渋谷餃子に登場した「シュウマイ餃子」はシュウマイなのか!? 餃子なのか!? どっちなんだコラッ!

父親が江戸っ子だったせいだろうか、私(佐藤)の血の半分は、白黒ハッキリつけないと気が済まない性分でできている。そんな私は最近、あるお店に登場した新商品が気になってしまった。気になって気になって、夜もぐっすり眠れそうにない……。いや、それは言いすぎだ。ぐっすり眠っている。とにかく気になるのはたしかなんだ!

その商品とは、薄皮餃子専門店「渋谷餃子」の『シュウマイ餃子』なる代物だ。なんだソレ? シュウマイなのか!? 餃子なのか!? どっちなんだコラッ! 長州力が知ったら「跨ぐなよ」というレベル

・跨いでるーーッ!

真相をたしかめるために私は、東京・新宿の店舗へと足を運んだ。店前に掲げられたノボリには、「シュウマイ餃子」の文字が見える。入り口の扉にも、絶賛売り出し中であることを示すポスターが貼られているじゃないか。

席に着き、あらためてメニューを見る。写真で確認する限り、形状は普通の餃子のようだ。ということは、中身でシュウマイ感を出しているということか? もしかすると、一旦蒸してから焼いているのか? いろいろと想像を巡らしていると、説明の1文が目に留まった。

「餃子と焼売の境界を超えた!」(原文まま)

跨いでるーーーッ! 跨ぐなよって、今しがた言ったばかりなのに、遅かったーーー!! もう跨いじゃってるじゃないの!? 餃子とシュウマイの境界を勝手に跨いじゃダメじゃないの!

……とは言っても、餃子とシュウマイの間に立ってる訳じゃないでしょ。どっちかに寄ってるはず。私が実際に食べて、餃子寄りなのか、それともシュウマイ寄りなのか、判定して進ぜよう……。

・シュウマイ? 餃子?

注文したのはシュウマイ餃子(税別390円)とチャーハン(税別480円)だ。

あいにくこの餃子は定食に出来ないということだったので、仕方なくチャーハンを注文した次第。したがって、今回はチャーハンの説明を割愛させて頂く。チャーハンらしいチャーハンだとだけお伝えしておこう。

本題はコイツ! 餃子!! シュウマイ餃子だ。注文前、私は蒸して焼いているのでは? と予測していたのだが、一般的な焼き餃子と変わるところはなかった。

「薄皮餃子」とうたっているだけあって、箸で持つと皮のパリっとした感触がある。シュウマイ要素はどうやら中に詰め込まれているらしい、ムムム……。

食えばわかる。すべての答えは食えばわかるッ!! 食うぞ、今食うぞ! さあ、食うぞーーーッ!!!!

コ、コレは!?

コレは餃子ですッ!!

「コレは餃子ですか?」と問われたら、即答で「ハイ! コレは餃子です!!」と胸を張って答えられるくらい、餃子してます、コレ。だがしかし、シュウマイ感はゼロではない。中身のタケノコが微妙にシュウマイを演出している。

強いて例えるなら “雰囲気イケメン” くらいのイケメンを想像してもらいたい。マジマジと見つめると「イケメンかなぁ? イケメンと言われたら、イケメン?」って感じの普通の男だと思ってもらえると、わかりやすいのではないだろうか(わかりにくい?)。

試みとしては大変面白いと思う。この調子で、新しい餃子を創造して欲しい。今後の期待大!

・今回訪問した店舗の情報

店名 薄皮餃子 渋谷餃子 新宿3丁目店
住所 東京都新宿区新宿3-31-5 ペガサス館ビル1・2F
営業時間 11:00~26:00

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24