だらけにする証券会社勤務OLの怪

シェアハウスの冷蔵庫を占領するAさん
教員、薬剤師、一部上場企業の正社員など、不思議と社会的身分が高めの女子ばかりが住んでいたというシェアハウス。その中でも、ひときわ目立っていたのが、外資系証券会社にお勤めのAさん(27才)。

有名な外資系証券会社に勤め、年収がいいのに、シェアハウスに住んでいる理由は「住まいにこだわりがないから」。しかし、この高年収女子には、奇行があったのです。

同居していたという不動産コラムニスト・吉井希宥美さんが、その中身を語ります。

Aさんの朝食は一汁三菜で優雅に始まる

私は残業が嫌いなので、早めに出社するために始業時間の1時間以上前に出社しています。でも朝ご飯はしっかり食べたいので、朝6時にはキッチンへ向かいます。

音を立てないようにそっとキッチンのドアを開けると、ドアの向こうに毎日必ずいるのがAさんでした。Aさんは、身のまわりのことをきっちりこなし、出勤前には、ブラウスにも自分の髪にも毎日アイロンをかけること品行方正な女子。Aさんは食べ方も美しく、メニューも朝から完璧で一汁三菜。パジャマを着ていても育ちのよさがにじみ出ています。

いっぽう私の朝食はインスタントのお茶漬け。テーブルの隅でお茶漬けをすすり、さっと茶碗を洗ってすぐ部屋に戻ります。

みんなの鍋は私の鍋?

シェア生活にも少しなじんできたある日、まじまじとAさんの行動を見る機会がありました。まずAさんは冷蔵庫から味噌汁の入った片手鍋を取り出し、コンロで温め始めました。鍋や菜箸、フライパンなどのキッチンツールは共有物で、キッチンには「使ったら元に戻しましょう」の貼り紙がしてあります。

密閉容器やコップなどの私物をキッチンに放置することは禁止。自分の部屋で管理することになっています。ですが、Aさんは温め終わった味噌汁をお玉1杯分だけお椀によそい、残りは鍋ごと冷蔵庫に戻していました。

思わず「マイ鍋ですか?」と問いかけてしまったのですが、「あ、これ、シェアハウスのやつ」と感情の入っていないトーンで答えが返ってきました。シェアハウスでは自炊する人が多いので、鍋を占領してしまうと他の人が困るんじゃないかな…、と心の中でつぶやきながら「そうなんですね」と言ってその場を立ち去りました。

冷蔵庫を占領していたバラエティ豊かな鍋の中身とは

シェアハウスの冷蔵庫は3つあります。基本的にはどこを使ってもいいルールになっていますが、暗黙の了解で誰がどこの冷蔵を使うかが決まっています。私はピンク色の冷蔵庫を、Aさんはシルバーの冷蔵庫を使っているので、普段、銀色の冷蔵庫を開けたことはありませんでした。

ある日、ピンクの冷蔵庫の冷凍室が満杯でだったので、シルバーの冷蔵庫に入れることにしました。その際たと冷蔵室を見てみると、大小の鍋が4つも入っていました。鍋の中は、「味噌汁」「麦茶」「かつ丼の具のような卵とじ」「肉じゃが」。あとでシェアメイトに聞くと、すべてAさんのものだったそうです。

洗面所でもゆったりホットカーラーを

しばらくすると、シェアハウスの管理会社から「料理は自分の密閉容器に移し、名前を書いて冷蔵庫に入れてください」という注意メールが全員に配信されました(管理会社はトラブル防止のため何かあると全員にメール配信します)。

これを読んだとき「さすがにAさんももう冷蔵庫に鍋を入れないだろうな」と思いながら、翌日キッチンに行くと、共有の鍋に水と麦茶パックを入れたものがシンクの上の棚に置いてありました。冷蔵庫に入れなければ共用鍋を占領してもいいと解釈したようです。

シェアメイトの情報によると、私が退去した後も、何度か同じようなメールがその後も配信されているにも関わらず、いまだに麦茶だけは鍋に入れてキッチンに出しっぱなしで出勤しているそうです。

ちなみに、出勤時間がほぼ全員同時のため、歯磨きの順番を待っている人がいるにも関わらず、洗面台の前で毎朝ホットカーラーを温めて髪を巻いていたAさん。シェアハウスの共用部と専有部の違いについて、いまひとつ理解していないようです。

イラスト/押本達希

Source: 日刊住まい